« 風邪が治りかけてきたかも | トップページ | 明日は、僕が所属する空手道の試合があります »

這いよれ!ニャル子さん & 這いよれ!ニャル子ちゃんタイム & 色々

 今日は、タイトルにある2作品+αの紹介でも書こうと思います。

  

 で、今日、このネタを取り上げた理由ですが、以下の2パターンがございます。

 
  

1:作品名(検索を含む)でお越しになられた方へ。

 『何故に、今更この作品の紹介を!?』と思われたと思います。アニメも2期に入った時点で作品の感想等をアップするのは随分スローペースも良いところですが、今日(思い立ったのは昨日)感想をアップしようと思い立ったきっかけってのが、タイトルにある2作品で、個人的に良い意味での予想外の展開があったので、『んじゃ、ブログのネタにでもするか』と思ったからです。なので、今更感が相当強い内容にはなっていると思います。

   

2:実生活でお知り合いの方へ。

 ごめん、今日も日記のネタがない。(゚∀゚)

 

 一見様の方々へ:ここのブログ、実生活でのお知り合いの方々が存在を知っているので、結構見られております。それこそ、仕事仲間から、趣味仲間まで。老若男女。『勇者過ぎる』と言われたことも数回。

  
   
 

 つーわけで、簡単に紹介とか。因みに、全くこの作品をご存じない方寄りの紹介になるわね。

 
    

 『這いよれ!ニャル子さん』シリーズ(この日記を投函した時点で、11巻発売)は、H・P・ラブクラフトが基礎を作成したクトゥルー神話を基にして作成されたコメディ小説です。ジャンル的にはラブ(クラフト)・コメディーだそうです。

   

 本家(及び、その流れを汲む話。以下、本家と略します)(コメディ路線以外で)ちょっと異なるのは、主人公のニャル子(ニャルラトホテプ)が、本家と異なり個人名ではなくて、種族名になっているところが挙げられます。僕らに例えると、個人名では無くて、地球人ってな感じです。なので、ニャルラトホテプ同士の戦いがあったりもします。

  

 肝心な内容ですが、ラブクラフトの小説及び(解説によると)仮面ライダー等の特撮物のネタが多い感じの、スラップスティックな感じもするコメディです。たまに、クラフトな意味で無い方向のラブコメもある模様。

   

 この作品を僕が購入したのは、3巻目が発売されてからでした。それまでは、存在は知っていたのですがあまり触手が動かなかったのよ。で、ふと気になって、1巻目を購入したら、ボチボチ面白かったので、2巻目と3巻目を購入してきました。それからはコンスタントに。
 
 一体何がツボに入ったのかと言うと、僕、20代の頃にラブクラフトに結構はまっていたんですよ。30代前半までは結構その手の作品を読んでおりましたし。んでもって、ラブクラフトネタが結構あるんよね。つか、何巻目だったのか(探したのだけど)見つからないのですが、電話での会話で(ラブクラフトの)『ランドルフ・カーター』物のネタが出てきたんよね。それがツボに滅茶苦茶入ってしまって、本当に噴いたんよ。で、それから、淡々とコンスタントに購入なう ってなわけなのさぁ。つか、3巻目が既にイス香ネタだったのか。読み返してみると、結構展開が早いっちゃぁ、早いなこの作品。

    

 続いて『這いよれ!ニャル子ちゃんタイム』ですが、簡単に書くと、↑の作品を元にしたスピンアウト作品です。今のところ、3巻目まで出ております。

    
   

 んで、何故に、昨日この作品の紹介でも書こうかと思ったかなのですが、ほぼ同時期に出版されたのに、偶然か、それとも打ち合わせてなのか、重なるネタがあったんですよ。と言うのが、『ニャル子ちゃんタイム』で普段ボケ専門であるニャル子が、珍しく完全に突っ込み&翻弄される役の話がありまして、その時のネタがパスタだったんですよね。んでもって、同時期に発売された原作のOPもパスタネタがあったんですよ。でもって、その後に続く第1話なのですが、これが個人的にオチが、割とありがちなオチだとしても、このシリーズには珍しいオチでして、結構ツボに入ったんよ。たまには、本家風なオチも良いよね。

 因みに個人的に一番好きな話は7巻目に収録されている短編『恋愛の才能』です。このシリーズにしては珍しい友情物。3巻目の話がベースになったオチも好き。  

  
   

 でもって、ちょっと本家に話を持っていって、ラブクラフト及びクトゥルー神話ってのは結構好まれる素材でして、色々な小説・映画・音楽・ゲーム等でネタにされております。そのうち、小説は今回は割愛いたしますね。数が多すぎるので。強いて言えば、遂に人類がクトゥルー達に反旗を翻す『タイタス・クロウ』シリーズを上げておきます。尚、日本人は、その『タイタス・クロウ』を基にして、ゲームを作るから大したもんだ。尚、18禁の模様

     

 ラノベだと、先日紹介いたしましたが、『未完少女ラブクラフト』って言う、カバーイラストが創元推理文庫さんに喧嘩を売っとんのかぃ wってな作品がありましたな。他にも『魔王が家賃を払ってくれない』もクトゥルーネタがありますな。他にも探せば沢山あるのでこれもここまで。

   

 音楽は、数曲だけ紹介いたしますね。多分沢山あると思うのだけど、意外と見つからなかったのよ。

    

Metallica S&M live - The Call of Ktulu

   

Vaselines - Lovecraft

   

何か、NAVERでまとめていた。

   
    
 あと、以前、このブログでも紹介したことがあるアレック・エンパイアのアルバムも、クトゥルー神話の影響を受けているとかってな話も聞いたのですが、知人から聞いただけですので、真偽の程は不明。
 
   
   
 で、映画。『ラブクラフト 映画』で検索すると、凄く丁寧にまとめられてらっしゃるサイトが見つかりますので、そちらを参照してください。段々と、手抜きっぽくなってきましたなぁ。本当はそのサイトさんへのリンクを貼ろうかと思ったのですが、OKなのかどうなのか不明だったので、やめておきました。因みに、『NO ZOMBIE , NO LIFE』って仰るブログさんです。こちらでとても丁寧にまとめられていますよ。
   
 因みに僕がラブクラフト関係の映画で一番好きなのは"マウス・オブ・マッドネス"です。ストーリー・雰囲気・メインテーマ共に(小学生並みの感想で、すまんですが)カッコイイんよね。あと、クリーチャーが殆ど出てこない点も好きです。一部、出てくるところはあるのですが、監督が『ジョン・カーペンター』だもんなぁ。出さなくても作品として成立はすると思うのですが、出さなきゃ出さないで(ジョン・カーペンターの)ファンからブーイングが出そうだしなぁ。しゃーないか。
  
 
  
 以上、『這いよれ!ニャル子さん』関係のあれこれの紹介でした。結構手抜きだけど、詳しく書くこと自体が無理(本家関係を書いていたら、下手すりゃ年内で作業が終わらない)ので、簡単に致しました。
 
      
           
           
 いじょー。

|

« 風邪が治りかけてきたかも | トップページ | 明日は、僕が所属する空手道の試合があります »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 這いよれ!ニャル子さん & 這いよれ!ニャル子ちゃんタイム & 色々:

« 風邪が治りかけてきたかも | トップページ | 明日は、僕が所属する空手道の試合があります »