« 換金された(BlogPet) | トップページ | 参院選 »

VOX amplug 使用感想

 今日は、今年(2010年)GW(5月4日)と、7月7日に購入したVOX社の"amplug"の簡単な感想を書きます。別に、今日のネタが何も思いつかないってわけですわよ。

   

 んでもって、まずは5月4日に購入した方から。因みに購入したのはコレね。

   

Bass

   
   

注:当ブログは同じ町内の方々とかに存在が知られております。逃げ道?何それ?美味しいの?

  

 でもって、まずはベース用のamplugね。因みに、これが何かを改めて簡単に書きますと、アンプを通したような音を(アンプ(正確には、アンプ(増幅器)+スピーカーと言うべきか)を解さずに)、ヘッドホンで聴けるようにできる練習用の機材です。因みに、ヘッドホンは写真で見て右側の側面に接続できるようになっております。澪の頭の上にある穴は、AUX(外部入力端子)です。ここに、iPodなり、ウォークマンなり、好きな音源からの音を入れることによって、練習とかができるようになっております。ぶっちゃけ、この機能が欲しかったので購入しました。

  

 で、気になる音のほうですが、まずは、ホワイトノイズ("サーーーー"って感じのノイズ)が若干あります。まぁ、ここは仕様だと思って諦めるしかないと思います。

 演奏部分としての音としては、決して悪いものでは無いと思います。ベース本体における調整との組み合わせで、それなりに幅広く音が出るのでは?

 何よりも、小さくて軽いので、立って練習するのにとても向いています。iPodとか使えば、コードが全部短くてすむので、絡まったりしにくいです。長い間練習していると、こんな点が有り難いのよ。

   

 ここ昨今、余程回りに家が無いぐらいの田舎でも行かない限り、夜中にアンプを使って練習するのは無理だと思うので、こんな機材を使って練習すると良いかもしれません。

   
  

 続いて、7月7日(七夕)に買ったものを。

   

Guiter

   

 同、ギターバージョンです。もう一つのタイプよりもこちらの方の歪み方が好みだったので、こちらを購入いたしました。で、使い勝手とかの感想はの場合と同じなので、音の感想のみを書きます。

  

 エフェクタのON/OFFが付いておりまして、それが何のエフェクタかと申しますと"ディレイ"です。因みに"ディレイタイム"は固定です(変更不可)。あと、歪み具合に関してですが、調節はできますが、完全に0にすることは出来ません。ダイヤルのメモリ上で0にした場合、ブルース向けのクランチサウンドになります。

 他にコントロールできるのは、トーンとボリュームのみです。因みに、amplugでは、それ自体のボリュームのみをコントロールできるみたいで、外部入力のボリュームは、その外部機器で操作する必要性があります(その方が、手間がかからなくて楽ですが)

 音に関しては、公式サイトを参考していただくとしまして、深く歪むような音が好きな方は割と好まれるかもしれません。でも、歪みを押さえると、軽い感じにもなるので割と応用は利くかも。

   

 以上、amplugの簡単なレポートでした。(・∀・)ノ♪

|

« 換金された(BlogPet) | トップページ | 参院選 »

けいおん!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VOX amplug 使用感想:

« 換金された(BlogPet) | トップページ | 参院選 »