« 何故、日記を書いているのか ってことに関して書いてみた日記。日記ぽくないけど、日記なのよ。 | トップページ | 昨日と今日の日記 »

アルビニーノ の アダージョ

 日記を書く前に、アルビニーノのアダージョを聴いていたら、日記を書く気にならなくなったり。この曲は凄い。

  

 何が凄いって、この曲は『悲劇』をもっとも凄く表していると思うんよ。

   

 カミュが書いた文章に

   

「真に重大な哲学上の問題はひとつしかない。自殺ということだ」

  

ってのがありますが(不条理と自殺より)それを思い起こさせる曲だと僕は思います。カミュ曰く『哲学の根本問題』に答える判断を必要とする問題、それを思い出させる曲がこれだと思います。

  

 僕は今まで、沢山の曲を聴いてきました。万人の前で話しても卑下されることは無いと思われる曲から、誰もが引く曲まで。下ネタな曲とかなら沢山持っていますよ。ザッパ好きだし。エロゲーの曲も持っているし(つーてもだ、Under17の曲は良いと思う。あれを否定してまで良い顔をする気はない)

 しかし、死、自殺、を髣髴させる曲の前ではそれらの問題(?)も霞む。ぶっちゃけ、下ネタの曲は、まだ『生きる』って方向に向いているから、まだマシだと思う。人が自ら破滅に向かう、その方向性こそ僕たちは問題視するべきではないのか。

 その問題を思い起こさせる曲、それこそが本当に問題があり、かつ危ない曲だと思います。それが、今日の日記のネタにもなった曲『アルビニーノのアダージョ』だと"僕"は思います。

   

 しかしなんだろうね、テクノロジーの違いがあるからアレだけど、バロックの時代で結構広い範囲の音楽をカバーできていると思うわ。バッハがいるし。パッヘルベルとかも。

   

 以上、音楽ネタの日記でした。

  

 しかし、この曲は凄いなぁ。

  
  

 いじょー。

|

« 何故、日記を書いているのか ってことに関して書いてみた日記。日記ぽくないけど、日記なのよ。 | トップページ | 昨日と今日の日記 »

適当に選んでみた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルビニーノ の アダージョ:

« 何故、日記を書いているのか ってことに関して書いてみた日記。日記ぽくないけど、日記なのよ。 | トップページ | 昨日と今日の日記 »