« 女装…とか? | トップページ | けいおん!! 第21話 卒業アルバム! »

一体、私は何と戦っていたのだろうか


ブログネタ: 寝るときにこだわるのは、どんなところ?参加数拍手

 

 まずは、日常モードの話を。

 

○部屋は暗くする。但し、少しだけ灯りをつけておく。

 

 基本的に部屋が暗くないと眠りにくいです。昼寝をするぐらいだから、実は明るくても眠れそうな気がしないでもないのですが、本格的に眠るときは部屋は暗くしないと落ち着きません。ただし、少しほど何かの灯りが点いている方が落ち着きます。と、言うのも、何かが起こったときに全く灯りが無かったら、避難とかしにくいからです。

 

○なるべく一人が

 

 団体旅行とかで大勢で眠るときはそれはそれでOKなのですが、基本的に一人で寝ないと落ち着けないタイプです。だから、仕事関係以外では、個室に篭りたがるタイプです(寝るときだけね)

 

 続いて、非日常(?)モードを

 

○パジャマは着ない

 

 だったら、僕は寝るときに何を着ているのかってことになりますが、実は全裸 ってなわけではなくて、夏は短パンにTシャツで、冬はジャージにTシャツ+αが多いです。尚、冬は寝る直前までは室内用のジーパンを履いております。

 

 今でこそ、冬とかはジャージで寝ておりますが、学生時代とかは就寝時用のジーパンとかも用意しておりました。その理由については後でまとめます。

 

○枕元に非常時用の道具を置く

 

 今、僕はベッドで寝ているのですが、右足方向には懐中電灯を。同じく右腕付近には、棒(ほんの少しではありますが、杖術を教えていただいたことがあります)と、ナイフとか置いております。

 

 で、何でこんなものを枕元に置いていたり、パジャマを着ないのかと言いますと『何かが起きたときに直ぐに行動ができるようにするため』です。例えば、「いきなり火星人が攻めてきた」場合とか。

 

 いや、凄く滑稽な感じではあるのですが、過去に色々とあってねぇ。一時期は、いつどんな感じで誰が攻撃してくるか本当に分からなくて怯えていた日々もあったことだ。そんなわけで、眠るときもある程度の備えをしておかないと落ち着かないのよ。

 

 今はそれでも、かなり落ち着いたほうなのですが、それでも何かが起きたときにはなるべく動かずに物事を瞬時に判断する癖は未だにあります。日常的な例で述べますと、地震が起きたときとかですね。地震が起こる前の音に敏感なのか、地震発生前に目が覚めるので、その時に何が起こるのか瞬時に察して、周りに置いている物を確認して(記憶で)、揺れとかによる物事の動向を見ていたりしています。ちょっと、異端かな。

 

 

 そんな感じで、寝るときには「何かが起こったときに、可能な限りすぐに対処できる」ような状況にして眠る傾向が強いです、多分。これが普通だったらごめんなさい。

 

 いじょー。

|

« 女装…とか? | トップページ | けいおん!! 第21話 卒業アルバム! »

コマネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一体、私は何と戦っていたのだろうか:

« 女装…とか? | トップページ | けいおん!! 第21話 卒業アルバム! »