« おにぎり | トップページ | 以前も同じようなことを書いたと思うけど »

ベンチャーズ 宇宙に行く / ベンチャーズ

 そろそろ夏が近い今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。暑いのが苦手な僕は、もう嫌です。

 で、夏となるとナウなヤングにとっては

と来る人も多いでしょうねぇ。歳をとるとメタボってのがあってなぁ(以下略。

 また、人によっては『肝試し』とかやって、怖がっているのかいちゃついているのか、こんちくしょ、ってなこともありますねぇ。人間、歳を取るのは早いよ?

 で、今日ご紹介いたしますアルバムは、ベンチャーズと言うバンドの『宇宙に行く』。原題は"The Ventures In Space"です。

 当時は、エレキギターが中心となったインストロックバンドがかなり流行っておりまして、その中でも"スプートニクス""シャドウズ"そして今日ご紹介する"ベンチャーズ"は、とても人気があるグループでした。特にベンチャーズは"テケテケ"サウンドの代表格にもなっています。"パイプライン"って曲とかは聴いたことがある方も多いと思います。

 で、ベンチャーズと言えば、サーフィンが有名ですが(パイプラインも元々はサーフィンの言葉だそうです)、それ以外にもカントリー・クラシック・映画音楽等様々なジャンルを手がけておりまして、今回のアルバムでは、スペースサウンド及び、コズミック・ホラーな感じの曲をやっております。

 オープニングの"Out of Limits"からして、ホラーっぽい出だしになっています。曲のタイトルも"He Never Come Back(帰って来ない男)""War of The Satellites(サテライトの戦い)""The Fourth Dimension(四次元の世界)"等、60年代SFっぽいです。

 これら全部で12曲の中から2曲ほど面白い曲をピックアップして紹介いたします。

4曲目:Fear

 タイトルが示すとおり、恐怖感に満ちている曲です。今でこそ色々なホラーっぽい曲はありますが、当時としてはかなり本格的だったのでは?あと、ベンチャーズがこのような曲もやっていたのが意外でした。60年代風ホラーを楽しめる1曲です。

12曲目:The Twilight Zone

 皆様ご存知だと思われる「トワイライト・ゾーン」のテーマ曲です。タイトルを初めて聞かれた方も、出だしを聞いたら「あぁ、この曲か!」と思われると思います。これはホラー・チューンで欠かせない1曲だと思います。あと、手元にある資料によると、後年マンハッタン・トランスファーが歌詞をつけて歌っていたそうな。一体、どんな歌詞だったんだろう。

 お薦め度ですが、普通に聴けると思います。気楽(?)にホラー及びSFの世界を感じるのには良いかも。あと、何だかんだ言ってもベンチャーズのアルバムなので、そんなに敷居は高くありません。

|

« おにぎり | トップページ | 以前も同じようなことを書いたと思うけど »

アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベンチャーズ 宇宙に行く / ベンチャーズ:

« おにぎり | トップページ | 以前も同じようなことを書いたと思うけど »