« 最近の"きらら"で連載されている"けいおん!"に関するプチ感想。 | トップページ | 今日は涼しいかしら と思えた8月20日の日記 »

ブレア・ウィッチ・プロジェクト

ブログネタ: 今まで観た中で、一番怖かった映画は?参加数

 

 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』が一番怖かった。

 

 今まで、色々とホラー映画を観たことがあって、その中には怖いどころか凄く格好よいと思った作品すらもありました。因みに、『マウス・オブ・マッドネス』ね。あと、スプラッタは基本的にダメ。血がダメなんよ。

 

 で、この映画ですが、実際に映画館で観たのですが、朝が来るまで恐怖に慄いて、眠ることができませんでした。今までの人生の中で、そんなことはこの一回だけです、今のところは。

 

 何ゆえにそうなったのか書きますと、僕は元々想像力を働かすタイプなんですよ。だから、映画を観た後で『一体何が起こっていたんだろう?』と想像してしまったんです。えぇ、映画だから、作り物っては思っていましたよ。でも、元々が情報を可能な限り与えない作品だったので、想像が自由に広がってしまって、結局朝日が昇るまで恐怖心で眠ることが出来ませんでした。映画を観に行ったのが土曜日だった(因みに、会社の先輩夫婦と3名で見に行きました)のが、せめてものの救いでした。そう言えば、この映画の広告を上野駅の常磐線乗り場で見たときに、色々と想像してしまって吐きそうになった記憶が。

 

 で、あまりにも怖すぎてしまって、何故かサントラを購入した僕。

 

 そして、そのサントラに収録されていた曲(行方不明になった登場人物が、車の中に残していた遺留品であるカセットに収録されていた曲 ってな感じのテーマで作成)の中に、この映画の舞台の後に発表されていた曲があるのを見つけて、それで何とか脳味噌にこの作品はフィクションだと教え込もうとした僕。いや、前頭葉がフィクションとは理解していても、本能がこの映画をノンフィクションと誤解したままだったんよ。因みにその(矛盾があった)曲は、タイプ・オー・ネガティブの"ホーンテッド"って言う曲でした。この曲が凄く気に入って、そのままタイプ・オー・ネガティブのファンになった僕。この曲は本当に素晴らしい。

 

 あと、ブレア・ウィッチ関係の本も購入しました。結構、何だかんだ言ってても楽しんだと思います。

 

 んでもって、2作目が普通に普通の映画になっていたのには笑った。普通に、曲とか流れるし。終わりはマリリン・マンソンの歌でしたな。

 

 いじょー。

|

« 最近の"きらら"で連載されている"けいおん!"に関するプチ感想。 | トップページ | 今日は涼しいかしら と思えた8月20日の日記 »

コマネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレア・ウィッチ・プロジェクト:

« 最近の"きらら"で連載されている"けいおん!"に関するプチ感想。 | トップページ | 今日は涼しいかしら と思えた8月20日の日記 »