« 今日は空手の日 | トップページ | 容疑…者…? »

けいおん! 第10話 また合宿!

○舞台は夏。


○憂がOPの語り手。梓と仲が良くなったんだねぇ。


○ここでOPの曲。


○あ、本当に、ギターの音が増えている?中央に、今までに無かった音がある。ある、多分。


○追加されたギターの音を聴いて、スラック時代のクリムゾンを思い出したのだが、あれはスティックの音か。いや、何でもない。


○唯に関しての会話がすれ違い


○なんだ、この転がっている唯はw あと、Tシャツが「アイス」w


○「悪魔の話をすると、悪魔が来る」ってなことわざ(か何か)があるのですが、悪魔を律に変えたような展開が。


○つか、ちょっと気になったのでここで原作を読み直してみたら、原作の順番を変えているのね、今回は。OPの方の話は原作では、合宿から帰ってきた後の話でした。何か違和感を感じると思ったのだけど、これが原因かぁ。


○チョークスリーパー全開中


○お、めずらしく紬のプライベートネタが。


○今回は珍しく、梓&律の漫才コンビがお届けしております。


○因みに、ここらあたりは原作どおり。


○斜め横から見た唯の家。凄くでかいなぁ。建坪50ぐらいか?敷地も相当広いな。地価が幾らなのか分からないから総額が出せないけど、家だけでも2500万円ぐらい行くんじゃね?


○律<すいか~


○一体、いつから律はゾンビになったのかと


○リビング広!


○そして、だれる唯を見て萌えている憂(妹)。次回の人気順位とかが楽しみだ。


○あ、普通のさわ子先生だ。あと、律が普通に喋っている。それに驚く僕もどうかと思うが。


○やっぱり、唯&律コンビは面白い。いっそのこと二人で漫才でも。そして新番組のタイトルは「まんざ うわなにするやm


○梓、少し考えよう。いくら合宿の前だからと言って、何の機材を買うのかと小一時間。


 それはそうとして、VOXから1万円台の真空管入りミニマルチエフェクタが発売されたんですよ。ペダルも1つ付いて(以下、誰も読まない濃厚なエフェクタネタにより割愛


○そろそろ梓もこの部に慣れたのか、あしらい方が上手くなってきたなぁ。


○そして、澪になだめられる梓。それを見て、何か寂しがる唯。


○ところで、その澪と梓のコンビなのだが、二人とも使っている機材がフェンダー・ジャパンの ← うるさい黙れ


○こりゃまた1階の天井が高そうな別荘だな。…本物の金持ちじゃねぇ。


○澪が持っているかばんに書いてある文字が"TOKNY"なんだけど、何かのメーカーなのかしら。"TONNY"かもしれん。"TOMMY"だったら、The Whoの4枚目のアルバムのタイトルになりますが。


注:Tommy(アルバム)

 イギリスのバンドThe Whoの4枚目のアルバム。ロック史上初のロック・オペラアルバムとして有名。

 

 ウィキペディアへのリンク。僕が下手に書くより、こっちを参照されたほうが良いわ。

 


 ロック史上の名盤の一つ。因みに映画化と演劇化(オペラ)もされています。


○紬が感じる「広い家」ってのがどんなのかが見てみたい。


○唯&律の漫才コンビが、颯爽と遊びに出かけておりますな。


○そして、それを止める澪。練習に来たんだろうと小一時間ってな感じで。


○そして多数決で敗れた澪&梓組。でも、もう一人ぼっちじゃないのね。よかったわね。


○梓の脳内では、優雅なタイタニックな遊びが想像されておりますな。


 あぁ、そう言えばタイタニックで思い出したのだけど、昨日CD屋に行って買おうかと思って止めておいたCDがあったんよ。そのCDのタイトルは『タイタニック号の沈没』と言う邦題でして、ギャビン・ブライヤーズって人の作品です。僕、一応一枚持っているんだけど、それと同じ録音なのかどうなのかが気になったので、購入しようかと思ったんだけど、止めておきましたわ。

Bryars:The Sinking of the Titanic

 

 

 因みに僕が持っているCDでは、各サブタイトル及びそれに基づいた曲の分割(?)が無いので、1時間を超えた曲が1曲だけ入っているってな仕様になっております。個人的な宝物に近いアルバム。



○本当に、クルーザーが出てきて唖然とする澪と梓。


○そして、それはいらないと言っておいたでしょと、電話する紬。原作よりかなり柔らかいキャラになっている気がしないでもないが(笑)。つか、こんな風に困った感じの紬は原作には無かったぞ


そうか、やっと目立つことができたか。よかったねぇ。・゚・(ノД`)・゚・


○そして、その「よいしょ、よいしょ」の意味が分からん。誰か解説プリーズ。


○何か、今回は、唯&律コンビが飛ばしすぎ


○フジツボの話は禁止。僕が苦手。


○澪、一体いつまで逃げとるねんw。今回、ギャグ一色だな。それがいい。


○紬はサンドアートの才能があるらしい


○あ、澪が、倒れた


○ま た 漂 流 ネ タ か い w


○前回の合宿ネタじゃね。原作にあったかどうか探したわ。


○ここから後半。


○すげぇ、スタジオが広い。


○ドラムにはSONARの文字が。DTMのソフト?


注:SONARって言う、凄く有名なDTMソフトがあるんです。


○お、マーシャルは…あれ?これ、どっかのレンタルスタジオで見たことがある。


○もう一つのアンプ(左側)は、面白いプリアンプが乗っているわね。初めて見たわ。


○よく見ると、日焼けしている梓に、焼けていない部分があったり(水着で隠れていた箇所)。芸が細かいなぁ。


○律<スネアが新品だ! 原作と同じじゃね。つか、ここまでの大体の流れは原作と同じです。


○唯のTシャツは"パラダイス"になっています。何か面白いTシャツが多いなぁ(笑)。


○梓<ただのチューナーですけど


 そして、数日後我々が目にしたのは、YAMAHAのあるチューナーの在庫が無くなった楽器店であった。


 つか、このチューナー何かいな。ちょうど同じタイプのチューナーが壊れたので、買い替えを考えているのだが。視認性が良くて頑丈なら買うぞ。ウクレレのチューニングに必要なんだわ。冗談抜きで。


追記:梓が使っていたチューナーはヤマハ社製の"TD-30M"だそうです。特定した人、仕事早いなぁ。



○因みにこの時の画面に出ているチューナーから分かる情報は、


・梓は5弦目をチューニングしているっぽい(Aって文字がでているから)


・ピッチは普通に440Hz


・因みに440Hzの音は俗に言う"ラ"です。若しくは"A"。"イ"って仰る方もおられるかも。たまに"アー"って仰る方も。


○梓が「ぜ、絶対音感!?」って凄く驚いていますが、正直な話、20年近く音楽をやっている人間から言わせてもらいますと、

 



そりゃビビるわ。(^-^;



楽器を持って1年強の人が、勘でチューニング出来たら凄いわ。つか、そんな人が沢山いたら、チューナーを作っている会社が色々と大変です。アイデンティティとか、売れ行きとか。


○演奏シーンも少しは流してください。


○ここで、ボーカルマイクが無いことに対して突っ込みを入れるのは、無粋ですね。そうですね。


いや、ボーカルのマイクとかハウリングを起こしたりするんで、無くてすむのならば、それが楽なんですけど、それってインストゥルメンタルバンドでも無い限り、ありえないし。


○律が壊れた


○唯も壊れたw


○原作でもそんな感じだったけど、澪と梓はいっそのこと姉妹にでもなってしまえってな気分が


○ここらあたりの話(晩御飯を作る箇所)はアニメオリジナルじゃね。


○ベースは手が大きいほうが有利(指を使う楽器すべてにおいてそうかもしれん)


○因みにここのBGMはかなり好き。


○花火ネタもアニメオリジナル。


紬<がんばれ、がんばれ♪ ← 線香花火をしながら



うん、今回、頑張っているよ、かなり。存在感が今までの中で一番あったよ。・゚・(ノД`)・゚・



○しかし、本当に今回は唯&律コンビが飛ばすなぁ。


○今回は、全員にそれぞれネタがあるかな?一定キャラのみが目立つってことは無さそう。


○そして「きもだめし」になるわけだが、ここで一つ言わせてもらおう


ここのBGMは、先日購入したサントラに入っていなかったです。もう、3回ぐらい全部通して聴いたので間違いないはず。

 僕の音楽に対する記憶力は、高い方かもしれない。ただし、それ以外の酷さと言ったら。orz

 


○あ、原作どおりに、梅図かずお風の顔だ < 驚いた澪


○さわ子先生、色々と、うん


○そして、放置状態の律 (原作どおり


○安西先生、湯煙が凄いです…。


○さわ子先生<あんたたち(澪&梓)見分けが付かないわねぇ。


原作ではここで「作者批判?」ってな手書きの言葉があります。因みに澪の方に。


○なんだ?とちゅうにみえた…先生…か?


○原作では話はここまで


○まて、さっきの寝言何を言った? 律か?


○珍しい、梓の髪の下ろした姿


○唯って結構努力家なのね。


○梓のビブラート(ギターのテクニック)良いなぁ。


○…しかし、毎度思うのだが、唯って素質があるのか、成長早いなぁ。


もしも「うんたん」をやっていたら、今頃、フラメンコのカスタネットソロをやっていたのかもしれん


○そして流れるBGMを記憶してしまっている僕。この記憶力をもっと他のところに生かせれば。


○あれ?OPに似ている展開に戻った。つか、原作の流れ??? ← 違った


○ここで、律が出てきたら


○なんだろ、この自愛に溢れた憂の目は。ひょっとしてあなたが皆を裏から見守っている守護神とか何かなのか。


○今回は、全体的にお笑い展開だったので良かったわ。割と原作に忠実だったわね。


○次回は、ギターリペアの話ですな。


○梓の〆の台詞が気になる。ひょっとしたら次回は唯が主人公(つか、元々唯が主人公)で、ギターとの思いってなストーリー展開か?


 いや、僕の暴走とは思うけど。


 でも、今度発売される唯のキャラソンの1曲目は唯の唯が使っているギターへの思いの歌っぽいのよ(タイトル:「ギー太に首ったけ」 注:「ギー太」…唯がギターにつけたあだ名)。だから、案外ギター絡みの話が出てきてもおかしくないかも。


○ひょっとして、若干鬱展開?何かとても気になる。

 

○あと、楽器店でのネタがあるから、場合によっては僕の感想が暴走することに。

 

 

○おぉ、次回のために念のためにネタを仕込んでおこう。凄くマニアックな楽器が出てくる可能性があるのよ。そして、僕はそれを持っている。(゚∀゚)


いじょー。 (・∀・)ノ♪


追記:今回は珍しく音楽ネタが少なかったわね > 僕の感想

|

« 今日は空手の日 | トップページ | 容疑…者…? »

けいおん!」カテゴリの記事

コメント

 お疲れ様です。というわけで、今回のコメントです。
 今回も2段階ですみません。


>なんだ、この転がっている唯はw あと、Tシャツが「アイス」w
 最近、完全に唯はこの作品のペット扱いになってるよーな気がします。

>それに驚く僕もどうかと思うが
 さわ子先生、職員室では今までのイメージを保持疑惑。ぶっちゃけてるのは軽音部員の前だけ(あと、その身内)だよね? さわちゃん、意外と計算高い。

>澪が持っているかばんに書いてある文字が"TOKNY"なんだけど、何かのメーカーなのかしら
 すでに特定されてました「TOMMY HILFIGER ミニドラムバッグ ピンク」だそーです。ネット検索では5000円前後の品物?(定価は13000円くらい)

>こんな風に困った感じの紬は原作には無かったぞ
 そうだったのか。あの電話のシーンの紬は可愛かったし、4コマっぽいと思ってたのですが。

>その「よいしょ、よいしょ」の意味が分からん
 現在、解析中。でも意味不明。一説には、紬への強行的テコ入れ……おや? 誰か来た(ry)

>今回は、唯&律コンビが飛ばしすぎ
 ギャグメインの回は、この二人が強力すぎるような気がします。

>お、マーシャルは…
 →Marshall /JCM 900 + 4100 Dual Reverb

>もう一つのアンプ(左側)
 →Ashdown / Klystron 500 head +Klystron Neo 115H Cabinet。以上、特定サイトより引用。

>日焼けしている梓に、焼けていない部分があったり(水着で隠れていた箇所)
 日焼け跡は、萌えアニメの基本です。つか、他の4人は全然焼けてないのに、なぜ梓だけ? 日焼け止めクリームうんぬんの差? 真面目キャラ+日焼け跡キャラ(スポーツ系娘に多し称号)を融合させるとは、さすがは急上昇花マル人気キャラですね。


 後半に続く。

投稿: 龍虎乱舞 | 2009年6月14日 (日) 00時27分

 後半部分です。


>数日後我々が目にしたのは、YAMAHAのあるチューナーの在庫が無くなった楽器店
 →クリップ式 クロマチック・チューナー TD-30M。定価6300円→4000円前後。うん、すぐになくなりそうだ。

>演奏シーンも少しは流してください
 近々出るキャラソンの販促のためには、この辺で流してもいいと思うのですけどね。尺不足してるかも。

>安西先生、湯煙が凄いです…。
 DVD、もしくはBDで湯煙解除フラグが立っているのでご安心を。

>今回は、全体的にお笑い展開だったので良かったわ
 4コマ原作作品はやはりこういう展開が安心できてよいですねえ。


 とりあえず、今回はこのへんで。次回もまたお邪魔させていただきます。

投稿: 龍虎乱舞 | 2009年6月14日 (日) 00時28分

ども(・∀・)ノ♪

>TOMMY HILFIGER ミニドラムバッグ ピンク

もう根こそぎ売れたんだろうなぁ。(^-^;

>一説には、紬への強行的テコ入れ……おや? 誰か

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

>Ashdown / Klystron 500 head +Klystron Neo 115H Cabinet

これははじめて見たなぁ。為になるわ。つか、京アニの人たちって、何故にこんなのを知っているんだ?事前の調査かな?

>日焼け跡は、萌えアニメの基本です。

そうなんだ。知らなんだ。一昔前は少なかった気がするわぁ。時代は移り変わるんじゃねぇ。

>TD-30M。定価6300円→4000円前後。うん、すぐになくなりそうだ。

まじで必要なんだけど。今度の休暇、在庫間に合うかなぁ。(^-^;

>DVD、もしくはBDで湯煙解除フラグが立っているのでご安心を

御社のレンタルコーナーで待ち構えておりますw

ではー。(・∀・)ノ♪

投稿: きぃくん☆ | 2009年6月14日 (日) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は空手の日 | トップページ | 容疑…者…? »