« アブソルートリー・フリー / フランク・ザッパ | トップページ | スイカの日 (今日のテーマ) ← へぇぇぇぇぇ »

ウィ・アー・オンリー・イン・イット・フォー・ザ・マニー / フランク・ザッパ

 フランク・ザッパ3枚目のアルバム。

 正式には、フランク・ザッパ・アンド・マザーズね。このバンド名で、ある曲を思い出された方はかなりの通とお見かけいたします。曲は有名だけど、歌詞まで知っている方はそんなにおられないと思うので。

 まぁ、王様で有名になりましたがw

 

 で、このアルバム、ザッパを初めて聴く方には強くお薦めいたしませんw。いや、結構難解で、しかも暗いというか、何をやっているのか一部意味不明っちゃぁ、意味不明。

 

 このアルバムは、ザッパ本人からの注意事項がありまして

『フランツ・カフカの短編「流刑地にて」を読んでいない人は、このアルバムを聴く前に読んでおくこと。小説を読み終えるまでは、この作品を聴くべからず

と書いています。このアルバムのテーマは、当時の反体制分子問題等をテーマにしているらしくて、キャンプ・レーガンとか色々と取り上げています。詳しいことはライナーノーツとか読んでね。

 で、僕がこのアルバムを購入した当時(1990年代)は、この小説(流刑地にて)が入手不可だったみたいなので、おまけで小説がついてきていました。この時、産まれて初めてカフカを読みましたわ。結構面白かったので、そのままカフカファンになったし。

 

 ザッパの注意に従い、小説を読んでからアルバムを聴きました。で、小説の影響もあるのか、かなり重くて暗い印象を得た記憶があります。ザッパってもっと明るい曲をやっていると思っていたので、ギャップが凄かった記憶が(注:他のアルバムは明るかったりします、念のため)

 

 僕の先入観もあって、このアルバムがかなり重く感じたのですが、実際はそんなに重くないのかもしれません、ひょっとしたら。

 

でも、

一番最後の「クロム・メッキの運命のメガフォン」だけは、暗いというか、不気味だと思うのだが。どうなんだろ。

そういえば、僕が持っているのはこれと違うジャケットです。ビートルズの「サージェント~」のパロディの方です。

これの5曲目が、最初に書いた「ある曲」です。きっと、凄く有名。

今では、カフカの作品は簡単に手に入るようになっています。(・∀・)b

|

« アブソルートリー・フリー / フランク・ザッパ | トップページ | スイカの日 (今日のテーマ) ← へぇぇぇぇぇ »

アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィ・アー・オンリー・イン・イット・フォー・ザ・マニー / フランク・ザッパ:

« アブソルートリー・フリー / フランク・ザッパ | トップページ | スイカの日 (今日のテーマ) ← へぇぇぇぇぇ »