« 近所のコンビニ (今日のテーマ)←近所に無かったらどうするのかと(泣 | トップページ | 特に無し »

ヤァ!ブロード・ストリート/ポール・マッカートニー

 ポールのソロアルバム13作目兼(多分)初映画作品サントラ。

 ポールが遂に映画作成にも手を出しました。つか、人それぞれ好みってのがあるので、勿論、楽しめたほうが勝ちなのですが、個人的には「???」ってな感じも少々。いや、オチが。あのオチ、無くても良かった気がするんじゃけど。あのオチの前のシーンが結構お気に入りになった身としては特に。

 

 で、内容ですが、サントラなのでサントラ風曲(エリナーの夢)とかが入っていますが、まぁ、ポールが楽しそうに演奏しているアルバムって事で。ビートルズとかウィングスのセルフカバーもやっています。

 で、今回のピックアップですが、まずは普通にお薦めできる曲から。

3~5曲目:イエスタデイ ~ ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア ~ ワンダーラスト

 3&4曲目はビートルズ時代の曲のカバー(3はアルバム"ヘルプ"、4はアルバム"リボルバー"収録)で、5曲目はソロアルバム"タッグ・オブ・ウォー"から。

 で、この曲はメドレー形式でやっています。で、この3曲ともコードはGです。因みにイエスタデイのオリジナルはFコードなのですが、引き方はGコードで1音ほどダウンチューニングしているそうです。ソースは、楽譜から。会社名はリットーかリッコーか。忘れました。ごめんなさい。

 "ワンダーラスト"の最期でこの3曲を上手く組み合わせてエンディングにしています。ここは元ネタをご存知の方は是非とも一度は聴いてみていただきたいと思います。個人的に感動しました。

 

 で、もう1曲。つか、2曲ぐらいと言うか

 

1曲目:ひとりぼっちのロンリー・ナイト(バラード編)

14曲目(CDの場合):ひとりぼっちのロンリー・ナイト(プレイアウト編)

 この2曲、変わっていると言えば変わっている気がするのですが。僕だけでしょうか。バラード編はエンディングが不気味っちゃぁ不気味だし。ギルモアと言えばギルモアですが。(注:ギターソロを弾いているのは、ピンク・フロイドのデイブ・ギルモアです。ポールと仲が良いのか、よくレコーディングにゲスト参加しています)。尚、映画だと効果的に使われていました。映画を観ればこのエンディングは納得いくのですが。最初聴いた時は何故こんな終わり方をするのか相当悩みました。因みに当時15歳ぐらい。

 で、プレイアウト編ですが、これ、発表当時のFM雑誌(当時はFM雑誌が流行っていたのよ)で、これと"スパイズ・ライク・アス"でポールを見限ったと投稿している人がいたりして。まぁ、確かに、バラード編を聴いた後で聴くと、何がどうなってこうなったのか疑問に思われても致し方ない気がしないでもないです。僕も、ポールは何をしたいのかさっぱり理解できなかった口なので。でも、まぁ、映画を観ると、納得はしたのよねぇ。

 決して悪くは無いのですが、バラード編のインパクトの後だと、ちょっと。逆にバラード編が無かったら普通に受けいられてたのかもしれないわね。

 

 で、お薦め度ですが。びみょー。今までのポールの作品(ビートルズ時代を含む)を殆ど聴かれている方には良いかも。でも、初めてのポールの作品を聴く人には、あまりお薦めしないわ。まだ他に聴くべきアルバムがあるはずだ。

 映画鑑賞と併せて楽しむと良いかも。

ビートルズ時代の作品を最も取り上げている(4曲)のはこのアルバムです。

DVD売っていたのか。しらんかった。つか、もう一つのイメージには"999円"って書いてあったのだが。何故に、その時に買わなかったんだ、僕は。orz

一応、今日のオチ。弱めじゃね。(・ω・)

|

« 近所のコンビニ (今日のテーマ)←近所に無かったらどうするのかと(泣 | トップページ | 特に無し »

アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤァ!ブロード・ストリート/ポール・マッカートニー:

« 近所のコンビニ (今日のテーマ)←近所に無かったらどうするのかと(泣 | トップページ | 特に無し »