« 中国新聞 安佐北支局長による講演 『芸備線開業100年』 | トップページ | 記事が消えた »

NHK木曜時代劇 かぶき者 慶次 第8話 感想

 今日は割りと淡々と。次回からの盛り上がりへの橋渡しな感じかなぁ。

  

 つーても、雫が退場になったし。天徳和尚も退場なのだろうか。つか、先日色々と調べていたら、天徳和尚の元ネタとなった人が実際にいらしたそうじゃね。碁でデコピンのところね。

   

 来週は、一気に話が進みそう。つか、何話まであるんだっけ?今回。

   

 あと、来週は血の繋がらない兄妹のあれやこれやがあるんだろうか。穢れた目で見てしまう僕の闇は深い。

 
   

 いじょー。

|

« 中国新聞 安佐北支局長による講演 『芸備線開業100年』 | トップページ | 記事が消えた »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK木曜時代劇 かぶき者 慶次 第8話 感想:

« 中国新聞 安佐北支局長による講演 『芸備線開業100年』 | トップページ | 記事が消えた »