« 鞍馬天狗 | トップページ | ペンタブが欲しい »

サンタクロースの温泉巡り・秘境の旅(ってな内容では無い

ネタ提出するわね。

 

 

だがしかし、

 

 

 ここで一つ注意が。今回、人によってはビックリする、若しくは不快感を感じるかもしれない展開がありますので、不安な方は以下の『』内をマウスでドラッグさせるとかして反転させて、前もって心の予防線をはってください。

 


   4分7秒からノイズになります  

 


 若しくは、先に下に書いてある解説を読まれるか。何が起こっているのか書いておりますので。


 これが、例えば普通に売っている製品だとした場合、その曲を買う人はそれなりに、そのジャンルの音に対して覚悟(?)をしていると思うんだけど、今回のはそんな風ではないですからねぇ。おじさんが、どんな音を出すのか分からないってのが大半だと思いますし。そんなおじさんのキャッチフレーズは

 


何を考えているか分からない。何がしたいのか分からない。何をしようとしているのか分からない。

 


なので。キャッチフレーズって言うよりは、ネガティブキャンペーン用のフレーズだな、こりゃ。

 


 んでは、ネタリリース。

 

 


壁|・∀・)つ (注:音が出ます)

 

 

 

タイトル:GA Fear Santa Claus


 

作曲・演奏・編集 : σ(・_・ )


 

使用機材等:※久々にちゃんと書きます。あと、今回初めて使用したものに"New"とつけております。

 


ギター : Fender Japan STM650 (カスタム・チューンアップ済)

 

ベース : Aria ProⅡ IGB-85

 

ドラムパターン打ち込み(MIDI作成): Domino (フリーソフト) ← New!!

 

録音&ミキシング&ドラム : BOSS BR-600

 

WAVEファイル操作 : SoundEngine Free (フリーソフト)

 

WAV → MP3変換 : 午後のこ~だ (フリーソフト)

 

 


<録音等に関するメモ>

 

○作成するきっかけは、イギリスのHMバンド"Iron Maiden"の5作目"Powerslave"の最終曲のベースラインの耳コピらしきことをしていたらメインのメロディラインを思いたので。

 

 因みに、↑のベースラインをいじりまわした(つか、記憶がどんどん間違ってしまって、記憶違いが積み重なった結果別のものになってしまった)ので、メロディの痕跡は殆ど残っておりません。

 


○僕が好きなバンドにMogwaiってのがいます。因みにイギリスのバンドね。で、このバンドの曲で"Mogwai Fear Satan"ってのがあります。ライブでの重要レパートリーの一つです。まぁ、バンド名が入っている曲だし。で、僕はこの曲がかなりのお気に入りなんですよ。で、先ほど書いたような経緯で作成したメロディラインを基にして、"Mogwai Fear Satan"みたいな曲を作ろうと考えました。


 因みに、最初の段階から2番目の段階にいたるまでは、10年以上の月日が流れております。2番目の段階も、数年はかかっているかなぁ。Mogwaiを知ってから今回の曲のイメージを考えるまで結構かかったもんなぁ。

 


○そして「こんな感じの曲を書きたい」と思いついて、更に数年w

 


○今年(2008年)の1月に話は移りまして、この月に買った雑誌があります。それは「初音ミク」のお試し版が入った本です。こちらの日記を参照してね →。で、この雑誌の記事で「初音ミク」の歌のバック演奏を作る方法が紹介されておりまして、そこで使っていたソフトウェアが今回初めて使用したDominoなんです。

 

 簡単に紹介しますと、PC上でMIDIを作成できるソフトです。MIDIとは簡単に言いますとド・レ・ミなどの情報を入れたファイルのような物です。PC(及びMIDIを扱える機材)が読むことができる楽譜みたいなものですね。楽譜なので音自体は含まれておりません。色々と音が出したいときには、お店でお金を出して買ってきたりする必要があります。因みにPCにも最初から色々と音が入っております。詳しい話はパスしますわね。横道にそれちゃうので。

 

 

○で、Dominoで打ち込んだドラムパターンをBR600で使えるか試してみたところ、使えることが判明したので、今回からドラムパターンはPCで打ち込むことに。BR600で打ち込むのはちょっと面倒なのよ。PCの方が情報を一気に見渡すことができるので楽だわ。息抜き用にスクリーンの端っこでスライドショーとか流せるし。

 


○で、約330小節打ち込みました。前半は同じパターンの繰り返しが多いですが、後半になると色々と遊んでみたりしています。その結果、

 

 

 

人間が叩くことができないんじゃないのか?ってなドラムパターンを作成

 

 

 

しちゃったり、更には

 

 

 

BR600が"Memory Full!"とか言って、ドラムパターンを読み込んでくれないのですが。(゚∀゚;)

 

 

○この間の、色々とやった試行錯誤については割愛いたします。とても長くなるので。で、繰り返し部分とかは何小節も一斉にいれるのでは無く、1パターンだけを入れて、BR600内で繰り返しを指定することにしました。いや、普通に考えたらその方が容量が少なくて済むのですが、その計算が面倒だったので一気に330小節ぐらいを入れたかったのよ、おじさんは。

 

 


○その結果、仕事を増やしちまいましたが。えぇ。(゚∀゚)

 

 


○ちょっと作業内容の順番がおかしくなったので、ここで改めて簡潔に書きます。

 


・テンポを160にすることに決定

 

・まずは左チャンネルに入っているベースラインから入力。これがメインリフ。以下、ベース1。

 

・ベース1は同じメロディをずっと繰り返しています。これを本当に演奏するとかなり大変です。多少ミスしてもフォローがきく(つか、お客さんが気がつかなかったり、気にしなかったり)可能性があるライブならともかく、スタジオ(僕の場合は部屋ですな)録音だとミスがそのまま残るのでミスを極力しないように演奏しないと。でも、同じメロディをずっと演奏していたら、どうしてもどこかで気が抜けてミスをやっちゃうんだよねぇ。

 


そんなおじさんが、とった手段が

 

 


結果:1~2フレーズ目を録音して、後は2フレーズ目をループ再生 (゚∀゚)

 

 


これだと、最大収納可能領域の999小節まで余裕だべさ w

 


いやぁ、技術の進歩って素晴らしい。

 


・続いて、右チャンネルに入っているベースラインを。こちらは普通にベース。以下、ベース2。適当なところまで演奏しました。本当に適当なところまで。気が向いたところまで。やる気があるのかどうなのか。

 


・続いて、中央から左右45度ずつぐらいに広がっているリズムギターを入力。これも適当な長さで。適当に。どうせあとで編集するし。長めに入れておいて、後で不要なのを切ればいいや。因みに曲で演奏される順番は、

 


ベース1 → リズムギター → ベース2 → ソロギター

 


になっております。

 


・んでだ、ベース1&2とリズムギターを入れたのは良いのだが、良いんだけど

 

 

 

 

 

 

で、どうすんのよ。これから? (・∀・;)

 

 

 

 


いやぁ、おじさん、バックの演奏を作成していたのだけどメロディー一切考えていなかったぞ。どうしよう。

 


・とりあえず、メインメロディーを考えることに。

 

 

 

・あ き ら め た 。            

 

 

 

・仕方ない。かくなる上は

 

 

即興 しかないのよ、もう。


 

・即興でメインギターを入れることに。んで、その前に準備を。

 


・まずは今まで入れた音を聞いて、削除して良い箇所を探しました。で、その箇所をみつけたので、そこが含まれる1フレーズにパンチイン・アウトで別の音を入れることに。その音とは

 

 


ノイズ

 

 


・実は、元ネタとなった"Mogwai Fear Satan"からのネタなのよ。ちょっと細かく説明しますと、スタジオ録音盤だと

 

 

静 → 徐々に盛り上がる(動) → 静 → 動 → 静

 

 

ってな流れなんですけど、ライブだと

 

 

静 → 徐々に盛り上がる(動) → 静 → 爆音

 

 

だったのよ。実際にライブで体験してきました。音の壁をあれほど感じたのは初めてだったわ。で、それを再現してみたかったのでこの度やってみました。他にノイズ作品を作ることも考えていたんだけど、結局同じ元ネタを一緒にすることにしました。

 

 

 因みに、Mogwaiは他にもStereoDeeって曲でもノイズインプロゼーションをしておりますよ。← アルバム"EP+6"に収録

 


 まぁ、聴いてのとおり、全然再現できておりませんが。これが一人の限界か。

 


・もしもご希望がございましたら、ノイズ抜きバージョンも作成いたしますわよ。その時は、ノイズの代わりにする"静"の部分を作成することになりますわね。

 


・曲のタイトルは、元ネタそのまんま。で、Mogwaiって言うバンド名ですが、これは元は映画「グレムリン」に出てくるキャラクターから拝借したらしいです。なので、こちらも映画か何かからネタを探そうかなと。んで、ある日Mogwai(バンドの方ね)のDVDを見ていたら、いきなり画面にどアップで映ったのが

 

 

エヴァンゲリオンに出てくる、アスカ・ラングレーのプラグスーツ姿

 

 

一瞬、何が起こったのかと思っていたら、Mogwaiのメンバーが使っているiBookにシールか何かを貼っているみたいなんだわ。しかも、これがでかい。かなりでかい。頭から膝ぐらいまでだったと思うけど、それがiBookの蓋(って言うのか?)に思いっきり力強く。えぇ、もう、清々しいほどに(笑)。

 


 で、この記憶があったので、こちらも曲のタイトルの一部をアニメのキャラ名を取ろうかなと。因みにバンド(若しくはユニット)名はアニメとかは無関係です。一応、あるのよ。因みにVermilion Sunsと言いまして、このバンド名は13年間ぐらい使用しています。

 

 あと、ネタ発表のカテゴリの名前はVermilion Sunsになるかもしれません。まだ予定ですが。でも、近頃脳内にあるネタを本当に作っちゃったりしているから、本当にカテゴリ名が追加になるかもしれませんわね。

 


 んで、ネタを考えていた当時(数年前)にかなりのお気に入りだったアニメから拝借しようかなと。で、そのアニメは"Galaxy Angel(ギャラクシー・エンジェル)"と言いまして、お気に入りを通り越して、感動すらしかねんほど気に入った作品でした。

 

 何に感動したかと言いますと、モンティ・パイソン風なお笑いセンスです。最初のころはともかく、途中からはオチが無かったり、いきなり話が変な方向に行って終わったり、一応戦隊物なはずなのに、平気で全滅したり行方不明になったり。次週のことを全く考えていないこの内容。人によって好き嫌いが分かれそうなんですけど、僕はこんなシュールなネタがかなり好きなのよ。本当に、口に入っていた物を噴いたこともあるし(笑)。


 あと、もう一つ、僕が好きなマンガがありまして、そのマンガのタイトルは"GA 芸術科アートデザインクラス"と言います。これは美術クラスを舞台とした4コマ漫画。ここ最近何度か書いていたから、ここの常連さんでタイトルだけでも目にされたことがある方がおられるかも。


 だもんで、GAだとダブル・ミーニングを持たせられるからいいかなぁと。ダブル・ミーニングとか好きなので。

 

 で、Saint Claus(サンタクロース)は、ただ単に言葉の韻か何かを踏んだだけです。全く意味がありません。つか、元ネタとしたMogwaiの曲のタイトルも(メンバー曰く)特に意味はないそうです。

 

 

 でも、この曲タイトル、考え付いてから数年たつのでそろそろ飽きた(笑)。僕個人はたまに「スパインヘッド」と呼んでいたりします。これも思いつきの言葉で、意味がありません。スペルも存在しません。つか、曲のタイトルでここまで困ったのも珍しい。

 


・最後までお聴きになられた方は気がつかれたと思いますが、今回は歌入っておりません。その分聴きやすい

 

 

・リードギターは、最後の1フレーズ部分を除いて全部一発録音。だからミスもそのまんま。つか、2月20日の日記で書いているのですが

 


>○もう、適当にギターを入れてみる。ミスしているのを何とか誤魔化そうとする人間の行動が実によく録音できているインターネッツですねここわ。

 


ってのはこのリードギターの演奏のことを言っております。ノイズちょっと前あたりでミスを連発しながら考えている箇所があります。

 


・つか、リズムギターとベース2も一発録音だわね。見方を変えると。ベース1はループさせているから一発録音とは言わんでしょう。

 

 

・因みに最後の1フレーズだけ取り直すことになった理由ですが、ここの部分だけ最後にパンチインで上書き録音したのですが、その時に手違いがあって、テンポ早めに演奏してしまったんですよ。だから、多少ではありますが最後の部分でスピードが若干上がってしまっていて。演奏だけだったらまだ誤魔化しがきいたのかもしれませんが、後でシンバルの音を入れたら、何とも言えないズレが生じてしまいました。

 

 だもんで、最後の1フレーズ部分だけは全部録り直しになっちゃったわけですわ。

 

 

・パトラッシュ、僕はもうこの長い解説でタイピングが疲れたよ。

 

 

・どっかで書こうと思っていて書くのを忘れていたので書かない。

 

 

 

ウソっす。書きます。そろそろ頭が変になってきました。元から変ですか。そうですか。

 

 

コード進行 : A → C#m → Bm onF# → E (以下330小節ぐらい繰り返し) → A


 

ノイズ部分:ベース1&2 1~4弦解放 ギター 12フレットセーハ で、音を全部ガシャガシャガシャ

 


・上にも書いたと思いますが、このドラムパターンをそっくりそのまま人間が再現しようとすると無理がどこかにあると思います。句読点をどっかで打てよ。お前はLか。

 

 

・ラストをどうするかで、結構悩みました。いっそのこと、Helloween"We Got The Right"にしてやろうかと考えたことも。無理があったので止めましたが。

 

 

・あとソロ一発録音を採用した理由ですが、一発で録音したのに偶然にもバックの音とシンクロした弾き方をしていると(僕は)思ったので、もう面白そうだからこのままリリースしちまえと。

 

 

 次回は

 

 

カメラは見た!衝撃の事実!!家政婦に忍び寄る殺意の悪意!!金鳳花(きんぽうげ)は雨の中で濡れている未亡人団地妻に何を見たか!!ママさんバレー探偵団が暴く京都・神戸・大阪・三都物語の悪徳政治家の実態を暴け温泉の旅!!スイーツ満載!!ポ・ロ・リも(・∀・)アルヨ!!

 

 

 

を、お届けするような気力はもうありません。↑で疲れ果てました。

 

 

おやすみなさい (・∀・)ノシ

|

« 鞍馬天狗 | トップページ | ペンタブが欲しい »

Vermilion Suns Obscure Project」カテゴリの記事

コメント

良かったよーー!すごく良かった!
やっぱギターはかっこいいし、ドラムも凄い。
つか、こんなの作れるなんて、あなた何者ですか?マジで。

投稿: ke-ji | 2008年2月23日 (土) 02時40分

4分7秒で・・・Σ(- -ノ)ノ レコード針飛んだ?w

投稿: ガクシ | 2008年2月23日 (土) 04時24分

ke-ji>感想あんがと♪ んで、子供のころからメロディーを考えたりするのが好きだったのよ。言い換えれば、未だに子供のころからの遊びをずっとやっていることにもなって(笑)。

あと、ドラムに関しては、色々と曲を聴いているので色々なパターンが脳内にあったりはするのよ。これが。(・∀・)


ガクシさん>言われてみれば、そんな感じがしますわねぇ。(^-^;

投稿: きぃくん☆ | 2008年2月24日 (日) 10時14分

「カメラは見た!衝撃の事実!!」・・・・・ひま、それがいいなぁ・・・・・・・

投稿: ひまわり☆628 | 2008年2月24日 (日) 13時10分

歌が始まるのをずっと待ってて、気づいたら4分7秒でした!!!
でも音ダケでもかっちょぇぇぇ~(*^▽^*)

投稿: ※kao※ | 2008年2月24日 (日) 22時26分

ひまわりさん>あれをネタにして何かを作るほどの才能は、あたしには無いわよ。(^-^;

kaoっち>今回は歌無しだったのよ。次回もそうなるかも。(*'-')

投稿: きぃくん☆ | 2008年2月25日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鞍馬天狗 | トップページ | ペンタブが欲しい »