« 午前中はお仕事だった、休暇な一日 | トップページ | さすが6月だわ。寒いわ。 »

NHK木曜時代劇 かぶき者 慶次 第9話 感想

 しまった。公式サイトで今日の予告を読んでしまったので、一番の盛り上がりのところで盛り上がり損ねた。orz

  

 つーわけで、公式サイトを見ないことにしたわよ。

  

 今回の話は、一部悲劇的な展開があったわね。天徳和尚に踊らされていたと知った人達が失望していたわよ。

  

 来週は、ついに前田慶次が戦うのかしら? 楽しみがなくなるので公式サイトの予告は見ないぞ。あれは少し詳し過ぎな気がしてきた。(゚∀゚)

  

 でもって、ツンデレ妹(佐乃)による『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよね』な展開が、悲劇的な展開に別ベクトルを持ってきております。なお、↑で冗談半分で持ってきたこの作品と同じく血が繋がっていないという、どこのラノベかなってな展開が来週も行われるみたいなのですが、今日の話の最後になって慶次の妻がやってきて、こちら関係の展開も何かありそうで、来週もシリアスとコメディが同時進行しそうな気がします。

  

 とは言っても、メインはシリアスだと思うよ。

 
  

 いじょー。

|

« 午前中はお仕事だった、休暇な一日 | トップページ | さすが6月だわ。寒いわ。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK木曜時代劇 かぶき者 慶次 第9話 感想:

« 午前中はお仕事だった、休暇な一日 | トップページ | さすが6月だわ。寒いわ。 »