« そんな風に傷を抉られても | トップページ | 自然の音 »

【Loto6で】使い方の予定【四億円】

icon 今日のお題

今貰えたら嬉しい、現実的なお金の金額は?使い道も教えてください。


四億円

 

 

ロト6で当てれば手に入ります。おめでとう僕。ありがとう僕。フライングかもしれんが気にするなw

 


 さて、4億円を入手したらどのように使うかですな。一応、以下の通りに予定しております。えぇ、予定を考えておりますが何かw。

 


 まずは、住居予算として5000万円。5000万円準備していたら余程特殊な建物で無い限り入手は出来ます。でも、広島市中区とかだったらちと狭いことにはなりますが。一応、考えているのは廿日市市の宮島近くのマンションか何かですな。マンションだとなるべく高い位置が良いです。理由ですが、高い位置だと虫がそこまで飛んで来れないので夏に窓を開けっ放しにしても虫が入ってこないらしいんですよ。

 


 あと、住居購入したら台風対策で全ての窓ガラスにシャッターをつけます。これで台風に対抗ができます。

 


 因みに5000万円の中には、不動産取得税・移転登記設定代(司法書士代)等の必要経費も含めます。

 

 


 続いて残りの3億5千万円から。


 

 

 まずは、人生に余裕を持たせるために、死んだ後で1億5千万円残るように計算します。そうすれば、いざと言うときには何かの役に立つし、予定より長生きしてもこれから使えば大丈夫。元気な間はこのお金を担保にして銀行からお金を借りる代わりに、仕事に関する良い情報をもらいす。

 

 


 残りは2億円。

 

 


 で、入手してからまずは200万円ぐらいは何か買います。新しいPCとか液晶テレビとか靴とか。どうやっても200万円行かない気がするのですが、まぁ適度に。あと、東京に、つか秋葉原に行って以下ひ・み・つ・(マテ

 

 


 残りは1億9千800万円。

 

 


 さて、ここで僕が何歳まで生きるかですが、あと50年生きるとします。そこまで生きたいとも余り思わないのですが。

 


 で、残額を50で割ると396万円。これを12で割ると33万円。どうやら毎月33万円使っても大丈夫みたいです。更に日割りにすると(1ヵ月=30日として)1万1千円。これだけあると割と余裕で生きていけますねぇ。あまり使わない日もあるし。

 

 と、書いていて忘れていたのが光熱費。これは月に5万円とします。電気代を多めにしました。水道とガスはそんなに使わないと思う。でも、電気もそこまで使わない気がするなぁ。4万円ぐらいにしておくか。すると、毎月29万円が自由に。で、そのうちの5万円ぐらいを住んでいる土地建物の固定資産税・都市計画税に充てるために貯金。住む場所によってこの値段は全然変わりますが。

 

 

 

 そんなわけで、毎月25万円。

 

 

 

 一日約8300円。

 

 

 

 そんだけあれば、余裕だわさ。ヽ(ィ・ェ・ァ)ノ♪

 

 で、毎日を5000円以内で過ごして、貯めたお金でたまに旅行に行きます。

 

 


 と、書いていて一つ抜けていたのが、入手できたときの周りへのプレゼントなどですな。両親とかに一部プレゼントするとして、贈与税の問題があるから、そこをどうするかだなぁ。予備の貯蓄を1億5千万円から1億円ぐらいに減らして、それから贈与税をなるべく少なくするようにしないと。因みに1千万円を超えるとかかる税金は50%です。225万円の控除はありますが。

 

 

 あと、寄付とかですが、それはその時々で考えます。一気に払ったりすると、わけの分からない団体とかがそれを察して湧いてきたら非常に困るので。じわじわと少しずつ寄付でもするべよ。先述した理由により匿名で。

 


 あと細かい調整が多少あるかもしれないけど、とりあえずこんな風に考えています。

 


 それと、預ける銀行ですが、それはこれから先の親密度によって変える予定。 何か、書いていて僕って腹黒な気持ちが多少なりともしてきましたわ。(^-^;

 


 あと、長くなるので2億円バージョンと3億円バージョンは割愛します(笑)。

 

 

追記:因みに諸々の奢りの費用は、日々の貯蓄から捻出する予定です。捻出ってことでも無い気がするが(笑)。

 

 

追記2:投稿ミスで一度全部の文章が消えたけど、バックアップを取っていたので助かったにょ。ヽ(ィ・ェ・ァ)ノ♪

|

« そんな風に傷を抉られても | トップページ | 自然の音 »

今日の質問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そんな風に傷を抉られても | トップページ | 自然の音 »