« 昨日、呑み会で暴露(?)してしまったことがあるので、こちらでも話してしまおう。 | トップページ | 農地法 »

映画:ヴィドック 感想

 今世紀で、同じタイトルで2作ぐらいあるはず。

  

 つーわけで、実在した探偵『フランソワ・ヴィドック』を主人公とした映画です。今日観たのは、今年レンタル開始ってことは昨年ぐらいに上映されたと思われる映画のほうです。もう片方のについても簡単に書くね。

  

 凄く簡単に書くと、今回見たほうはヴィドックが事務所を構える話と、誘拐犯を探し出す話が同時に行なわれていて、ならず者風な野郎3名と女性1名が加わって、途中からは野郎同士によるチームプレイってな感じになって、派手では無いのですが何かかっこよかったです。派手ではないけど、面白い映画でした。でも、相手の黒幕が誰なのかはっきりしないまま終わったのがねぇ。続編あるかなぁ。ドラマっぽいし、案外続編とか色々とあるのかも。

   

 あと、2001年に上映された方の映画ですが、こちらはオカルト風な味付けがありましたけど、こちらも面白かった記憶があります。観てから随分経つので、細かいところは忘れたのですが、こちらでのヴィドックも結構しぶといです。

   

 単独活動な話がお好きな方は2001年版で、野郎共のチームプレイがお好きな方は今作がお勧めかも。個人的には、両方共面白かったです。

 
   

 いじょー。

|

« 昨日、呑み会で暴露(?)してしまったことがあるので、こちらでも話してしまおう。 | トップページ | 農地法 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画:ヴィドック 感想:

« 昨日、呑み会で暴露(?)してしまったことがあるので、こちらでも話してしまおう。 | トップページ | 農地法 »