« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年大晦日&200x年(x=0~9)最後の日

 今日で2009年終わりです。2000年度の一桁目が終了するわね。('-'*)

 

 今年一年間を振り返ってみますと、プライベートでのあれこれがあって正直な話、あまり良い年では無かったかも。つか、一時期は最悪にまで行ってました。今年は辛かったなぁ。特に仕事関係とかが。

 

 そんなリアル生活ネタ以外でのこの一年間となりますと、"けいおん!"一択になりますねぇ。元々マンガは好きだし、読んでいた作品だったんだけどアニメ化されて、ディテールとかにとてもこだわる会社が製作しちゃったので、音楽人生を数十年生きてきた僕にとってはかなりツボにはいってしまって。

 そう言えば"ジルジャン"の読み方を知ったのは、このアニメのお陰だわね。ウィキペディアとかに誰かが書いていてくれていたからなぁ。因みにシンバルのメーカーね。

 ジャズベーとか買ったし。これが今年買い物した物の中で一番大きな物だったわね。

 

で、ふと思ったのだけど、10年前って1999年だから「ミレニアム問題」とかあった年なんですね。僕、当時は関東でプログラマをやっておりまして、「ミレニアム問題」に即時対応できるようにするために、このときの年末年始は実家に帰らずに、ずーっと関東にいましたわ。柏駅近くの蕎麦屋さんで、年越しそばを食べて、1月1日は秋葉原近辺にあるお宮に行って、お寿司を食べた記憶が。あと、年越しの暇つぶし用に買ったゲームがあるのですが、何故かプレイを本格的に始めたのはそれから8年後ぐらいだったりして(笑)。

 

 10年間か。色々あったなぁ。会社を辞めて実家に帰ったり、新たに務めた先で70キロ近くあった体重が58キロまでになったり(そりゃ、炎天下の中10kgの荷物を持って飛び込み営業して、しかも何か喰ったらすぐに吐くってな生活を送ればそうなるわ)、交通事故にあったり、その後で少し運命を変えてみようってことで、未着手だったアニソンとか聴いてみたら意外と面白かったのではまってしまって人生終わったりw。映画を見に行った時点で終了のテーマソングが聴こえてきていたがw。

 

 ジムの会員になってトレーニングをやってみたり、ゴルフを習い始めたり、合気道を習い始めたり、1997~2000年3月までやっていた空手道の練習を復活させたり、時間が足りなくなったのでジムを止めたり、ゴルフを習っていたけど習う練習場が営業止めたり、プライベートで色々と忙しくなって時間が取れなくなったので、しばらくの間合気道の練習を中止することにしたり。

 

 同じ宅建業者の人とバンドを結成して3年間ぐらい練習したりコンテストに出展してみたり。でも、ドラムの人は実家の新潟に帰っちゃって、ベースの人は出世して東京に行ってしまって、アローン・アゲイン・ナチュラリー。(^-^;

 その間に、見知らぬ方々(プロ含む。つか大半がプロ。つか、100%アマチュアは僕しかいなかったんじゃね?)の中に混じって即興演奏会に出演してみたり。当方、エレキギター。因みに、ジョン・ゾーンのコブラね。

 バンドが無くなった後には、一人でDTMとかして曲を作ってコンテストに出してみたり。そのうち、知り合いにセミプロがいて、彼がギターで、彼の弟さんがドラムってことでプロジェクトを作りかけてみたり(現在進行中)。因みに僕はベース。σ(・∀・)

 

 2000年9月1日に、自分のサイト"Stranger on this earth"を設営して、5~6年ぐらい続けてから「ブログ」の方が面白そうだったので(サイトの表玄関だけ残して)cururuでブログ「一日限定20杯」を初めて、cururuが閉鎖になるってことなので、現在のココログに移ったり。因みに当ブログのURLには"strangeronthisearth"の文字が入っております。名前とか場所は変更になったものの、中身はそんなに変わっていな…そう言えば、最初サイトを作ったときの目標って『哲学談義の場所』を作成することだったんだよなぁ。気が付いたら、今年とか下手すりゃアニオタブログだぞ。どうしてこうなった。

 まぁ、どうしてそうなったのかと言いますと、2004年だったかな、その時の2月後半である一種の結論までは行かないけど、指針を見つけたと言うか、感じたと言うか、そんな感じになったので、今は検証段階なんですよ。考えるだけではなく、それを実践している段階ってことです。言っておくけど、違法行為は無いぞ。(^-^;

 

 あと、輸入音楽CD規制問題があって、その件がきっかけとなってネットを通じての友達が凄く増えましたわ。特に"むらさめまことさん → 雄樹っちゃん → 龍虎さん"の流れは鉄板だわね。それと最初の頃に知り合った方もおられるんですが、きっかけはどうだったっけ。myuちゃここ見てるかなぁ。

 「一日限定20杯」に移動してからもお知り合いになって頂いた方が沢山おられますわね。その内の数名(6名ぐらいか?)とは実際にお会いして、姫路城に行ったり、もんじゃ食べたり、新宿でカラオケに行ったり、岡山城に行ったり。

 来年の9月でネット上の活動が丁度10年になります。ほんと、沢山の方々とお会いできたわ。

 まてよ、よく考えたらその前のNiftyでのチャットとかでも知り合った方とかおられたわね。会いに行ったり。昔からオフ会とかが好きなんだな、僕。

 

 他には何かあったかなぁ。まぁ、せいぜい

 

・バスに閉じ込められた

とか

・第一発見者になりかけた

とか

・左にゃんたまから血が出た (注:にゃんたま = 殿方だけについているアレです)

とか

・再度、左にゃんたまから血が出た

とか

・またもや、左にゃんたまから血が出たので、証拠として動画を撮っておいた

とか

・もう二度と出血しないと信じていたのに、左にゃんたま出血アゲイン、つい先月。(゚∀゚)

とか

・30代が過去のものになってしまった (ノ∀`)ァイター 

とか

・今年の紅白に水樹奈々が出るとか ← マテ

とか

 

 って書いていて思いだしたのですが、30代が終了したんだわねぇ。そりゃ10年前に20代さよなら・ソー・ロング・フォエバーをしてしまったんだから、そうなるわよね。実生活では17歳と言い切っておりますが。(゚∀゚)

 と、まぁ、そんな今年&200x年でした。

 来年&201x年代も、当ブログをよろしくお願い致します。

 ではー。(・∀・)ノ♪

 

<おまけ>

 30代最後の日に聴いた曲のリストをアップします。iPodのプレイリスト(途中からは他のプレイリストの終わり部分のみ)で聴いたので覚えていたのよ。

 しかし、20代の頃には洋楽の男性物しか聴かなかったのに、凄く音楽の趣味が多用になったなぁ。変わったわけでは無いのだが。未だに洋楽は良く聴くし、アーティストが男性のが多いけど。まさか、180度違う(と、思っていた日もありました)国内の女性の曲を聴くようになるとは。ある意味、この10年で最も僕が変わったところかもしれんわ。お陰さまで、多少なりとも思考が柔軟になったとは思うんですけど。('-'*)

 

<リスト>

けん玉くん               
カレーのちライス (StudioMix)
Heart Goes Boom!!
ギー太に首ったけ   
Girly Storm 疾走 Stick   
Happy!? Sorry!!   
私は私の道を行く   
Sweet Bitter Beauty Song   
Don't say "lazy" [5人Ver.]   
Humming Bird   
『レッツゴー』 (律Ver.)   
じゃじゃ馬Way To Go   
Dear My Keys ~鍵盤の魔法~   
わたしの恋はホッチキス (StudioMix)   
ふでペン ~ボールペン~ (StudioMix)   
翼をください
Cagayake! GIRLS [5人Ver.]
ふわふわ時間 (StudioMix)

↑ここまで"けいおん!"絡み
↓ここから"jesu"の曲

The Playgrounds Are Empty
Weightless & Horizontal
Brighteyes
Farewell

(・∀・)ノシ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

休暇1日目

 今日から休暇。

 一日早いけど、大掃除を始めました。洗面所と風呂以外は終了。続きは明日だ。

 後は、市内で買い物をしてきたり、行きつけの楽器屋さんに行って遊んだりしていました。今年は、島村楽器さんにお世話になったなぁ。('-'*)

 それ以外には、クリーニングを取りに行ったり、ギターを掃除したり。

 明日は残りの掃除と、行けたら簡単に墓参りをしてくる予定です。明日で今年も終わりかぁ。色々あったなぁ。(*'-')

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年購入したCD感想及びベスト3~4発表 (・∀・)

 今年購入したCDを駆け足で振り返るよ。前もって言っておきますが、長文です。そりゃ、数日かけて書いたもんねぇ。長文にもなるわ。(^-^;

 で、簡単ではございますがCDの紹介も行います。赤文字でタイトルを書いているのは新品で、紫文字は中古で購入したのを意味しています。(レンタルはパス)

 あとタイトルとかが英語で書いていたり、カタカナで書いていたりバラバラです。と言うのも、自分の小遣い帳からコピペしただけで、どんな風に表記するかは、その時の気分などで変わるからなのよ。(^-^;

 あと、"けいおん!"関係に関しては、"けいおん!"タグで調べたらCDとか曲の感想をこれでもかってなぐらい書いていますので、そちらを参考にしてね。もう、書く気力が無い。(^-^;

/* 1月 */

○ザ・ホーク・イズ・ハウリング / モグワイ

 モグワイの最新作。無難な仕上がりか。1曲ほど普通な感じがしないでもない明るめの曲があって、それが何か新鮮だったわ。3曲ぐらい好きかな。

○カ ネ イ ト

 カネイトの1st。レビュー → 

○残響 / シガー・ロス

 シューゲイザーの代表格。相変わらずメロディが綺麗だわね。今回は大作っぽいのが多かった気がしないでもない。

○シングス・ヴァイラル / カネイト

 カネイトの2nd。レビュー → 

○ベリー・ベスト・オブ・スーパートランプ

 スーパートランプのベスト。これは中古で購入。

○イン・コンサート/デレク・アンド・ドミノス

 レイラが入っていなかったのには驚いた。でも、レイラが無くてもこの内容だったらいいんじゃね?Disk1の3曲目が面白かった(ドラムソロがある曲)。

○クレイジー・レッグス/ジェフ・ベック

 ジェフ・ベックが影響を受けたロカビリーナンバーのカバー集。

○O / ダミアン・ライス

 昔、何かのアルバムをレンタルした時に何故か中身が間違ってこれが入っていたことが。その時についでだから聴いてみたら、ぼちぼち良かったので購入。

 全体的に大人しくてメロディアスな感じ。後半部分が多少重いか?

○パンク・ロック・ショウ・ベスト・ヒッツ8

 色々な曲(主に洋楽)を、日本のパンクバンドがカバーしたのを集めたもの。ネバー・エンディング・ストーリーのカバーが好き。

○John Zorn / The Dreamers

 NY在住のアヴァンギャルド+ジャズサックスプレイヤーのアルバム。ジャケットが可愛らしい。内容は、アヴァンギャルドがあったり、渋めの曲があったり。

 個人的にはルー・リードに捧げた曲が好き。

○Jesu / Why Are We Not Perfect

 イエスーのミニアルバム。レビュー → 


/* 2月 */

○谷村新司 十三夜/マカリイ
○谷村新司 桜は桜/夢になりたい

 母ちゃんへのプレゼント。なので、僕は聴いていないのよ。

○ブルースブラザーズ

 映画のサントラ。内容はR&Bです。ドライブとかにいいよー。

○ハードロックベスト

 色々なバンドの曲が入っていた。

 これで初めて"ハーレム・スキャーレム"の曲を聴いた。出だしは普通にハードロックっぽく感じたのだが、途中から普通とは少し違わない?と思って、終りで泣けた。これは熱い。燃える。

○アイ・アム・サム

 映画のサントラね。内容はビートルズの曲のカバー集。グランダディによる"レボリューション"のカバーが如何にもグランダディそのまんまで笑えた。

○ファイナル・カウントダウン / ヨーロッパ

 タイトル曲が凄く有名ですな。あと3曲目の"ケリー"も名曲。

○アウト・オブ・ザ・ブルー / システムF

 何となく買ってみたテクノ系アルバム。面白かった。

○ベスト / ブルー・オイスター・カルト

 "Don't Fear The Reeper"って途中にこんな展開があったのか。僕が持っている他のベストではその中間部分が無かったので驚いたわ。

○パルプ・フィクション OST

 サントラ。

○?
○?

 タイトル不明なのが2枚ほど。何だろ。

/* 3月 */

○坂本龍一ベスト

 タイトル通り、ベストでした。

○ピーターガブリエル・So

 高校生の頃に凄く流行ったなぁ、このアルバム。8曲中(LPで発売時)4曲ぐらいがシングルカットされて売れたんじゃなかったっけ?

/* 4月 */

○Don't Say "lazy" (初回特典版)
○Cagayake!GIRL (初回特典版)

春の"けいおん!"祭り

/* 5月 */

○ひぐらしのなく頃に 誓 特別版(CD付)

 実写版の映画を見に行って、パンフレットを購入しました。で、普通のパンフレットと、CDドラマが付いている特別版がありました。どちらを選んだかは言うまでもなかろうw

○EARTH 2

 轟音まっしぐらなアルバム。ここまで徹底されるとかえって清々し…くならんな。もう、ずーーーーっと嵐を聴かされているような感じ。確かにストーナー視点からすると、名盤かも。

○けいおん! ふわふわ時間

5月の"けいおん!"祭り

○カネイト / クリーン・ハンズ・ゴー・ファウル

カネイトのラストアルバム レビュー → 

○Legacy of Dissolution (EARTHカバー集)

 現jesuのジャスティンとか、モグワイとかが参加していたので購入しました。個人的に一番面白かったのは、オウテカによるカバーだったわ。

/* 6月 */

○けいおん! サントラ

梅雨時期の"けいおん!"祭り

○マキシム・セキュリティ/トニー・マカパイン

 けいおん!のサントラと一緒に買った。7曲目と、最後の曲が好きなんよ。因みにこのアルバムを初めて聴いたのは彼是20年以上前だw。友達にダビングしてもらったんだけど、かなりお気に入りだったんよ。で、このたびCDを買いました。

○けいおん!キャラソン 平沢唯
○けいおん!キャラソン 秋山澪

空梅雨時期の"けいおん!"祭り

/* 7月 */

○キュアー

 初めてこのバンドを聴きました。予想していたよりは陰鬱な感じだった。1曲目の"Playing Song"は好き。

○放課後ティータイム

海開きの"けいおん!"祭り

/* 8月 */

○Maddy Candy

盆の"けいおん!"祭り

○Jesu / ペイル・スケッチズ  レビュー → 
○Jesu / インフィニティ  レビュー → 

同時発売のjesuの新譜。

○けいおん!キャラソン 琴吹紬
○けいおん!キャラソン 田井中律
○けいおん!キャラソン 中野梓

夏の"けいおん!"祭り (夏、終わりかけだったけど。時期的に

/* 9月 */

無し

/* 10月 */
○パッション

 映画"パッション"のサントラではなくて、この映画のイメージアルバムみたいな感じのコンピレーションアルバム。クリスマスに聴く手があったなぁ(イエス・キリストの映画なんよ)

○けいおん!キャラソン 平沢憂
○けいおん!キャラソン 真鍋和

秋の"けいおん!"祭り

/* 11月 */

○Alec Empire / Les Etoiles des Filles Mortes

 通販で購入。 レビュー → 

○What We All Come To Need / Pelican

 ペリカン(と言う名前のバンド)の最新作。今回は環境破壊をテーマにしておりまして、今までの作品の中では一番重い感じがしました。あと、最後の曲で初めて歌が入った(このバンドは基本インストバンドなんです。今回で例外ができました)

○Opiate Sun / jesu

 現時点(2009年12月)における、jesuの最新作。 レビュー → 

○Iron Maiden / Somewhere in time

 彼是20年ぐらい前に発表された6作目。このバンドの作品の中では、このアルバムが一番好き(若しくは一番思い入れがある)かも。

/* 12月 */

無し


追記:レンタルに関して

 帳簿のメモですが、アップします。レンタルはこんな感じだったんよ。

イン・レインボウズ/レディオヘッド
エンドレス・ワイヤー/ザ・フー
ジ・イレイザー/トム・ヨーク
カフェ・ブルー~カフェ・ベスト/スタカン
展覧会の絵/EL&P
ハーレム・スキャーレム 1st
ファンクベスト
ヴァンゲリス・ベスト
守護神伝-新章- ハロウィン
テスティド バッド・レリジョン
ハーレム・スキャーレム ベスト
ラスト・ショウ / ラモーンズ
Hey Ho! Let's Go / ラモーンズ(ベスト)
LOW / ドラムス・アンド・ガンズ
アット・ザ・ムーヴィーズ / キース・エマーソン
メガデス / So Far So Good So What
ジェネシス・ベスト(2枚組)
ハイド・フロム・ザ・サン
アレック・エンパイア
イギー・ポップ ベスト 2枚組
グランダディ ラストアルバム
ジェフベック
ウェザー・リポート
ウェザー・リポート
ビータリカ・1st
リボルバー(と言う覆面バンド)
トータス 最新作。タイトル忘れた
アルバム・リーフ/クワイエット・プレイス
ダミー
ジャコパス 1st
ジャコパス ワールドオブマウス
ジャコパス へヴィなんたら
ピアニストHIROSHI 展覧会のえ!?
ウクレレでスターウォーズのアルバム


 さて、ここで今年一年の音楽ネタを振り返ってみました。そこで、今年の音楽ネタで目立ったキーワードとかジャンルとかを調べてみたら、次の3つに絞られました。それは、

カ ネ イ ト

イ ェ ス ー

け い お ん

です。全部4文字ですな。

 つか、何で"カネイト"が今年が何年であろうと、音楽の重大キーワードに出てくるのかと。いや、でも、今年1年の間に3枚アルバム買ったからなぁ。何で買っちゃったんだろ。しかも、1stとか一時期ヘビロテだったもんな。人生に疲れているのかなぁ、僕。

 今まで色々と暗い・重い音楽を聴いてきたけど、カネイトは凄い。凄いというより酷い。さんざん購入している癖に、絶対に他人には勧めない。つか、混ぜるな危険、人生と。

 以上、どう見てもネガティブキャンペーンですが、これぐらい予防線を張っていないと、万が一購入されちゃったりした後にクレームを当方に言われても…ってな心配があってねぇ。(^-^;

 続いて"イェスー"。1月・8月・11月と新譜(アルバム・ミニアルバム)を入手し("why~"はひょっとしたら去年発売だったかもしれん。気が付いたら発売になっていたのよ)ので、ほぼ1年中が"イェスー"祭りだった感も。特に気にいった曲とかもあるからねぇ。

 あと、30代最後の日に聴いた曲がイェスーの曲だったり。

 今、最も好きなバンド(プロジェクト?)の一つで、今年に限って言えばトップ独走状態でした。3日に1度は何かを聴いていたからねぇ。

 最後に"けいおん!"。本格的なネタのスタートは4月ぐらいからだったのですが(3月ぐらいにアニメ化の情報を聴いたはず)、そこからが祭りを通り越して、カーニバル状態でした。 カテゴリー:けいおん! → 

 初めてアニメの全話の感想を書いたり、放映前に全キャラの紹介とかしてみたり、全部のCDを買ってレビューを書いたり、楽譜を購入して練習してみたり、挙句の果てには

秋山澪と同じタイプのベースを購入してみたり。(゚∀゚)

 

F1000644

 

 

 

 

 

 

あぁ、やっちゃったよ。生まれて初めてやってしまったよ。

 確かに新しいベースを買う必要性はあったけどさー。どれにしようかと考えるより先に、澪が使っているベースは"Fender Japan JB62 (ボディ 3TS:ピックガード べっ甲柄)"(のレフティ)って情報をキャッチしたとたん、どのベースを買うか決断してしまったってところで言い逃れの余地は無いような気がするわ。(^-^;

※因みに僕が買ったのはJB62ではなくて、JB62-USです。ボディ材が気になったのでこちらにしました。

 ベースの練習のしすぎで、左人差し指の皮膚が切れてベースとギターの指板が血まみれになったのは良い思い出。(゚∀゚)   つか、風呂上りにするなよ。

 では、最後に今年購入したアルバム等の中からトップ3を選びます。順不同ね。

 聴いた回数・時間、個人的志向、インパクト等の面から考えた上に選んだのは以下の3曲です。

Change Comes Around / Harem Scarem
Farewell / jesu
Losing Streak / jesu

 "けいおん!"ネタは入れていないけど、それは先日別枠で力いっぱいやったので、それでOKってことにしてください。そうでなくても今年4月からの彼是が、人生澪尽くしと言われても仕方が無いほどのおかしなことになってしまったり。つか、81,400円現金一括でベースを買ったんだし。そこらあたりで一つ。後日2万円位出して改造する予定だけど。ボリュームとトーンコントロールとかを交換する予定です。

 話を戻して、選んだ3曲の個人的感想を。

Change Comes Around / Harem Scarem

 最初聴いたときの感想としては、

イントロ:普通にハードロック

1番目:(・_・) ふむ

サビ:(・_・) うん、よくある感じのハードロックじゃね

2番目:(・_・) ← 淡々と聴いている

サビ:(・_・) ← 同上

ソロ:(・_・) ← 同上

サビ:(・_・) あれ?この曲ってマイナーコードかと思っていたんだけど、メジャー主体?

テンポチェンジ

 

・゚・(ノ∀`)・゚・

 

おぃ、なんだ、この熱い曲は。目の前に液体が流れて来るのですが。

 絶望の中を精一杯駆け抜けて、遂に希望に辿り付くってな感じのする曲です。歌詞も凄くポジティブ。

Harem Scarem - Change Comes Around (live at The Gods 2002)

 

Farewell / jesu

 FとB♭のみで構成された曲。天才は2つコードがあれば名曲が作れる。

 漠然とした感じの悲しみとか、哀愁をたたえた曲です。メロディはとても綺麗。歌詞は、全体的に悲しい感じかも。

 この曲は、かなり聴いています。何と言うか、癖になる。

 最初聴いたときは、イントロ部分でどんな感じになるのか少し不安になったのですが、メインリフ(?)が聴こえたときに、メランコリ路線キタ(゚∀゚)コレ ってなりましたわ。

 夜中にドライブしているときとかに聴くと、とても良いです。

 

Losing Streak / jesu

 前作"infinity"で、「このまま"jesu"が"godflesh"路線に行ってしまったらどうしよう」と少し心配になっていました。詳しいことは「アルバム紹介」の欄に載せているのでご参照ください。

 で、8月に"infinity"が発表されて、その3ヵ月後ミニアルバムが発売になりました。若干の不安と期待を抱いてCDをカーステレオに入れてまずは1曲目。

 フェードインする歪んだギターの音と、ゆっくりと力強くリズムを刻んでいくドラム。それが30秒ぐらい過ぎたあたりで、スネア(+フロア?)によるアクセントを合図にして一斉に

 

"へヴィな音 + シューゲイザー + 泣きのメロディ"

 

正しく"これこそjesu"な展開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


 歌詞は出だしの2行が聞き取れなかったのですが、それ以外は割と聞き取りやすかったので、ざっくりと訳しますと、

 

僕たち、君を見つけるために頑張ったんだ。それこそ、這いずり回ったりしてね。

 

でも、もう一度君に合うことは無理みたいなんだ。

 

 何だ、この個人的に賛同と言うか、しっくり来ると言うか、オーダーメイドで仕立て上げられた服みたいな感触は。

 つか、"streak"って単語の意味って何なんだろ。何を失う"losing"なんだろ。

ってなわけで調べてみました。"streak"のみではなくて、"losing streak"で調べてみました。どんな意味があるのかなと思って。そして、出てきた意味は、

   

連敗

    

( ゚д゚)

 

(つд⊂)ゴシゴシ

 

(;д)

 

(つд⊂)ゴシゴシ

 

  _, ._
(; Д

 

あれ?僕、いつのまに、"ジャスティン・K・ブロードリック"に1,890円(消費税込み)という破格の値段で作詞作曲&諸々の依頼をしたっけ?なにこれ。ツボを通り越して、秘孔でも突こうとしてるの?おや、目から生理食塩水が。・゚・(ノД`)・゚・

 この曲があれば、もうしばらくは戦えます。負けを知っている男向けの曲かもしれん。変な説明だったらごめんなさい。

 以上、今年の音楽ネタでした。あ、それとね、今回選んだ曲は

Change Comes Around / Harem Scarem
Farewell / jesu
Losing Streak / jesu

の3曲でしたが、どうしても "わたしの恋はホッチキス"(けいおん!)も加えておきたいです。なんだかんだ言っても、この曲は名曲だと思うのよ。そんなわけで、今年の4曲は

Change Comes Around / Harem Scarem
Farewell / jesu
Losing Streak / jesu
わたしの恋はホッチキス / 放課後ティータイム

でした。順不同で。

 

いじょー。(・∀・)ノ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Opiate Sun / jesu

 今年8月に発売された"infinity"に続いて発売されたミニアルバム。

 前作のレビュー 

 前作では、jesu特有のメジャーコード多様が減り、デス声等が復活したことにより、今までの作品の流れから逆行して、"Godflesh"の頃に戻りつつあるのではないのかと憶測(本音を書くと心配)していました。

 また、前回ではミニアルバム"silver"から多用されてきたキーボードの出番が極度に減ったことも特徴としてあげられました。そして、前作(infinity)発売から約3ヶ月。予想していたよりも早く、ジャスティンから新作が届けられました。

 前作における路線変更(?)から数カ月。果たしてjesuは本格的に路線を変更するの
でしょうか。

 収録曲は以下の4曲(+ボーナス曲)

1. Losing Streak
2. Opiate Sun
3. Deflated
4. Morning Light
5. Deflated (Demo Version)  * 日本盤ボーナストラック

 以下に、簡単な感想を。

1. Losing Streak

 "へヴィな音 + シューゲイザー + 泣きのメロディ"

といった「これぞ正しく"jesu"」と言える1曲。

 尚、今回のミニアルバムは第2の"silver"を意識したみたいです(ライナー及び帯より)

2. Opiate Sun

 割とポップな感じな出だしから始まる曲。一瞬、売れ線に走ったのかとも思った。音は重いけど。後半部分は、少し重めか。

3. Deflated

 若干重めの曲。歌の部分はポップなんだけど、中間辺りからマイナーコードが主体っぽい流れになる。

4. Morning Light

 こちらは全体的に重めの曲。マイナーコードが主体になっているっぽい。

5. Deflated

 3曲目の別バージョン。音が若干軽くなっていて、その分個々の音がはっきりしていると思います。同じ曲なのに、こちらは多少明るく聴こえたりします。終わり部分のコードが少し変わっているのかしら?3曲目ではマイナーコードだったところが、メジャーコードになっている気がするのだが。気のせいか?ピアノの音でそう感じるのか?

 よくわかんないや。(^-^; 


 今回のミニアルバムの特徴として挙げられるのが、ライナーノーツに書かれていた(音が)「オーガニック」になったところだと思います。今までは「オーガニック」って言われても「?」だったのですが、jesuの作品を通して聴くことによって、何となくニュアンスが分かってきた気がします。

 機械主導から、人間の手による表現を主体にした ってな感じかな。言葉にするのが難しいや。 

 今までの"jesu"の特徴だった「へヴィな音 + 綺麗なメロディー」に、アルバム"infinity"で示した音(キーボード多用・リズムマシン使用 → ギターメイン・生ドラム使用)を加えたら本作になった感じがします。

    

 次回作は、久々に(ミニアルバムとか、長い1曲のみとかではなく)普通のアルバムをリリースする予定みたいです(ライナーより)

 果たして、どんな作品が発表されるのでしょうか。また"infinity"みたいな路線に戻るのか。それとも、今回のミニアルバムの延長線上になるのか。意表をついて、アンビエント・ダブ路線を推し進めるのか。ジャスティンの仕事のペースは結構早いから、2010年の6月までには何かの回答が出ているのではないのかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末の恒例行事です (今日のテーマ) ← 真の年末は12月31日だと思う

BlogPet 今日のテーマ 年末の恒例行事です
「大掃除はしましたか?」

 12月31日にやる予定です。
 
 あと、昨日は飲み会でした。アルコールは昼ぐらいには抜けましたが、ずーっと胃の中がおかしい感じがしています。つか、胃の中を大掃除したいわ。まじで。
 
 胃液が戻ってきたりするので、食道が痛いの。(ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVアニメ"けいおん!"オリジナルサウンドトラック

 今年(2009年)の6月7日に途中まで書いていて、アップしていなかった原稿があったので加筆してアップします。今年中に出した方が良いと思ったので。誰得な内容ですが。(^-^;

    

TVアニメ"けいおん!"オリジナルサウンドトラック (注:アニメで流れるBGM集みたいなものです)  

作曲者について

百石 元(ひゃっこく はじめ)

様々なアーティストのツアーギタリストや、スタジオミュージシャン/アレンジャー、楽曲提供等で活躍。有名どころでは、「松田聖子」「ANRI」「少年隊」「一世風靡」「LOOK」「Misia」「SMAP」「V6」等(ライナーノーツからの抜粋)

       

 では、簡単に各曲の紹介・解説等。尚、当アルバムの百石さんによる解説を元に書いている箇所も多々あります。

   

1. Have some tea?

… 一番印象に残っている曲かも。OPとかでよく使われているはず。木琴によるメロディが好き。

2. Morning dew

… 1曲目と同じ感じの明るめのポップな曲。バスドラムでカウントを取るところが面白い。

3. 急げや急げ!

… コミカルな感じの曲。アニメと言うより、ゲームに多そう。

4. かわいい陰謀

… ベースが主体の曲。これは劇中でかなり目立っている曲。出だしの不穏な感じが面白い。アニメの中で結構目立っていた曲だと思う。

5. 2匹の子猫

… イントロの明るいメロディでの不協和音が面白い。個人的にかなりのお気に入り。

6. いい夢見てね

… タイトル通りのイメージのバラード風

7. Cotton candy

… 明るめのミドルテンポの曲。音は若干柔らかめ。

8. Virtual love

… ライナーにも書いてあったけど、一昔前のテクノ風な曲。YMOっぽい。1st収録の「中国娘」を思い出した。

9. タンポポ宅急便

… これ、4曲目と同じメロディラインらしい。信じられないが。こちらは明るめ。

※12月の加筆:何度か聴いてメロディを覚えたので分かったのですが、4曲目の後半部分に出てくるメロディが主体となっています。出だしのちょっと不穏気味なベースラインの方ではなく。

10. うっかり君の為に

… ニューオリンズ風ジャズっぽいイメージだそうです。後半から出てくるハイハットによるシャッフルリズムが良い味。左チャネルでリズムを弾いているのは、バンジョーかな?

11. Genki!

… ライナーによると、実験作っぽい感じ。メロディとかコード進行がかなり飛んでいるらしいです。この曲のピアノは結構好き。

12. おばあちゃんのタンス

… 「おまぬけ」っぽい感じの曲らしいのだが(ライナー)、普通に"To Love Again"っぽく聴ける僕は異端なのだろうか。

※12月追記:You Tubeで"To Love Again"を調べてみたのだが、記憶の中にあるアレンジと違う。つか、僕の記憶の中にある方が変わったバージョンなんだろうか。それとも、タイトルを間違えて覚えていたのか。

13. The other side of evening sun

… タイトルを見て、ピンク・フロイドの"The dark side of the moon"かと思ったのは僕だけでいい。

で、以前「タンジェリン・ドリームっぽい曲があった」と思ったのがこれ。出だしだけはそう感じてるかも。でも、ちゃんとしたメロディとか出てきて、普通にちゃんとした曲になります。

 この曲は、確か梓が悩むシーンで流れたはずだ。

12月追記:何か、アラン・パーソンズ・プロジェクトも髣髴したわ。

 そして、エリック・ウルフソンがつい先日天国に住民票を移動したってのを知りました。R.I.P.Eric ('-'*)

14. Dead soldiers(笑)

… 「(笑)」は無くても良かった気がしないでもないが、あるのも分からないでもない、そんなタイトル(笑)。

これはメタル風。「さわ子先生」ネタね。このCDを買った人の中には、これをカバーする人結構いそうだよなぁ。

15. Hold on to your love

… 泣きメロが来ました。これが流れたシーンも大体覚えています。これを聴いたときは

Carlos Santana- EUROPA

が元ネタかな?と思いました。ギターの出だしが似ているんだわ。

<おまけ>

Gary Moore - Still Got The Blues (Live)

これもえうろぱに似た曲。

Gary Moore with Phil Lynott - Parisienne Walkways (live)

同じ人による有名な曲。

Jeff Beck - Cause We've Ended as Lovers

第一話で、澪がえらく名前を連呼していたジェフ・ベックによる有名な曲です。

 最後にもう一つ。ここまではマイナーコードだったのですが、一つメジャーコードによる泣きの曲を。

Frank Zappa - Watermelon Live, New York 1978

 アルバム「ジョーのガレージ」の最後あたりを飾るナンバーです。結構悲しいバックグラウンドの曲ではあるのですが。

16. Falling reinforced concrete

… 再度メタル風な曲。ここで、ゲーム界において重要だと思うメタルナンバーをひとつ。

S.S.T Band - After Burner(Live).

 正直、この曲で打ち込みにおけるギターの歴史が始まったと思う。ギター独特のうねりってのが出てきたと思うのよ。

17. Small flashing

… 軽めで明るめの曲。ジャズっぽい感じ。

18. けん玉くん

… CDに入っている音を若干悪くして、"けいおん!"って言うと、後半パートが始まります。

要するに後半パートに入るときのジングルね。ハードロックっぽい曲。

19. 軽い冗談

… これ、"Best Thing You Can Do"っぽいって僕が書いた曲だ。やっぱり、一部がそう聴こえる(笑)。

Arthur's Theme by Christopher Cross (Best that you can do)

でも全体を通すと全然違うけど。お洒落な感じの曲かな。

20. クレープはいかが?

… 唯(G)をイメージした曲(ライナー)。ミドルテンポの柔らかい感じがする曲。途中のメインメロディの音が面白い。

21. Happy languidness

… イントロ部分のディレイがかかったキーボードが何故かツボに。何かの曲を思い出しそうな気がするのだが。NOFXの曲かなぁ。違う気もするんだけどなぁ。最後の最後にマニアックなトランペットの演奏があった気が。

NoFx-kill all the white man ← のスタジオ版を思い出すのだが

22. Emerald green

… 普通な曲。ドラムのパターンが面白いかも。

23. My hometown where it snows

… これ、どこで使われているんだろ。結構寂しい感じのする曲なのだが。梓の話かな?結構シリアスなシーンがあったからねぇ。一人でライブスタジオに行くシーンが適度に鬱っぽくて印象に残っているのよ。原作には全然、そんな展開なかったけど。

24. 銀世界の朝

… 穏やかな曲。このアルバムの中では普通っぽい。

25. Tea at the night of Christmas

… 1曲目のクリスマス風バージョン。ふと思ったのだが、この曲のメロディって料理番組に向きそうな気がするのだが、気のせいか。

26. 子猫の演奏会

… 5曲目の別バージョン。弦楽器のアレンジが好きかも。

27. Patrol of stroll

… 「おまぬけ」な感じの曲(ライナー)。元となるベースメロディは、C&Wとかでよく聴く感じじゃね。

28. Doki Doki Friday night

… このアルバムの中では普通っぽい感じの曲。後半にベースのスラップソロが少し。

29. りんご…Ringo…リンゴ飴

… 個人的には「おまぬけ」な感じの曲。この曲のタイトルは、作曲者さんのお気に入りらしい(ライナー)

30. 15歳のマーチ

… すみません、出だしでオーティス・レディングが脳内で歌い始めたのですが。(^-^;

Can't Turn You Loose - Otis Redding  

この曲のベースラインが好きなんよ。あと、モータウンぽいと書かれているので(ライナー)、似てくるのも自然かも。

31. じゃじゃ馬3人娘

… 出だしの音が何かと思ったら、バンジョーをテクノビートで使ったらしい(ライナー)。これは、面白い。テクノ+カントリーか。この組み合わせは面白いなぁ。勉強になるわ。

32. Hesitation

… 23曲目と同じく、鬱っぽいメロディ。原作にはありえない展開のメロディなのだが。いや、まじで。

 梓の鬱シーンで使われたのはこちらかもしれん。個人的には、こんな感じの鬱メロディ結構好き。

33. ピンチ大好き!

… ↑それは、人生全体がピンチだらけの僕に対する挑戦状と取ってもよろしいのですね?(泣

 出だしのバックのメロディで、スプートニクスと言うバンドの曲のリズム隊あたりを思い浮かべた。

12月追記:自分に突っ込むのも無粋だが、何故にスプートニクス?どちらかと言うとYMOじゃね?

34. ドレスにクレープは似合わない?

… 20曲目の別バージョン。シリアス風味(ライナー)。この曲と、23曲目の"My hometown where it snows"がこのアルバムの中では一番長い曲です(2分3秒)。因みに、一番短いのは"けん玉くん"。9秒。

35. あの日の夢

… 1曲目の別バージョン?出だしのキーボードの音でそう思ったのだが。

 で、どこで使われているのかしら、この曲。つか、他の「使用されているシーンを指摘している曲を除いての全部」について、それを思うのだが。

 もう一度、全部見直せってことですね。そうですね。(゚∀゚)

 まぁ、いつの日か、レンタルされるだろうし。その時、もう一度チェックしよう(注:この部分は、6月に書いた文章です)

36. Happy End

… あ、デイドリーム・ビリーバーが来たw

つか、この曲がどこで出てくるのかをチェックするつもりで聴いていたのだが、すっかり忘れていた(笑)。

 あと、今回はアニメのサントラだから、大丈夫だと信じていたんだけど、タイトルから、とんでもない曲が流れてきたらどうしようかと思ったり。つーのもだ、

Happy Family by King Crimson … 全然、ハッピーに聴こえない (アルバム:リザード収録)

Happy Family by XTC … メロディは明るいが、歌詞が辛らつ (アルバム:ラッグ・アンド・ボーン・バフェット収録)(今回You Tubeで見つけたのはデモバージョンです。えらく完成度が高いデモですが)

Happy End by YMO … どこがハッピーエンドなのか小一時間 (アルバム:BGM収録)

Happy Xmas (War Is Over)by John Lennon & Yoko Ono … よくクリスマスにかかる曲だけど、実は反戦歌 (アルバム:ベスト盤に収録。元はシングルのみの発売で、アルバム未収録)



 以上、9割近く書いておいて、半年近く放置していた原稿でした。尻切れトンボなオチですみません。

 これで、"けいおん!"絡みの曲の感想は全部書いたかな。(*'-')

   

 ではー。(・∀・)ノ♪



追加:Alan Parsons Project "TIME" … Vo. Eric Woolfson

| | コメント (0)

12月25日のココロ日記(BlogPet)

あああああ~ん。。。きぃさん!甘栗が腐っちゃいましたよぅ。イト引いてます。納豆みたいです☆ぬばぁ

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

めりくりー (・∀・)ノ♪

悲しい人は、幸せになれますように

   

幸せな人は、もっと幸せになれますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けいおん! 3巻目

 マンガ"けいおん!"の3巻目の感想を簡単に。尚、以下、ネタばらしは極力避けますが、濃厚な音楽ネタが繰り広げられる可能性が高いです。

  

"とらのあな"で購入したら、1巻目と2巻目が発売されたときの特典が1枚の紙に印刷された物がついてきました。こちらでは、澪のベースはプレシジョン・ベース(以下、プレベ)ですわね。

  

○もう一つの特典は、紙製CDケース。

  

○表紙は、律(Dr)。ドラムセットはアニメに合わせて、ヤマハのヒップギグになってます。因みに1・2巻をざっと調べてみたところ、マンガの方では"スネア・タム・タム・フロア"だったみたいです(シンバル・バスドラ除く)

  

○表紙をめくって、コメント欄。ベースに"CFS"のシールが貼ってあることから、このベースは、島村楽器のブランド"History"と判断しました。因みに"Circle Fretting System"の略称ね。詳しくは島村楽器のこちらのサイトを見てね。結構良さそうな商品もあるわよ。

HISTORY

○出てきた曲は"ふわふわたいむ""ふでペン ~ボールペン~"。"ふでペン~"意外と健闘しているわね。

  

○P35に出てきたギターは、ギブソンのSG。尚、戦艦ではない方の"長門"にお詳しい方で、このギターに全く無反応の方はおられないと…信じてみたい今日この頃。

※"涼宮ハルヒの憂鬱"の"ライブアライブ"で長門が使っていたギターね。色は違うけど。

   

○個人的には、The Who の "ピート・タウンゼント"が使っていたってことで思い入れがあるギターです。

   

○P37・3コマ目の解説のようなものを身を乗り出して聞くようになったら、立派なアレです。こちらの世界へようこそ。言っちゃ悪いが、出口は無いよ。「壁の中に入ったときにはそこにドアがあったのに」って言っても時既に遅し。(゚∀゚)

   

○あと、さっき書いた「壁の中に~」の元ネタが分かった人も、場合によっては出口無し。()

   

○10万円で買える物シリーズ。

   

○澪が想像した物の中にある「マルチベースアンプシミュレーター」ですが、これの元ネタはBOSS社のベース用マルチエフェクタだと思います。そう判断した理由は見た目です。解説はおいといて、僕が持っているBOSS社のギター用マルチエフェクタの写真を載せます。

Image646109

 

 


 

特徴としては、ペダル(一番右にある縦長の物)の左横の上側にある2つのフットスイッチかな。これでバンクを変えるんよ。バンクが何かをちゃんと説明すると長くなるので、簡単に書くと、

1-1
1-2
1-3
1-4
1-5
2-1
2-2
2-3
2-4
2-5

の左側の数字ね。組み合わせの一部なんよ。

   

○一方、律が想像したのは『ツインペダル』『新しいスネア』でした。この一コマで好感度が上がる僕は何かがおかしい

 とは言うものの、僕の(今までの)実生活の中での好きな場面の一つに「ライブ前の控え室とかでドラムの人がマイスネアをケースから取り出してチューニングしているシーン」ってのがあるんよ。何かしらんけど、凄くかっこいい。ドラムセットってのは大きいし、騒音の問題とかがかなりあるので実際に全セットを持ってらっしゃる方はギターやベースに比べて少ないと思うんだけど、せめてスネアぐらいは自分の物を使うってのが何かストイックなものを感じさせて好きなんです。

 あと、部活(軽音楽部ね。この記事風に言うと"けいおん"ですな)の機材あれこれで一番凄いと思ったのが、ブルースユニット等でボーカルをやっていた後輩君が持っていた

  

専用ケースに収められていた、十数本のブルース・ハープ

  

でした。ちょうど、麻雀パイを入れるケースと同じぐらいの大きさなのですが、それを開けたときに、色々なキーに合わせたブルース・ハープが出てきたときには、本当にかっこいいと思ったわ。

   

話を戻そう。

   

○P52の最後のコマで、人によっては撃沈されるかもしれん。w

○相変わらず、唯の"ギー太"に対する愛情は深いものがあります。(愛情が)歌になっただけあるわ(笑)。

  

 だが、僕は笑えない。笑えるわけが無い。当方のギター、来年で20周年を迎えますが、その間に色々とあったりしたりする思い出とかあったりするので。指板が新品と比べてどす黒いのは、その歴史の積み重ねなんよ。

  

○話を戻そう。

  

ムスタング → むったん

   

 ところで、島村楽器で梓が使っているのと同じカラーリングのムスタングが発売されているわけなのだが。何か、その広告を(島村楽器店内で)見るたびに、真の勝ち組

   

"梓信者∩ムスタング好き"

   

なのではないのかと思う。この二つの要因を満たす方で、尚且つ予算がある方にすれば、パラダイスみたいな感じなんだろうなぁ。何か、うらやましいなぁ。

 

○P68。過去の澪と律が一コマ出てきます。で、ここで澪が持っているベースなのですが"プレベ"です。しかし、今の話(及びアニメ)では、"ジャズ・ベース(以下、ジャズベー)"です。因みに、見た目の違いは以下のウィキペディアに掲載されている写真を見てね。ピックアップ(ボディに乗っている音を拾う箇所)を見れば違いが分かりやすいわよ。

プレシジョン・ベース

ジャズ・ベース
 

 

 では、ここで一つ推測を。

 

 たまに「澪は高校生なのに複数ベースを持っているのか?」ってなネタを見るのですが、僕個人の考えではそれは「ありえる」と思います。では、一体どうして複数(少なくとも2本)持っているのかですが、勝手に脳内でドラマを作ってみたところ、

・中学生の頃に、律に一緒に音楽をやろうと誘われる →

・親に、ベースを買って欲しいとお願いする → 

・元々おとなしくて、人見知りする子だから、これをきっかけにもっとオープンな子になってくれれば →

・中古か安い新品か、どちらか不明だけど買ってもらった →

・頑張って、高校入試合格したよ! (・∀・) →  

・高校入学おめでとー! 何かお祝いの記念に買ってあげるね →

・もう一つランク上のベースが欲しい →

・前回はプレベだったから、今度はジャズベーが欲しい (゚▽゚*)

  

ってなことがあってもおかしくないかと。『高校入試合格』ってのは割りと何かを買ってもらえるチャンスだと思うので。

   

○ただし、この場合に"スティングレイ"のベースを買ってくれとか言っていたら、即座に却下されていた気もしないでもないが。『大学』でも難しいだろうなー。

   

○話を戻そう。脱線しすぎだ。

   

 リ ザ  

 すみません、読んだ方だけが分かるネタです。あぁ、そう言えば、僕のベースの名前をまだ決定していなかったのだが。(゚∀゚)

   

○P71。律のドラムがアニメと同じようにタムタムが一つになっています。

  

○P79~84の組み合わせは、意外気味で新鮮。 おぉ、やっと内容について触れたような気がする。

  

○P91の澪へ。

ジミ・ヘンドリックス
カート・コバーン
サー・ジェームズ・ポール・マッカートニー 

とか。因みに、リンゴ・スターも左利きらしいぞ。ドラムだから目立たないけど。

   

"PRAYING MANTIS"ってな感じの名前のバンドがこれから国内に20ぐらいできそうだ。(Playing じゃないよ)

つか、気になったので検索してみたら

 

プレイング・マンティス(PRAYNG MANTIS)

     

知らんかった----------------------!!!!!!!!!!!

      

 今度アルバムを探してみよう。あと、Tシャツか。つか、アイアン・メイデン絡みなのか。

  

○P105。ここで、澪と律の言い合いは、"The Police"時代の"スティング""スチュアート・コープランド"のやり取りを髣髴させるわ。因みに"スティング"がベースで、"スチュアート"はドラムね。もう一人のギターは"アンディ・サマーズ"。そういえば、スチュアートによるプライベートビデオで、アンディに(テンポが)早すぎる!」と言われているシーンがあったなぁ。

  

○以上、"けいおん!"3巻目の感想・レビューでした。どこがそうなんだと言われても反論できません。どう読み直しても、単なる音楽オタの戯言じゃんか。

  

○これで3巻目の内容が分かる方がおられたら、超天才だわ。サヴォンだわ。まるで、太陽の下に何かのモニュメントのように立っているイデオット・サヴォンだわ

   

○最後の意味が分かった方は"キング・クリムゾン"ファンの確立が高いです。"ダイナソー"いいよねぇ。

(・∀・)ノ♪

3巻目

BOSS社製・ベース用マルチエフェクタ

ダイナソー収録アルバム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休暇の日記

 今日は休暇でしたので、色々と。

○朝起きて、すぐに仕事へ。一つほど用事があったんよ。

   

○仕事を終えて、市内へ。

  

○マンガ"けいおん!"の3巻目を買ってきました。あと、「一番くじ」ってのがありまして、800円払ってくじを引いて景品をもらうやつなのですが、これを今日の日記の受け狙いで買ってみたんですよ。適当にマグカップあたりでも当たればいいやと思って。その結果、

 

D賞。田井中律(Dr)のフィギュアが当たっちゃいました。(゚-゚;)

 

 予期していなかった大荷物。奥からそれが出てきたときに思わず『はぁ!?』と言ってしまった僕。すると店員さんは、欲しいキャラとは違う物が出てきたので驚いたと勘違いされまして(うん、同時に何かを買っていたのだが、何かは言わない。ところで、こんなお店で買うお守りにはどんなご利益があるのかね。ベースが上手くなったりするのかね。来年にはスラップやりまくりな感じになっているのかね。やっぱ努力が必要ですか。そうですか。つか、いつになったら僕はスラップの練習を始めるのかと小一時間)「すみません、キャラクター決まっているんですよ(多分、あなたが欲しいキャラはB賞だと思う)ってな返答がありました。で、それに対する僕の返答が、

  

いえいえいえいえいえ。ちょっとしたネタで引いてみたら、大きい商品を当ててしまってビックリしただけなんです。(^-^;

   

だったとさ。で、どーすんべよ、これ。身近に良く訓練された律信者がいれば800円で売るのだが。場合によっては無料で提供も考えるが。ドラム対する熱い思いを30分語っていただければの話だが。つか、無心か。クジに当たるためには、無心が必要なのか。

    

○買い物を済ませて、安佐南区にある島村楽器に行って色々と商品を見たり、ちょっとした買い物をして、もらったエフェクターのパンフレットを読みながらお昼ご飯を食べたりしました。この時点で午後2時ぐらい。

 

○コインランドリーに行って、"けいおん!"3巻目を読みながらお洗濯。

   

○続いて、レンタルショップに行って"ジャコ・パストリアス"のCD3枚と、HIROSHIと言う方のアルバム(展覧会のエッ!?)と、ウクレレによる"スター・ウォーズ"のカバーアルバムを借りてきました。

 

○因みに、ジャズベース絡みで"ジャコ・パストリアス"を聴いてみて(前々からは知ってはいました。友達に、ジャコパスのファンがいたので)、気が付いたら嵌っている今日この頃。音楽ネタはどこから広がるか分からんわね。w

  

○あと、散髪してから帰宅しました。頭がすっきりしています。

  

○帰宅してから晩御飯を食べて、この日記を書いています。お風呂はまだだわ。

 

いじょー。(・∀・)ノ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い切りました… (今日のテーマ) ← その結果、お金が無くなりました orz

BlogPet 今日のテーマ 思い切りました…
「今年一番の買い物はなんですか?」

Fender Japan JB62-US
 
島村楽器で、81,800円で購入しました。
 
 購入した経緯については、過去の日記にも書いておりますが、
 
 今年の1月ごろ、今まで使用していたベース(のトラスロッド)が壊れていることが発覚(因みに20年間使用しておりました)  
 
→ 新しいベースを買おう 
 
→ 今年の4月から”けいおん!”がアニメ化されるのか 
 
→ (この間省略) 
 
→ 9月9日に、JB62-USを買ったよ。(゚∀゚)
 
ってな感じでした。因みに、澪(けいおんのベース担当キャラ)が使っている(と推測されている)タイプとは若干違います。あちらはJB62でして、ボディとピックアップが違うんよ。ピックアップは改造すれば幾らでもアップグレードできるけど、ボディは無理だからねぇ。だから、色々と調べたり考えたりしたうえで、一つランク上の物を購入しました。
 
 Japanでは無くて、USAを買うことも考えましたが、正直な話お金が足りないので諦めました。あと、USA製品って日本の湿気に耐えられるのかが少し疑問もあるのよ。多分、大丈夫だとは思うんだけど。
 
 あと、どうせ改造する予定だし。初っ端から高いのを買うと、改造がしにくいんよねぇ。気分的に。因みに、内部のコンデンサとかボリューム・トーンスイッチとかを改造する予定です。全部で2万円位かかる予定だわさ。
 
 これで、あと20年間はどうにかなりそうですな。
 
 あとは、ベース用のマルチエフェクタが欲しいなぁ。ギターのは既に持っているんだけど、ベースに応用しにくいからなぁ。いざ、色々と器材を調べてみると、ベース用ってあまり数が無いんよね(ギターと比較した場合)。何か面白い器材が無いかしら。(*'-')
 
いじょー。(・∀・)ノ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pale sketches / jesu

 ウェブ販売及び、ライブ会場のみで発売されたアルバム(CD:2000枚、LP:1000枚)を日本のみ"infinity"と同時に再発した作品。タイトルの意味は「淡色の素描集」(ライナーより)

         

 ジャスティンがこれまで作成したものの、アルバムの流れにそぐわないとの理由で未収録になった曲を集めたものだそうです。まだ他にもストックがあるらしくて、ひょっとしたら続編があるかも。

  

 では、簡単に曲解説を。

<Disk 1>
1.dont dream it
2.can i go now
3.wash it all away
4.the playgrounds are empty
5.dummy
6.supple hope
7.tiny universes
8.plans that fade

<Disk 2>
1.dont dream it (2009 instrumental vers)
2.supple hope (2009 mix)
3.the playgrounds are empty (slumber mix)

※2枚目は、日本盤のみのボーナスディスクだそうです。

<Disk 1>          
1.dont dream it

 "'"を付けていないのは、カバーに準じてです。

 映画"ロッキー・ホラー・ショー"に"Don't dream it. Be it.(夢を見ていてはダメ。夢になりなさい)"という有名な言葉があるのですが、それと同じ言葉を繰り返すナンバー。

 アンビエントとヘヴィロックを足して2で割ったような感じの曲。

 

2.can i go now

 アンビエント+ダンスナンバーっぽい曲。激しい感じでは無いが、ノリが良い。

 

3.wash it all away

 "Blind and Faithless"("why we are not perfect"に収録)を髣髴させる感じのインストナンバー。夜空を眺めながら聴くと良いかも。

              

4.the playgrounds are empty

 悲しい感じがするヘヴィナンバー。但しコードはメジャー進行。

 如何にもjesuらしい曲。この1曲だけでも購入価値はあるかも(但し、素描集なので音は若干軽めです)

 個人的にはこのアルバムの中で最も好きな曲です。

          

5.dummy

 ちょっと変わった感じのするインスト曲。コズミックな印象を受けるのだが、それは僕だけかしら。

   

6.supple hope

 マイナーコード風味の、肩の力が抜けたような曲。

       

7.tiny universes

 タイトル通りってな感じの曲。このアルバムはインスト曲が多いんだけど、どの曲も夜空を眺めながら聴いてみたら楽しいかも。   

         

8.plans that fade

 ハーモナイザーを使ったと思われる声で歌われる、ちょっと暗めの感じの曲。淡々とした感じです。

    

<Disk 2>
1.dont dream it (2009 instrumental vers)

 1枚目の1曲目の再録かリミックス版。音の抜けはこちらの方が良い。あと、インスト版なので歌は入っていません。

      

2.supple hope (2009 mix)

 これは6曲目のリミックス版。やはり、音の抜けが良くなっていたりしています。アルバムに正式に収録されてもおかしくない感じになっています。

     

3.the playgrounds are empty (slumber mix)

 4曲目の別バージョン。タイトルにある"slumber"(子守唄)にふさわしく、ヘヴィなギターの音を取り除き、全体的に穏やかな雰囲気にしています。凄く和めます。

            

 全体的に、音の抜けが今ひとつだったりします。レア曲集だから、仕方が無いですが。

 

 このアルバムは、全体的に淡々としているので、初めて"jesu"を聴く人には今ひとつかも。(*'-')

| | コメント (0) | トラックバック (0)

邦楽でも洋楽でも♪ (今日のテーマ) ← 未発表曲を

BlogPet 今日のテーマ 邦楽でも洋楽でも♪
「クリスマスソングといえば?」

 未発表曲なので聴いたことが無いんだけど、Alice Cooper(アメリカのハードロックバンド・及びそのバンドのボーカル→ソロ)で、
                     
                   
Merry Xmas May be Your Last.
           
              
ってのがあったらしいよ。ダークだよ。思わず笑っちゃったよ。
                   
                      
 しかし、クリスマスの起源を辿ってみると、イエス・キリストにたどり着いて(つか、イエスの誕生日だわね)、イエスの教えって、弱い者こそ救われるってな感じなんだけど、どう考えても昨今のクリスマス(つか、クリスマス・イブじゃね)は、リアルに生活が充実している人々が楽しむ日になっていて、どちらかと言うと弱者は、バイトに出られないカップルに代わってバイトに出たり、仕事に出られないカップルに代わって仕事に出たり。あと、幸せを感じるための良い比較対照物になっていたり。
                          
 ひょっとしたら、僕達は神に見捨てられたのかもしれんわね。
                     
 そんなわけで、クリスマスソングじゃないんだけど、1曲紹介。
                      
                      
Fear Factory … Resurrection
                   
                           
 歌詞の内容だけど、1984みたいな世界で反抗をしていた主人公が、傷つき疲れ果てたときに(その話の中で)、封印されたある宗教(ヒント:†)の像の下で横たわり、これまでの人生を嘆く....と思いきや、最後の4行で後ろ向きだった歌詞が前向きになるといった感じです。
                                  
 幸せになれなくても、この日を生きていく権利ぐらいは僕達にもあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4日分の日記

 今日は、昨日12月15日と今日の日記12月16日を併せて書きます。

              

 ついでに、12月17日と12月18日の日記も書きます。

                                   

昨日12月15日>

○友達と一緒にカラオケに行くことになりました。確か、土曜日か日曜日あたりに決定したはず。

   

○で、今回のカラオケにはテーマがありまして「龍虎さんが選んだ今年のアニメソングベスト20を中心に楽しもう」「雄樹っちゃんが東方ネタを披露」ってな感じでした。

   

○さて、今年のアニメといえば、言わずと知れた『けいおん!』があるのだが。当方、楽譜とか購入して弾いてみた曲とかあったりするわけなのだが。つか、

                  

ベスト20の中にエントリーされている曲の中には、楽譜を見ないでもコードだけは弾ける曲があったりするのだが。w

             

 そんなわけで、歌われる予定の曲を急いで練習したり、簡素化させてコードをノートに書いて、簡単な楽譜とか作成しておりました。こんなときの行動力だけは半端無い。(゚∀゚)

    

○あと、そのベスト20の中にあった『どっきゅん☆ハート』って曲が電波曲ではあるのですが、妙に心惹かれて、YouTubeに挙がっていたのを聴いて耳コピを出来る範囲でやってみたり。

     

○で、当日。フェルナンデス社製のギター"Zo-3"を担いで仕事に行く僕の姿が。因みに、"Zo-3"に関しては、以下のウィキペディアのページを参照してください。

フェルナンデス・ZO-3

            

 このウィキペディアの文章を見て知ったのだけど、フェンダーのムスタングと同じスケールなのか。ムスタングって、凄く短いんだねぇ。驚いたわ。あ、因みに、ムスタングってのは、"けいおん!"の梓が使っているギターね。

           

○で、午後8時ぐらいに集合場所に到着。で、お二人と無事再会。( ・∀・)人(・∀・)人(・∀・ )

     

○ここで、今回の登場人物紹介を。

龍虎さん:

 当ブログで何回も御登場いただいている方。「アニメの知識がとても深い」方なのですが、今は某フ○バ図書の店長をされているので、知識が深いだけではなく「次に何がブレイクするか」まで予測されたりします。つか、それ、仕事だし。死活問題だし。

             

雄樹っちゃん:

 龍虎さんの大学時代の後輩さん。一番強い印象が「働く」。とにかく「働く」。ワーカホリックではないのかと思えるほど、すげぇ働く。性格は、とてもポジティブだと思う。明るいけど、それと同時に、とても気をつかわれる方です。人間の明るい部分を集めたら、雄樹っちゃんになるのだろうか。

     

きぃ:

 カラオケに、ギターを持っていくような奴だ。歌うより、ギターを弾くのを楽しみにしていたような奴だ。

 だって、本当はクレイジー。(゚∀゚)

      
   

○因みに、この3人の出会いは、以下の通りでした。

      

1:(何か色々あって)輸入CDが規制されることになった。

2:その法案に対しての反対同盟に参加した。

3:参加したのが遅かったので、参加したHPリスト(新しく参加したサイトが上に表示される)の一番上に表示されるかと思ったら、僕より一つほど上に他のサイトが。

4:↑そのサイトに行ってみる。音楽好きで、尚且つカープファン。

5:お友達にナターヨ (・∀・)人(・∀・) ※ むらさめまこと さんと仰います。

6:むらさめさんのお友達とも仲良くナターヨ (・∀・)人(・∀・)人(・∀・)

7:その中心人物が、雄樹っちゃん。で、その関係で知り合った龍虎さん。そして伝説へ.... (゚∀゚)

                   

○話を戻して、まずはカラオケに行く前に、松屋で簡単に晩御飯を。

    

○流川(広島最大の呑屋街)で色々と探して、Joy Soundが入っているカラオケ屋さんを発見。

   

さぁ、はじまるでざんすよ。(゚∀゚)

     

いくでがんす (・∀・)

    

ふんがー (・∀・)

     

いいかげんに、はじめなさいよ!! (゚Д゚;)

                 

○だったっけ、久々なのでうろ覚え。(^-^;

             

○そんな感じで、カラオケスタート。

             

○龍虎さん、雄樹っちゃん、二人とも高音が出るわねぇ。僕、高音が出ないからとても大変。w (^-^;

         

○意外だったのが、"Sunday Siesta"(けいおん!のキャラソン)。淡々と歌えるかと思っていたら、実は凄く音が高かった。出だしは普通なのだが、段々とメロディが高音になっていってた。これは驚いたわ。

         

○雄樹っちゃんは東方ネタを歌っていたのですが、面白い曲が色々とあったわ。つか、東方って、そんなに唄があったのね。知らなんだ。音楽の世界はまだまだ広いですわ。

       

○で、"どっきゅん☆ハート"が流れてきました。そして、

           

お も む ろ に 、 ギ タ ー を 担 ぐ 僕 (゚∀゚)

                    

○サビのコード進行を何とか。

                

○他にも、"Don't say "lazy"""Cagayake! GIRLS""ふわふわ時間"で、伴奏を弾いてみたりしていました。我流ですが。

    

○あと、"わたしの恋はホッチキス"では、歌いながら弾いてみるってなことにもチャレンジしてみました。サビ部分だけですが。さすがに全部までは練習する時間がなかったわ。

            

○そんなこんなで、午前0時近くなってきたので、終わりにしました。龍虎さんが止めている駐車場が0時で閉まるので。最後に、もう一度"どっきゅん☆ハート"を歌いました。因みに、リクエストを出したのは僕だ。

              

○そして、その結果。

凄くギリギリのタイミングで駐車場についた僕たち。フラグフラグフラグフラグ

          

○ごめんなさい。

            

○で、龍虎さんとはここでお別れ。おつかれさまでしたー。(・∀・)ノ

    

○で、僕は雄樹っちゃんに送っていただきました。同じ方向なのよ。

    

○車内で、音楽ネタについて熱く語る僕。自重って言葉は捨てたらしい。

    

○今年は、アニメ"けいおん!"のお陰で、音楽ネタがかなりやり易かったです。"けいおん!"様々です。2期もやってください。お願いしましたよ。

                      

○帰宅して、即効寝ました。

             

<12月16日> 

○朝起きて、割と早めに出社してみました。休暇なんだけど、仕事の用事を手伝おうかなと。

      

○別にヘルプはいらなかったみたいなので、休暇を楽しむことに。

   

○結果:ベースにステッカーが貼られました。何のネタかは言うまでも無かろう (゚∀゚)

               

○中華料理のお店でお昼ご飯を食べました。日替わり定食。

             

○帰宅して掃除を。トイレだけは外出前にやっていたので、それ以外を。

       

○あとは、適当にネットを徘徊してみたり、ゲームやってみたり、ギターとベースとウクレレで遊んでいたり。

           

○エレキピアノが欲しいけど、置くスペースがどこにも無い。ウクレレだったらもう少し置けるけど。

            

○で、午後9時に寝ました。何も口にしないように。と言うのも、

            

<12月17日>

○朝7時に起床。そのまま、何も食べずに外出。何故なら今日は、

    

人間ドック

   

の日だったからなのよ。胃カメラ付き。

       

○で、病院に到着。お金を下ろしてくるのを忘れていた僕、初っ端からピンチ

          

○病院内にあるATMでお金が下ろせたのでどうにかなりました。

       

○で、検査開始。あちこちの科を巡ってきました。エコーとか言うんだっけ、白黒の画面で肝臓とか見てもらったわよ。

 あと、X線撮ったり。採血したり。

    

○で、胃カメラ。

 最初、検便用に朝やった作業(食事中の方もおられるかもしれないので、詳細は書きません。カレー美味しいです)でブルーになった僕。これを超えるものは無い、…そんなふうに考えていた時期が僕にもありました。

    

 あぁ、そうかぁ。前日の午後9時以降、何も口にしていけない理由って、このことだったのnうぇぇぇぇぇlぇぇぇぇぇぇぇげぼごほごほごほえほおええええええええええあをえあlskdjばおいsdjfかsq1おいbかbなkぁsでyはうぇはfjかsldがbぺろちえ科lksjsbvl;あkづふぁlkdfbj;ldふぁjりあおjgr

    

○がんめんにある みみいがいの すべてのあなから えきたいが でたー (゚д゚)

      

○もうやだ いかめら もうやだ

        

○検査が終わった後、燃え尽きていた僕がおりました。さすがにこの状況下ではギャグも思いつかんかった。全部の科で即興でギャグでも言おうかと思っていたのに。

                   

○で、検査全部終了。お昼ごはんのチケットをもらっていた(因みに行った病院は、市の病院で、多分全部の科が入っていると思います)ので、病院の食堂でお昼ご飯を食べることに。

              

○とどめをさされたきがした

         

"あじ"がしなくてもしかたないじゃない びょういんだもの ・゚・(ノД`)・゚・

          

○で、一旦帰宅して、スーツ姿に着替えて仕事に行きました。殆ど使い物にならなかったけど。胃カメラでの体力消耗が半端無かったからねぇ。あぁ、思い出しただけでも喉が疼く。

    

○で、夕方からは仕事関係の忘年会でした。

            

<12月18日>

           

○へぇぇぇぇぇぇぇ。僕、3次会に行ったんだぁ。知らなかったなぁ…

     

ちょっと待て Σ(゚ロ゚;)

            

○かすかに残っている記憶をたどってみたり、最後にタクシーに乗るところまでついてきてくれた人に連絡をとったりした結果、昨日の僕の行動は、

・いつもどおり。特に変な行動は取っていなかったらしい。酔っ払いレベルの話ですが

・3次会に行って、割と直ぐに帰ったらしい。

           

○記憶がここまで飛んだのは始めてかも。かなり疲れていたからねぇ、昨日は。

             

○あとは普通に仕事していました。でも、車は使わなかったわよ、念のため。因みに会社へは父ちゃんの車に載せてもらいました。車、会社に置いてきてたし。

      

いじょー。(・∀・)ノ♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

12月18日のココロ日記(BlogPet)

おなかすきました!はぅぅ~、きぃさんって帰ってくるのおそいですよ~。料理冷めちゃいます。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人間ドック & 忘年会

 明日は、人生初の人間ドックに行って来ます。で、夜は仕事関係の忘年会だわよ。 

             

 今日と、昨日の日記は、明後日ぐらいにアップするかも。つーのも、今日は午後9時には寝ようと思っているので時間が無いんよ。午後9時以降、飲み食いできないからねぇ(理由:人間ドックの為)

            

 どっかが故障していたら、まぁ、その時はその時だ。(^-^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日の予定

 夜8時ぐらいから、友達とカラオケに行く予定です。

    

 そして、何故か、ギターの仕込をおもむろに始める僕。

  

 いや、アニソンネタがメインになりそうで。で、今年は、"けいおん!"ってアニメがあって。w

     

 一芸だけでも持っておくと、役に立つわねぇ。(*'-')

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昇級審査

 今日は普通の日記を書きますわね。(・∀・)

            

 今日は、僕が所属している空手道の昇級審査でした。因みに僕が所属している団体は、

             

全日本少林寺流空手道連盟錬心舘

               

と言います。詳細に関しては団体名をクリックすると、ウィキペディアのページに行くので、そちらを見てね。

             

 では、今日一日を適当に箇条書きで。

                        

注:同じ道場の方々へ。

  この日記は一般の方々対象に書いております。なので、ちとくどい説明とかあるかもしれないので、そこはご了承ください。あと、間違った解説とかあったらすみません。それと、ブログ全体のあれこれに関しては気にするなw。気にしたら負けです。僕が。一方的に。(゚∀゚)

                                       

<前日>

○毎週土曜日の練習に行く。

        

○審査直前の特訓をする。

          

○気合入りすぎて、左腕を痛める。 (゚ロ゚;)キャー

 

※同道場の方々へ。半月(セイサン)で力を入れすぎて振り回しすぎたのが原因みたいです。どうしても、半月は力が入っちゃうのよ。(^-^;

            

○この日は早々に帰宅して、風呂に入って、晩御飯を食べて、酒を呑んで、ギター弾いて、寝た。

 おぃ、早々に帰宅したってのに、夜中過ぎまでギターを弾いていたのはどういうことなのかと小一時間。

          

<当日>

          

○朝起きる。

          

○二度寝する。二度寝は正義。

          

○起床時間になったので、起きる。

          

○朝ごはんを食べて、仕事着(つかスーツ)を着る。えぇ、今日も基本はお仕事だったのよ。

          

○一旦、事務所へ。

          

○9時半ごろ、審査会場へ出発。

          

○気合を入れるために、ヘヴィ・メタルを流しながら運転。

          

○10時ちょっと過ぎに到着。本当はもっと早く来て、子供たちへの最後のアドバイスとかをしたかったのだが、おじさん仕事も少しあったので。ごめんね。(・ω・)

          

○で、着替えて、子供たち(初心者グループ)の昇級審査を見学しながらアップを始めました。

          

○そこで、別支部の黒帯の方で、以前試合でご一緒させていただいた方がお越しになられまして、僕に色々とアドバイスを下さいました。結果から書くと、今日の審査にすぐに使うことはできなかった(頭が真っ白になってしまっていたのよ)のですが、次回からの練習で意識してさせて頂きます。体に覚えさせたら、頭が真っ白になっていてもどうにかやってくれるので。次回をご期待ください。

 ※因みに、約束組手でお手伝いしてくださった方よ>同じ道場の方々へ

          

○で、子供たち(初心者グループ)の審査。途中で、帯の締め方の試験(つか、帯を自分で締めることができますかー?(・_・)ノ ってな質問みたいなものです)で、僕が属している道場から、二人の子が挙手しました。で、この子達は、ここで審査終了になりました(自分で締めることができるってのも重要なんよ)

 で、そのうちの一人の子は、かなり型とかに自信を持っていたみたいで(実際に覚えが早い子ではあります。つか、僕は抜かれる。半年以内に抜かれる。誰か助けて、マジで)、凄くショックを受けたみたいで、後で合ったら泣いていました。つか、審査終了になったときに、凄く唖然とした表情をしていたからなぁ。後で聞いた話から推測するに、帯を自分で締める練習はしていたみたいなんだけど、審査中に不安になったんだろうなぁ。練習のときとは空気が違うもんなぁ。

          

 まぁ、気持ちは分からないでも無いわよ。試合とか、審査になると緊張しておかしくなったりするわさ。

                     

 あぁ、なったさぁ。il||li _| ̄|○ il||li

          

 つか、審査とか試合の時には、今までの練習してきた時のベストすらも出ないと思っています。逆に考えると練習時のベストが出たら凄いわ。少なくとも僕には無理だ。平均、ベストの6割。良く行って、8割です。やっぱね、いざという時は難しいわよ。だからこそ、普段の練習をおろそかにしてはいけないんですけどねぇ。(*'-')

          

○で、初心者グループの子供たちの審査が終わって、続いて僕たち大人及び中級者以上の子供たちの審査。

          

○準備運動は無し。つか、初心者グループの審査の間にアップしておくべきだろうjk。

          

○で、審査。

          

○何か、淡々とやっていたあたくし。気合だけは十二分に入れましたが。

          

だがしかし、

          

その気合が後ほど悲劇(つか、喜劇)を呼ぶ。

          

○で、基本動作が終わって、続いて移動しながらの技を。

          

 で、この移動しながらの技なのですが、3歩進んで、3歩下がります。で、気合は最後の3番目のみに入れるんですわ。もう一度言います。3番目のみです。

          

 そして、移動技の一つ目。"前進後退手刀受け"

          

 1番目で、元気良く気合を入れるあたくしの姿が。(゚∀゚)
 
         

 いや、まだ、それなら良いんだ。3番目で入れる気合が小さいよりは、全然無事故。余裕でスルー。

          

だがしかし、

          

 僕の前列で同じ審査を受けてらした、同じ道場の方のツボに入りかけたみたいで、笑いを堪えるのに大変だったとか。ごめんなさいね。(^-^;

          

○因みにあたくし、道場内では"いじられキャラ"になっております。因みに、道場外でも"いじられキャラ"です。つか、どこに行っても"いじられキャラ"ですか。あぁ、そうですか。えぇ、そうですとも。

          

○で、型の審査。僕がやったのは以下の3つね。

# 半月(セイサン)
# 南光(アーナンクー)
# 汪輯(ワンシュウ)

 そろそろ、鎮東(チントウ)を覚えないといけない真冬の夜。こんな夜にはあなたと満たされたい(どうした、脳みそがインフルエンザにでもかかったのか?)

          

 で、セイサン、アーナンクーまでは、良かったのだが。

          

 ワンシュウで、何故か気合を入れるところが、

          

 (゚ロ゚) < クハァ (息のみが出る音)

          

あ ら 大 変 、 気 合 が 出 て な い わ 。 声 が 出 な い わ 

          

 以下、脳みそホワイトアウト。体に刻み込まれた記憶のみでやっておりました。体、凄い。脳みそより凄い。

          

○以上で、僕の審査は終わりー。後は、約束組手とか、試合組手とかありましたけど、僕はまだでした。だから、鎮東(チントウ)を早く覚えろと小一時間。

          

○鎮東(チントウ)って、セイサン・アーナンクー・ワンシュウみたいに繰り返しが無いから覚えにくいのよねぇ。(^-^;

          

○で、審査が終了しました。で、12時40分ぐらいに解散。皆様、お疲れ様でした。

          

○で、僕は、事務所に戻って仕事していました。車内BGMは来たときと同じく、HM。

          

○で、仕事が終わって、帰宅して、晩御飯を食べて、風呂に入って、火曜日に予定している遊びのネタの仕込みとかして、この日記を書いております。

          

○皆様、今日は本当にお疲れ様でした。では、おやすみなさい。(・∀・)ノ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い時こそ (今日のテーマ) ← 体を動かすと温まるよ

BlogPet 今日のテーマ 寒い時こそ
「おすすめのウィンタースポーツはありますか?」

 "ウィンタースポーツ"限定だと、やっぱ温泉かなぁ。寒いときこそ、温泉。この時期の露天風呂は気持ち良いよ。いや、まじで。本当に寒いときに露天風呂に行ってみて。凄く気持ちよいから。
            
 温泉から上がったら、一杯やってまどろむと、もう、これ、最高。これぞ、日本ならではの楽しみですわ。
               
 ん?スポーツ?温まりたかったら、ランニングでも、空手でも好きなのをやればいいと思うよ。他には、スキーとかスケートとかあるんだろうけど、ぶっちゃけた話、"ウィンタースポーツ"って言われているものに関しては、ほぼ壊滅的にできないから、何も言えない。何も書けない。(^-^;
                     
 そして、そんなあたくしは、明日は空手の昇級審査を受けに行って来ます。頑張ってくるわよ。(・∀・)ノ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

infinity / jesu

Disk One
1.infinity    49:34

Disk Two
1.infinity (Part 2 : Re-Interpretation)

 2009年に発表された、jesuの(長さから考えて)3枚目のアルバム。

 内容は、ここ最近のアンビエント風な感じとは変わって、ジャスティンがjesuを結成する前にやっていたバンド"Godflesh"(の音に)戻ってしまっているのでは無いのか?とも思わせます。メロウな感じは若干引いて、攻撃的及び混沌としたイメージが表に出てきています。

 長らく封じていた"デス声"を披露したり、メジャーコードの多用が無かったりして、今までとは違う路線になっており、今までの"jesu"路線を期待していたら、肩透かしを喰らうかもしれません。

    

 音事態は、ミニアルバム"Silver"から顕著になってきた"キーボード"の多用が減ってきており、ギター・ベース・ドラムと言った(ポップス路線と比べると)ロック風な構成に重点が置かれています。

 個人的感想を述べますと、「え!?これがjesu??」と思いましたが、それと同時に、ジャスティンが次なるステージを見ているような気がして、「ひょっとしたら、僕は今、jesuの活動における歴史の中で重要な場面に出くわしているのかもしれない」と考えたりもしました。

 昔(Napalm Death、Godflesh等)のような感じの曲をするようになるのか、との心配(?)も一瞬浮かびましたが、そんな感じの曲をやりたかったら別プロジェクト(グレイ・マシーン(当方、未聴)等)でやれば良いし。"jesu"でやろうとしている"(ヘブィな音での)ポップ路線"を捨てることは無いだろうと、考えたり。

      

 何はともあれ、色々と考えてしまうアルバムでした。多分、あちこちで物議をかもしだしたんじゃないかなぁ。

     

 個人的な例えだと、このアルバムは"さなぎ"では無いかと思いました。次の段階の一歩手前。

    

 そして次作が発売されました。(続く

    

注:次回は、最新作の感想を書く前に、本作品と同時に発売されたレア作品集についての感想を書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月11日のココロ日記(BlogPet)

はぅぅ、今日きぃさんの見てはいけないもの見ちゃったんです。許してくれるでしょうか……。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

"けいおん!"ソング 個人的Best3 発表

 今回の日記では、今年ブレイクしたアニメ"けいおん!"の歌の個人的な全体的感想及びベスト3の発表を致します。

 で、ここに書いているのは、僕個人による感想なので、一般的な感想からは逸脱している可能性もあります。なので、お気に入りの歌の評価が低くても許してください。ごめんなさい。

 あと、内容がマニアック&コア過ぎて、誰もついてこれないです(断定)。すみません。

 では、各曲の簡単な紹介を。

Cagayake!GIRLS … OP
Happy!? Sorry!! … OPのc/w
Don't say“lazy”… ED
Sweet Bitter Beauty Song … EDのc/w
ふわふわ時間 … 劇中内バンド"放課後ティータイム"名義の曲。4人・5人編成の2バージョン有り。
翼をください … ふわふわ~のc/w。唯一のカバー曲。
ギー太に首ったけ … 平沢唯(G)のキャラソン
Sunday Siesta … ギー太~のc/w
Heart Goes Boom!! … 秋山澪(B)のキャラソン
Hello Little Girl … Hello~のc/w
Girly Storm 疾走 Stick … 田井中律(Dr)のキャラソン
目指せハッピー100%↑↑↑ … Girly~のc/w
Dear My Keys ~鍵盤の魔法~ … 琴吹紬(K)のキャラソン
Humming Bird … Dear~のc/w
じゃじゃ馬Way To Go … 中野梓(G)のキャラソン
私は私の道を行く … じゃじゃ馬~のc/w
レッツゴー …"放課後ティータイム"の各キャラ全員がボーカルを担当した曲。5名の各キャラソンに収録。
Maddy Candy … 軽音楽部顧問(&OB) 山中さわ子が現役だったころに演奏した曲と言う内容の曲
Hell The World … Maddyのc/w
Lovely Sister LOVE … 平沢憂(唯の妹)のキャラソン
Oui!愛言葉 … Lovely~のc/w
Coolly Hotty Tension Hi!! … 真鍋和(唯の幼馴染)のキャラソン
プロローグ … Cooly~のc/w
カレーのちライス … "放課後ティータイム"名義のミニアルバム。1曲目
わたしの恋はホッチキス …同上 2曲目
ふでペン~ボールペン~ …同上 3曲目。尚、4曲目は"ふわふわ時間"の5人編成&唯ボーカルバージョン

              

 以上、26曲になります。では、この中から""・"☆☆"・"☆☆☆"と大まかにグループ分けして、"☆☆☆"から3位2位1位と発表致します。尚、今回の結果ですが、あくまでも僕個人の感想です。他の方々がつけられる順位とは大きく食い違うことが多々あると思います。1位だと予想された曲が意外と点数が低かったりすることもあると思います。ごめんなさい。

 


翼をください
Sunday Siesta
Hello Little Girl
目指せハッピー100%↑↑↑
レッツゴー
Maddy Candy
Hell The World
Lovely Sister LOVE
Oui!愛言葉    

☆ と ☆☆の中間

Girly Storm 疾走 Stick

☆☆
Cagayake!GIRLS
Don't say“lazy”
Sweet Bitter Beauty Song
ギー太に首ったけ
Humming Bird
じゃじゃ馬Way To Go
私は私の道を行く
Coolly Hotty Tension Hi!!
カレーのちライス

☆☆☆
Happy!? Sorry!!
ふわふわ時間
Heart Goes Boom!!
Dear My Keys ~鍵盤の魔法~
プロローグ
わたしの恋はホッチキス
ふでペン~ボールペン~

              

 簡単に理由とか感想とかも書くわね。あと、☆と☆☆グループは順不同ね。

              

翼をください

… カバーだから。それだけ。曲自体とかは好きよ。

Sunday Siesta

… のんびりして楽しい曲。こんな感じは好き。

Hello Little Girl

… Lazy、SBBSとこの曲で、澪=マイナーコードってなイメージが一時ついたわよ。

目指せハッピー100%↑↑↑

… コミカルな曲じゃよね。

レッツゴー

… ゲシュタルト崩壊を起こしました(笑)

Maddy Candy

… 特にHMに興味が無い方々には、いかにもメタルってな感じなのでいいかも。

Hell The World

… 歌い方としてはこちらの方が好きかなぁ。ちょっと演劇風なところとか。あと、一度実生活においてネタになったことがある(笑)。

Lovely Sister LOVE

… サビの歌詞で『いったい、わたしにどうしろと!?w』って思ったわよ(笑)。イントロはかなり好き。

Oui!愛言葉 

… "Sunday Siesta"に似た感じの曲じゃね。終わり方が好き。

              

 こちらのグループに選ばれた曲は、☆☆☆☆☆グループの曲より(個人的に)インパクトが薄かったってな感じかしら。

              

 続いて、☆と☆☆の中間点。

              

Girly Storm 疾走 Stick

… この曲で一番主張したいのは、サビ部分のボーカル…では無くて、そのカウンタメロディのギターの気がしてならん。w

 何故か、ボーカルよりギターの方が目立って聞こえるんよねぇ。あと、ドラムソロが思っていたより少なかったのが残念。つか、この曲はアニソンだっていうのに、普通にドラマーの曲と脳味噌が勘違いしてしまってたり。えぇ、この曲に対する思い入れが若干低めなのは、

              

僕が何か勘違いをしていたから
             

なんよね。いや、"田井中律"ってのは作品上の登場人物であって、実際に存在する人じゃないんだから。30秒ぐらいのドラムソロとかがあったら僕の脳味噌は納得するかもしれんが、"アニソン"及び律の歌を期待して買った人達が唖然とするぞ、多分。

              

 まぁ、でも、画面の向こうから律が出てきてドラムソロを叩いてそれを収録したってのならば、3分ぐらいドラムソロがあっても誰も文句は言わないでしょうけど。

              

 その代わり、世界中がパニックになるかもしれんが。w

              

続いて☆☆グループ。

                            

Cagayake!GIRLS
              
… 記念すべきOP曲。最初はインパクトはそんなに無かったのだけど、聴いているうちに好きになってきた。5人編成バージョンになったら、紬(Key)の存在感が薄くなったのが可哀そうw。

 演奏のレベルがかなり高い気がする。詳細解説があったけど、イントロのスクラッチ部分だけでもうお腹いっぱいだ。(^-^;

              

Don't say“lazy”

… 記念すべきED曲。この曲が与えたインパクトは結構大きかったみたいじゃね。色々とネタにされていたみたいだし。

 僕はもともと重い曲が好きなので、この曲は一発で気に入りました。メインリフが特に。最初に練習したのもこの曲だったわ。

              

Sweet Bitter Beauty Song

… この曲、冗談抜きで難しいだろーなー。

 ドラム(及びパーカッション)がかなり好き。あと、ギターのピッキング・ハーモニクスが多用されていたのが印象的じゃね。

              

ギー太に首ったけ

… 最初は普通に普通のアニソンっぽいなと思って聴いていたのだけど、最後のメロディが個人的にツボだったので驚いた。

 あと、2番目の歌詞でカスタネットが出てくるところが好きだわ。アニメを全部通して見た後に聴くと感慨深いものが。そう言えば、"Cagayake!~"とこの曲って両方とも唯の歌なんだけど、両方とも曲の終りがサビとかではなく、それ専用のメロディがあるよね。偶然とは言え、面白いわ。

              

Humming Bird

… インパクトは少なめだけど、何故か気に入る。メロディが個人的にあうのかしら。

              

じゃじゃ馬Way To Go
私は私の道を行く

… c/wの2曲合計で考えると、梓の曲が一番ポイント高い気がする。

 梓、つか、"あずにゃん"のイメージと違うってなことで、一部では「?」の嵐だったみたいじゃね。僕の場合は、以前の日記でも書いているように、「両親がジャズバンドをやっていて、その影響でギターを始めた」ってところで、フュージョンっぽい曲になるかなと思っていたから、違和感は無かったです。

 "じゃじゃ馬~"のギターソロの次のメロディがかなり好き。あと、曲のタイトルから、「あたしはカウガール。」のAAを思い出してしまって、それ以来この曲のイメージが『ソンブレロとマントを身につけた梓が、ムスタングを担ぎ、馬を引き連れて荒野を旅している』シーンになってしまいました。想像力が豊かなのも問題があると思います。

              

    __
  ヽ|__|ノ    モォ
  ||‘‐‘||レ   _)_, ―‐ 、
  /(Y (ヽ_ /・ ヽ     ̄ヽ
  ∠_ゝ  ` ^ヽ ノ.::::::__( ノヽ
   _/ヽ      /ヽ ̄ ̄/ヽ 

               

 "私は~"が一番「ナニコレ?」の扱いがあったんじゃないかなぁ。展開が少し変わっているからねぇ。特に途中のピアノソロが出てくるあたりから。この曲は、ジャズとファンクがベースになっている感じだわ。演奏と演奏の間に入るため息風なボーカルが結構好き。面白い。あと、歌詞が「です・ます」調なところも。

              

Coolly Hotty Tension Hi!!

… 普通に良いポップソングだと思う。イントロのギターが好き。"声"と"メガネ"で脳味噌が他アニメのキャラと混乱してしまったことが。

              

カレーのちライス

… 元メガデスのギタリスト、マーティン・フリードマン曰く「この曲からボーカルとキーボードを取ったら、メタルだ」

 「本当に君たちは高校生なのかい?」と突っ込みを入れたくなる曲w。キーボードが思いっきり目立つ。つか、キーボードの曲だな、これは。裏でベースとドラムが異常なほど仕事をしているが。

 サビの終り部分に流れるコーラスが好き。メロディも何もかも含めて、これは上手い。逆にライブバージョンでは、これが無かったのが残念だわよ。

              
              

 続いて、最後に当たる☆☆☆グループです。ここから濃厚な音楽ネタになります。

Happy!? Sorry!!

 … 僕、サイケデリックロックが好きなんだけど、この曲がかなりそんな感じなので気に入っています。

 メインリフのギターとか好きだし、かけあいになっているコーラスとかも好き。70年代に流行ったGSサウンドを彷彿させます。間奏部分の編集も面白い。ドラムの音も好きだわ。あと、効果音的に入るキーボードもいいよねぇ。

 アニメ関係の歌としては、かなり実験作じゃないのかと思います。 

                            

ふでペン ~ ボールペン ~

 … まさか、この曲に歌詞とメロディが付く日が来るとわ。(゚∀゚)

 原作(マンガ)でもセットリストとして、タイトルだけ存在していたのですが、その中で一番ツボに入ったタイトルなんよ。一体、どんな歌詞なのかと。「何、この面白おかしいタイトルは」ってな感じで。

 サビのメロディは素晴らしい。特にサビの終り部分のギターによるコード進行が。初めて聴いたとき(第12話)、少し感動した。

 惜しむらくは、ボーカルは唯では無くて、澪の方があっていたかなってところです。ロックっぽい曲は澪の声の方が合うような気がするので。逆に言うと「カレー~」みたいなコミカルな感じのする曲は唯の方があっていると思います。

 とは言っても、若干レベルの差ではあると思うのですが。ギターソロに入る直前の部分の歌い方は、唯の方が好きだし。

 この曲全体を通しての感想としては、コミカルな部分とセンチメンタルな部分が上手く絡み合っていると思います。

              

Heart Goes Boom!!

 … パワーポップ。若干パンクっぽいか?

 澪による特徴的な歌い方がかなり印象に残っています。やっぱこの人は勢いがある曲を歌うと上手いな。逆に、"Hello Little Girl"みたいな落ち着いた感じの曲を歌っても上手いな。要するに、この人(澪の中の人)は歌が上手いってことじゃねぇ。少なくとも僕はこの人の歌声は好きだ。中の人のソロアルバムが出たら購入を考えてみよう(その時の財政がどうなっているかが問題じゃけど)

 趣味でベースをやっている(メインはギターですが)ってのもあるので、この曲はかなり期待していました。で、期待通りベースが思いっきり表に出ていました。曲も疾走感あふれていて、かなり好みです。メロディは全体を通して好きなのですが、特にキーボードソロの後のブリッジからサビに入るところが好きで、思わずガッツポーズを取ったわ。w

 あと、曲が始まった時の"Yeah!"って言うところが好き。(声の)抜けがいいなぁ。

              

ふわふわ時間

 … MJに勝った曲w

 ほんの一瞬ではあったけど、一週間の売り上げ枚数でMJに勝つとは。ミニアルバムだったので"カレーのちライス"等4曲によるものではありましたけど、やっぱり中心となる曲はこれなんじゃないかな。

 原作に歌詞が載っていた(と言うより、原作で(ネタとして)発表された)こともあって、この曲が真のメインタイトル曲とも言えるのではないのかと思います。因みにこの曲だけは、(作中のでは無く、商品としての)作詞者が"秋山澪"になっています(原作者の"かきふらい"さんが詩を書かれているので)。因みに、他の曲は他の作詞家さんが書かれています(現実の話としてね)

 で、(ストーリー内では)キーボード担当の紬が作曲をしているってことになっているのだが、ちょっと待て。待つんだ。ぶっちゃけた話、そうだとすると一体この娘さんは、どれだけの作曲能力があるのかと小一時間。つか、途中のラップ(?)のリフはかなり重いぞ。最初は明るい感じのパワーポップだと思っていたのだが、まさかメタルっぽい展開が待っているとは思わなかった。最初聴いた時には、正直驚いた。歓喜していたけどw。一体、どこでこのお嬢様は、この手のジャンルの曲を聴いていたのでしょうか。

 作中での話ではあるが、紬って結構凄いよねぇ。('-'*)                            

 ドラムソロからの曲展開が割と激しいので、追いかけるのが大変だった方も結構おられるかも。(^-^;

 さっきも書いたけど、この曲が真のメインタイトル曲だと思うわ。

 あと、12話でのリプライズは良かった。あのシーンは好きだなぁ。

                                                                

 で、残すところあと3曲。と言うわけで、僕個人が選んだベスト3を発表します。尚、ここからは濃厚な自分語りも入ってきます。w

                            

 それでは、トップ3を発表します。26曲中ベスト3に入ったのは、

                            

3位:プロローグ

作詞:大森祥子 作曲・編曲:前澤憲之 唄:藤東知夏 (敬称略)              

 これは意外かも。"放課後ティータイム"メンバーの曲では無いし、メインキャラの中では、登場回数が少なそうだし、しかもc/wの方の曲だし。

 これが3位になった理由ですが、二言で言うと『メロディーとアレンジ』です。先ほどから、僕は色々なジャンルを好きだと書いていますが、一番好きなタイプの曲はどんなのかと言いますと、『悲しい感じのメロディーだけど、希望が持てる』ってな感じの曲なんです。一言で言ってしまうと『メランコリー』な感じです。コードはメジャーコードで。

 そんな感じの曲なので、これが気に入ったのよ。(・∀・)

              
              

2位:Dear My Keys ~鍵盤の魔法~

作詞:大森祥子 作曲・編曲:小森茂生 唄:寿 美菜子 (敬称略)   

 出だし:(・_・)フーン

               

 Aメロ:(・_・)ウン

               

 Bメロ:(・_・)ウン

               

 サビ(出だしと同じメロディ):(・_・)ウンウン

              

 サビ(その続き):(゚∀゚)!!!!!!!

              

 ってな展開が始めて聴いたときに繰り広げられていました(笑)。この曲はキーボードメインになるってことが分かっていたので、そろそろしっとりとしたバラードでも来るかなぁと思っていたら、違っていたので「あぁ、そうかー」とは思っていたんですよ。

              

だがしかし、

              

割とパワーがある感じのポップソングと思って聴いていたのですが、サビのメロディにやられた。これは思いっきりツボだ。更に、2番目の歌詞でフラット(♭:音楽用語で半音下げるという意味があります)とシャープ(♯:半音あげる)を使った箇所には感動した。これは上手い。原作では多少黒い感じだった紬でしたが、アニメ化されたときにはかなりポジティブなキャラになっており(個人的にはこちらの方が好き)、この曲の歌詞はそちらのイメージにピッタリ合うような感じでした。これはとてもポジティブな歌詞だ。

 勢いがある演奏に、明るい感じのメロディ。そして、ポジティブな歌詞。この曲の持つ力は凄いと思います。

 強いて難点を挙げれば、終わり方が普通のアニソンっぽい感じで、多少投げやりに思えたところです。

 この曲と"プロローグ"は、僕の脳みそが気に入ったのか、脳内でエンドレスでかかることが多いです。朝起きて、この2曲のどちらかが脳内で流れていることが多々。

                

 この曲は聴きまくったなぁ。"けいおん!"関連の曲では一番聴いたかも。  

              

 で、残る1曲。栄えある第一位は、

              
              

1位:わたしの恋はホッチキス

作詞:稲葉エミ 作曲:藤木 樹 編曲:百石 元 (敬称略)
唄:豊崎愛生・日笠陽子 (敬称略)
 

 最早、完璧と言っても良い曲。

 どこがどのように良かったのか書くのは、この曲に対しての蛇足以外の何物でも無いとは思いますが、何とか文章にしてみます。

 個人的に気にいったと思える個所を、箇条書き等で書いてみます。

・メジャーコード進行ながら、若干泣き系のメロディ。

 先ほどにも書きましたが、僕はこんな感じの曲がとても好きなんです。

・"The Who"の"Picture of Lily"を彷彿させる、ラウドな演奏による間奏部分。

 "Picture of Lily"も全体的にはメロディアスな曲なのですが、間奏部分はかなり激しい演奏になっています(時代が時代だから今聴くとそこまでは感じられないかもしれませんが)

 ふと思ったけど、"Queen""Father to San"も....んにゃ、こちらは間奏部分が長すぎるか。この曲(Father~)もメインはメロディアスなんだけど、間奏部分が激しい、と言うか完全なHMになっています。

 あとおまけで、"Arch Enemy"って言うバンドの"Silver Wing"って曲は、

デスメタル → デス声で歌われる明るいサビ → デスメタル → デス声で歌われる明るいサビ → 間奏(メジャーコード)→ デス声で歌われる明るいサビ

ってな面白い(人によっては感極まる)展開になっています。歌詞も希望に溢れていたり。

 話を戻して、

・1番目:vo唯 → 2番目:vo澪 → 間奏 → ~ラスト:vo唯 + cho澪 の組み合わせ

 個人的には澪の声の方が好きだけど、全部を澪が歌うよりは、今回のように唯とリードボーカルを分けた方が良かったと思います。その理由ですが、曲によって違ってくるけど(例えば、ふでぺん~は澪の方があっていたのではないのかと思っています)、この曲のようにバラード風だけど勢いがある曲(パワー・バラードと言うべきか?)の場合では、異なる声質を持ったボーカル同士で振り分けることによってメリハリをつけた方が、曲全体が引き締まると思うからです。

 あと、ラスト部分で歌っている唯の裏で流れるコーラス(?)が上手い。主旋律と副旋律の絡み方が非常にきれいだと感じました。また、その時にキーボードの音が追加されて、音に厚みを加えていくところのアレンジとかも好きです。

 キーボードがあまり目立たない曲ではありますが、左チャンネルで聴こえるピアノ(エレキピアノと思う)による伴奏とかかなり良い仕事をしていると思います。あと、先ほどにも書いたように終盤にあたって色々と音を重ねていくことによって、曲全体を盛り上げていくところとかが素晴らしい。

 ドラムは結構大変だと思います。律(の中で手足を担当している人)って結構手数が多いよね。この曲では、単なるリズムキープだけでは無くて疾走感も表現しないといけないから大変だ。

 リズムギターだが、楽譜通りに弾けないのだが。手が異常なほど開かないといけないわけだが。つか、弾けん。(^-^; 仕方ないので自分で弾き方をアレンジするわ。

   

 イントロから、終わり方まで、完璧と言えるほど僕の好みの曲でした。個人的殿堂入り。

 以上、多少尻切れトンボの感はありますが、ここで筆を置かせていただきます。

 御拝読ありがとうございました。(・∀・)ノ♪

| | コメント (4)

今日はジョン・レノンの命日です。 (今日のテーマ) ← その3

BlogPet 今日のテーマ 今日はジョン・レノンの命日です。
「あなたが好きなビートルズの曲を教えてください。」

 マニアックかもしれないけど、"ディア・プルーデンス"が結構好きよ。(・∀・)

                 

 あと、"You won't see me"とか。”Flying” とか”Baby You are rich man”とか。"Piggy in the middle"とか(違

             

 あと、アニメ"デ・ジ・キャラットにょ"で、ビートルズを元ネタとしたBGMがあります。全部で9曲だったかな。マジカル~をネタにした曲が結構お気に入り。

               

 あと、お題のタイトルに添うような感じで、John Lennon(ソロ時代)の曲で一番好きな曲を挙げますと、"Grow old with me"です。”Milk and Honey”に収録されている方のバージョンで。ジョンが残した最後の曲とのことです。とても綺麗な曲で、ジョンのボーカルとピアノ以外には、ドラムマシーンのみが収録されて簡素な感じなのですが、そんなところも好き。

               

                  

 まだまだ書きたいことはありますが、そろそろお酒がまわってきたのでここで止めておきます。 

                   

 で、今からウクレレでイマジンでも弾くとするわよ。

                      

 ではー。(・∀・)ノ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日はジョン・レノンの命日です。 (今日のテーマ) ← その2

BlogPet 今日のテーマ 今日はジョン・レノンの命日です。
「あなたが好きなビートルズの曲を教えてください。」

(続き)
             
”リボルバー”に関しては、同じ意見の方もかなりおられるかも。昔、ビートルズのジッポーが発売されたときも、このアルバムのは早々に売り切れていたみたいだし(絵柄が格好良いからかもしれんけど)。マジカル~は、聴いていて楽しい。3rdは、かなり珍しいタイプのアルバムなので。どんな風に珍しいかといいますと、

               

・当時のアルバム構成は、A面B面共に7曲ずつだったのだが、これだけはA面7曲、B面6曲。

                  

・最後の曲がバラード(このアルバム以外では、ホワイトアルバムが挙げられますが、その曲に行く前にナンバーナイン)
           
                       
                      
 ホワイトアルバムのC面に関してですが、あの面は起伏が激しくてとても好きです。因みに、こんな感じです>未聴の方々

                  

バースデー : 明るい感じのロックンロール

                 

ヤー・ブルース : 「死にたい」って歌ってる暗いブルース(後半ロック調)

                  

マザー・ネイチャーズ・サン : 穏やかなフォークソング

                       

エブリバディ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー : ビートルズの曲の中で一番タイトルが長い曲(次点:シー・ケイム・ザ・バスルーム・ウィンドウ だったはず)。陽気な感じのロックナンバー。

                     

セクシー・サディ : 皮肉と悲しみに満ちたヘヴィ・バラード

                    

へルター・スケルター : ヘヴィ・メタル。この曲で電波受信した人が、はた迷惑なことをしてしまって、とっても大変なことに。

                     

ロング・ロング・ロング : 穏やかなバラード。宗教の歌らしい。だがしかし、エンディングが謎。つか、恐い。

                  

                        

 一般的には、”アビー・ロード”のB面が片面では一番評価が高いと思うのですが(確かに、楽しいもんねぇ。あの展開はドキドキする)、僕個人としては、展開が  →  →  → 明 →  →  → (→(゚д゚)) ってな感じで激しいホワイトアルバムのC面の方が好きかも。あと、ホワイトアルバムって書いているけど、某葉っぱのゲームと一緒に…あ、でも、あのメーカーって、元々は音楽やっていた人の集まりだから…タイトルの元ネタがこれでもおかしくないか。
                      
(もう一つ続けます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はジョン・レノンの命日です。 (今日のテーマ) ← ビール噴いた

BlogPet 今日のテーマ 今日はジョン・レノンの命日です。
「あなたが好きなビートルズの曲を教えてください。」

 なに、この、僕のお庭状態のテーマ (゚∀゚)
              
 そんなわけで、ココログのテーマ関連でこちらをご覧になられた方こんばんわ。ビートルズに影響された年齢の既に3倍以上生きている、このブログの管理人(と言うのか)です。
                     
 中学1年でビートルズにはまって、中学卒業までに213曲中の209曲集めました。因みに全部中古無し。新品(当時は中古が嫌いだったんよ。高校生になってからお世話になっておりますが)。尚、ソロも平行してあつめておりました。因みに、僕が持っていなかった4曲が何か分かったら凄いわ(ヒント:1980年代でベスト盤とか除けば、そのアルバムにしか収録されていなかった曲は3曲。ベストアルバム”Rock'n'Roll”(2枚組)に収録された曲が1曲)
                       
 で、好きなビートルズの曲ですか。「好きな」曲ですね。
                     
 当方、”レボリューションNo.9”を中心にしてプレイリストを作ったことがあったりする(他には、ジョン・ケージとか、フランク・ザッパとか、パンクルズとか)変態だから、「好き」で選んだら際限無い罠。
            

 逆に"苦手"で考えたらどうなるんだろ。
                 

 たまたま偶然に今日、ビートルズの初期でノリが良い曲を集めた個人的ベストを聴いていたのですが、その中に"Hold Me Tight"が入っているのよ。蛇足とは思いますが、2ndアルバムに収録の曲です。B面の2曲目だったはず。で、この曲なんですが、ある本での特集で、ビートルズの曲で苦手な曲トップ20(ぐらい)とかやっていまして、1位とかは最早お約束とも言って良い
                            
なんばーないん。なんばーないん。なんばーないん
 
で、2位も
                      
ゆー、ゆのー、ゆのまいねー
                         
だったりして(2位が間違えていたらすみません)、あとは有名になりすぎた"イエスタデイ"とかあったりして、そんな感じでネタ(?)っぽい曲を除いたら、何故かこの曲がトップになっていたりしました。手拍子が苦手な方が結構おられるみたいじゃねぇ。まぁ、アンケートをとればどれかの曲がこの位置に付くわね。(*'-')
                
                          
 で、 好きな曲。曲で考えるとタイピングが止まったので、アルバムと、片面(LPの)で選んでみました。その結果、

         
アルバムリボルバー (次点、マジカル・ミステリー・ツアー と 3rd)
                     
片面ホワイトアルバムC面 (バースデー ~ ロング・ロング・ロング)
                   
                    
になりました


    

(ここで文字数が多すぎて、ココログから撥ねられたので、2つか3つに分けます)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

why are we not perfect / jesu

1. Farewell
2. Blind and Faithless
3. Why Are We Not Perfect
4. Farewell [Alternative Version]
5. Why Are We Not Perfect [Alternative Version]
6. Blind and Faithless [Alternative Version] *

 アンビエントに走っていくのか?と思っていた頃に発売されたミニアルバム。しかし、この人って本当にミニアルバム好きじゃね。思い立ったアイデアをすぐに出すタイプなんだろうなぁ。ファンにとってみれば有難いけど。

 で、曲の感想を。

1. Farewell

 如何にもjesuな曲。凄く綺麗な曲。で、実際に演奏してみたらコードが2つしかなかったのには驚いた。FとB♭のみ。天才は2つコードがあったら名曲が作れるらしい。

 ちょっと悲しい感じがする曲です。僕はjesuの名曲の一つだと思います。 

                    

2. Blind and Faithless

 コズミック・ダンスナンバー と言いたくなる様な曲。かなり広がりがあるような、それでいてリズミカルな曲です。因みに、インストゥルメンタル(歌なし)です。だがしかし(続く

              

3. Why Are We Not Perfect

 ゆったりとしたリズムの曲。淡々と進行します。落ち着いて聴けます。

             

4. Farewell [Alternative Version]

 1曲目の別バージョン。アンビエント風味になっています。聞き比べると面白いです。人によってはこちらのバージョンの方が気に入るかも。あと、1曲目には無かったと思われるギターリフが入っていたりします。

 1曲目と比べてみると、ドラムの音が控えめかな。つか、初めて1曲目を聴いたときにはドラムの音がかなり目立って聴こえたので、出だしでは混沌とした曲なのかと思って一瞬不安になったことが(笑)。キーボードとベースが入ってきて、不安が解消されて大喜びしておりましたが。(゚∀゚)

               

5. Why Are We Not Perfect [Alternative Version]

 3曲目の別バージョン。ドラムの音がかなり乾いていて面白い。こちらも4曲目と同じく、アンビエント風味になっています。人によってはこちらが好きになる可能性も高いです。

             

6. Blind and Faithless [Alternative Version] *

 日本盤のみ収録の特別ボーナストラック。

 2曲目の別バージョン。でだ、この曲に関しては、4・5曲目とは異なり、アンビエント風味になっていると言うよりは、歪んだギターが更に追加された感じになっています。

    

& 

   

ボーカルが追加されています。えぇ、2曲目ではインストだったのですが、こちらではボーカル(呟き?)が追加されています。それだけでも、全く違ってきますわ。

    
    

 全体を通して思ったのが、ギターの音はかなり入っているけど、裏方にまわっている感じがします。あと、メジャーコードの曲ばっかりなので、疲れたときにお酒を呑みながら聴くと良いかもしれません。

      

 重い音だけど、癒しの1枚だと思います。個人的には1曲目が特に好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省してしまう

 今日は、年末ネタの長文を書いていたり、あるまとめサイトを見ていたりしていました。あ、仕事以外の話ね。

                 

 で、長文の方ですが、下手すれば誰にも分からないぐらい迷走している内容になっている可能性が高いです。ほら、僕、音楽が絡むと暴走するからねぇ。(^-^;

 それにアニメが絡むと、もう大変。w

    

 あと、ずっと読んでいたまとめサイトってのはこちらです。→

 要するに、日本の文化等々を好んでいただいている海外の方々のお話なのですが、ずっと読んでいたら、海外の方々が愛してくださるほどの日本文化を自分が持っているかと、考えたり、あと御先祖様等の先人たちの面に泥を塗るようなことを自分はしていないか、と色々と考えたり、少し反省してしまったりしました。

 多くの方々によって、日本文化ってなブランド(言い方がおかしかったらすみません)を作り上げたのだから、それを更に上のほうに持っていくことができないとしても、少なくとも泥を塗るようなことだけはしないようにしていきたいわよね。(*'-')

 因みに当方、イギリスの方と、ブラジルの方にちょっとした手助けをさせていただいたことはあります。文章にしてもあまり面白くないから、割愛するわね。ただ一つ感想を述べますと、簡単な英会話ができるだけでも、人生の楽しみ方が全然違ってくるわよ。

                   

いじょー。(・∀・)ノ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶対必要です。 (今日のテーマ) ← そうですか

BlogPet 今日のテーマ 絶対必要です。
「これがないと生きていけないと思うほど好きなものはありますか?」

 日記を書いていたら、筆が止まったので、久々に「今日のテーマ」に回答します。なんだかんだ言っても、この手のお題シリーズは困ったときにはありがたいわよね。
             
 で、本題。
               
 「これがないと生きていけない」物ですか。日本国内で現実的に考えてみると、『お金』ですかね。無いと飯が食えないし、病院にも行けません。あと、僕は『お金』好きです。今までに沢山手放しましたが、直に帰ってくると信じています。 しかも、お友達も連れてきて、沢山帰ってくると信じています。
                 
 年末ジャンボ宝くじは、12月23日までの発売です。(・∀・)b
                
                 
いじょー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月04日のココロ日記(BlogPet)

ねこって良い生き物ですよね☆

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の日記

 たまには日記を。

   

○朝一番に用事がある予定だったので早起きしたら、それが中止になりました。で、寝なおすのもアレだったので、普段は夕方にやる掃除を午前中に済ませちゃいました。あとは、母ちゃんと一緒に朝ごはんを食べたり。食べながら台所の掃除をしたり。いや、水周りの掃除が4分の1ぐらいで趣味なので。 

   

○で、昼近くに外出。"けいおん!"(元は4コマ漫画でしたが、今年アニメ化されて大ブレイクした作品)のアンソロジーコミック(他の作家さんたちが書いた"けいおん!"ネタマンガ集)を買ってきました。あと、エフェクタ(楽器を音色を変える機械)を見たり。

    

○その後"そごう"に行って、冬用の背広を買ってきました。セールだったので。2着ほど買いました。色はグレイと黒(に近い紺色)です。グレイ(つか灰色)の背広を買ったのは初めてなので、完成が楽しみです。

   

○で、一旦帰宅。4時ぐらいに小腹が空いたので、カレーとチキン南蛮を食べてきました。あと、帰宅途中にウィスキー等を買ってきたわ。で、ただ今ハイボール(ウィスキーの炭酸割り)を呑みながらこの日記を書いています。ヽ(ィ・ェ・ァ)ノ

   

○帰宅して、買ってきた"けいおん!"のアンソロを読んでみました。"鈴城芹"さんと"野々原ちき"さんの作品が良かったわ。つか、この御二人の作品は前々から好きなんよ。作品と絵の雰囲気が好きなんだろうな、きっと。

   

○あと、個人的趣味として、楽器がどのように描かれているかを見ておりました。つか、もう少しキャラの方を見ろよってな気もしますが、気になるんだから仕方ない。ジャズベー持ってるし。廉価版ではあるが、レスポールタイプのギターも持っているし(昔、友達からもらったんよ)

 で、その感想ですが、まぁ、楽器のアンソロじゃないんだし。つか、ここで個人的感想を書いても誰も面白くないと思います。単なるオタクの戯言になるだけだし。

 あと、アンソロとか色々な商品とか見ていると、ギターとかベースのロゴ(唯のギターの場合は"Gibson"、澪のベースの場合は"Fender"等)は書かれていないんよね。やっぱ、許可を取るのが大変なんだろうなぁ。エフェクタで有名なBOSSが"Fender"のロゴを大っぴらに載せた商品を作っているのですが、あれも許可が降りるの大変だったろうな。見方を変えると、あのエフェクタは"Fender"が許可する程のクオリティがあるってことか。欲しくなったじゃんか、もうお金が無いのに。

     

○午後6時に再度外出。今度は空手の練習に行ってきました。毎月第一週目と、最終週の水曜日は空手の練習があるんよ。あと、毎週土曜日にもあるけど。で、午後7時から9時まで練習していました。

    

○あと予測していたのですが、ちと早めに練習場所に到着しました。で、暇つぶし用にウクレレを持っていってたので久々に練習しましたわ。

   

○で、空手の練習が終わって、帰宅して、風呂に入って晩御飯を食べて、日記を書いております。

    

 んじゃ、寝る。(・∀・)ノシ



 

"鈴城芹"さんの作品(の一つ)


 

"野々原ちき"さんの作品(の一つ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

envy / jesu

 日本のバンド"envy"とのスプリットアルバム。

/* envy */    
1・conclusion on existence
2・a winter quest for fantasy
3・life caught in the rain

/* jesu */
4・hard to reach
5・the stars that hang above you    

 

"envy"に関しては、広島で"Mogwai" (イギリスのバンド)のライブがあったときに前座で
出演されていたので、そこで聞いたことがあります。多分、複数の曲をされていたのだと思うのですが、演奏の間の途切れが無かったので、全部で1曲に聴こえた記憶があります。あと、凄くヘヴィだったわ。それと、近くにいた"envy"通と思われるお客さんの会話からするに、このときは新しいギタリストが加入したっぽいみたいです。多分、一番髪が短い人だったと思う。

 1~3曲目は"envy"の曲です。"Mogwai"っぽいです。歌詞は日本語。因みに、このバンドのボーカルの人は"Mogwai"のアルバムで1曲ほど歌っております。アルバム"Mr.Beast"で。

 ライブの印象からすると、かなり大人しめの演奏だわ。

 あと、3曲目がキャッチーだったのには驚いた。ライブで聴いたイメージとは全然違っていたので。この曲は好きだなぁ。1、2曲目も良い感じなんだけど、メジャーコード進行の3曲目は特に好きかな。

     
      

 4、5曲目は"jesu"ね。

 4曲目はヘッドホンで聴いたら面白いよー。出だしで、ステレオだった音がモノラル風に一箇所にまとめたれたりしたりして、音の操作が面白いです。全体的にアンビエントっぽいわね。途中でギターの音とか入ってくるけど、全体的にアンビエントっぽいと思います。

 5曲目も4曲目と同じような感じかな。若干、音が重いか。

 

"sundown / sunrise"(日本版CDだと、アルバム"コンクエラー"のボーナスディスクに収録)の延長線上っぽい曲です。ドラムとかは打ち込みになっていますし。

 後日、これがひっくり返ったりしますが。それは、また次々回ぐらいのお話になります。

                         

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »