« ツィッターのテーマ曲を見つけたw (゚∀゚) | トップページ | 方言ネタ »

けいおん!! CD感想 <キャラソン編> + α

 ちと遅くなったけど、唯と澪のキャラソンの個人的感想を書きます。全体的に、前回のキャラソンの流れを引き継いだ感じですわね。

    
   

○Oh My ギー太!!

 

 "ギー太に首ったけ"pt.2な感じの曲。前作よりもロックよりな感じです。疾走感及び、音の厚さは今回のほうがあるかもしれません。

 

 今回も最後に専用メロディがあるような気がしないでもないけど、リフレインが少なくてあまり目立たなかったです。言い換えると、あっさりと終わった感じ。メロディが似ている感じだったから目立たなかったのかなぁ。

  

 曲展開及びアレンジとしては、こちらの方が個人的には好みです。メロディ全体に関しては同点だけど、ラスト専用メロディは前作のほうが好き。

  

 あと、途中の専門用語で何て言ったか忘れたんだけど、メインメロディでは無い箇所のところから、サビに戻るときに、音は歪んではいるものの"ベンチャーズ"で有名な"テケテケ"サウンド風な弾き方があったのが個人的に受けました。

           
  

○しあわせ日和

   

 前作の"Sunday Siesta"は、タイトル通りに寝てばっかりな感じの歌詞でしたけど、今回は散歩に出ている感じの歌詞です。

  

 "Sunday~"をロック+ポップス風にした感じ。あと、コーラスは誰なんでしょ?かなり良い味を出してらっしゃいます。

  

 イントロ等でキーボードが良い仕事をしております。なんか、60~70年代のアメリカのポップスを彷彿させる感じです。まぁ、編曲は百石元さんだし(この方は、70~80年代あたりの音が好きなんじゃないかなと思います。特にサントラでそのように感じました)

    

 唯のキャラソンの中では曲としては好きなのですが、途中の語りは人好き好きかなぁ。個人としては、無いほうがまだ曲としての自由度が高かったと思うんだけど(キャラソンのみの縛りではなくて、普通の1曲としての自由度です)

  

 アレンジはかなり好き。あと、終わり方がとても綺麗。

  
          

○青春Vibration

  

 いきなりドラムが良い感じ。ベースは派手ではないけど面白い。あと、"Heart Goes Boom!!"に比べてギターの仕事が増えている感じがします。

  

 曲調は前作と同じくパワーポップ調。サビのメロディがかなり好み。あと、間奏部分の左チャンネルで聴こえるギターが好きだわ。

  

 これも唯のキャラソンと同じく、感じとしては前作"Heart~"のpt.2な感じもします。メロディ展開とかも似ていますし。

   

 ギターソロでのバックのベースラインはかなりの好みです。単純な感じだけど、こんなラインが好きなので。参考:(2分14秒あたりから)

  

 それと、今更言うことでもないことではありますが何度でも言おう。日笠さんは歌が上手い。本気で上手いと思います。

    
            

○蒼空のモノローグ

  

 前回のキャラソンに収録されていた"Hello Little Girl"pt.2ってな感じの曲。しかし、良く考えてみたら前回のキャラソンと同じようなベクトルで作っているから全部が前回のpt.2になるってのは普通じゃよね。

 とは言うものの、この曲はかなりその度合いが強い気が個人的にします。

  

 "Hello~"は、マイナーコードのバラード+ポップスな曲でした。で、今回もマイナーコードの落ち着いた感じの出だしから始まったので、良く似た感じだったのですが、サビにまさかのメジャーコード展開。結局どうなるのかと思ったのですが、間奏 → サビ がメジャーコードによる展開が続いて、出だしのマイナーコード風メロディに戻ったかと思ったら、メジャーコードで終了。予想外の展開。思わず、連続して2回ほど聴きなおしました。

  

 メロディによる影響があるのは否めませんが、この曲は"Hello~"のから一歩解決に向かった感じがします。"Hello~"では、助けを求めるような感じの歌詞だったのですが、今回は自ら解決策を見つけて進もうとしているような印象を受けました。

  

 そう言えば、映画化が決定したことだし、映画化されたときに再度キャラソンが発売される可能性もありますよね。その時には、大団円な感じの曲が用意されていて、みんなでサビを歌いながら感動に浸るわけですね。と、そんな想像をしていたらFalcoのJeannyトリロジー(後記)を彷彿したわよ。   

  
  

 "けいおん!"関係の曲にしては珍しいタイプの曲かも。あと、希望を抱かせる感じの終わり方が好きです。

   
   

○Come with Me!!

  

 …前回の"レッツゴー"と同じく、各キャラによる歌が入っている曲なんだけど。

         

 …"レッツゴー"は、各キャラの声優さんが練習するためってな感じで作成された曲だったはずなんだけど。

   

 まさか、この曲を練習して年末のライブで演奏するって事はないですよね?いや、だって

  

・叩きまくりのドラム

  

・スラップベースソロ

  

・ちょっと早めのギターソロ

  

・ピッキングハーモニクス

  

が。

 いや、普通に趣味でされていらっしゃる方ならともかく、中の人達、お仕事しているのですが。でもって、5名中3名の方は昨年楽器をいきなり持たされたってな感じなのですが。で、この演奏レベルを求められると普通泣きかねない気がするのだが。つか、律役の佐藤さんがこのドラムの完コピを求められたら大変な気がしないでもない。イントロ部分とかの強弱で表情をつける叩き方はかなり難しい気がするのだが。でも、昨年末のライブでかなり上達されてたから、あり得ない話では無いかもしれんですが。

  

 あと、唯のギターではピッキングハーモニクスをしてのアームダウンはできないので(理由:ブリッジが固定されているタイプだから)、あれをライブでやろうとしたら、梓役の竹達さんがしないといけないのだが、ピッキングハーモニクスをやれって言われてもまだ無理があるのでは? ライブでは実際にギター歴が実際にある豊崎さん(唯役)が弾くようにしたら弾ける可能性は高いと思うのですが、残念ながらギー太(のモデルになっているタイプのレスポール)にはアームが無いのよ。

    

等と、容疑者は意味不明の言葉を(ry

  

 曲の感想ですが、ちょっとマーチっぽくって面白いです。 

  
  

いじょー。

  
  

後記:FalcoのJeannyトリロジー(三部作)

                  

 思いっきり話が逸れたので、最後に移しました。

  

 Falco →  

   

 一番有名な曲 →  (ここ最近、何かのCMでメロディが使われていたはず)

   
  

 で、Jeannyトリロジーです。トリロジーって書いているけど、実際は4曲ある気がするのだが。因みに、一枚のアルバムで組曲になっているわけではなくて複数のアルバムに渡って、Jeannyと言う曲から始まった連話(歌)があるんです。簡単に曲解説をしますと

  

Jeanny:3rdアルバム収録(Rock Me Amadeusが収録されているアルバム。発売時はA面の5曲目に収録)

  

 内容:ぶっちゃけると、Jeannyって名前の女性(19)が、誘拐されて(メ木"役-ノイ")されたそうです。犯罪を誘発する可能性があるとか何とかで放送禁止にもなったそうな。かなり悲しい感じの曲。→ 

  

Coming Home:4thアルバム収録(これも、A面の5曲目に収録)

  

 内容:前作から1年後のお話。どうやら↑の事を知らないで、Jeannyの彼氏が帰還。凄く希望に満ち溢れた感じの曲。最後のギターソロがとても印象的。

 しかし、現実は異なる方向に行っていたり。それが理由なのか、PVもちと混沌としています。 → 

   

Where Are You Now
 

 さて、この曲タイトルで探してもどのアルバムにも収録されていないのだが。ひょっとしたら、"Bar Minor 7/11 (Jeanny dry)" がそうなのかしら?(Bar~を収録しているアルバムはまだ未入手なので何とも言えませんが)

   

 で、前2曲はLPを持っているので歌詞の意味が分るのですが、ここからの2曲は未入手なので意味が分りません。だから、何となく全体的で感じた予想で書きます。大きく間違っていたらごめんなさい。

   

 で、これは多分、前曲で帰って来たのは良いけど、Jeannyが死んでいてその現実を受け止められない内容では無いのかと思います。途中で"Jeanny"って言っているコーラスがあるのでJeanny関連の曲であるのは間違いないと思うから、タイトル等でそんな風に考えます(因みに、この曲だけは公式のアルバムでは"ジェニー・トリロジー"から外されているみたいなのよ)。 → 

  

The Spirit Never Dies

  

 Jeannyトリロジー(?)の最後の曲。タイトルとか曲の感じからして、Jeannyの彼氏が「Jeannyは死んだけど、魂はいつまでも生き続けるんだ」と悟るような感じの感動的な終わり方の曲だと思います。 →   (注:ちと回線が重いかも)  

  
            

だがしかし、

  
  

 ちと、途中から曲のイメージが変わってしまったんですよ。具体的に言うと"Where Are You Now"から。

   

 何があったのかと申しますと、ここまでリンクを張ったPVを全部ご覧になった方々にはお分かりだと思うのですが、これらの歌を歌っているFalco自身が交通事故により亡くなってしまったんです(享年40歳)

   

 そんなわけで"Where Are You Now"は本来ならば主人公が亡きJeannyに対して「お前(Jeanny)はどこに行ってしまったんだ?」って泣き叫ぶ感じの曲だったのですが、Falcoの突然の死によって、Falcoと親しい方々およびファンから「お前(Falco)はどこに行ってしまったんだ?」ってな感じの曲になってしまいました。

   

 そして、"The Spirit Never Dies"に関しては、本来の"Jeannyの魂は永遠に生き続ける"ってな感じの意味から、"Falcoの魂は永遠に生き続ける"ってな感じに歌のベクトルが変わってしまいました。と言うのも、この曲のPVでは、(今までの歌詞の流れからすると)本来ならお亡くなりになっているはずのJeannyなのですが、Jeanny役("Coming Home"からのシーンを入れているところからその推測が可能です)の女性が在りし日のFalcoの画像を背景に"The Spirit Never Dies!!"と歌い上げていたりしますので。

  

 前半では歌詞が悲しいけど、後半ではリアルで悲しいことになってしまったこの組曲ですが、曲の素晴らしさは永遠に残ると思います。個人的には"The Spirit Never Dies"のサビ部分に入ったところの女性コーラスのメロディが凄く好きです。好きすぎて、それだけで
数日間上機嫌でした。

   
  

 以上、尻切れトンボではありますが、唯&澪のキャラソン感想+αでした。

  
  

 ではー。

 

|

« ツィッターのテーマ曲を見つけたw (゚∀゚) | トップページ | 方言ネタ »

けいおん!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: けいおん!! CD感想 <キャラソン編> + α:

« ツィッターのテーマ曲を見つけたw (゚∀゚) | トップページ | 方言ネタ »