« 空手の練習ネタ | トップページ | ネタが無い »

けいおん! college

 ここ数年にわたって、大ブームを巻き起こしたアニメの原作の続編及び、最終巻(?)その1の感想を書きますね。発売されてしばらく経つし、ご興味がある方は既に読まれていらっしゃると思うわよ。

  

 以下、ネタばれもありますので、気をつけてくださいね。

  

 あと、毎度の事ながら、音楽ネタで脱線します。それと、個人的事情でまことに申し訳ないのですが、大学時代に本当に「軽音学部」に所属していて、バンドをやっていた過去があるので、そちらに関してのノスタルジーな文章が多くなりました。実際に自分も体験しているので、色々と思うことがあるんよ。

   

 んじゃ、書くわね。

   

<参考>

3巻目の感想 → 

4巻目の感想 → 

   
  

○表紙及び、キャラ紹介に梓がいないのがちと違和感。

 
     

○みんな、同じ寮なのか。 ← 大学時代の色々な寮を思い出し中

   
   

○大学の部活勧誘とか懐かしいなぁ。僕のいた部(注:軽音学部)だと、食堂横近くにあるスペースでお昼休憩時間に、デモ演奏とかしていたはず。僕は勧誘のそんな感じにのには、出演はしなかったような記憶が。

     
  

○2話目の扉に、何気なく「はるみねーしょん」の絵が。

   
  

○んで、同じ1回生新キャラのバンドが。簡単に、個人的なあれこれを書いてみる。

   

・和田 晶 (G)

 使用楽器は、唯(G)と同じく、ギブソンレスポールみたいじゃね。色は黒。かきふらい先生(この作品の作者さん)って、ギブソンが好きなんだろうなぁ。今までにも、SGとフライングVが出てきたし。

 キャラとしては、恐い感じかしら(理由はあるのだが)。尚、ツンデレの気もある模様。

 ギターの名前は「ロザリー」ですか。一瞬、ジェネシスの歌を思い出したんだけど、それは「ロザリー」じゃなくって、「ロベリー」な。素で間違えました。

   

Genesis - Robbery, Assault and Battery

    
 

・林 幸(B)

 寡黙なタイプっぽい。使用しているベースは、多分"ギブソン・サンダーバード"。  

    

・吉田 菖(Dr)

 晶のストッパー役。蹴り技が多い気がする。律(Dr)よりも突っ込みタイプか?  

   
   

 晶以外のキャラは、あまり出番が無かったのでコメントも少なめだわよ。個人的には菖が面白いんだけど。  

 
      

 本題に戻って、

   
  

○澪(B)が奥手すぎて、ボッチになりそうな感じが。つか、みんなと同じ大学じゃなかったら、この娘さんは一体どうなっていたんだろう。他人事ながらちと不安になったわ。

     
 

○バンドの練習時間のコマ割(P33)が、懐かしすぎる。僕らも、毎週何曜日か忘れたのですが部会がありまして、そこで一週間の練習のコマ割を決めていたんですよ。僕は、金曜日の最終時間が一番好きだったなぁ。

 尚、学生時代の今日この頃(この文章を作成している10月初旬)とかは、工大祭が近いので練習のコマが埋まりまくっていた記憶が。

      
 

○部費は、年間で2万円ですか。....僕ら、幾らだったっけ?月1000円だったっけ?2000円だったっけ? ど忘れした。 だもんで、この部費が高いのかどうなのかが分からない。比較する過去を忘れてしまったので、比較が出来ない。仕方ない、同じ部だった方がコメントしてくれるのを待つとしよう。

    
  

○続いて、紬(Key)メイン話か。一時期、空気となりかけたよなぁ、この娘さんは。メイン話があって、よかったよかった。因みに、部屋の"ねんどろいど"で唯一2体あr....いや、なんでもない。

   

 尚、さすがにこの回の晶(G)の某セリフは、さすがにちと酷いと思う。

   
 

○晶の過去回。昔は、太って見えるのは錯覚か何かなんだろうかしら。髪型でそんな風に見えるのかなぁ。

 
   

○唯<音楽って何なんだろう

  
  

 ジョン・ケージさんに相談してみよう。キノコにも詳しくなれるかもしれんよー。(・ω・)b

  
   

○澪は大学生になってから、2kg体重増えたのか。奇遇だな、僕もGWから2kg体重が増えて、困っているのだが。

  

 あ、なんだ、ちゃんとした理由があったんか。

     
   

○先輩たちは、就職活動とか卒論で忙しいのでバンド活動はしていないのかぁ。

  
   

 ....卒論どころか、修論提出3ヶ月前でもバンド活動をしていた人がいたなぁ。σ(゚∀゚)

    
   

 つか、ひょっとして、それって一般的に考えておかしいことなのか?....まぁ、マンガのネタになっているぐらいだから、おかしいことなのかもしれんわねぇ。でも、工大祭のライブにはどうしても出たかったんだよぉ。

     
   

○制服コスのバンド < 先輩たちのバンド

   

 後輩に、そんなバンドがいたなぁ。あら、なつかしや。

  
   

○ギター用語を勉強(復習?)する唯。いや、知らなくても演奏できるけど、ペグすら問題に出てくるってのはどうなのかと小一時間。

 
   

○律(Dr)が走る(注:その楽器だけのテンポが段々早くなる、ってな感じです)ってのは、高校生時代からの話題じゃねぇ。スチュワート・コーポランドを思い出すなぁ。何か、スチュのリズムが走るって事で、スティングと良く喧嘩していたっぽいです。ソースは、20年ぐらい前に発売された、ポリスのCD4枚組みのボックスに書いてあったライナー(だったはず)

  
   

○合宿は 2泊三日で 三万円

   

 学生さんには高いよなぁ。社会人でもちょっと大変だわさ。

    

 P88での、合宿で一緒に演奏することになった先輩のベースは、リッケンバッカー・4001 若しくは、それに近いor似せたモデルだと思う。ポール・マッカートニーが使っていたから、見覚えがあったんよ。

    
  

○帰省ネタで、和と憂が登場。

 
   

○P101で、幸の使っているベースが大体しぼれました。The Who の ジョン・エントウィッスルが使っていたので、見覚えがあったのよ。

    
 

○立て看板(略称:たてかん)作成話かぁ。日曜日一日費やして、一人でライブ告知ポスターを書いたのを思い出したわよ。あれはあれで楽しかったなぁ。

   

 つか、ノスタルジーが妙に多い感想文だな、こりゃ。軽音学部出身だから、仕方が無いと言えば、仕方が無いのだが。

 
    

○んで、ライブ対決。なんつか、普通に普通の盛り上がりで終わりましたな(ストーリーが)

 
   

 んで、ここで、壮大なオチとかは無く、本編終了。最終回。ジ・エンド。

 
   

 まぁ、こんな感じかなぁ。どうしても、クライマックス的な盛り上がりは、高校卒業ネタに軍配が上がると思うんよねぇ。大学卒業までをやるってのは難しいだろうし。就職ネタとか出てくるからなぁ。もう、「きらら」(連載していた雑誌)の範囲を超えそうな気がしないでもないわよ。

 

 

 以上、簡単ではございましたが、"けいおん! college"の感想文でした。

 

 

 

 いじょー。

 

 

 

|

« 空手の練習ネタ | トップページ | ネタが無い »

けいおん!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: けいおん! college:

« 空手の練習ネタ | トップページ | ネタが無い »