« けいおん!!番外編(TV未放送) 計画! | トップページ | 3月26日の日記 »

美しい人々

 毎春恒例となりつつある、オリジナル曲うp。

  
   

楽曲|・∀・)つ 

   

歌詞|・∀・)つ 

   

訳詞|・∀・)つ 

   
  

 曲タイトル:Beautiful People

   

<使用機材等>
      
ギター : Fender Japan STM650 (ただし、改造済)

ベース : Fender Japan JB62-US

録音&ミキシング&ドラム : BOSS BR-800 ← New!!

ドラムパターン作製 : Domino (フリーソフト)   

WAVEファイル操作 : SoundEngine Free (フリーソフト)

WAV → MP3変換 : 午後のこ~だ (フリーソフト)

  

<作業に関するあれこれ>

 この曲、島村楽器の"録れコン"に提出したのですが、その際に「なるべく詳しく」録音した時のエピソードとか書いてねってあったので、詳しく書いたら詳細レベルの話まで書き出して、応募用紙に入りきらなくて、島村楽器の人が困ってしまったってなことがあったり。 

 で、その全文をアップします(色は適時、このブログ用につけました)。なので、かなり「です・ます」調になっております。では、以下、コピペ。

   

--- ここからコピペ ---

  

1.平成元年~3年ぐらいの間での会話で今回の曲のコンセプトと、メインリフを作成。

2.今に至るまで半分放置。一度コード進行を作成してみたが破棄。

3.平成23年1月初旬に本曲を完成させることを決定。コード進行を作成。

4.まずはコード進行の基となるリズムギターを録音。これを基にして他の楽器を加えることに。

5.左トラックのギターを録音。サビに入って直ぐにあるメロディ部分はパンチイン・アウトを使用して何度か録音をやり直しました。

6.右トラックのギターを録音。ここで、左右のギターをミックスさせて一つのトラックにまとめました。

7.ベースを録音。

8.中央で聴こえる、歪ませていないリズムギターを録音。ここで、4番目で録音した音は除外。

9.ベースソロを録音。今回この部分で初めてフィンガー・ピッキングでの録音をしました。音が小さくなりがちだったので、なるべく録音レベルを上げて対処を。

10.最後のサビに入る前の効果音的なギターソロを録音。左トラックに録音して、続いて右トラックに録音。それをミックスダウンして一つのトラックにまとめた。

11.ここまでで使用したトラック数は
              
・左右トラックギター(2トラック使用)
・中央トラックギター
・ベース
・ベースソロ
・効果音的なギターソロ(2トラック使用)
                 

の合計7トラックでした。ドラムを含めると9トラックになります。

12.ドラム以外の楽器音をミックス。2トラックにまとめた。

13.それを聴きながら、ドラムパターンを作成。それまではBR800に内蔵されているドラムパターンを使用して録音していました。自分の癖が分からなくて結構四苦八苦した記憶が。

14.ドラムパターン完成。録音を初めて1週間ぐらい日にちが経ちました。

15.歌詞を作成。テーマは決まっていたので、あとは曲に上手く合うように作成を。

16.ボーカル以外のトラックをミックス。要するにカラオケを作成したわけです。

17.2月16日午前10時15分にカラオケへ行き、そこでボーカルを録音。隣の部屋で大合唱とかしていたのでそれに釣られたのか、録音レベルを上げ過ぎてしまい音が割れたので、この日に録音したボーカルは全部破棄しました。

18.2月23日午前11時ごろ再度カラオケ屋へ。今度は隣の部屋に客がいなかったのと、前もって色々と準備とか注意をしていたので、音が割れるようなことは発生しませんでした。音痴なのは仕方ない。ボーカルのトラックは全部で4トラック使用。左・右・中央・中央その2の4箇所です。中央その2は細かいネタ部分で使っております(例:"So!"と叫ぶところ)

19.2月24日に曲全体のミックスを。→ 完成

20.提出用の書類作成。訳詞を書くのに苦労が(男言葉だと硬すぎるし、女言葉もしっくりこなかったので。結局、丁寧な雰囲気を表に出すのを優先することにして、女性言葉寄りの訳詞になりました)

            

エピソード:

○元々この歌を思いついた会話が確かピンク・フロイドについて僕が話していた時ですが、「でも、ビートルズほど有名じゃないでしょ?ビートルズより凄いの?有名なの?(=私は知らない→ビートルズの方が上→ピンク・フロイドは格下)ってな感じでした。そこで、ある日僕が「あぁ、この人たちって美しい人なんだな」と思い、この曲のテーマが生まれました。因みに僕はビートルズもフロイドも大好きです。だからと言って、自らの価値観を最上に置いて、他人を見下したがる姿勢もどうかなと。

○歌詞を書いているときの頭の中のイメージは、映画"1984"に出てくる"ビッグ・ブラザー"でした。なのに訳詞は女性言葉。何でかなぁ。

○録音で一番苦労したのは、演奏技術的にはボーカルでした。元々声が出ないタイプなのですが、歌ってくれる人がいない(と言うより、音楽活動を一人でしないといけない状態)ので、仕方ないけど、どうにかならないものか。技術的な話以外では、右チャンネルで聴こえる平手打ちの音を録るのが大変でした。テストでは綺麗に音が出るのだけど、いざ本番になると上手く音がでなくて。まぁまぁの音が録れるまで、何十回も手を叩いておりました。一人SM状態@カラオケ。

○録音で一番楽しかったのは、左チャンネルで聴こえる泣き真似をしながら歌うところでした。人を馬鹿にしているような歌い方ですが、それ故に肩の力が抜けたのかこの部分はすぐに録音終了しました。

 尚、ボーカルも楽器も何度かパンチイン・アウトを繰り返して録音しております。実はかなりツギハギ状態になっています。

○今回は、この1曲だけに力を集中させて提出する予定だったのに、何故かもう1曲ほど自然発生みたいな感じで出来てしまい、結局2曲提出することに。2曲同時進行はちょっと大変だったけど、違う雰囲気の曲なので、作業する曲を入れ替える事によって、作業のマンネリ化するのを防げたかもしれません。

   

--- ここまでコピペ ---

  

追記:

 と、いうぐあいに、20年近く寝かしてきた題材を急きょ復活させて作成致しました。きっかけは何なのかは伏せておくとします。尚、某都知事は無関係です。重要なのでもう一度繰り返します。某都知事は無関係です。おぉ、そう言えば、世の中には<検閲>で障子に穴を空ける小説があるらしいぞ。つか、おおまかなあらすじを読んだのだが、他の小説がさすがの僕でも引くわってな内容っぽいのだが。おっと、話がそれた。
    
    
 1分40秒あたりのギターの弾き方ですが、単にオクターブで弾いているだけなのですが、この弾き方の元ネタになったのは、け○おん!の"ふわふ○時間(タイム)"からです。この曲を練習していたので、この弾き方を思いつきました。因みに伏字にしている理由は、間違えて検索されてこのページに"け○おん!"ファンの方が来られないようにするためです。 
     
             
 あと、ボーカルが音痴なのだけは許して下さい。ごめんなさい。

  

 で、ちょっと先ほどにも書いていた、もう1曲はしばらくしたらアップします。かなり、変わった感じの曲です。

  

いじょー。

 

   

 追記:と、記事をアップしたのは良かったのですが、アップロード先にちと不都合があって、今日(2011年5月13日)まで、ファイルが開けませんでした。見て下さった方、すみませんでした。 

|

« けいおん!!番外編(TV未放送) 計画! | トップページ | 3月26日の日記 »

Vermilion Suns Obscure Project」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しい人々:

« けいおん!!番外編(TV未放送) 計画! | トップページ | 3月26日の日記 »