« こんなとき、なんて言ったら良いのか分からない | トップページ | あの頃の自分が少しだけ羨ましい »

今なら凄いのが書けると思うのだが


ブログネタ: 一番手こずった「夏休みの宿題」といえば?参加数拍手

 『読書感想文』でした。もう、これが苦痛で苦痛で。

 

 何がそんなにきつかったのかと申し上げますと、本を読むのは良いのですが、それに対する感想を求められてもねぇ。ぶっちゃけ小学生の頃の僕に、本を読ませてそれに対して深い考察とか求められても無理ですわよ。頭の中が、一年中春の泉だったお子様にそれを求められても。

 

 つか、小学生の頃に例えばコナン・ドイルのシャーロック・ホームズ物の『まだらの紐』を読んでですよ、

 

「蛇が鞭(か何か)で打たれたからって、紐を伝って降りてきた体勢を180度変えて、元来た道を戻るってことは不可能である。だがしかし、それによって隣の部屋に戻り、犯人をかみ殺したってなことになっている。これは何を意味するのか。実は、父親を最後に殺したのでは蛇ではなく、依頼人の娘であったと考えることができる。では何故、彼女がそれを行ったのだろうか。それに関しては、まずはシャーロック・ホームズ(以下、ホームズ)と女性に関するシャーロキアンによる解釈から述べる必要があると思う」

 

とか書けって言われても無理っすよ。無理。せいぜい「ホームズ先生、かっこいいです」ぐらいしか書けないわよ。どうやって、原稿用紙のマス目を埋めろって言うの?

 

 そんなわけで、学生時代の僕の読書感想文は、あらすじを書いて終わらせました。否、あらすじでも書かないと、マス目を埋めることができませんでした。

 

 あと、読書感想文の本だけどさぁ、指定されることがあるんだけど、面白い本が一冊も無かったときの絶望感は異常。つか、高校時代の読書感想文の本なんだけど。学校から指定された本なんだけど、おおまかなあらすじが、以下の通りなんだけど。

 

<おおまかなあらすじ>

 

 主人公は、山間部の出身で、物語り当時としてはまだ珍しい高校への進学を希望する。母親は大反対をするのだが、父親が許可を出したので寮に住みながら都会(?)の高校へ通うようになった。

 ここで、色々とあるんだけど、最後は内定通知書が新聞社から家に届いたんだけど、実家の母親が勝手に内定を辞退するとの連絡を入れて、主人公は実家に帰って林業を継ぐことにした(はず)

 尚、途中では、他の学校の女の子とかの18禁的な行為を行った箇所があったり(注:行為そのものについては書いておりません。それを書いたら、一気にフランス何たららの作品になってしまいます。子供は早く寝なさい)、その女の子が今で言うところのビ○チなところがあったり(英語で書くとbit○hね。子供達はネットをする暇があったら、外で遊んできなさい)、これを読んだ僕は、一体学校は僕らに何を求めているのかが分からなくて、一時期かなり悩みました。結局、滅茶苦茶な読書感想文になったと思う。しかし、あの年の読書感想文で選ばれた本は、全部が全部、絶望的に面白くなさそうだったなぁ。高校2年生のときですが。

 

 因みに、大学に入っても読書感想文(つか、レポート)がありました。英語の授業で。もちろん、書くのは英語で。そのレポートで『豚は死ね(@animal farm感想文)ってなこと書いて、100点満点の80点台をいただきました。+.ヽ(・∀・)/゚+.゚

 

 もしも、今、読書感想文を書いたら、きっと奇抜だったり、危険思想の塊と思われても仕方が無いような事を書きそうです。そりゃぁ、もう、場合によっては凄い勢いで。原稿用紙4~5枚とかヌルイ勢いで。きっと、読書感想文としては正しいのかもしれませんが、小学生の頃に今書きそうな文章を書いたら、きっと優しい眼をした人のところに連れて行かれると思います。メンタルクリニックとか。

 

 つか、そうやって書いてきて思ったのだが、結局のところ、大学生を除く学生時代の読書感想文って何を書けば良かったんだろ。何を求められていたんだろ。つか、僕が一体、何をどうできたのかが凄く疑問だわよ。(^-^;

 

 いじょー。

|

« こんなとき、なんて言ったら良いのか分からない | トップページ | あの頃の自分が少しだけ羨ましい »

コマネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今なら凄いのが書けると思うのだが:

« こんなとき、なんて言ったら良いのか分からない | トップページ | あの頃の自分が少しだけ羨ましい »