« コーディネートは | トップページ | 苦手なメニュー »

アニメ・オタク ジョーク集

○昨日のお題への書き込み「実例をアップ予定」で書いたとおり、実例をアップします。

 

○僕のもう一つのサイトで今年の3月に発表したネタです。


○一応全部オリジナルなのだけど、同じようなネタは既出かもしれん。多分。
 これくらいのネタを思いついている人は多々いる気がするのよ。

 

○7月23日、一部ネタ追加。


-----------------------------------------------------------------------

 

海外から見た日本文化

 

昔:フジヤーマ ゲイーシャ スシー ハラキーリ

 

今:アキハバーラ アニーメ モエー 逝ってよし

 

-----------------------------------------------------------------------

 

上記ネタに対する反論

 

「寿司」は食えるが、「萌え」は食えないだろうが。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

上記の反論に対する反論

 

おまえは「萌え」が食えないのか?

 

-----------------------------------------------------------------------

 

日本文化の変化 − 文学編

 

昔:一人の男性が、複数の女性と恋愛を重ねる

 

今:複数の女性が、一人の男性と恋愛を重ねる

 

-----------------------------------------------------------------------

 

日本文学の変化 − 手紙編

 

昔:拝啓 御兄上様

 

今:大好きなお兄ちゃんへ(ハァト

 

-----------------------------------------------------------------------

 

日本文化の変化 − 手紙編に対する反論

 

昔:拝啓 御兄上様    ←これでも、充分に萌えれるじゃないか

 

-----------------------------------------------------------------------

 

日本文化の変化 − 廃棄物

 

昔:燃えるゴミ

 

今:萌えるゴミ

 

-----------------------------------------------------------------------

 

日本文化の変化 − 廃棄物に対する追加

 

今:悶えるゴミ

 

-----------------------------------------------------------------------

 

日本文化の変化 − 日本語教室

 

日本語で会話をする時には、末尾には「です」「ます」をつけると丁寧な感じを相手に与えることができます。

 

例:

 

X:私はアメリカ人。

 

○:私はアメリカ人です。

 

また、場合によっては語尾に「にょ♪」とか「にゃん♪」とか「わん♪」等をつけたりすると、更なる好印象を与えることがあります

 

例:

 

X:ゲイシャが好き

 

○:ゲイシャが好きです

 

◎:ゲイシャが好きだにょ♪

 

◎:ゲイシャが好きだにゃん♪

 

◎:ゲイシャが好きだわん♪

 

-----------------------------------------------------------------------

 

追記:

 

男性が使うことは許されておりません。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

日本文化の変化 − 意中の女性

 

昔:えぇ!? おまえ、二次元に興味があるのか?

 

今:えぇ!? おまえ、三次元に興味があるのか?

 

-----------------------------------------------------------------------

 

日本文化の変化 − 意中の男性

 

昔:えぇ~、このキャラってホモなの。なぁんだ~....

 

今:えぇ~、このキャラってホモじゃないの。なぁんだ~....

 

-----------------------------------------------------------------------

 

アニメを見ながら

 

A:このアニメってエロくない?

 

B:エロくないアニメってあるのか?

 

-----------------------------------------------------------------------

 

アニメを見ながら その2

 

A:おぃ、こりゃまたパンツが沢山出てくるアニメだなぁ

 

B:パンツが出ないアニメってあるのか?

 

-----------------------------------------------------------------------

 

アニメを見ながら その3

 

A:おぃ、こりゃまたパンツが沢山出てくるアニメだなぁ

 

B:安心しろよ。もうすぐパンツは脱ぐから

 

-----------------------------------------------------------------------

 

アニメを見ながら その4

 

A:おぃ、こりゃまたパンツが沢山出てくるアニメだなぁ

 

B:なんで履いているんだ?

 

-----------------------------------------------------------------------

 

哲学の授業

 

先生:死に至る病とは?

 

A:キルケゴールが書いた本のタイトルです。

 

B:『絶望』のことです。

 

C:エヴァンゲリオンの第16話です。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

アップル .vs. マイクロソフト

 

 i-book、i-pod でマイクロソフトに追いつけ追い越せと日夜努力と勤勉を怠らないアップル社の人たち。しかし、どのような手段を用いてもマイクロソフトとの格差は開くばかり。このままではマイクロソフトに完敗してしまうのを恐れたアップル社の重役は、打開策を見つけるために世界各国の主要都市に調査員を派遣した。しかし、具体的な良案が見つからず、意気消沈しているところに、遂にアップル社再生に福音をもたらす重要な調査結果が寄せられた。その内容は

 

 

 


今すぐ、全てのギャルゲーをプレイできるようにしてください!!

 

from 秋葉原

 

-----------------------------------------------------------------------

 

調査員からの報告(追記)

 

Linux でもプレイできそうになってきたら、その計画を断固阻止してください。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

調査員からの報告(追記)に対する返答

 

安心しろ。その点については既にビル・ゲイツと同盟を組んでいる。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

アメリカとの経済摩擦

 

昔:日本車の輸入量が多すぎだ!!

 

今:日本車の輸入量が多すぎだ!!

 

先:ジャパニメーションの輸入量が多すぎだ!!

 

-----------------------------------------------------------------------

 

続・アメリカとの経済摩擦

 

 日本からのアニメ製品の輸入量が遂に車を抑え、遂にはアニメが日本で最大の輸出製品となった。車と違い、石油・鉄などに依存する部分が極端に少ないので、日本に対する輸出量は増えないが輸入量は暴騰の一途を辿っていった。

 

 そこで経済摩擦を解消するために、日本側に大量にアメリカのアニメを輸入する政策を押し付けることになった。しかし、輸入された商品の大半が売れ残り、この政策は失敗に終わった。疑問に思ったアメリカ政府は、日本のオタクと呼ばれている人に思い当たる理由はあるか質問してみたところ、重要な間違いを犯していることに気が付いた。そのオタクの返答はこうだった。

 

『いや....アメリカ製品って何もかもがデカイんだよね....』

 

-----------------------------------------------------------------------

 

続々・アメリカとの経済摩擦

 

 重要な間違いに気が付いたアメリカ政府。早速日本へ大量の調査員を派遣した。その結果、日本ではどのような製品が売れるのか、そのニーズと動向が読めるようになった。そして遂に日本でも大ブレイクを起こす企画を開発。勝てると思ったら大量に金をつぎ込むアメリカ企業。そのかいあって、純粋なアメリカ企画のアニメが日本で大ヒット。アメリカからのアニメグッズが大量に日本に輸出され、工場が24時間フル回転でも追いつかなくなるほどにまでなった。

 

 また、それに並行して、本国アメリカでも大ヒット。アニメ及びグッズが大量に販売され、同人誌即売会が催され、コスプレする人たちも増加していった。

 


 遂に、日本文化はアメリカを支配した。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

続々々・アメリカとの経済摩擦

 

 今ではもうアニメはアメリカに浸透した文化になった。多くのアメリカ人が日本にアニメを学びに留学したり、一緒にビジネスを展開するようになった。

 

 その結果、日本語はアメリカの第一外国語になった。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

アメリカとの経済摩擦・最終章

 

先生:日本の都道府県は、全部でいくつですか?

 

生徒:97です。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

|

« コーディネートは | トップページ | 苦手なメニュー »

コメディ・ジョーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コーディネートは | トップページ | 苦手なメニュー »