« 幕末といえば? (今日のテーマ) ← 正直あまり思いつかない | トップページ | 今日は合気道の練習がありました »

フラワーズ・イン・ザ・ダート/ポール・マッカートニー

 ポール15作目のソロアルバム。

 一般的評価は高いみたいです。結構。

 

 でも、ポールが持つ毒がかなり薄れている気がしてならないのですが。「パイプス~」から発売日に購入してきたのですが、前作「プレス~」でポールの持つ毒、言い換えれば"やんちゃ"さが復活したと思ったら、この作品でまた消えてしまったような気がします。

 

 8曲目の"This One"とか10曲目の"That Day Is Done"とかは割りと好きなんですが、アルバム全体を通して、無難すぎる気がしないでもないような気がして。

 

 で、アルバムのお薦め度ですが、癖を求めない普通の方には良いと思います。安心して聴けます。無難です。

メロディの良さは健在だから、一度聴いてみてね。

このアルバム(フラワー~)と関係があるアルバムです。

|

« 幕末といえば? (今日のテーマ) ← 正直あまり思いつかない | トップページ | 今日は合気道の練習がありました »

アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラワーズ・イン・ザ・ダート/ポール・マッカートニー:

« 幕末といえば? (今日のテーマ) ← 正直あまり思いつかない | トップページ | 今日は合気道の練習がありました »