« 廿日市にある「スパ羅漢」に行ってみた | トップページ | 超久々のバンド練習 »

今日のNHK番組「ごきげん歌謡笑劇団」を見ている最中に思った

 この話、O・ヘンリーの「よみがえった改心」じゃね?

 

 因みに、どの時点で気が付いたかと申しますと、「大きな金庫があるけど、鍵が無いので一度閉まると空けられない」って説明があったときです。主人公、泥棒だし。尚、ストーリー全体は「よみがえった改心」と同じでした。もちろん、細かいところは違いますよ。小説版での、主人公(元銀行破り)を追いかけ続けてきた刑事の、去り際のあっさりとした台詞等がお気に入り。O・ヘンリーは、高校生の頃よく読んでいたなぁ。あと、サキも読んでいたな。('-'*)

  

 何がどうなって、中年になってラノベにはまったのか自分でも謎だ。

  

 あ、でも、新井素子読んでいたし。元々、その地はあったのか。

 
   

 いじょー。

  
 

|

« 廿日市にある「スパ羅漢」に行ってみた | トップページ | 超久々のバンド練習 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のNHK番組「ごきげん歌謡笑劇団」を見ている最中に思った:

« 廿日市にある「スパ羅漢」に行ってみた | トップページ | 超久々のバンド練習 »