« 台風が来るので、空手はお休み | トップページ | プロである と言うことについて »

電車での旅

 僕は、子供の頃、電車に対して小さな憧れを持っていました。

  

 僕が住んでいるところでは、公共での交通機関はバスがメインとなっています。特に、僕が住んでいる&住んでいた場所からは駅が遠いので、どうしてもバスがメインになるんよね。

   

 で、僕が小学校5年生の時ですが、盆休暇の一日目に広島駅近くに住んでいた祖母の家に一人で泊まりに行くことになったんですよ。因みに、僕だけではなくて大阪に在住している親戚一家も来ておりました。で、その時に、産まれて初めて一人で国鉄(今で言う、JR)に乗りました。

 電車ってのは、僕のイメージなのですが、国道とか市道とかに表の顔を見せているのと逆に、裏の顔を見せる風景がたまに見られるってのがあるんですよね。僕が住んでいる地方だけの話かもしれませんが。

 ただ、滅多に乗ることが無い電車に乗って、普段とは違う風景を見ることができた驚きとか面白さは未だに覚えています。

  

 それから時が経って、中学生になった頃、僕は塾通いをしていたのですが、その塾のトイレにある窓から近隣の駅が見えました。たまに、僕はそこでじーっと駅を見ていました。で、しょっちゅう邪魔だから退けろって言われたわけですが。デリカシーが無くてごめん。本当は、非常階段に出てみれば良かったんだろうけど、勝手に出たら怒られるからねぇ。

 あの頃は、対人恐怖症が強かったのと、一人になりたいってな気持ちが強かったのもあって、一人でどこか遠くへ旅に行きたいと強く思っていました。そして、駅を眺めながら、どこか遠くへ行く自分を想ったりしていました。因みに、その頃書いていた絵に、その思いを描いたものがあります。説明がないと、それは分からんけど。 尚、その時に書いた絵に使った僕の代わりとなるキャラが、今のツィッターで僕が使っている絵なんよ。たまに、アニメキャラに変わることがございますが。(゚∀゚)

   

 高校生になって、色々とあって、対人恐怖症とか他人との壁が小さくなったものの、やはり遠くへ行く憧れが無くなる事はありませんでした。そして、ある日、教室の窓からよく見ると、遠くに瀬戸内海が見えることが分かりました。それからの僕は、たまに教室の窓から瀬戸内海を、遠くにかすかに見える海を眺めていました。そこに行くことはできなくても、心だけは、せめて。

 尚、高校2年生の頃からですが、音楽関係で哲学的な詩にはまったのも、ここらあたりと関係がある気がします。因みに、フロイドとかジェネシスとかね。当時の関係者の皆様。(・∀・)b つか、今日のちょうど一年前なのか、あの日は。

   

 大学生の時は、旅を通り超えて、他県(福岡県)に住んでおりました。「これも旅なのかねぇ?」とたまに思っておりましたわ。つか、中学生の修学旅行で通過したところの近辺に住むことになるとは思わんかった。初めて、筑豊線に乗ったときに菜の花が綺麗に咲いていたのは忘れられない。

 

 社会人になってからは、千葉県柏市に住むことに。今度は、憧れの東京に本社があるような状況で。念願だった東京旅行を通り越して、そこらあたりで働くようになるとは。千葉県住まいだったんだけど、当時ワンコイン(500円)30分で上野に行けたんだよなぁ。この間のGWで宿泊したあたりとか普通にうろついていたんだよなぁ。

   

 そして、大学生&社会人になってからは、旅の先が広島になってしまいました。つーのもだ、広島は休みに行くところ(=戻るところ)になったからねぇ。ここで、ふと思い出すのが、広島から大学に戻るときは『下り』で、関東に戻るときは『上り』だったのですが、大学のときは楽しい休暇で乗る新幹線は『上り』、就職してからは逆の『下り』になったんですよね。何か、皮肉と言うか、何とも言えない気持ちになったのを覚えております。つーても、大学とか就職先が嫌だったとかって分けじゃないぞ。念のため。

    

 で、人生が二転三転致しまして、結局実家に戻っております。まさか、自分が生まれた場所で仕事で七転八倒するようなことが起こるとは思わんかったですが。今は何とか、がんばっておりますが。

  
  

 実家に戻って数年経って、大学時代の後輩君が住んでいるところに盆休暇で遊びに行くことになりました。久々に新幹線に乗って(注:普段新幹線とか使わない僕にとっては、新幹線ってのは非日常の乗り物なんです)、京都駅まで行って、乗り換えて宇治に到着。宇治が京都市内でなくて一瞬焦ったのは良い想い出。駅の近くのコンビニで買ったマルボロ・メンソール・ライトが僕がこの人生で最後に買ったタバコ(友達にあげる為にネタとして購入した物は除きます)。次の日は、姫路に行って、そのまま山陽本線に乗って、岡山へ。この逆方向の山陽本線にはそれから後にも何度か乗ったのですが、この姫路→岡山方向は、このときだけなんよね。

   
 

 小中学生の頃から思っていた、一人で遠くへの旅。特に、普段の生活では使わない電車での旅。

  
  

 この夏もやります。たちまち、非日常の新幹線を使い、それ以外は主にローカル線を。鉄道に関する詳細は、その時々のレポートで。

    
  

 僕の旅は、バスもたまに使います。特に昨年の夏の旅行ではバスを結構使いました。つか、バスじゃないと行けないところもあったし。あと、広島から松江はバスの方が楽だ。でも、一畑電鉄使ったし。松江~出雲間ね。あれは楽しかった。あと、一昨年の夏は舟も使ったわね。

   
 

 ところで、僕は何鉄になるのかしらね。僕のお友達の一人は『乗り鉄』と仰って下さっておりますが。何なんでしょうね。ただ、電車に乗って、流れる風景を見ながら、音楽を聴くのは大好きです。あと、ビールとおつまみと適当な雑誌とか本があれば言うことなし。トンネルに入ったら雑誌とかが無いと寂しいんよね。

   
 

 で、明後日12日(火)から、休暇に入ります。

 
   

 いじょー。

|

« 台風が来るので、空手はお休み | トップページ | プロである と言うことについて »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電車での旅:

« 台風が来るので、空手はお休み | トップページ | プロである と言うことについて »