« 芸北オークガーデン に行ってきた | トップページ | ある意味、迷走中 »

NHK木曜時代劇 かぶき者 慶次 第10話 感想

 今回は、終わりのシーンでおもむろに『続く』って出ましたねぇ。

  

 つーわけで、今回のお話は次回に続くってな感じでした。つか、来週が最終回だわよ。

  

 今回は慶次のアクションシーンが多めでしたわね。刺客が2回ぐらい来たし、説得するために戦うシーンもあったし。つか、新九郎の影が結構薄かったなぁ。まぁ、最後には安定のラブラブ物になったことだし。でも、次回がちと気になるのだが。佐乃が白装束を着ていたように見えたのだが。

  

 影が薄いといえば、又吉の存在をすっかり忘れていた。つか、雫の存在と共にすっかり忘れていたわよ。

  

 つーわけで、次回で最終回。次の作品は一体どんなんだろう。

 

 いじょー。

|

« 芸北オークガーデン に行ってきた | トップページ | ある意味、迷走中 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK木曜時代劇 かぶき者 慶次 第10話 感想:

« 芸北オークガーデン に行ってきた | トップページ | ある意味、迷走中 »