« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

今日の日記

 今日は、仕事だったんだけど、予想外の出来事(?)が。

  

○会社に行って、事務所の掃除とか。家では、僕以外の家族が旅行に行くのかどうするのか色々と話し合いを。因みに当初から僕は不参加、つか、僕までも一緒に行ったら誰が仕事をするのかと。

 

○で、仕事場で色々と事務処理とかしておりました。んでもって、時間が空いたので新聞を読むことにして、まずは広告のチェックをしていたら、

  

昨日織り込まれているはずだった弊社の広告が(・∀・)コンニチワ

  

…え゙!?

  

 …そう言えば、昨日は広告を織り込んだはずなのに暇だったよなぁ。広告の反響ゼロだったしなぁ....。つか、

   
           

広告会社、入れる日を間違えて嫌がったあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

  
             

 尚、昨日は広告チェックは僕はしなかったのよ。多分していても、「あれ?うちに織り込むのをミスしたのかな?」と考えていただろうな。たまに、同じ広告が2つ入っていることがあるし。

  

 つか、そりゃ、昨日広告の反響とかあるはずないわよなぁ。あったら、SFの世界だわ。どうりで力いっぱい暇だったはずだわ。つか、何よこのオチ。('A` )

  

○つーわけで、広告を打った日に一人で事務所で待機。まぁ、つーても、昨今のことだから暇だろうなぁ。

  

○結局、一人で処理できるレベルの用事はあったけど。

  

○でもって、店を閉める時間になりました。今日はスポーツセンターに行って運動することにしよう。そうしよう。

  

○6kmほど歩いたり(2km)走ったり(4km)してきました。

   

○で、帰りに晩御飯を購入。半額になっていた豚鍋と、明日のお昼ご飯用にビーフンを作ることにしました。

   

○帰宅して、まずは、洗い物が残っていたので、それを洗ってから調理をしました。

  

○IHヒーターを使っているのですが、鍋が噴きこぼれたときに、温度を下げるボタンを押しても全く反応がなかったのだが。結局大本の電源を切ったのだけど、何故止まらなかったんだろう。

  

○色々とトラブルはありましたが、調理(つーても、炒めるか、煮込むだけだ)が終了いたしました。写真は後日アップする予定です。

  

○んでもって、テレビを見ながら食べました。観たい番組が特に無かったので、何故かNHKの「アルツハイマー特集」を観ておりました。ぶっちゃけた話、食事には合わない番組だったな。いや、見る前から分っていることではありましたが。(^-^;

  

○で、シャワーを浴びて、ちと用事をして、日記を書いております。

  

○久々に一人で家でのんびりしようかと思ったら、大半の時間を家事で使ってしまった件について。w

  

いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽器のあるあるネタ

 楽器でのあるあるネタを考えて、ツィッターで投稿しようと思ったのですが、40近いネタを作っちゃって、これを全部投稿したら邪魔以外の何物でもないと(投稿途中で)判断したので、ブログにまとめて載せることにしました。

 あと、僕自身の思い込みとか、ネタとかが入っておりますので、実際の生活と異なるところがあったらごめんなさい。

--------------------------------

ギターのあるあるその1:ベンディングする時に、後ろにのけぞる

   

ギターのあるあるその2:ベースを指で弾こうとしたら意外と重かったり指が擦れて痛かったりするので、ピックで弾いたら、弦が重くて上手く弾けない

   

ギターのあるあるその3:場合によってはボーカルよりもパフォーマンスが激しい

   

ギターのあるあるその4:一度ぐらいは、楽器破壊をしなければいけないのではと思う

         

ベースのあるあるその1:年に一回は「ベースっていらないよね?」てな感じのネタに遭遇する。軽く鬱だ

        

ベースのあるあるその2:1音だけ弾くから楽勝と思ったらそれは大間違いだった

          

ベースのあるあるその3:ギターのマルチエフェクタは見た目格好良いのが多いのに、ベース用のは配色が微妙なのが多い。

        

ドラムのあるあるその1:部屋で練習していると騒音の苦情が来る。雑誌を叩いていても来る。

         

ドラムのあるあるその2:シンバルを力いっぱい叩きすぎてうるさいと言われる

         

ドラムのあるあるその3:シンバルを力いっぱい叩きすぎて割る

        

ドラムのあるあるその4:実はチューニングをしているってことを信じてもらえないことがある

        

ドラムのあるあるその5:肉体労働なんだから、扇風機は一人占めさせてほしい

        

キーボードのあるあるその1:キーボードが重くて持ち運びで泣きそう

        

キーボードのあるあるその2:たまには、ギターやベースみたいにステージを走り回りたい

        

キーボードのあるあるその3:一度、チューニングってものをやってみたい

        

ギターのあるあるその5:チューニングから解放されたい

        

キーボードのあるあるその4:アダプタを無くす=死の宣告

        

キーボードのあるあるその5:お茶をこぼす=死の宣告

        

キーボードのあるあるその6:DTMに関してはかなり融通が効くと思う

        

ドラムのあるあるその6:ドラムでDTMの打ち込みがしたい (´・ω・`)

        

ボーカルのあるあるその1:春は花粉症、夏は喉が渇く、秋は花粉症、冬は空気が乾燥している。一年中心が休まる時が無い

        

ボーカルのあるあるその2:風邪引いた=死の宣告

        

ボーカルのあるあるその3:ウーロン茶を出されると困る

        

ボーカルのあるあるその4:パフォーマンスがギターに負けだすと、ちょっと焦る

        

ボーカルのあるあるその5:インストゥルメンタルの曲になると、どうしてよいのかわからないの

        

ウクレレのあるあるその1:ギターのウィンドミル奏法に対抗して、ネックを持っている方の腕を振り回したくなる

        

ウクレレのあるあるその2:ギターのアームに憧れるときがある

        

ウクレレのあるあるその3:エフェクタを使って思いっきり音を歪ませて、ハードロックをやっちゃう(注:実際にあります)

        

ウクレレのあるあるその4:置き場所を取らないのが嬉しい

        

ドラムのあるあるその7:置き場所を取るのが大変

        

ピアノのあるあるその1:グランドピアノを置く場所の確保の難易度高すぎ

        

ピアノのあるあるその2:アップライトでさえ、近所迷惑になるのが悲しい

        

ピアノのあるあるその3:持ち運べる楽器が羨ましくなる

        

ピアノのあるあるその4:チューニング無理っす

        

ピアノのあるあるその5:値段高いよ。どうにかしてよ。

        

吹奏楽器のあるあるその1:歌を歌いながら演奏してみたい

        

パーカッションのあるあるその1:「カスタネットとトライアングルなら叩ける」って言う人が現れるのを待ち構えている

        

パーカッションのあるあるその2:フリーダムな方向に行ってしまうと、チェーンソーすらも楽器になってしまう

        

パーカッションのあるあるその3:フリーダムな方向に行ってしまうと、何でも楽器にしてしまって、部屋が楽器置き場なのかゴミ捨て場なのかが分からなくなってしまう

        

パーカッションのあるあるその4:そのうち楽器に頼らなくなる

        

作詞のあるあるその1:自分で何を書いているのか分からなくなってくる

        

作詞のあるあるその2:英語を入れてみた。文法があっているのか不安だ

--------------------------------

  

いじょー。        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記 + 11月の出費が心配な件とか

 今日の日記。

  

○仕事は超が付くほど暇でした。もう、英検の勉強でもしようかなぁ。

  

○先日、土地家屋調査士の試験に合格したお友達と、司法書士のお友達が一緒に事務所に遊びに来ました。2時間ぐらいお話をしておりました。同じ高校出身だと言うのに、この頭脳レベルの差は一体何かと。(゚∀゚)

 

 僕が唯一一番と言えるのは、年齢だけだなぁ。若さで考えると、どんけつだわ。(゚∀゚∀゚)

  

○んでもって、仕事が終わって空手の練習に行ってみたら、今日は公民館の祭りとかあれこれで、空手の練習がお休みでした。忘れていたわよ。

  

○だもんで、帰宅することにしたのですが、ついでだからCDの予約をしてきました。因みに予約してきたCDはjesuHEART ACHE & DETHRONED (ハート・エイク&ディスロウンド) です。旧作 + 新作の2枚組みです。つか、今まで入手不可状態だった"Heart Ache"がやっと入手できる日が。

 今日、何となくamazonでjesuの新譜が出ていないかチェックしてみたら、来月発売ってことが分ったので、予約してきましたわよ。

 そりゃそうとして、"けい○ん!!"のキャラソンも11月に3枚ほど出るのだが。全部併せて4,000円ぐらいするのだが。

 あと、jesuと併せて、jesuの中心人物、ジャスティン・K・ブロードリックが結成した"グレイ・マシーン"ディスコネクテッド も欲しいんよねぇ。昨年発売されたんだけど、まだ購入していないのよ。

 それと、Earthと言うバンドのもはや幻とも言える1stアルバムが再発されるんよねぇ。あの元ニルヴァーナの故カート・コベインがボーカルを取っている曲も入っているんよねぇ。

  

 全部合計したら、1万数千円になるのですが。自由に使えるお金は2万円までなのだが、一体、どうしたものか。昼ご飯を削るしかないのか。今日の昼ご飯代は223円だったのだが。

   

 まずはjesuだけは絶対買うとして、あとはどうしようかなぁ。"け○おん!!"のキャラソンも欲しいしなぁ。

  

 昼ご飯を食べるの止めたら、痩せるかなぁ  (゚-゚ )

  

いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Beatlesに関する想い出 (小学生~中学生)

 ここ最近、Beatlesのベスト通称"赤盤""青盤"が再発されたってことで、Beatlesに関するネタが盛んにあったみたいです。

  

 そんなやり取りを見ていたら、僕もビートルズネタを何か書こうと思い、とりあえず大半の曲を集めた中学生時代までの僕のビートルズに関する思い出(及び、どんな風に染まって行ったのか)を書いてみようと思います。まぁ、俗に言う『自分語り』って奴にはなりますねぇ。でも、ここ、僕のブログだもん。香川県丸亀市にお住まいになられる"皆川 雄介佐ェ門"さんのことを書くよりは筋が通っているはずだ。そういう名前の方がおられるかどうかは知らないけど。凄い偶然でおられたらごめんなさい。

   

 で、多分初めてビートルズの曲として聴いたことがあるのは"イエロー・サブマリン"でした。と言うのも、幼稚園ぐらいの頃だったと思うのですが、オルガンを習っておりまして、そのオルガン教室での発表会で演奏した曲が"イエロー・サブマリン"でした。因みに片手のみの演奏で、僕は右手側のパートでした。総勢十数名での合奏だったはずです。あと、当時"イエロー・サブマリン音頭"って言う歌があったのよ。

  

 続いて聴いた曲は"Rock And Roll Music""Eight Days A Week""Mr. Moonlight"
"Kansas City/Hey-Hey-Hey-Hey!"でした。順番もこの通りです。ビートルズファンの方だとアルバム"Beatles For Sale"に収録されている曲だとお気づきになられた方が多数おられると思います。そして、かなりコアなファンの方は、これがEP(4曲収録のシングルレコードみたいな物)だとお気づきになられたと思います。このEPは叔父が持っていたもので、小学4年生ぐらいに承諾を得て持って帰りました。当時は"Mr. Moonlight"が一番好きだったかな。あのオルガンによるソロが好きだったんよ。

  

 あの頃には、たまにビートルズの特番がありまして、小学生の頃から面白かったので観ていた記憶があります。何が面白かったのかと言いますと、女の人から凄くキャーキャーと黄色い声援があがっていたところです。えぇ、当時から(正直に書くと4歳の頃から)半端無く女性が好きでねぇ。音楽のことは全く分らなかったけど、ビートルズが凄いってことだけは良く分りました。つか、第2次成長期が来る前から下半身で物を考えていたのか、僕は。どれだけ煩悩と業にまみれた人間なんだ。orz

  

 で、小学5or6年生の頃に、あるキャッチコピーが日本全国で流行りました。その言葉は、

  
  
   

悪霊島 … 鵺の鳴く夜は恐ろしい。

  
  
 

 映画『悪霊島』が1981年に発表されたのですが、この映画の主題歌としてビートルズの"Let It Be"が使用されました。そしてCMがかなり放映されまして、小学生にも分りやすいキャッチーなメロディに、恐怖にあふれる感じの映画の重さがミックスされて、少なくとも僕のまわりではこの曲が流行りました(つーても、サビしか知らなかったけど)

 

 それに加えて、小学6年生の工作で、卒業記念用のオルゴールボックス(英語で言うと、Musical Boxになるのだろうか。生首が入りそうだな(Genesisネタ))を作成することになりまして、中に入れるオルゴールでどの曲を選ぶかってところで、本当は"雨にぬれても"にしたかったのですが、既に姉が数年前にその曲を選択して作っておりまして、同じ家族で同じ曲を選ぶのは勿体無いと言われたので、次点の"イエスタデイ"を入れることにしました。これはこれで気に入ったし。メジャーコードのバラードタイプだったらどれでも良かったんじゃないかなぁ。

  

 そして、中学生になりました。その祝いか何かで、シングルレコードを一枚買ってもらえることになったので、"Let It Be"のシングルを買ってもらいました。このとき初めてフルで聴いたのですが、ギターソロに入る前のところで曲が終わりと思い『思った以上にあっさりとした曲だなぁ』と思ったりしました。つか、ギターソロとかの概念自体が無かったわよ。つか、ギターソロで驚いた記憶が。だって、レコードを止めようとした直後に流れてきたもん。

  

でだ、

  

 A面聴きました。かっこよかったです。続いて、B面を聴いてみます。

     
  

B面:You Know My Name (Look Up The Number)

  
  

感想:(゚д゚)

     
 

 なんと言うか「膝カックン」をされたような感じというか、盛り上がったはずなのだが、いきなり腰砕けに行くというか。A面とのテンションの差があまりにもありすぎて、唖然とした記憶があります。つか、この曲自体は改めて聴きなおすと、ジャズっぽい感じがしてかなり面白いのですが、やっぱA面との落差がありすぎですわ。"まだ毛も生えていないお子様@まだ12歳"には理解不能でしたわよ。

  

 そして、GW…じゃなかったかしら。母ちゃんと市内へ行った時だからGWじゃないかなぁ。ま、何はともあれその年の5月、市内へ行ってきました。そこで2つほど買ってもらった物があります。

 まず一つは『ガンダム』のプラモデル。"コアファイター"が分離できる優れもの。最初は"ガンキャノン"にしようかなと思ったのですが、もう少し色々な店を見ることにして、結局"ガンダム"にしました。この日は、即決ではなくて、色々とちゃんと考えて買い物をした珍しい日だったと思います(当時の僕に思慮深いってな言葉は皆無だったのよ)

 もう一つ買ってもらったのが、ビートルズのカセットテープでした。"イエスタデイ""イエロー・サブマリン"が欲しくて色々と見ていたら、アルバム"イエロー・サブマリン"のカセットを見つけました。母ちゃんは、これでいいじゃん?って言っていたのですが、何となくこれは辞めておこうと思って他の店でも探してみることにしました。この選択は大正解だったと思っております。

 つーのもだ、もうここまでお読みになられている方はご存知だと思うのですがアルバム"イエロー・サブマリン"ってA面はビートルズの曲だけど、B面はジョージ・マーティンによるサントラなのよねぇ。えぇ、このアルバム自体が映画のサントラだし(ビートルズにお詳しくない方への注)。もしもこのアルバムを購入していたら、また

  

感想:(゚д゚)

   

ってなことになっていたわよ、きっと。そして、ビートルズに手を染める時期は相当遅くなっていたと思います。

  

 で、色々なお店を巡った結果、"イエスタデイ""イエロー・サブマリン"の両方が入っているカセットテープを見つけたので、それを買ってもらいました。そして、そのアルバムこそが

 

『赤盤』

  

…ってな流れになったら盛り上がったかもしれんですが、ぶっちゃけ当時の『赤盤』は高かったので頼むだけ無理です。4,400円だもん(LPでは4,600円でした)。で、僕が購入したのは

  

オールディーズ(A Beatle's Collection of Oldies)

  

でした。収録されていた曲なのですが、これがLPとカセットでちょっと異なるところがありまして。収録されている曲は同じなのですが、曲順がかなり異なるのよ。つーわけで、まずはLP盤の曲順を。

  

Side A
1 She Loves You
2 From Me To You
3 We Can Work It Out
4 Help!
5 Michelle
6 Yesterday
7 I Feel Fine
8 Yellow Submarine

Side B
1 Can't Buy Me Love
2 Bad Boy
3 Day Tripper
4 A Hard Days Night
5 Ticket to Ride
6 Paperback Writer
7 Eleanor Rigby
8 I Want to Hold Your Hand

  

 で、これに対してカセットテープでの順番は

  

Side A
1 She Loves You
2 Day Tripper
3 Paperback Writer
4 Can't Buy Me Love
5 A Hard Days Night
6 Michelle
7 Eleanor Rigby
8 We Can Work It Out

Side B
1 Yesterday
2 From Me To You
3 I Want to Hold Your Hand
4 Ticket to Ride
5 Help!
6 I Feel Fine
7 Bad Boy
8 Yellow Submarine

  

でした。で、重要なのがこの曲順でして、当時の僕はロックとか全くと言ってよいほど無縁の子供でした。また、当時の自分自身に対して「僕は趣味を持つことができるのか?」ってな心配が多少なりともありました(何をやっても長続きしなかったんよ)。 

  

 で、帰宅してカセットプレイヤーにカセットを入れてポチッとな。

  

1曲目:ドラムの音が鳴ったかと思ったら、いきなり歌が始まったでござるの巻。唖然としていたら曲が終わった。

  

2曲目:今まで聴いたことが無い重い前奏が流れてきたよ。何だ、この重い曲は。

  

3曲目:コーラスが始まったかと思ったら、激しい曲が流れてきたでござる。

  
 

 この3曲のコンボ、合計して7分半弱で、洗脳完了 +.ヽ(゚∀゚)/゚+.゚

  
 

 尚、トドメを刺したのは"I Want to Hold Your Hand"でした。あのイントロのギターリフと、ドラムが凄く衝撃的でした。後に僕はヘヴィ・メタルとかがかなり好きになるのですが、その原因となったのはこの曲なんじゃないかなぁ。特にリンゴのドラムが。

  

 そして、ビーオタが一人誕生しました。まぁ、とにかくこのテープは聴きまくりました。因みに、歌詞カードはボロボロでケースも傷みまくっていますが(あちこちに持ち歩いていたのよ)、まだこのテープは手元にあります。僕が音楽オタになった第一歩なんよね。

  

 そして、夏休み。

  

 父方の祖父・祖母の家にお泊りに行きました。一泊二日の広島駅近くの都会への旅。(゚∀゚)

  

 んでもって、祖母が何か欲しいものを買ってくれるってなことで、ここは一つ思い切ってお願いして買ってもらったのが

  

『青盤(The Beatles 1967 - 1970)』

  

のカセットテープでした。当時、ステレオ機器とか持っていなかったので(厳密に言うと無いわけでも無かったのですが、簡単に使わせてもらえないアレコレがあって面倒だったのでカセットテープの方を好んで買っていました)、カセットの方を購入いたしました。因みに、LP(及び、昨今売りに出されているCD等)との大きな違いが1点ほどあります。それは、

  

○"Hey Jude"の次の曲は"Back In The USSR"になっている

  

ところです。理由ですが、A面とB面の長さを合わせる為だったんじゃないのかなぁと考えております。以下、当時の感想(大体覚えているのよ)

  

ストロベリー … 何かよくわからない

ペニーレーン … これ好き

サージェント … 何かおもしろい

ウィズ~ … 好きかも

LSD … よくわかんない

ア・デイ~ … ??????

愛こそはすべて … 好きかも。あと、シー・ラブズ・ユー とか イエスタデイとか言ってるー

ウォルラス … こわい

フール … 好きな感じだけど、終わり方が明るすぎ

マジカル … へぇ~

マドンナ … 終わり方が好き

ヘイ・ジュード … (゚∀゚)!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

USSR … へぇ~

レボリューション … はげしい

ホワイル・マイ・ギター … かなしい。あと、テープレコーダーの操作を間違えて一瞬テープに上書き録音をしてしまったのは良い想い出。

オブラディ … あかるい

ゲットバック … よくわかんない

ジョンとヨーコ … 何かおもしろい

ブラウン・シュー … よくわかんない&終わり方がこわい

ヒア・カムス・ザ・サン … なんか好き

カム・トゥゲザー … お坊さん? よくわかんない

サムシング … いいかも~

オクトパス … すきかも

レット・イット・ビー … すきー

アクロス・ザ・ユニバース … きれい。これもすきー

ザ・ロング・アンド・ワイディング・ロード … これもすきー。かなりすきー。ヘイジュードの次ぐらいにすきー。

  

ってな感じでした。12歳11ヶ月の感想ね。因みに今まで聞いた大半の曲の始めての感想は覚えていると思います。

  

 で、めでたくビートルズが宗教になりまして、とりあえずピアノでヘイ・ジュードの練習をしてみたり。

 

 続いて購入したのは年を明けて1月に買ってもらった"Abbey Road"かな。多分、これが初めて買ったビートルズのLP(因みに始めた買ってもらったLPは、スター・ウォーズのサントラです)

  

 あと割りとはっきりと覚えているのは、"サージェント~"のカセットテープを購入したのは、中学2年生の5月3日~5日の間です。因みに昭和ね。このカセットテープなのですが、当時、まだ物の扱い方がずさんだった僕なのですが、何故かこのカセットだけは綺麗に取っておこうと思い、割と丁寧に扱ってきたってのがありまして、購入してからそろそろ30年ぐらいなりそうなのですがそれなりに綺麗な状態のままになっております。因みに、カセットテープを梱包しているビニールも当時のまま残っております。尚、20年ぐらい前に珍しいかもと思って査定してもらったら100円ぐらいだったので、今では50銭ぐらいの価値だと思います。まぁ、世の中そんなもんだ。

    

 LP"Let It Be"を購入したのは、確か中学3年生の夏休みだったはず。美術の宿題で、"Let It Be"のポスターを描いたので。

  

 内申点が思いっきり受験に響く中学3年生の2学期。美術の課題は『自画像、但し背景とかは好きに描いてOK』でした。そして僕は、リボルバーにヒントを得て、ビートルズネタを盛り込んだ自画像を描きました。凄くテンションが上がって、みんなが自分の顔を描いている段階で、背景も何もかも下書きを済ませてしまった僕。正しく「き○が○に刃○」状態。美術の先生が、結構野放しと言うか、好きなことを描かせてくれたのがありがたかったわよ。あと、ジョン&ヨーコの"ダブル・ファンタジー"の写真(カセットテープからの切り抜き)を使用しようと思ってそれを下書きに描いたら、「僕がキスをしたがっている」といった僕の本能に純粋に赴くまま表しているとかの超大誤解をされて、ぶっちゃけた話、女子(including 初恋の相手)から思いっきり引かれてしま…あぁ、それ以前にもう引かれまくっていたか…まぁ、そんなこんなで、僕は力いっぱい否定したのですが、否定すればするほど先生はそう考えてしまって、お陰さまで10段階の9点を頂きました。過去最高得点でした。しかも、公立に出願したときは倍率ドン(=得点が2倍)なので、受験時期にクラスの中で一番内申点が上がった子になっちゃいました。お陰さまで、地域の進学校に進むことができました。低空飛行で入って、低空飛行のまま卒業致しましたが。(゚∀゚)

  

 で、他にも色々と小ネタがあるのですが、全部かいていたらきりが無いので、最後に一つだけ書いて今日のところは終わりにします。

  

 中学生の間に、各自のソロも買ったりしながら(特に、ポールのが多かったです)、卒業するまでにビートルズの213曲中209曲を購入いたしました。尚、当時は中古レコードとかは考えていなかった(中古レコードに対する拒否反応がありました。高校に入ってからは中古を漁りまくっておりましたがw)ので、全部新品で購入しました。財源ですが、年に3回ぐらいは買ってもらったりしておりましたが、それ以外は貯金をしたり、父が仕事仲間を家に連れてきて呑み会をやっていたときに芸をして金銭を稼いだり。w えぇ、当時、銭を稼げるのならば、多少の芸とか、お酌とかの接待ぐらい余裕でやっておりましたわよ。何、この、煩悩塗れのお子様は。

 たまに1万円とか頂いたことがありまして(当時の中学生にとって見れば大金です)、その時には『LPが1枚2,500円なので、これで4枚買えるなー』、と。録音するためのカセットは近所のダイイチ(現:デオデオ)でSONYのテープが安いからそれを購入することとして。いつの日かは、マクセルUDⅡを買うのが夢だったり。未だにワム!が出てくるCMが忘れられない。当時のマクセルUDⅡは輝いていたからなぁ。

  

 因みに、中学生の間購入しなかった4曲が分る方おられますでしょうか? ヒントはこの日記の中にあります。

  

 それでは今日はこんなところで。

  

ではー。(・∀・)ノ♪

  

豆知識:ブルドッグがあんな風に鼻が潰れたような顔になっているのは、ブル(牛)と闘うときに鼻が押さえつけられて呼吸ができなくなるのを防ぐために行われた品種改良が原因だそうです。学研の本にはそう載っておりました。

       

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放課後ティータイムⅡ <Cassette Mix>感想

 先日、"Studio Mix"の感想を書きましたので、今回は"Cassette Mix"の感想を書きます。

  

 まずは、各曲の感想を書く前に、ちょっとしたネタ(?)を。

 

 アルバムの但し書きのところで"「Cassette Mix」はカセットデッキでの収録をイメージした音作りを行っておりますが、実際のカセットデッキで収録したものではございません"と書いておりますが、実際、本当にカセットデッキで録音したのとどのように異なっているのか、過去の経験等を踏まえて説明致します。まずは、

    

○ノイズが入っていない。

 これはカセットだろうがICレコーダだろうが実際にやってみたら分かりますが、普通に附属しているレベルのマイクで録音すると、空気の音等を拾うみたいで、ホワイトノイズが入るんですよ。今回のこの作品にはまずそれが無いです。ライン録りや、マイクで各楽器の音を拾ったとしか思えないぐらい綺麗に録音されています。つか、もしも、リアルに徹しすぎてホワイトノイズが力いっぱい入っていたら、ブーイングの嵐になりそうだよなぁ。僕も、ブーイング出すわw

 

○カセットの録音/録音停止に謎の空き時間が

 想像していただければ直ぐにご理解いただけると思うのですが、唯が録音を停止して、再開する間に2~3秒ぐらいのブランクがあるんですよね。実際は録音停止させるとテープも止まるので、あそこまで間は開かなかったはずです。ただし、全く開かないわけではなくて、録音するヘッドがテープに密着するまでの短い時間の間はテープが進んでいるので、若干空き時間があります。

 但し、製作者サイドの肩を持つわけではないですが、ここをリアルに徹してしまうと、ガチャガチャといいすぎて、聞いているほうが嫌になる可能性も。2~3秒ぐらい空けないと、出だしのイントロダクションとか結構うるさいことになるかも。

 あと、これは僕個人での経験ですが、録音の停止→再開を頻繁に繰り返すのならば、停止ボタン()を押すのではなくて、一時停止ボタン(□□)を押したほうが雑音が入らないので良いと思います。でも、それをこの商品でされても、カセットテープなんぞ使ったことが無い世代の方には分りにくいことになりますわね。

  

 以上、加齢臭漂うコメントはここまでにして、曲の感想を書きます。今回は、曲自体の感想はなるべくパスするように致します。曲自体の感想については、過去ログを参考にしてください。→♪1 ♪2

   

注)以下、演奏に関して色々と書いているのですが、実際の演奏者はスタジオミュージシャンの方々ってのは重々理解をしておるのにも拘らず、各キャラが演奏しているってな内容で書いているところが多々ございます。その点、ご了承ください。

   

1.Introduction 

 アニメ♯23話『放課後!』での会話からを元ネタにした。最初に録音ボタンを押したのは紬。テープに録音された声を聞いてブルーになったのは良い想い出。つか、久々に23話を観なおしたわ。ここで、大きくタイムロス。(゚∀゚)

 

2.ふわふわ時間(#23『放課後!』Mix)

 定番の一曲。Rolling Stonesの"Satisfaction"、Paul McCartneyの"Yesterday"、Sex Pistolsの"Anarchy in the UK"、Metallicaの"Creeping Death"、Mogwaiの"New Paths to Helicon pt.1"、Pink Floydの"Comfortably Numb"、Queenの"Bohemian Rhapsody" "We will Rock You" "We are the Champions"、Venturesの"Pipeline"、Alice Cooperの"School's Out" The Whoの"My Generation"みたいな物ですか。もっと書こうかと思ったけどいい加減疲れた。

 ボーカルが、唯メイン・澪メインでは無くて、二人でリードを分けているのが凄く良いです。ツインリードボーカルは、今まででは「わたしの恋はホッチキス」だけだったと思うのですが、今回では(アルバム)"放課後ティータイム"(以下、Ⅰ)の4曲中3曲がツインリードボーカルになっていたのが個人的にはかなり良かったです。

 途中の澪による「そう、ねちゃおー!」が元気良く言うのではなくて、落ち着いた感じで言ったのがちょっと驚き。賛否両論あるとは思うのですが、この箇所は唯が言うほうが好きだなぁ。

 あと、ギターは右チャンネルが梓で、左チャンネルが唯ってことで良いのかしら? 多分、それで正解だと思うので、ギターについて書くときは、この位置(左=唯:右=梓)で書きます。

     

3.カレーのちライス(#23『放課後!』Mix)

 演奏前の会話が意味不明だw。  

 しかし、この曲はベースが良く動くなぁ。「ピリリ」のところのバックコーラスは無しか、ちと残念。この曲の中で一番好きなところなんよ。詳しくはスタジオ版を聞いてね。

 2番目に入って直ぐのところで、唯がエフェクタ使っている?つか、ソロはワウが必要じゃね。何を使っているのかなぁ。「ピリリ」のところの梓パートもワウを使用しているのかしら?

 

 そして、演奏後の会話(?)も意味が不明だw

       

4.わたしの恋はホッチキス(#23『放課後!』Mix)

 エレピの音がブリッジに入るまでは聴こえにくいのがちと残念かも。あそこのエレピが好きなので。しかし、この曲のドラムは凄いな。このセンスある叩き方は凄く好きだわ。ソロの後のサビで、澪によるもう一つのメロディが無いのがちと残念。あのメロディがかなり好きなので。

 しかし、この曲はシンプルでも、ゴージャスでもおもしろいなぁ。

   

 そして、さわちゃん登場。無理やり、インタビューか何かをされております。間の会話では律が結構活躍するなぁ。つか、律と梓はメインの歌が無いからこの途中の会話で頑張らないとねぇ。

   

 あと、23話での会話の再現が一部。  

  

5.ふでペン ~ボールペン~(#23『放課後!』Mix)

 今更だけど、このMixで気がついたのがドラムは最初はシンバルではなくて、フロアタムを叩いているんじゃね(歌に入って直ぐのところ)。ボーカルは、今までとは全く異なったバージョンで、澪 → 唯の順番になっています。これは新鮮だ。

 あと、個人的見解だけど、放課後ティータイム名義の曲を全部聴かれた方で一番好みの曲のアンケートを取ったら、この曲が"ふわふわ"を押さえて1位になりそうな気がします。根拠ですが、曲展開とかストレートさとかトータル的に考えたら、この曲が一番受けるかもと思えるのと、ネットでアレコレ観るに、この曲の人気は結構あるんよねぇ。

 因みに僕は、やっぱホッチキスかなぁ。

   

 音頭バージョンは、サントラその3をご購入ください。

   

 ここまでがⅠより。続いてⅡから。

       

6.ぴゅあぴゅあはーと(#23『放課後!』Mix)

 イントロのスタッカート部分は梓なのか(音の位置からの推測)。シンプルになった分、エレピの音がはっきり聴こえてきます。この曲はこちらのMixバージョンも捨てがたいな。曲のイメージからするとこちらのシンプルなバージョンの方が合うかも。しかし、このベースラインを弾きながら歌えると結構すごいと思うわ。あと、最後に珍しく梓がリードギターを担当(ここまでリードは唯が弾いているので)。 

   

7.いちごパフェが止まらない(#23『放課後!』Mix)

 出だしのハモリは紬(役の寿さん)がメインなのかしら。ハモリが凄く上手いと聞いてはいたのだが、この曲のハモリは特に素晴らしいと思います。シンプルになると結構そこらあたりもはっきりとするんよね。

  

 しかし、律の体力は凄いなぁ。これだけ叩きまくって全然乱れないぞ、リズムが(尚、現実ではスタジオミュージシャンがうんぬんってな突っ込みは無しの方向で)。あとイントロ部分のメロディは唯・梓のツインリードなのか。メインメロディは梓の方かな。

     

 ここで、若干会話が。

  

 そして、そろそろテープが切れる(A面のキャパを超える)のでは無いのかと言う澪に対して、律と唯がまだ大丈夫と。

  

 そして、テープが切れる。(゚∀゚)

   

 どうでも良い箇所なのかもしれんけど、受けた。w

     

8.Honey sweet tea time(#23『放課後!』Mix)

 イントロのソロは梓。この曲のブリッジに入る前のベースラインが好きだわ。単純な弾き方なんだけど、このゴリゴリとした感じが好きなんよ。あと、ハイハットは裏打ちっぽいみたいね(ブリッジ前)。この曲では唯は珍しく完全に裏方(≒リズムギター)に徹しているみたい。

  

 ここで、お茶タイムだそうな。

   

9.ときめきシュガー(#23『放課後!』Mix)

 再開しますって言っているのは紬かしら?

 唯が「私のピックどこ?」って言っているときに聴こえる雑音(?)はストラップが捩れた音かしら。あと、録音を再開したときに何気に流れているベースの音(多分、手元で何気なくいじっていたのだと思えます)が好きです。ちょっと考え事とかしていると言うか、一瞬自分の中に入ったときにありそうなシーンなので。分りやすく言いますと、何となくリアルっぽいんですよ。不要な音が入っているところが。

 これはMix盤の方が勢いがあるかも。ベースラインがはっきりした分、特に。この曲も唯がリズムで、梓が装飾系かな(ギター)

 つか、ベースラインよく動くなぁ。こんなのを弾きながらよく歌えるなぁ。あなた様はポール・マッカートニーかと小一時間。

  

 この間の会話は殆ど無し。

   

10.冬の日(#23『放課後!』Mix)

 そう言えば、1期の番外編のタイトルと同じじゃね、この曲のタイトル。

 この曲ではソロは唯みたいじゃね。但し、唯が歌っている間、梓が何気なくワウを使った小技プレイをしていたりします。キーボードは完全に裏方にまわっていますな。

 

 この間の会話も殆ど無し。   

11.五月雨20ラブ(#23『放課後!』Mix)

 どうやら、歌を歌っている間は装飾系は梓が担当するのかな。つか、この曲は渋いよなぁ。一曲だけ感じが違うんだよねぇ。そして、ソロも梓。ワウを多用しておりまして、かなり弾きまくっている感じがします。この曲も珍しく唯は裏方に徹している感じがします。  

   

 この間の会話はデコピン(修学旅行ネタじゃね)。つか、テープの残りが少ないんだから録音中止しろよー。

       

12.ごはんはおかず(#23『放課後!』Mix)

 キーボードが思いっきり前に出てきましたな。梓のギターが面白い。細かいネタが多い。この曲も梓がリードを弾いているみたいです。唯がこのリフを弾きながら歌えるのも凄いが。あと、同じ食べ物シリーズだからなのか、この曲のベースは『カレーのちライス』と似たような弾き方になっていると思います。小技に走るよりは、ルート中心で押し捲る感じ。

    

 この間の会話は、テープの残量が少ないってな会話が。

    

13.U&I(#23『放課後!』Mix)

 この曲もリードギターは梓っぽい。作品の中での話とかでは、唯がリードギター担当っぽいんだけど、このCassette Mixからすると、結構梓がリードギターを弾いていることも多いみたいです。中間部分のツインソロでも、表のメロディは梓みたいだし。

 

 最後にメンバー紹介。

  

 で、全体を通して聴いた感想ですけど、音がシンプルになった分、各パートの音がはっきりと聴こえるようになったので、ライブ感は増したと思います。あと、Ⅰのボーカル担当の振り分けが変更になったのが新鮮でよかったです。  

 それとマニアックな感想にはなりますが、先ほどにも書きましたが、リードギターは唯が担当かと思っていたのだけど、梓も結構弾いているっぽいところが判明したのが個人的に大きな収穫でした。前々からそこのところが気になっていたので。

 そう言えば、Tom-H@ckさんがインタビューで答えていたので『梓はワウとかを多用してトリッキーな演奏をして、唯は直感に従ったような演奏をする(ような感じで演奏→録音して両者の区別をつけている)ってなのがあったのですが、今回のMixではそれが顕著に現れていたと思います。

  

 以上、Cassette Mixの感想でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たくちゃん、おめでとー♪

 タイトルの意味は後でね。(・∀・)

  

 では、今日の日記を。

  

○今日は休暇

 

○でもって、仕事の電話なんか聞きたくなかったので、父にその旨を昨晩伝えといてから、携帯電話の電源を切りました。完全に音信不通状態。

 と書くと、不謹慎に思えますが、実はここ最近その前兆があったのですが、遂に先週、公私共にストレスがたまりすぎて、ノイローゼになってしまったんよ。ノイローゼが悪化してしまって、昨日とかは聴覚障害にまでなったっぽいです。因みにどんな症状かといいますと、高音が凄くキツく聴こえるようになったんです。響くというよりも、頭に突き刺すような感じ。

 元々、聴覚は良いほうなのですが、今回の状態は良いとか悪いとかそんなのではなくて、高音自体が暴力になっていたような感じでした。

 だから、今日一日だけは何も考えず、ストレスをなるべく溜め込まないようにするために、携帯電話の電源を切りました。再度つけたのは午後4時ぐらいだったかな

  

○で、昨日購入した"け○おん!!"のCDレビューを書いてアップしてから、外出しました。

  

○特に何かを買うって事も無く帰宅。まぁ、昨日CD買ったし。

  

○で、帰宅して日課の掃除をやって、ブログのチェックをしたら久々にコメントをいただいたので、レスを書いておりました。因みに通常は、コメントの代わりに直接言われたり、ツィッターで返答を頂くことが多いです。

  

○んで、今日は空手の練習がある日のはずなのですが、ちょっとお休みにすることにしました。とにかく、脳味噌を休ませたいので。人と会話をするレベルでも脳味噌使うので、結構大変なのよ。つか、ちょっと会話に関する脳の機能が変。言葉を理解する能力が落ちている(若しくは、一斉に全部を理解しようとして不要な負担をかけている)気がするのだが。つか、ブログに書くことなのかどうなのか。

  

○んで、用事をしていたら電話が鳴りました。誰かなと思ったら、たまにこの日記に登場するお友達(たくちゃん)からでした。因みに、音楽関係+αのお友達なんよ。同じ町内に住んでいるけど、あちらは街だが、こちらは田舎だ。(゚∀゚)

 で、何用かと思いましたら

  
 

”土地家屋調査士試験”合格 キタァァァァァァ(゚∀゚)ァァ( ゚∀)ァァ(  ゚)ァァ(  )ァァ(゚  )ァァ(∀゚ )ァァ(゚∀゚)ァァ

  
  

 よかったよ、マジでよかったわよ。 ・゚・(ノД`)・゚・

  

 いやぁ、これって合格なんてしようと思ってできるような試験じゃないのよ。超難関レベルの一つなのよ。たくちゃん、ここ数年苦労していたからなぁ。よかったわよ。ここ最近明るい話題が無かったから、ちょっと救われたわよ。

 

 つーわけで、たくちゃんには「おめでとー♪」「さぁ、遊べ。遊んで一緒にアッパラパーになろうぜぃ (゚∀゚)」と伝えました。よし、IQが下がりそうなDVDでも持って遊びに行くとするか。(マテ

  

 因みに、さすがにこれぐらいの会話だったら難なくできました。つか、このレベルの会話もできなくなったらマジでヤバイわよ。(^-^;

  

○んでもって、お風呂に入って、日記なう。

  

いじょー。(・∀・)ノ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放課後ティータイムⅡ <Studio Mix>感想

 放課後ティータイムのフルアルバムが発売されたので購入してきました。尚、現時点では初回特典版でなくて通常版でも入手が困難って聞いたのだけど、本当なのかしら。

  

 では、以下に各曲の簡単な感想を。

  

1. いちごパフェが止まらない <新曲>

 いきなり、変った感じのイントロ。かなりサイケっぽい感じの曲。GSっぽい感じもします。

 音楽マニア向けな感じの曲かも。結構面白い感じです。あと、サビのスタッカート部分はスフィア(唯と紬役の人がいます)Super Noisy Nova(宙のまにまにのOP)を髣髴させます。 

   
   

2. ぴゅあぴゅあはーと

 過去の感想 → 

 ここで、この曲を持ってきたのは正解だと思います。多少なりとも実験っぽい曲の後に、既に発売されていて安定した感じの曲を持ってくると、アルバムとしても締まる感じがしますので。何か、ハワード・ジョーンズの1stアルバムを思い出したわ("Hide And Seek" 邦題:かくれんぼ)。因みにそのアルバムの2曲目はこれ。→ B面1曲目は知っている方も多いかと。CMとかで使われているので。→  A面3曲目も何かの報道番組で使われているよね。 → 

 

このメインボーカルの2人の曲を続けるところとがアルバム構成しては好き。キャラソン集と言うよりも、バンドのアルバムってな感じがするので。

    
   

3. Honey sweet tea time <新曲>

 でもって、ここでこのアルバムの中で唯一"紬"がメインボーカルを取っている曲が。紬(つか、紬役の寿さん)が、このアルバムではコーラスでかなり貢献しているので、その紬がメインの曲をここに持ってきたのは面白い。

 明るい感じのポップソング。ベースラインが妙にツボ。ここまでの流れで、このバンドが"Wings"っぽく感じられてきたわよ(Wings Over America (※) を思い出したので)

 

元ビートルズのポール・マッカートニーがビートルズ解散後に結成したバンド。「ポールのバンド」ではなくて「ウィングス」というバンドを結成したかったそうで、その想いが最も実ったころのライブアルバム。発売当時は、LPで3枚組でした。このアルバムの最初のほうでポールだけでは無く、デニー(G)・ジミー(G)の二人がリードボーカルをしています。デニーはこれ以後でも数曲リードを担当していますが。

 つか、5人編成だし、ベースは左利きだし。どうしても、このバンドとウィングスのイメージが重なるんよねぇ。   

      

 あと、作曲(&編曲)者を見たら、5曲目(ごはん~)と同じく先日お亡くなりになられたbiceさんでした。心よりご冥福をお祈りいたします。 

       
      

4. 五月雨20ラブ <新曲>

 ヘヴィなベースラインから始まるマイナーコードがメインのロックナンバー。日笠さんは、マイナーコードの歌を歌うと上手さが際立つな。何気にキーボードの仕事が美味しい。サビでメジャーコードになるところで、昨今発売されたキャラソンを彷彿いたします。

 

LPで考えてみるとここがA面の4曲目で、次がA面ラストだから、かなりバランスが良い配置だと思います。シングルA面向けではないけど、バンドのマニアックな面を示した曲を配置するには良い箇所だと思うので。ちょっと意味不明なことを書いていますけど、LPからの世代だとどうしてもLP単位での換算もしてしまうくせがあるんよ。

 しかし、この曲は渋いな。終わり方もかっこよい。

   
   

5. ごはんはおかず

 一説によると、プリンスの曲が元ネタとの噂もw

       

 過去の感想 →  

 

 さて、以前両面A面なCDを購入したのですが、それと聴き比べた結果、このアルバム単位の方が落ち着く気がします。前曲からの繋がりとかから、この曲はアルバム単位のほうがしっくり来るのではないのかと。シングルではちとハイテンションな感じがしていたのですが、アルバム単位で聴くと起伏を上手くつける&既発なので耳に馴染んでいるので落ち着けるってな感じがします。

  

 LPで考えると、ここまでがA面だと思います。

       
          

6. ときめきシュガー <新曲>

 第2期7話"お茶会!!"で澪が自作して朗読したのは良いけど、思いっきり滑ってしまった詩にメロディをつけた曲。

 快活な感じのポップ"ン"ロール。ここからB面で良いと思う。LPをひっくり返して針を落とした後に流れるのには良い曲なんじゃないかなぁ。しかし、日笠さん歌が上手いなぁ。あと、ツインリードが何気にツボ。終わり方が急じゃね。w

       
           

7. 冬の日 <新曲>

 タイトルからして落ち着いた感じかと思ったら、ミディアムテンポのポップスだったでござる。

 明るい感じの曲です。年末辺りに合いそう。あと、この曲のギターの音は特に好きです。

 ブリッジのコード進行は綺麗だと思う。"けいおん!"関係のTom-H@ckさんの曲の中では個人的には1・2争うぐらい好きかも。

 あと、この曲は愛生さんじゃないと歌えない気がした。何気に、凄くハイトーン。

          
       

8. U&I

 過去の感想(注:ごはんはおかずと一緒に書いております) → 

 曲順としては面白いと思います。つか、今までの2曲の音の密度が高かったので、イントロではこの曲が逆に軽く聴こえました。これが意外といえば意外。この位置に、ヒットナンバーを持ってきたのが何故かツボ。多分"谷村新司""人間交差点"のB面3曲目に"愛の誓い"が収録されていたので、それが影響しているのかも(アルバム・曲ともに僕のお気に入りの作品です)。あと、ポールの"プレス・トゥ・プレイ""Move Over Busker"とかも思い出したわ。つか、どこにどんな風に突っ込んでも何かを思い出すんだろうな、僕は。きっと。

 あと、ここまで書いてきて思うのですが、このアルバムはかなり"LP世代ホイホイ"な感じがするわ。ただ単に曲を詰め込んでいるのでは無くて、アルバム全体の流れを完全にコントロールして作っている感じがします。"LP"世代の人の中には、トータルアルバムとかあれこれで、そんなところにこだわる人が多いと思うのよ。

   
          

9. 天使にふれたよ! <新曲>

 梓に捧げる曲(=梓は不参加。つか、最前列のお客さん状態:アニメの最終回で)

   

 このアルバムの中では最もバラードっぽい感じがする曲です。これは、声優さんのライブでやるだろうなぁ。やって欲しいなぁ。個人的にピアノの仕事が好き。人によっては琴線に触れる可能性がある曲。サビの出だし部分が特に綺麗だわ。   

       

 ここで一端、アルバムとしては終わり風  

   
      

10.Interlude <新曲>

 ふわふわ時間のインスト版。つか、これって最後の話の後に映画作成決定で使われた奴なのでは?

 LP世代の人は、この流れでわくわくするの可能性が高いかも

          
       

11. 放課後ティータイム <新曲>

 バンド名の曲。どんなのが来るかと思ったら、"Go West"みたいに明るい感じのポップナンバーでした。

 アルバムの終わりに相応しい感じの曲。途中でコード進行がいきなりな感じのところもありますけど、アルバムのラストナンバーと思えば、違和感は無いかと。

 最後のギターソロのタメが何故か妙にツボに入った。何故かは知らんがツボった。えらい、渋い女子高生だなぁ。w

 あと、出だしのメロディがどうしても気になる。何か、凄く似ている曲を知っているはずなのに、それが何なのか思い出せない。つか、思い出す前に"Go West"が来てしまう。     

 

<2010年10月27日:午後5時5分 追記> どの曲なのか思い出しました。→  

        

全体的感想:ここまで"アルバム"単位として作られているとは思わなかった。全体を通してのアルバムとしてのコンセプトの質は高い。これぞ"アルバム"だと言い切れる作品も…まぁ、正直珍しいってわけではないのだが(注:但し、比較検討対象に"GSY!BE""Pelican""Mogwai""Pink Floyd""King Crimson""Genesis""The Who""The Kinks""Frank Zappa"等、下手すればイジメとしか思えない面子が対象となっております)、起伏展開とかが面白い作品だと思います。

  

 うん、良い買い物をしたわ。これとボーナスディスクにボーナスカセットテープがついて4000円は安い。6000円ぐらいでも良かったのでは?あと、ボーナスディスクが意外と面白い件について。つか、この"ふわふわ時間"は今までの中でも一番ベストな感じがしないでもないです。あと"ふでペン~"はこのボーカルの振り分けでスタジオ版をもう一度録りなおして欲しいなぁ。

         

 あと、カセットでの録音のはずなのだが、ライン録りをしたとしか思えないほど音が鮮明な件について。いや、カセットでの録音はここまで綺麗に入らないのよ。何故かと言いますと、空気の音が入るので。無粋な突っ込みですな。

  

 カセット版の感想はまた後ほど別に書く予定です。

  

いじょー。 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

色々と理由があるのよ

ブログネタ: 「書店」vs「ネット」、あなたはどっちで本を買う?参加数拍手

  

 さすがに今日の日記が2行だけってのもどうかと思ったので、ブログネタから。

  

 んでもって、回答は『書店』です。と、言うのも、ネットは色々と調べられるのですが、書店での斜め探しみたいな感じでアトランダムで探すことができないからなのよ。僕は、偶然と言うか、欲しい感じの本が集まっている中で発掘して買うことが多いので。

  

 あと、マンガに関して言えば、ネットよりも専門書店に行って買った方が特典とか色々とw

  

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の日記の予定が流れました

 理由:今日購入したCDが予想以上に、アルバム単位で聞かせる作品だったので
  

 もう少し聴きこんでから、アルバム感想をアップします。これで4000円は安い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日と明日の日記

 今日と昨日の日記じゃないわよ。要するに明日の予定を書くって事ね。

  

○今日はお仕事でした。まぁ、色々と。もう、引き篭もりたい。

  

○お昼ご飯は、98円で済ませたわよ。食欲もねぇ、今ひとつねぇ。

  

○帰宅してから、お風呂→晩御飯。んでもって、某アルバムのレビューの下書きをしました。明日、CDを購入する予定なので、それに付随してアップでもしようかなぁと。

  

○そんなわけで、明日はCDを買ってくる予定です。因みに"け○おん!!"のアルバムです。前回の"!"の時は「4曲入り+そのライブバージョン」の計8曲だったけど、今回は「既発曲と新曲を併せて10曲+身内での録音バージョン」同内容のカセットテープが附属するってな感じの豪華内容です。明日が少しだけ楽しみだわよ。仕事でブルーだから、明日自体にはあまり楽しみが無いけど。

  

いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一応、本職なので

ブログネタ: 田舎の一軒家と都会のマンション、どっちがいい?参加数拍手

  

 どうしても、不動産の売買価格で考えてしまいます。

   

 で、田舎ってのがどのレベルなのかが問題なのですが、ここでは都市計画区域外で、公営水道・下水が完備されていない山間部として考えます。あと、目の前の道路は公道では無くて、色々な方の持分がバラバラになっている道路として仮定します(そこまで仮定しないと、言い切るのは難しいのよ。ぶっちゃけた話、東京のど真ん中から見たら、広島市西区・東区・南区ですら、田舎に見えかねないので)

  

 で、どっちがよいかですが、都会のマンションですかねぇ(値段的な意味で)。マンションの値崩れは結構大きいのですが、(例としてあげた(以下同程度))田舎だと値崩れ開始前に既に大きなハンデがあるんよ。

  

 ここで、僕が住むとしたらの話ですが、どちらにもメリットがあるんよね。簡単に書くと、

  

○田舎の一戸建て

  

メリット:広い・安い・空気が綺麗・静か・自然が豊か過ぎて、簡単に食べ物が入手できる・固定資産税が安い。都市計画税なんぞ存在しないところもある。

  

デメリット:病院とかスーパーが遠い可能性が大・自然が豊か過ぎて、自然の驚異にさらされる・近所づきあいに失敗したら、結構大変・広いと掃除も結構大変

  

○都会のマンション

メリット:都会なので、病院とかスーパーが近い。他の公共施設も結構豊富・飲みに行っても帰りが楽だ・東京とかだと、お店が沢山あるし、流行の最先端だし、刺激が豊富なので、刺激的な毎日が好きな人にはたまらん。

  

デメリット:狭い、高い、場合によっては陽もささない・固定資産税が半端無い・都市計画税も半端無い・駐車場の料金が高いを通り越して、笑うしかないレベル。つか、田舎の借家レベルの値段も有り・自然は、小さいベランダのプランターの中だけ(金持ちは除く)

  

 で、僕自身はどちらが好みなのかですが、近所づきあいが結構面倒なタイプなので、都会で賃貸物件でも借りて住みたいです。えぇ、マンションでも色々とお付き合いってのがあるんよ。それすらも嫌なので、賃貸で引き篭もりたいです。

  

 以上、根が引き篭もりタイプの僕の回答でした。

  

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと不調

 今日は空手の練習日だったのですが、精神的にかなり不調だったので早々に家に帰りました。ちと、ノイローゼっぽい。

  

 今日は晩御飯を食べずに、早々に寝ることにしています。つか、寝ていたのだが起きたので日記を書いたわよ。

   

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お腹がなるぐらいはまだマシだ

ブログネタ: 職場や学校でお腹が「ぐぅぅ~」…! どうする?参加数拍手

 お腹が鳴るぐらいまだマシっしょ。

  

 お腹ではなくて、その、体内を通過する外胚葉の中で、通常一番下の部分に存在する箇所からサウンドのみならず、スメルも同時進行な人として普通にある生理現象だって言うのに、色々と気まずい、ひらがな一文字で表現されるアレに比べれば、まだまだ危機レベルは低いですわよ。

 ぶっちゃけ、サラウンドアタックだけではなく、まさしくsuicideと言いたくなるぐらいのkilling myselfなこともありますし。昨晩、肉を沢山食べたのがいけなかったのか。男性でも恥ずかしいって言うのに、これが見つめられることすらも恥らうような年齢の乙女とかだったら、自ら果ててしまいたいと考えても不自然では無く。このように、乙女の命はかくも短いものなので、恋をしなければいけないのです。

 

 あと、sound & air (with smell) 以外に、object まで appear しちゃったら、まぁ、なんだ、場合によっては恋の予感だ。心より幸運をお祈りいたします。

   

いじょー。

  

追記:気にしない。生きている証拠だ。 ← お題に対する回答

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人旅とそれ以外で回答は異なるのだが

ブログネタ: 外泊するなら和室派?洋室派?参加数拍手

  

 おぉ、IEだったら書けた。何で、火狐じゃダメなんだろ。

  

 んでもって、回答です。一人旅の方が多いので、そちらで回答いたしますと、洋室派になります。理由ですが、ビジネスホテルって洋室が多いのよね(探せば、和室もあると思います)

  

 僕は一人旅をたまにするのですが、その時はビジネスホテルをよく使います。理由ですが、安いのと、ベッドが椅子代わりになるので、色々と用事をするのが楽なんです。

  

 それに反して、大勢での旅行のときは和室のほうが好きです。畳の上に座って、同部屋の方々と歓談するのもまた一興。でも、先日行った業者間の旅行では、洋室と和室の両方がある部屋でして、僕は結局ベッドで寝ることにしました。理由ですが、先ほどにも書いたようにベッドって、椅子代わりになるんですよね。でもって、横に沢山のスペースがある椅子ってな感じになって、そこで宴会芸のための仕込とかしていたら、そこが僕の寝床になってしまいました。

  

 寛ぎやすいのは和室だと思うのですが、多少なりともアクティブに動く予定ならば洋室の方が楽かもしれんわね。つか、和室って考えようによっては部屋全体がベッドなんよねぇ。

    

いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

???

 たまにコマネタさん等から、お題を借りて書いているのですが、そのページにどうやってもログインができないです。

   

 ここ2日間ぐらいのことなんだろうけど、何でだろ。僕が気がつかないうちに、何か規約違反でもやったのだろうか。でも、それだったらメールか何かで忠告がまずはあると思うのですが。

  

 それとも、Firefoxが会わないのかしらねぇ。でも、最近までOKだったから大丈夫のはずなのだが。

  

 尚、それ以外の今日の日記は、特筆するところが無いです。つか、もう、色々と疲れた。目を開けているよりも、閉じているほうが楽だって事に気がついたわよ。

  

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日と今日の日記

 大急ぎで、大雑把に書くわね

  

<昨日:火曜日>

    

○仕事した後に、同業者の友達と4人で焼肉に行ってきました。

  

食べ放題だからって、君たち、頼む量が多すぎないかい (・_・;)
  

○何か、ものすごい量のお肉が来ました。これは出だしから淡々と同じペースで食べて行って、何とか消化しようと思ったので、お酒の量は控えめにして、淡々とお肉を食べておりました。ホルモンの味噌味って美味しいのね。知らなかったわよ。

  

○何とか完食 (・∀・)

  

しかし、カルビは美味しいねぇ。
 
 

○で、2次会は友達のお家でやりました。因みに4人で食べたのですが、そのうち一人はアルコールを受け付けない体質なので、その方が車を出してくださいました。ありがとうございました。

  

○んでもって、2次会。午前1時ぐらいまでやりました。僕は途中で寝ちゃったけど。つーのもだ、近頃寝る時間が早いのよ。この一日前なんぞ、することが無いって理由で午後9時に寝たもんなぁ。

  

○早寝早起きが好きなんよ

  

○帰宅してから、シャワーを浴びて、歯を磨いて寝ました。

  

<今日:水曜日>

  

○休暇だけどいつもどおりに起床しました。

  

○何か、仕事の電話がかかってきたので、ちょっと仕事を。明日にしてくれよぉ。・゚・(ノД`)・゚・

   

○仕事を終えてから、市内へ。機嫌があまり良くないときはメタルに限る。

  

○市内へ行ったのですが、特に何も買いませんでした。つか、"初音ミク""ねんどろいど"再発第5回目があったらしいのですが、さすがに発売されて6日ぐらい目だとこの広島でも完売したみたいです。DTM機材の横に飾りたいのだが。

  

○レンタルCD屋さんへ。レンタル落ちのCDを見に。

   

ビートルズのジャズカバーアルバムを100円で(・∀・)ゲット!!
 
 

○つか、なんか、もう凄い数のCDが100円。でも、程ほどにしておきました。今日購入したのだけでも、聴くのに結構大変な量になったので。

  

○100円ショップで掃除用の道具とか購入して、帰宅。

  

○家と、自分の部屋の掃除を行いました。久々に出窓をきれいにしたわよ。

  

○あと、部屋の掃除をしていたら、探していたDVDが見つかりました。何処に行ったのかと思っていたのですが、昔、DVDケースを購入してその中に入れていたのを忘れていました。しばらくそのケースに触っていなかったので。

  

○あと、朝食とお昼ご飯は食べませんでした。つか、腹が減らない。昨日の焼肉がまだ残っております。

  

いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実際にやったことがあります

ブログネタ: もしも外国人に英語で道を聞かれたら?参加数拍手

   

 ちょっとシチュエーションは違うのですが、今まで2回ほど似たような状況になったことがあります。

  

その1:宇品港(広島市)で、おばちゃんが何か困っている模様だったので「どうしました?」って声をかけたら、そのおばちゃん「あなたに任せた!」ってな事を言ってどこかへ言ってしまわれました。んでもって、そこに取り残された僕と(確か)イギリスからお越しになられたご夫婦。

 何か途方にくれているみたいなので「どうしたん?」ってなことを英語で尋ねたら、どうやら船を捜しているとのこと。僕も状況が良く分らなかったので、まわりにいる人(日本の人)に尋ねてみたところ、大きな旅行用の外国からの船が来ているとの事。どうやら、その船に戻りたいみたいなので、タクシーの運転手さんにその旨を伝えて、送っていただくことにしました。あ、船の名前とかはちゃんと確認しましたよ。

  

その2:広島電鉄の電車(注:電鉄だから電車だろうと言われそうですが、バスもやっているのよ、この会社)に載っていたら、なにやら運転手さんの辺りで何かが起こっているような感じが。んでもって、行ってみたらどうやら降りるときの運賃のことを質問をされてらっしゃいました。なので、僕が間に入って通訳つか、150円でオッケーってなことを話して、ついでに何処に行くのか尋ねてみたら、平和記念公園に行きたいとの事。場所を聞かれたのだけど、口で言うのも面倒なので、"OK Follow me."と行って、ご一緒に行きましたわよ。

 因みに、ブラジルからお越しになられたそうです。男性2名女性1名の三人組でした。僕に時間があれば一緒にもう少し行動したかったのですが、ちと用事があったので、資料館でお別れいたしました。元気されてるかなぁ。('-'*)

  

おまけ:福岡で英検2級の2次試験を受けに行ったときなんだけど、禁煙の地下鉄で酩酊状態に近い外国からいらした方がタバコに火をつけようとしたので"No Smoking here"と注意したことが。すぐに意味を理解していただいて、タバコを吸うのを止めてくださったわよ。

  

おまけその2:職場でブラジルから電話がかかってきたのですが、向こうの方が日本語が分らないみたいで、電話を取った人はパニックになっていたので、交代して英語で会話をしようとしたことがあります。尚、ブラジルの母国語はポルトガル語です。そして、相手方は、英語も無理だったみたいだわよ。因みに、ポルトガル語ができるほかの方がいらして、事無きをえたはず。

  

おまけその3:フラワーフェスティバルで、インドの方が出店されているお店に行ったのだけど、良く似たようなメニューがあるのだけど違いがわからないので、尋ねてみたら日本語が良く分らないみたいだったので、英語でどうにかしました。因みに、ナンの有無の違いがあったのよ。

  

おまけその4:今年の8月にお世話になっている方のライブを観にライブハウスへ行ったのですが、そこに来ていた黒色人種のお兄ちゃんに話しかけていた。さすが、酔っ払い。恐いもの知らず。因みに、そのお兄ちゃんはアフリカの方からいらしたそうで、陽気で柔らかい感じの方だったわよ。

 

おまけその5:以前勤めていた会社でグアムに旅行に行きました。グアムの空港でいきなり日本語でいらっしゃませみたいな看板を見て、折角海外なのにそれは無いだろうと思ったあたくしは、意地でも英語で意思疎通を図ろうとしました。タクシーの運ちゃんが折角日本語で話をしてくれているのに、意地でも英語。会社の先輩には驚かれましたが、あたしは融通が利かないタイプなのよ。

  

おまけその6:そのグアムのステーキハウスですれ違ったお姉ちゃんがガチで好みだった。僕らは入店で、彼女らは店から出るところだったので話しかけられなかったわよ。ちくしょう。

  

おまけその7:因みに、そのグアムのディスコに行ったときに、ガチで好みのタイプのお姉ちゃん@日本人がいたのですが、お母さんと一緒に来られていたので話しかけられませんでした。ちくしょう。

  

おまけその8:そもそも海外だろうが、国内だろうが、話しかけることができないor話しかけたら引かれる件について。もう、やだ、この人生。

  
  

いじょー。

  
       

結論:度胸英語でもある程度はどうにかなる。文法なにそれ美味しいの? (゚∀゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うにゅぅ

 今日はお仕事でした。

 

○午前中、色々と交渉事を。しかし、上手くいくのか?この案件

  

○お昼ご飯は、カレーうどんにすることに。うどんを茹でて、その後カレーのレトルトを温めるつもりだったんだけど、良く考えてみたらカレーのレトルトって電子レンジでチン♪オッケーなので、うどんも一緒にチン♪みることにしました。

  

結果:何か、微妙に生ぬるいカレーうどんが出来上がり。(゚-゚;)
  

 何と言うか、麺の微妙に火加減が通っていないところとかが。

  

○昼から暇。

  

○でもって、仕事後に空手の練習へ

  

○今日の僕は今ひとつ。何か気合か何かが抜けている。これじゃダメだ。来週までにはメンタル方面をどうにかしよう。

  

○んでもって、明日は朝早くから用事があるので早々に帰宅しました。

 

○晩御飯を食べ終わって、この日記を書いております。お風呂の順番はまだかなぁ。

  

いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の日記ネタ (つか、タイトルをつけるのを忘れていて、次の日になって大急ぎでタイトルを作成する僕)

 昨日の僕の日記について、岡山県南部にお住まいの√141さんから、日本語でおkとのコメントがありましたので、訳を書いてみます。とは、言うものの、即興で書いたので、日本語と英語の意味が微妙(場合によっては大きく)違っているかもしれません。スペルミスとかもあるかもしれんし。えぇ、何も考えずに、投稿しちゃったのよ。(^-^;

 

 んでば、続いて英文と訳ね

 

OK, I'm going to write my diary with my country word.

(オッケー。それでは僕の国の言葉で日記を書くことにします)    

 

But, I wonder now, what I should write.

(でも、疑問に思うんだけど、一体何を書いたらよいんだろ)

 

You know, we live everyday, but ordinary days does not have worth to write.

(僕たち毎日を生きているけど、普通の日々なんて書く価値が無いんだよね)

 

Yesterday, I wake up, eat , drink , love each other , drive , speak , listen , get angry ,

(昨日、僕は起床して、食べて、飲んで、お互いに愛し合い、ドライブして、話して、聴いて、怒り)

 

laugh , cry , sigh , sometime I wish to God to finish my life as quick as possible ,

(笑い、泣き、ため息をついて、時折神に早くこの人生を終わらせることを願い)

 

sometime I wish to God to  help me form fear of death ,

(時折、神に死の恐怖から僕を救ってくれることを願い)

 

sometime I read philosophy book ,

(時折、哲学書を読み)

 

sometime I read porno book , and sleep.

(時折、ポルノ本を読み、そして眠った)

 

Today I did so. Tomorrow may be the same.

(今日もそうするだろうし、明日もきっとそう)

   

What should I write ?

(で、何を書けばいいんだ?)

 

 

ってな感じです。特に深い意味は無いです。単なる言葉遊びです。

 

いじょー。

 

<おまけ:今日の日記>

 

○働いた

 

○仕事の後に久々に合気道の練習に顔を出してみた

 

○空手は直線的な動き方、合気道は曲線的な動き方をして、空手は攻め、合気道はカウンターがメインってな感じがしないでもないけど、実は両者とも根本的には同じでは無いのかと思う今日この頃。空手の中に合気道のヒントがあったり、合気道の中に空手のヒントがあったり。学ぶべきことは多いわ。

 

 あと、合気道の「小手返し」って技の練習のときには空手道で言うところの「追い突き」をして、それを捌くのですが、リクエストがあったときには多少本格的モードで突いてみたりしておりました。指導役の方とそれをやったときには、上手く返されたので、それに対して僕がどのように動くべきかとか考えたりして、かなり勉強になりました。

 

 そんな僕は、多分この世界の中でも結構遠回りをしながら道を進んで行っているタイプだと思います。武道だけではなく、音楽関係とかも。

 

 ひょっとしたら、可能なものの領域を汲みつくそうとしているのかもしれないわね。って、僕はピンダロスかい。w

 

 ↑とは言ったものの、実はピンダロスってあまり良く知らないのよ。アルベール・カミュが書いた"シーシュポスの神話"って単行本で引用されていたのを覚えていたのよ。高校生の頃、この本に凄くはまってねぇ。

 


 

この本の"不条理な論証"内の"不条理と自殺"は高校2年生(17)の僕にとって、かなり影響があったのよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

方言ネタ

ブログネタ: 方言で日常を綴ってください!参加数拍手

      

お題元より>あなたのお国の方言で、日常を語ってください。

   

OK, I'm going to write my diary with my country word.

But, I wonder now, what I should write.

You know, we live everyday, but ordinary days does not have worth to write.

Yesterday, I wake up, eat , drink , love each other , drive , speak , listen , get angry , laugh , cry , sigh , sometime I wish to God to finish my life as quick as possible , sometime I wish to God to  help me form fear of death , sometime I read philosophy book , sometime I read porno book , and sleep. Today I did so. Tomorrow may be the same.

What should I write ?

 
 
   
 
 
 
 
 
 
 

と、不意打ちをかましてみたなう (゚∀゚)

  
  

 因みに"philosophy"を検索した以外は、全部勘で書いたんじゃよ。じゃけね、多少の間違いがあると思うんじゃけど、そこは許してほしいんじゃよ。殆どが間違えていたらごめんなさい。

  

 で、日常生活なんじゃけど、先ほどの文章でも書いたように、いきなり言われてもこまるんじゃよねぇ。うちの日常って言われても、普通に仕事しているだけじゃよ。

   

 つか、意識して方言を書こうとしたら、予想以上にたいぎかった件について (゚∀゚)

   

 いじょー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

けいおん!! CD感想 <キャラソン編> + α

 ちと遅くなったけど、唯と澪のキャラソンの個人的感想を書きます。全体的に、前回のキャラソンの流れを引き継いだ感じですわね。

    
   

○Oh My ギー太!!

 

 "ギー太に首ったけ"pt.2な感じの曲。前作よりもロックよりな感じです。疾走感及び、音の厚さは今回のほうがあるかもしれません。

 

 今回も最後に専用メロディがあるような気がしないでもないけど、リフレインが少なくてあまり目立たなかったです。言い換えると、あっさりと終わった感じ。メロディが似ている感じだったから目立たなかったのかなぁ。

  

 曲展開及びアレンジとしては、こちらの方が個人的には好みです。メロディ全体に関しては同点だけど、ラスト専用メロディは前作のほうが好き。

  

 あと、途中の専門用語で何て言ったか忘れたんだけど、メインメロディでは無い箇所のところから、サビに戻るときに、音は歪んではいるものの"ベンチャーズ"で有名な"テケテケ"サウンド風な弾き方があったのが個人的に受けました。

           
  

○しあわせ日和

   

 前作の"Sunday Siesta"は、タイトル通りに寝てばっかりな感じの歌詞でしたけど、今回は散歩に出ている感じの歌詞です。

  

 "Sunday~"をロック+ポップス風にした感じ。あと、コーラスは誰なんでしょ?かなり良い味を出してらっしゃいます。

  

 イントロ等でキーボードが良い仕事をしております。なんか、60~70年代のアメリカのポップスを彷彿させる感じです。まぁ、編曲は百石元さんだし(この方は、70~80年代あたりの音が好きなんじゃないかなと思います。特にサントラでそのように感じました)

    

 唯のキャラソンの中では曲としては好きなのですが、途中の語りは人好き好きかなぁ。個人としては、無いほうがまだ曲としての自由度が高かったと思うんだけど(キャラソンのみの縛りではなくて、普通の1曲としての自由度です)

  

 アレンジはかなり好き。あと、終わり方がとても綺麗。

  
          

○青春Vibration

  

 いきなりドラムが良い感じ。ベースは派手ではないけど面白い。あと、"Heart Goes Boom!!"に比べてギターの仕事が増えている感じがします。

  

 曲調は前作と同じくパワーポップ調。サビのメロディがかなり好み。あと、間奏部分の左チャンネルで聴こえるギターが好きだわ。

  

 これも唯のキャラソンと同じく、感じとしては前作"Heart~"のpt.2な感じもします。メロディ展開とかも似ていますし。

   

 ギターソロでのバックのベースラインはかなりの好みです。単純な感じだけど、こんなラインが好きなので。参考:(2分14秒あたりから)

  

 それと、今更言うことでもないことではありますが何度でも言おう。日笠さんは歌が上手い。本気で上手いと思います。

    
            

○蒼空のモノローグ

  

 前回のキャラソンに収録されていた"Hello Little Girl"pt.2ってな感じの曲。しかし、良く考えてみたら前回のキャラソンと同じようなベクトルで作っているから全部が前回のpt.2になるってのは普通じゃよね。

 とは言うものの、この曲はかなりその度合いが強い気が個人的にします。

  

 "Hello~"は、マイナーコードのバラード+ポップスな曲でした。で、今回もマイナーコードの落ち着いた感じの出だしから始まったので、良く似た感じだったのですが、サビにまさかのメジャーコード展開。結局どうなるのかと思ったのですが、間奏 → サビ がメジャーコードによる展開が続いて、出だしのマイナーコード風メロディに戻ったかと思ったら、メジャーコードで終了。予想外の展開。思わず、連続して2回ほど聴きなおしました。

  

 メロディによる影響があるのは否めませんが、この曲は"Hello~"のから一歩解決に向かった感じがします。"Hello~"では、助けを求めるような感じの歌詞だったのですが、今回は自ら解決策を見つけて進もうとしているような印象を受けました。

  

 そう言えば、映画化が決定したことだし、映画化されたときに再度キャラソンが発売される可能性もありますよね。その時には、大団円な感じの曲が用意されていて、みんなでサビを歌いながら感動に浸るわけですね。と、そんな想像をしていたらFalcoのJeannyトリロジー(後記)を彷彿したわよ。   

  
  

 "けいおん!"関係の曲にしては珍しいタイプの曲かも。あと、希望を抱かせる感じの終わり方が好きです。

   
   

○Come with Me!!

  

 …前回の"レッツゴー"と同じく、各キャラによる歌が入っている曲なんだけど。

         

 …"レッツゴー"は、各キャラの声優さんが練習するためってな感じで作成された曲だったはずなんだけど。

   

 まさか、この曲を練習して年末のライブで演奏するって事はないですよね?いや、だって

  

・叩きまくりのドラム

  

・スラップベースソロ

  

・ちょっと早めのギターソロ

  

・ピッキングハーモニクス

  

が。

 いや、普通に趣味でされていらっしゃる方ならともかく、中の人達、お仕事しているのですが。でもって、5名中3名の方は昨年楽器をいきなり持たされたってな感じなのですが。で、この演奏レベルを求められると普通泣きかねない気がするのだが。つか、律役の佐藤さんがこのドラムの完コピを求められたら大変な気がしないでもない。イントロ部分とかの強弱で表情をつける叩き方はかなり難しい気がするのだが。でも、昨年末のライブでかなり上達されてたから、あり得ない話では無いかもしれんですが。

  

 あと、唯のギターではピッキングハーモニクスをしてのアームダウンはできないので(理由:ブリッジが固定されているタイプだから)、あれをライブでやろうとしたら、梓役の竹達さんがしないといけないのだが、ピッキングハーモニクスをやれって言われてもまだ無理があるのでは? ライブでは実際にギター歴が実際にある豊崎さん(唯役)が弾くようにしたら弾ける可能性は高いと思うのですが、残念ながらギー太(のモデルになっているタイプのレスポール)にはアームが無いのよ。

    

等と、容疑者は意味不明の言葉を(ry

  

 曲の感想ですが、ちょっとマーチっぽくって面白いです。 

  
  

いじょー。

  
  

後記:FalcoのJeannyトリロジー(三部作)

                  

 思いっきり話が逸れたので、最後に移しました。

  

 Falco →  

   

 一番有名な曲 →  (ここ最近、何かのCMでメロディが使われていたはず)

   
  

 で、Jeannyトリロジーです。トリロジーって書いているけど、実際は4曲ある気がするのだが。因みに、一枚のアルバムで組曲になっているわけではなくて複数のアルバムに渡って、Jeannyと言う曲から始まった連話(歌)があるんです。簡単に曲解説をしますと

  

Jeanny:3rdアルバム収録(Rock Me Amadeusが収録されているアルバム。発売時はA面の5曲目に収録)

  

 内容:ぶっちゃけると、Jeannyって名前の女性(19)が、誘拐されて(メ木"役-ノイ")されたそうです。犯罪を誘発する可能性があるとか何とかで放送禁止にもなったそうな。かなり悲しい感じの曲。→ 

  

Coming Home:4thアルバム収録(これも、A面の5曲目に収録)

  

 内容:前作から1年後のお話。どうやら↑の事を知らないで、Jeannyの彼氏が帰還。凄く希望に満ち溢れた感じの曲。最後のギターソロがとても印象的。

 しかし、現実は異なる方向に行っていたり。それが理由なのか、PVもちと混沌としています。 → 

   

Where Are You Now
 

 さて、この曲タイトルで探してもどのアルバムにも収録されていないのだが。ひょっとしたら、"Bar Minor 7/11 (Jeanny dry)" がそうなのかしら?(Bar~を収録しているアルバムはまだ未入手なので何とも言えませんが)

   

 で、前2曲はLPを持っているので歌詞の意味が分るのですが、ここからの2曲は未入手なので意味が分りません。だから、何となく全体的で感じた予想で書きます。大きく間違っていたらごめんなさい。

   

 で、これは多分、前曲で帰って来たのは良いけど、Jeannyが死んでいてその現実を受け止められない内容では無いのかと思います。途中で"Jeanny"って言っているコーラスがあるのでJeanny関連の曲であるのは間違いないと思うから、タイトル等でそんな風に考えます(因みに、この曲だけは公式のアルバムでは"ジェニー・トリロジー"から外されているみたいなのよ)。 → 

  

The Spirit Never Dies

  

 Jeannyトリロジー(?)の最後の曲。タイトルとか曲の感じからして、Jeannyの彼氏が「Jeannyは死んだけど、魂はいつまでも生き続けるんだ」と悟るような感じの感動的な終わり方の曲だと思います。 →   (注:ちと回線が重いかも)  

  
            

だがしかし、

  
  

 ちと、途中から曲のイメージが変わってしまったんですよ。具体的に言うと"Where Are You Now"から。

   

 何があったのかと申しますと、ここまでリンクを張ったPVを全部ご覧になった方々にはお分かりだと思うのですが、これらの歌を歌っているFalco自身が交通事故により亡くなってしまったんです(享年40歳)

   

 そんなわけで"Where Are You Now"は本来ならば主人公が亡きJeannyに対して「お前(Jeanny)はどこに行ってしまったんだ?」って泣き叫ぶ感じの曲だったのですが、Falcoの突然の死によって、Falcoと親しい方々およびファンから「お前(Falco)はどこに行ってしまったんだ?」ってな感じの曲になってしまいました。

   

 そして、"The Spirit Never Dies"に関しては、本来の"Jeannyの魂は永遠に生き続ける"ってな感じの意味から、"Falcoの魂は永遠に生き続ける"ってな感じに歌のベクトルが変わってしまいました。と言うのも、この曲のPVでは、(今までの歌詞の流れからすると)本来ならお亡くなりになっているはずのJeannyなのですが、Jeanny役("Coming Home"からのシーンを入れているところからその推測が可能です)の女性が在りし日のFalcoの画像を背景に"The Spirit Never Dies!!"と歌い上げていたりしますので。

  

 前半では歌詞が悲しいけど、後半ではリアルで悲しいことになってしまったこの組曲ですが、曲の素晴らしさは永遠に残ると思います。個人的には"The Spirit Never Dies"のサビ部分に入ったところの女性コーラスのメロディが凄く好きです。好きすぎて、それだけで
数日間上機嫌でした。

   
  

 以上、尻切れトンボではありますが、唯&澪のキャラソン感想+αでした。

  
  

 ではー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツィッターのテーマ曲を見つけたw (゚∀゚)

注:ジョークネタです。本気にしないでね。

   
            

1分15秒あたりから、みんなで一緒に ( ゚∀゚)o彡°ツィッター!ツィッター!  → 
   
             
   
因みに、曲タイトルの本当の意味はこちら → 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は本来ならば休暇 including 切れちゃダメだ

 因みに"including"ってのを使いたがるのは、10代から続くプログレ好きの影響さぁ。

   

 んでもって、明日は本来ならば休暇ですが、お仕事が入っております。まぁ、仕方ない。これも仕事だ。

  

 でもって、今日一日を簡単に書くと

   

切れちゃダメだ  →  やっぱダメですよね?  →  

   

でした。あたしも人間だ。

   
  

注:因みに、明日のお仕事は前々から入っている予定なので、切れるうんぬんとは別用件だわよ。

   
 

 あと、おまけとして、某まとめサイトからの引用 → 

   

 もう少し、古典にも親しんだほうが人生楽しいかもしれんと思ったわよ

 
 

いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体育の日

 今日は、体育の日だったわよ。休暇らしかったわね。

 

 あちこちの行楽施設とかで、人の賑わいが凄かったみたいだわよ。一方、僕は、仕事でした。仕方が無いと言え、3日連続の休暇のときだけは、少し寂しい。(^-^;

  

 んでもって、今日もお仕事でした。来客とかあったので対応したり、まぁ色々と。仕事の内容に関してはあまり書くことができないのよねぇ、業務柄。

  

 で、仕事が終わってから、スポーツセンターに行きました。体育の日だけは無料なのよ。普段、五百数十円するジムも今日は只です。本当は、体力があったらジムで筋トレをやったあと、プールで1kmほど泳ぐってなことをやってみたかったのですが、ここ最近体調がいまいちなので、筋トレをやったあと、軽く4kmほど走ったり歩いたりしました。

  

 で、帰宅。風呂に入って来ました。晩御飯はまだなのよ。

   

 ところで、当ブログにお越しいただいたお客様が、どうやって起こしになられたのか(何の単語で検索されたのか、とか、ブックマークをされてらっしゃるのか)が僕が使用させていただいているココログさんのサービスで分るようになっているのですが、その中で、"け○おん サウンドトラック"で検索されたお客様がおられました(注:○のなかは"い"が入ります、念のため。"け○おん"絡みの記事と間違えられないように、工夫をしてみました。全く違う内容の記事だったら、そりゃぁ落胆ってものじゃないでしょうし)

           

 でもって、僕もその言葉で検索してみました。

  

 自分がここのブログの管理人だから、優先的に出てきたのかもしれないのですが、"け○おん"に関してかなり有名な某まとめサイトより上位に出てきたのには本気で驚いたわよ。やっぱ、あれですかね。自分がここのブログの管理人だから、何かが僕個人に対して、空気を読んでくれたんでしょうね。うん、きっとそうだ。ヤhooーとかでも、そんなことがあったし。

  

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログの累計アクセス数が10000行ったと思っていたのだが

 実際に、ブログのトップページを見たら10000にまだ行っていなかった件について。何故に?

 

 そう言えば、管理者ページで見るに、botの徘徊もアクセス数に加えられていたから、それは外されたのかなぁ。でも、当ブログは携帯でのアクセスはカウントしないはずだから、プラスマイナス同じぐらいになると思うのだが。

   

 とは言うものの、カウンターが10000にならないとアレなので、もう少しだけ祝うのは待つことに致します。

   

 あと、風邪+花粉症で色々と体調がヤバイわよ。でも、明日もお仕事。明後日もお仕事。明々後日もお仕事。(・∀・)ルルルー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪夢を見た

 昨晩、悪夢を見ました。

 

 どんな内容だったのかははっきりとは覚えていないのですが、人がいきなり消滅してしまう内容でした。後に、消滅した人が復活したと思ったら、目の前ではじけるように消滅してしまったり。因みに、何故にこんな夢を見たのかと言いますと、今見ている映画("未知への飛行(原題:Fail Safe)")の影響だと思います。世界が核戦争に巻き込まれるかどうかのシリアスドラマなんよ。調べてみたら10年ぐらい前にリメイクされたみたいだわね。

 あと、昨日の日記は「地球滅亡」ネタだったし。そこんところもあるんだろうなぁ。

  

 んでだ、悪夢を見たのは良いのですが(よくないけど)、たまに悪夢を見た時にベッドの上でかなりうなされることがあるんですよ。あと、足がおかしくなって、ベッドの上で(横向きに寝たまま)走りだしたりすることがあるんです(目が覚める時にそんな状態だったことが多々)。何故か足に力が入ることがあって、その結果、次の日は筋肉痛になっております。割と長時間緊張しているっぽいです。

  

 そんなわけで、昨晩寝たのは午後11時4分だったのですが、午前3時半ぐらいに一度目が覚めたりしました。

  

 そして、今日この頃。遂になってしまった秋の花粉症に加えて、寝不足と言うわけではないのですが、上手く眠ることができなかったってのがあって、体調が凄くおかしくなってきました。つか、寒い。

  

 今日は空手の練習が中止なので、トレーニングをして帰宅するつもりだったのに、これじゃ無理だ。帰宅したら暖かくしてすぐに寝るとしよう。でも、昨日は暖かくししすぎて暑くなってこんなことになったのかもしれないので、そこんところは調節することにしよう。

  

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静寂

ブログネタ: 地球滅亡まであと1週間だと分かったら何をする?参加数拍手

 

 何か僕好みな感じのネタですわよ。シリアス系は割りと好き。

  

 で、あと1週間。どうあがいても無理(例えば、月ぐらいの大きさの何かが落ちてくるとか)な場合は、1週間だと何かをやりきるってのも無理だと思うので、静かに暮らしたいと思います。

  

 神に祈りをささげて、後はその日が来るまでゆっくりと静かに過ごします。

  

 合いたい人全員に合うってのは、無理だろうし。場合によってはあってもらえないかもしれんし。w

  

 ただ、最後の最後の時までネットが繋がっていたら楽しいかもなぁ。みんなで「地球滅亡なう」って呟くのも楽しいかも。

  

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か良く分らないけど、ゆうこりんって人に理想のクリスマスを教えちゃおうってな企画らしい。未だにショコタンって言う人との違いが良く分らない僕は、ネアンデルタール人よりきっと古いタイプ


ブログネタ: ゆうこりんにあなたの”理想のクリスマス”を教えちゃおう参加数拍手

 

 真面目に書きますと『教会に行って祈る』とかです。

 

 いや、クリスマスってイエス・キリストの誕生日を祝う日なので。別にカップルの方々がいちゃいちゃするのは良いことですが(逆に考えてみて、カップルの人々が忌み嫌いあう世界が望ましいのかと言われれば、そうではないですよね?少なくとも僕は嫌だ)、一応、宗教行事の日なので。

 

 オリーブオイルを注がれた方@2000年以上前の方の誕生日なので

 

 当時のオリーブオイルは、洒落にならないほどの貴重品だったみたいだわよ

 

 因みに、本来の意味で考えると、イエス・キリストって言うのはキリスト教徒の方々以外が口にするってのはちとおかしいことになるらしいのよ。"キリスト"の部分が。

 

 でも、まぁ、日本は、やおろずの神の国だったりするので、まぁ、それはそれで良いのでは無いのかと。つか、クリスマスを祝った一週間後ぐらいに、お宮参りをするってのはある意味ありえん話ではあるのですが(一神教と多神教の違いってのは、真面目に語るとかなり違いがあるらしいのよ)、まぁ、ここ、日本だし。トイレ専用の神様もいる国だし(但し、かなり得が高い神様とのこと)。あぁ、何となくウォッシュレットが日本で発達した理由が分らないでもないわ。

 

 

 結論:日本でウォッシュレットが発達したのは、国民性がそうだった

 

 

 いじょー。

 

 

 追記:ごめんなさい。色々とごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪をひいたぁぁぁぁぁぁ ヽ(`Д´)ノ

 今日の日記を簡単に

  

○朝、いつもどおりに目が覚めた。とりあえず、本とか読んでいた

  

○で、午前8時半に布団から出て、9時には家を出ていた。つーのもだ、今日は@nima(音楽交流会)の打ち合わせがあったのよ。

  

○んでもって、スタッフの一人である"たくちゃん"を迎えにいって、一緒に西区にあるTさんの事務所へGo

  

○朝ご飯を食べていないから、おなかが空いたなりよ ← 今日の死亡フラグ

   

○Tさんの事務所に到着。次回の@nimaに出場をお願いしている方(同業者で、Sax吹き)が来られる前に、近所で何か食べる物を購入することに

  

○近所の酒屋さんでおむすびを買ったわよ。(・∀・)

  

○Tさん曰く

    
   

あ、そのお店の品、賞味期限切れているのが多いから

          
    

Σ(゚ロ゚;)ノノ

   

○つーわけで、口にしているおむすびの賞味期限をチェックなう

   

あぁ、10月6日だわ。今日だわ………わ?

   

誰だ、5の左側に縦線をつけることによって6に見せかけようとする技を編み出した奴は 

   

 怒鳴り込んでも良かったもしれんが、もう面倒だからそのまま食べたわよ

  

○んでもって、会議。出場お願いとか、どんな感じなのかとか。色々と

  

○んでもって、途中でトイレへ

  

○おや、何だろう。寒気がするのだが ガクガク(((・_・;)))ブルブル  

  

○んでもって、会議が終わった後、たくちゃんと一緒に市内へ。寒気は止まらんが、だがしかし、僕には行くところがあるんだ

   

"とらのあな"に到着 +.ヽ(・∀・)/゚+.゚

  

○何だろう、この如何にも早死にしそうな生き方は

 

○んでもって、たくちゃんはPCのお店で真面目な買い物を。仕事で使う道具を購入されておりました

  

○僕は、マンガでも買おうかと思ったのですが、先週購入したし、昨日はCDも購入したので、別にいいやと思って何も買いませんでした。んでもって、店で「萌える孫子(の兵法)みたいな本を手にとって購入するかどうするか考えていたら、たくちゃんの影から

  
 

雄樹っちゃん登場 (・∀・)ノ♪

   
  

注:雄樹っちゃん たまに僕の日記に登場していただいているお友達さんです。大阪関係でお知り合いになったのよ。今は広島にご在住です。

  
  

 いや、びっくりするというか何と言うか。ここが紳士の社交場ですか。(゚∀゚)

  

○んで、ちょっとの間会話をしました。雄樹っちゃんは仕事途中だったので、早々に移動されました。つか、彼、ちゃんと休みを取っているのだろうか。正しくワーカーホリックな方だからなぁ。仕事大好き人間だからなぁ。ちと、羨ましい。

   

○でもって、続いて、Tさんが設計されたお店へ。パンのお店です。お洒落だわよ。

  

○で、ランチセットなるものを食べました。アップルパイを除いた商品の中から2点選んで、それに飲み物がついて500円。僕は、店員さん超おすすめの焼きたてのウィンナーを挟んだパンと、目玉焼きが乗ったトーストを食べました。 

 んでもって、このお店で@nimaができるかどうか話し合いながらランチ。

 

○続いて、パルコにある島村楽器へ。尚、この間もずっと寒気に襲われていました。早く帰って寝ろよ

  

○何と、懇意にしていただいていた店員さんが先月末で退職されておられました。これはショック。

  

○そのショックを乗り越えて(それはちとオーバー)、カポを購入しました。これが無いとちと困るので。

  

○続いて、レンタルショップへ。マンガでも借りようかと思ったのですが、映画を借りてきました。"未知への飛行"と"アンドロメダ"って言う映画です。昔の映画なんだけど、面白そうなので借りました。あと、"スフィア"のCDも借りてみたわよ。えぇ、ここ最近は良く訓練された紳士なので。(゚∀゚)

  

○100円ショップで、ドレッシング等を購入。これでお昼ご飯のサラダは少し安くつくはず。つか、梅干のセットが100円ってのはどういうことなのよ。美味しいのかどうなのか良くわかんないけど、買ってみました。小粒で良いので安いのが欲しかったのよ。

  

○で、たくちゃんをお家に送りました。6時間近くお付き合いいただきました。ありがとね

  

○んでもって、帰宅。家の掃除とか、布団を取り入れたり、食器を洗ったり

  

○そして、そこで空手の先生から今日の練習(今日は空手の練習がある日だったのよ)で、僕が指導役をやって欲しいとのメールが

  

○電話で「風邪をひいたなう」と現状報告をするあたくし。本当にすみませんでした。

  

○んでもって、早々にベッドへ

   

○午後7時ぐらいに目が覚めたので、日記を書きました。今日は、さっさと寝よう

  

いじょー

  

追記:因みに今日レンタルした"スフィア"のアルバムタイトルは『A.T.M.O.S.P.H.E.R.E』(アトモスフィア)といいます。atmosphereですか。どうしても、Joy Divisionを彷彿してしまう。世界観が180°近く違うけど。どう考えても鬱まっしぐらなので(JD)。→   しかし、久々にこのPVを見たけど、白頭巾の人、袖か何かを気にしすぎ。どうしたんだろ。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原作が巡礼したかったの(BlogPet)

きぃと、原作が巡礼したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVアニメ"けいおん!!"オリジナルサウンドトラック pt.2

 本日、フライングで入手しました。何か良くわかんないんだけど、予約したらこんなこともできるみたいです。

 つーわけで、TVアニメ"けいおん!!"by百石元さんのサントラ第2弾の感想などを書きます。例の如く、"ライナー"って書いていたらライナーノーツを基にして書いております。

 

参考:
けいおん!   オリジナルサウンドトラック の感想
けいおん!! オリジナルサウンドトラック pt.1 の感想

             

1. Early tea

 もう、殆ど"けいおん!"の真のテーマ曲と言っても良いぐらい頻繁に使われる曲(Have some tea?)のリアレンジバージョンです。確か、これで4曲目(1stに2曲ほど同じメロディの曲があります)

 あと、ガッテンが無いw (前作の感想を参照してください)

   

2. My dearest Baumkuchen

 前作(pt.1)の3曲目になんとなく似た感じの曲。テーマは下級生組の「退屈」だそうな(ライナー)。途中のピアノがいい感じ。

    

3. お菓子のメリーゴーランド

 2曲目の姉妹作品立場の曲で、今度は下級生組の「安心」をテーマにしています(ライナー)。タイトル通り、メリーゴーランドに似合いそうな曲。

 

4. Pasadena Fwy

 久々に「さわ子」先生のテーマ曲。ライナーによると、百石さんが26年前に作った曲だそうです。偶然出てきたそうな。80年代風のパワーポップな感じの曲。個人的に凄く好き。あと、ギター弾きまくっておられます。歌物を除くと一番長い曲。2分12秒。

         

5. な・い・しょ!

 こちらは、アダルトなさわ子先生ってことらしい(ライナー)。ピアノトリオのジャズ風作品(途中でストリングス風キーボード入りますが)。ベースラインが好きだな。ふと、プリンスの書いた曲を思い出した。→ 

   

6. タリラリラン!

 なんだ、この、赤塚不二夫チックなタイトルはw

 楽しいパーティーチューンってなことで作成された曲だそうです(ライナー)。今風って言うよりは、8~90年代のゲーム音楽を彷彿します(個人的に)。 → 

 

7. 潮騒と夕日

 澪のテーマその2だそうです(ライナー)。でも、その1がどれなのかが分らないのですが。過去ライナー見ても書いていないのよ。曲調は、ギターがソロを取るメジャーコードのバラード風。ちょっと切ない感じ。これもかなり好み。何となく、フォーカスっぽいわね。もう少し、長いバージョンが聴きたいなぁ。

 

 フォーカスの有名な曲 → 

 

 今回、何となく思った曲 → 

 

8. セピア色の日記

 ノスタルジックな感じのする曲。左チャンネルから聴こえるパーカッションの音が、時計の針の音みたいで何か可愛い。あと、RPGの街でのBGMにも合いそうだわ。

     

9. 天ぷら君

 

けんだま君 その2 (゚∀゚)

     

10. Hard luck girl

 シューティングゲームのボス戦のBGMが何故に紛れ込んだのかと思った(笑)。今までのセンチメンタル路線を一発でぶち壊してくれそうなぐらい、勢いがあります。前作(!!pt.1)は割りとおとなしめだったから、こんな風に派手な感じの曲が来るとは思わなかったわ。

    

11. Autumn breeze with you

 

ウィリアム・アッカーマン(ウィンダム・ヒルを創設されたギタリスト)ですか。

     

12. Fine rain in afternoon

 前作(!!pt.1)に収録されている"Tostada"と同じメロディの曲(ライナー)。シンセの使い方とかが、いかにも"けいおん!"のBGMっぽい。つか、1分ぐらいに流れるシンセの音って結構使われていないかしら?何か聞き覚えがとてもあるんだけど。

    

13. Cherry’s toy box

 前作(!!pt.1)から続く"Cherry"シリーズです。えらく"Cherry"が好きだなぁと思っていたら、"ギー太"絡みの曲だそうです(ライナー)。ちょっぴりコミカルな感じがする暖かい感じの曲です。面白いかも。

   

14. 抜き足差し足忍び足

 

そこのけそこのけです by 

     

 本当は"ロミジュリ!"で使われたBGMだそうです。でも、タイトルを見るとどうしても梓のキャラソンに見えて仕方ない。w

 曲調は、普通に映画のサントラに使われそうな感じだわよ。

  

15. 人魚の片思い

 こちらも"ロミジュリ!"用BGM。マイナーコードの悲しい感じの曲。曲調は穏やかです。何かRPGに合いそう。

           

16. 階段の怪談

 "かばんのばかーん(by律)"並みのタイトルですな。w

 つか、これか!「ロミジュリなのに、何故かオペラ座の怪人っぽいメロディが」と僕が突っ込みを入れた曲は。

 シューティングのボス戦に似合いそうな感じ。こんな曲は好きだなぁ。

         

17. U&I ~夕日の綺麗なあの丘で~

 これは、百石さん作によるメロディじゃないわね。前澤寛之さんじゃね。ライナーによると前半はコードだけで何の曲かわからない状況ってな感じでアレンジされたそうです。

     

18. 雲上茶屋

 "けいおん!"メインメロディの"Have some tea?"の5番目のバージョン。今回は"Never Ending Story"風なアレンジが。つーても、シンセによる音ね。真ん中から若干左よりに流れる音が。ライナーによると前半は若干コラージュっぽくされているとか。最初、聴く前にこのライナーを読んだから、ジョン・ケージのVariations IVみたいなのを想像したわよ。さすがに、それは異端かなぁ… 

19. ふでペン ~ボールペン~ (ゆいあずVer.)

          

 ここから歌物。

  

 "ふでペン~ボールペン"の唯&梓の2人組バージョン。このリアレンジは凄い。やっぱ、梓がメインでやったのだろうか(いや、現実では百石さんですが)。これは、面白いなぁ。つか、唯の腕が上達しすぎだろ。w これは予想以上に良かった。ここまで面白いとは。

  

 で、右チャンネルが梓、左チャンネルが唯ってことで良いわよね?>ギター

  

 いかん、どうしても演歌風なメロディで笑ってしまう。

      

20. 桜が丘女子高等学校校歌

 

 "!!"の第1話で使われた校歌のバンドでは無い方のバージョンです。クラスメイト役をされた声優さんも一緒に歌ってらっしゃいます。このバージョンが欲しかったので、このCDに収録されたのは嬉しいです。それと、歌詞が載っているのですが、何と言うか本当に校歌を載せている冊子っぽい書体だったので受けました。こんな細かいところの気配りとか好きなんよ。

  

 ところで、作詞作曲は"桜高同窓会"ってなっているんだけど、本当は誰なんだろ。ロックバージョンの方も調べてみたのですが、やっぱり同じように書かれておりました。尚、ロックバージョンの編曲は百石さんだったわよ。

   

 あと、折角なのでおまけとして最後に、この歌を歌われた声優さんを列記しておきます。普段は5名(+2名 & 先生)しか書くことないので(純役の方は、キャラソンが出るかどうか)、一度ぐらいはクラスメイトを担当された方々も書いておこうかと。

  

 つーわけで、この歌は

  

伊藤実華
陰山真寿美
片岡あづさ
北村妙子
寿 美菜子
佐藤有世
佐藤聡美
杉浦奈保子
竹達彩奈
豊崎愛生
永田依子
中村知子
七沢 心
日笠陽子
平野 妹
藤田麻美
藤東知夏
MAKO
山本 響 ← 唯一、リンクする先が見つかりませんでした。漢字を間違えているのだろうか
米澤 円   (以上、ライナーより。敬称略)

 

の合計20名でお届け致しました。クラスメートの数より少ないけど、そこは一人で複数を担当されたと思われます。   

 

 

 あと、たった今気が付いたのですが、ギー太物の曲でえらく"Cherry"が使われているなぁと思ったのですが、良く考えてみると学校名が元ネタなのね。桜じゃもんねぇ。

 

 さて、次は映画版のサントラになるのか。どんな風になるんだろうなぁ。楽しみだなぁ。 

 

いじょー。(・∀・)ノ♪

               

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVアニメ"けいおん!!"オリジナルサウンドトラック pt.1

 発売日からしてかなり遅れましたけど、"けいおん!!"のサントラその1の感想とかレビューとかを書きます。

   

 本文で出てくる"ライナー"ってのはCDに書いてあるライナーノーツのことです。

           

1. One more tea?    

 1期のサントラ1曲目収録の"Have some tea?"の別バージョン。ある意味"けいおん!"作品の中心となるメロディ。しかし、途中の"チャッチャ"って言うオーケストラヒットのところがNHKの"ためしてガッテン"の"ガッテン"って言うところに聴こえて仕方が無い件について

           

2. 朝日を浴びて    

 前作(1期サントラ)"Morning Dew"と同じ立場な感じの曲。イージーリスニングっぽいか。

        

3. 二人の世界    

 トンちゃん(部室で飼っている亀)のテーマ(ライナー)。1期のサントラにも出だしの3音ぐらい似ているのがあったような気がするのだが。ミュートしたギターの音が印象的。

                      

4. Dance of pickled scallion    

 1期サントラ収録"かわいい陰謀"のリアレンジpt.2。因みにpt.1は前サントラに収録されている"タンポポ宅急便"。2期でも"かわいい陰謀"は使用されていたはず。 

           

5. Temptation with rain    

 落ち着いた感じの曲。ダウナー進行の話展開が無い2期では珍しい感じの曲。マイナーバラードが好きな方にはお勧めかも。      

           

6. Tostada    

 タイトルの意味は何じゃろか。んでもって、ライナーによると「ちょっと大人びた」感じの曲だそうです。個人的には、カーマン・キャバレロが今レコーディングしたらこんな感じかなぁ、ってな感じです。つーても、キャバレロの音源はそんなに持っていませんが。つか、持てない。つか、誰か、再販してくれ。・゚・(ノД`)・゚・       

           

7. 京都の朝    

 このアルバムの中では最も起伏が激しい感じの曲。メジャーコードかと思ったら、マイナーコードに走ったり。真ん中から左側を中心にした音は琴っぽいわね。あと、たまに右側にシタールっぽい音が。あと、メロディの一部が何となく"フラッシュ・ダンスのテーマ"に聴こえる気がしないでもないのだが。

           

8. Dragon God

 出だしが、YMOの1stアルバムっぽいです。つか、YMOの中国女っぽいベースラインとか。あと、若干ではありますが、コミカルっぽいかも。       

           

9. ハムスターのダンス

 タイトルで、某執事が主人公なマンガ&アニメを彷彿いたしましたわよ。w

 普通に無難な感じのBGMです。      

           

10. あの日の帰り道

 ライナーによるとテーマは「昭和」なんだそうだけど。個人的には、アメリカのバンド"レジデンツ"っぽい曲に聴こえました。参考:         

           

11. 玉虫厨子と三角定規

 この曲もライナーによるとテーマは「昭和」だそうです。つか、思いっきり、昭和40年代ぐらいに流行った感じの曲調じゃないのかと小一時間。1分7秒のところで、右トラックで聴こえるギターの音とか思いっきりそんな感じです。ギターサウンドあたりを調べてみると何となくわかるわよ。            

           

12. Digital fancy doll    

 ライナーに、某Tom-H@ckさんとの繋がりの内容が。そうか、そんなことがあったのか。

 曲はちょい昔のテクノっぽい感じです。

           

13. ガッテンだ!    

 おぉ、某NHKの番組ですか(違。

 ノリが重視の曲。ドラムとベースの仕事が凄い。つか、このドラム、本当に人間が叩けるのかしら?

 あと、1分24秒とかで流れるメロディに聴き覚えがあるのだが。思い出せない。

       
               

14. Tea with you    

 1曲目と同じメロディね。"けいおん!"作品のメインメロディの一つ。

 尚、ここでサハラ砂漠とか持ち出したら別の曲になったりするわよ。

           

15. Reason that doesn’t develop    

 アップテンポの曲。初期のYMOっぽい感じが一部しないでもないです。ベースラインが"テクノポリス"っぽい。

           

16. Cherry’s feelings    

 ライナーによると"ギー太(唯のギター)"に対するラブソングっぽい感じだそうです。安心して聴ける感じの曲。  

           

17. Worry of cherry    

 これも、前曲↑と同じく"ギー太"関係の曲。ライナーによると、こちらの方を先に作成されたそうな。

           

18. Happy rainy day    

 

超おすすめ。出だしのピアノの音が、カウンターメロディになったり。色々と、凄いんだけど、とても綺麗な曲。"けいおん!!"で何度か使われたけど一番印象的だったのは、卒業のときに在校生から胸元に花か何かを挿してもらうシーンです。あのシーンで使われています。本作品のBGMの中でも(現時点では)1~2を争うぐらい綺麗な曲だと思います。買ってよかった。

           

19. あめふり    

 唯・憂姉妹が歌っております。かなりシンプルです。シンプル故にこれは好きですわ。

           

20. うさぎとかめ
   
 唯の幼稚園児バージョンな感じの曲だそうです。豊崎さん結構大変っぽい。つか、こんな風に歌えって言われても困るぞ、実際。プロの人に音を外して歌えって言ったら、こんな感じになるんだろうなぁ。何か、凄く頑張っているのが分るわぁ。言い換えると、結構無理しているわねぇ。ちゃんとした音階で歌わせてもらったら、ここまで大変なことはなかったろうに。    

           
   

 以上、"けいおん!!"のサントラ感想でした。

           
   

 明日、サントラpt.2を購入してきます。あと、キャラソンの感想もアップしなければ。

 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日思いついたジョーク

<テレビショッピング風に>

           
                

"ただいま、この希望をお買い上げの方には、もれなく絶望をお付けいたします。"

  
  

"尚、絶望に限り、単品のみのお買い上げも承ります"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けいおん! 4巻目

 3巻目の感想等はこちら →                        

 

 マンガ"けいおん!"の4巻目及び最終巻の感想とかを書くわよ。なるべくネタばれはしないようにはするけど、いかんせんアニメ版でやった話があるから、もうばれている箇所もあるわよね。卒業とか。あと、話の内容上、音楽ネタが飛び出して、脱線する事もあります。ごめんなさい。

  

○今回も"とらのあな"で購入致しました。特典は梓のギター用ピックでした。トライアングルタイプ。実際に使うことはないだろうけど、大切にしまっておくのも勿体ないので、ギターかベースに貼る予定です。

     

○今回の拍子は紬。個人的には原作の当初はちょっと苦手なキャラだったのだが(理由:表向きは柔らかい人っぽいが、執事とかに対する態度が酷すぎた。個人的にこのような人は苦手でねぇ)、アニメ化されたら別人格になって、かなりの努力家(普通の人と同じになりたくてバイトを始めてみたり、律に他の人にするような突っ込みをやってもらいたがったり)になり、アニメ化による高感度の上昇は一番大きかったです。アニメ2期でのプッシュは凄かったな。

 

 あと、キャラソンも一番好き(少なくとも、2010年10月3日の時点では)

 

作者コメント欄:こりゃまた沢山のレスポールが。先生、本当にギブソンが好きなんじゃねぇ。確か、他の巻ではSGの写真もあったはず。逆に、ストラトとかテレキャスは見かけなかった気が。

  

登場人物紹介:全キャラが花と一緒に描かれています

   

○さて、読み返してなんなんだが、大半の感想とかあれこれはすでにアニメ版で書いたのと重複してしまうというか何というか。原作の方を後で入手するって体験も珍しい。つか、アニメのダイジェスト版+αな気持にもなってしまう。逆だってば。

 つか、逆に考えてみると、アニメでの話を簡素化して、ノリを軽めにしたような感じですか。最後のライブの話とかかなりそんな感じになるし(アニメでは、泣きシーンがあったからねぇ)

     

○P12の3コマ目に"ごはんはおかず"の原詩が。正式な歌詞とは若干の違いが(コネコネの有無とか)

  

○P30の7コマ目での"さわ子"先生が持ってきたTシャツを、寝袋に入ったまま立って見ている律・唯がキューピーマヨネーズ"たらこ"の奴にしか見えない。w

 

 尚、このQP"たらこ"の曲なのだが、何故か凄くツボに入っています。個人的に好きなメロディなんよねぇ。メロディがかなり悲壮的なところとか。→ 

 

○最後のライブ終了後の部室で5人が座っているシーン(P33 1コマ目)の各キャラの配置がアニメとは異なっていますわね(つか、アニメ版が変えたってのが正解です)。  

 

 因みに、

 

原作:律・梓・唯・紬・澪

  

アニメ:梓・紬・唯・律・澪

   

でした。一時期、このシーンを用いて遊んだことがあるので覚えているのよ。モグワイで。あと、この回での"U&I"を歌う唯の表情は好きだわさ。個人的に神回のうちの一つ。

   

○紬&梓ネタも原作にあったのかぁ。アニメオリジナルかと思っていた。2期は紬プッシュが結構あったからねぇ

 

○番外編のネタも4巻目にあったのね(先生のお見舞い)

   

○あと、アニメ化されなかった話にもかなり良いお話が。唯・憂・和・3人の話とか好きだなぁ

 
  

○そりゃそうとして、P68の8コマ目で唯の頭から(勉強していた内容を忘れていってしまう表現として)、tanθとかmol/lとかが流れ出ているけど、理系なのかしら?因みに、tanθは三角関数で、

         

molは化学・物理学における単位です。6.02 × 10^23 とか覚えてらっしゃる方もおられるかも。

 

○ってことは、少なくとも唯は理系ってことか。文系の可能性も考えてみたんだけど、センター試験に三角関数出てきたっけ?。もしも出て来ていたら文系の可能性もありますけど、理科は生物とかを選ぶ人が多いよね。つか、文系で化学・物理学を選択する方はあまりおられないと思うし。

  

○P71の8コマ目に、珍しく澪に突っ込みをする唯が。つか、この回の話しでの澪の暴走が面白い

  

○P81・4コマ目

  

梓<純って硬貨でベース弾くんだ かっこいい! 通だね!  +.(・∀・)゚+.゚

 

ブライアン・メイですな →  (Dead on Time)

 

Dead on Time:ブライアン・メイ作によるメタルナンバー。数多いQueenの曲の中でもかなりヘヴィで、スラッシュ・メタルにも近い曲(個人的感想ではありますが)。収録アルバムは7作目の"Jazz"。発売当時のLPではB面の1曲目。CDだと7曲目のはず。尚、同アルバムに、同じブライアンによるポップなナンバーとか、切ない感じのバラードもあったりします。バラードの方では、ブライアンが歌っています。あと、最後の曲のメインボーカルはドラムのロジャー・テイラーってのも珍しい展開かと。結構カオスな感じがして、この曲も好きなんよ。

 

 あと、アルバム"Jazz"では、この曲のジョン・ディーコンのベースラインが凄く好きです。フレディ・マーキュリーが作った感傷的なバラードなのですが、曲の素晴らしさも凄いですが、2番目の歌詞に入ったところのベースラインがどう賞賛してよいのか言葉が見つからない。如何なる言葉も表現できない。単純な弾き方なんだけど、初めて聴いたときに心が奪われました。

 

○話を戻そう  

○純が使っているタイプのベースなのだが、P81の3コマ目からすると、澪と同じくジャズベースを使用しているみたいです(但し、過去話においては澪はプレべも使用していた模様)。あと気になるのが、ボディがモズライトみたいな形(通常のストラトタイプの上下逆版)に見えます。だもんで、モズライトのベースで検索してみたんですが、ピックアップの並べ方が異なっていたので、これも違う模様。P82の6コマ目でもそうなっていたから、そんなタイプのベースを探せばよいのかな。

 

等と、容疑者は意味不明の事を呟いており(ry

 

○アニメではどうだったっけ。あと、アニメでも純はピックを使って演奏していたっけ。もう一度見直す必要がありますわねぇ。

 

○P87の3~4コマ目の展開(特に3コマ目)が何ともw

 

 とは書いてみた物の、ひょっとしたら唯は一般の人が見えない何かが見えているのかもしれない。

 

 いや、ここまでギー太に思い入れが持てるってことは、ブライアン・メイにとってのレッド・スペシャル並の思い入れとか何かがあるのかもしれん(レッド・スペシャルはこの世に生誕したときの話から凄いですが)

 

○P95で、遂に唯の両親登場。そろそろ最終話も近いのだがw

   

○受検関係の話は、アニメと原作では同じ内容だけどエフェクトと言うか処理の仕方が結構違っています。アニメはアニメで良かったですが、原作のこの妙に盛り上がらないところも好きだわ。合格発表のシーンとか。

 

○つーわけで、原作終了。淡々とした終わり方でした。きらら関係の作品っぽい終わり方じゃね。

 

 あと、おまけですが、ネットで有名な"けいおん!!"のツンデレ(?)ネタを。元ネタは2期第3話"ドラマー!"からです。

 

--- 引用ここから --------------------------------------

僕アニオタだからざふーなんて知らないよ。
なんか「説明できない」んだけど、
「僕の世代」は萌アニソンこそ全てでそんな昔ロックとか聞かないもん。
外はリア充ばかりの「無法の世界」だから家でアニメを見てる方がいいし
ギャルゲの中じゃ「本当に見た目が良い男の子」になれるしさ。
3次元に恋が出来ないから2次元を「恋のピンチヒッター」代わりにして
現実から逃げてるけど、画面の中の「俺の嫁」「恋のマジック・アイ」
ちゃんと俺を見てくれるし、彼女の「愛の支配」のもとに俺は生きてるんだから
十分幸せだよ。むしろ、3次元じゃ「物足りない」んだよ。

アニメはいまや日本の重要な産業だし。
ロックなんか聞かずにアニメにはまれば
日本の未来を担う「子供達は大丈夫」だよ。

アニメが最高なんだ。
ロックなんか聞いてる暇ないよ。
ザフーなんて「お前ら誰?」って感じだね。

--- 引用ここまで --------------------------------------

 

 でもって、「本当に見た目が良い男の子」と、「物足りない」が何なのかが良く分らないのよ。最初「これかなぁ?」と思ったネタはあったんだけど。あと、フーの本で調べてみたんだけど、曲タイトルでは見つけられなかったんよ。そんなわけなので、どなたか分った方、教えてください。宜しくお願い致します。でもって、僕が「これ?」と思ったのは

 

・「本当に見た目が良い男の子」 →  

 

・「物足りない」 →   or  (意味は逆になってしまいますが)

 

いじょー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単に


ブログネタ: 電気を使わない、ぽかぽかグッズを教えて参加数拍手

 

布団最強

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新手のプレイ!? (゚-゚;)


ブログネタ: 【賞品付き】意識しつつも放置していることは何?参加数拍手

 

>分かってはいるけど後回し…意識しつつも放置していることを教えて!

 

 新手のプレイかしら? (゚-゚;)

 

 "わかっちゃいるけど、やめられない"だったら、故・植木等さんですが。つか、クレイジー・キャッツの大半のメンバーが住民票を移転されましたわよねぇ。ちょっと寂しい。あと、個人的には"犬塚 弘"さんが結構好きなんよ。立てベース、カッコイイです。

 

 いじょー。 

 

追記:お題に全く答えていなかったのに気が付いたでござる。でも、特に無いので、陽が良く当たる場所に、牛乳のパックでも放置してみようかと思います。日常で簡単に入手できる地獄ですが。えぇ、「この後スタッフが美味しくいただ」けませんし。つか、場合によっては死ぬ。かなり苦しんで死ぬ。えぇ、そうですとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »