« 昨日と今日の日記 | トップページ | 明日は呑み会だー »

NHKドラマ『ぼんくら2』第1話「哀しき再開」 感想

 さーて、8時になったしテレビでも観ながら晩御飯食べるか。NHKは何をやっているのかな?っと ( ・∀・)つ□ ピッ

 
  

NHK<ぼんくら2 始まるよー 公式サイト → 

 
  

まさかの、ぼんくら続編キタァァァァァァ(゚∀゚)ァァ( ゚∀)ァァ(  ゚)ァァ(  )ァァ(゚  )ァァ(∀゚ )ァァ(゚∀゚)ァァ

 
 

 まじで、知らんかったわ。他の番組を観ないでよかった。

 
 

 つーわけで、久々にNHK木曜ドラマの感想を書くよ。このシリーズ、かなり好きだったから続編が来たのは滅茶苦茶嬉しいわよ。

   
 

 んで、感想。簡単に。

  

・あー、佐吉(風間俊介)のあれからの生活は結構大変なのか。つか、勘九郎亡くなったのか。さみしいのぉ。OPには出てくるが。つか、OPは前回といっしょじゃん。

  

弓之助(加部亜門)キター!!! 尚、一緒に連れてきた子が従姉妹とは知らずに、この二人のラブロマンスがあるのかと期待した僕。つか、志乃(奥貫薫)の発言が考えようによっては酷い気がする。w

  
 

・ぁ、  

  
  

・まさか、葵(小西真奈美)が殺されたところから話が始まるとはねぇ。前回のオチから考えると驚きのスタートだわよ。
 

・つか、弓之助から話を聴いたときの、井筒平四郎(岸谷五朗)ヘラヘラとした表情から、シリアスへの表情の変化が好きだ。180度違う表情を10秒以内に自然に嫌味なく見せる岸谷さんの演技が好きだ。

  

・よし、今回は安定のバディ物の予感がするぞ。(・∀・)

 

 つーのもね、僕ね、バディ物が好きなんよ。ここ最近のNHK木曜ドラマで結構多かった気がするわ。因みに、一番最初にそんな感じで喜んでいたのが『吉原裏同心』でした。主人公とヒロインとのあれこれもありますが、菊池@カープに似た人がおりまして、そのキャラと主人公とのかけあいも好きだったんよ。尚、一番好きだったシーンは「主人公が自分が切れると予測して、自分を止めるために菊池を連れて行ったのに、先に菊池が切れて、その後二人で呑み行って菊池がベロンベロンになっていた」ところです。ストーリーをちゃんと追っていくと、菊池が切れるのも仕方ないと思うわよ。

 で、今回。

 しょっぱなからやってくれましたなぁ w。 平四郎と弓之助の『腹黒コンビ』 w。佐吉が連行された先での寸劇のシーンでは、ワクワクしながら観ましたとも。いいね、こんな展開。

 

 あと、政五郎(大杉漣)と平四郎のタッグも期待だわ。つか、政五郎のキャラは好きだなぁ。それまで僕が観ていた大杉漣さんのキャラと全く違う&こんな感じのシリアスなキャラが好きなので、滅茶楽しいのよ。

  

 おでこ(三太郎)(高村竜馬)と弓之助のコンビも楽しみだわね。今日、早速色々とあったけど。

   

・お徳(松坂慶子)さんは、次回位から表に出るかなぁ。つか、公式サイトみたら多少の展開読めたけど、相変わらず一番の苦労人、つか、ある意味一番の貧乏くじを引かされる役じゃねぇ。「ぼんくら1」の当初では「何やねん、この人の話を聞きそうにもない人は」と思っていたけど。因みに原作者「宮部みゆき」さんのファンの方が空手関係でいらっしゃるのですが、その方たち曰く、原作のお徳さんはもっと癖があるそうな。松坂さんの演技は多少マイルドとの事。僕は逆に、あの癖が強いキャラを松坂さんがされた方に驚いておりましたが。

 
  

 さて、来週からの展開が楽しみだ。こりゃ、しばらくの間は木曜日の夜が楽しみだわね。

 
  

 念のために、録画もしておこう。見逃したら泣くに泣けん。

 
  

 いじょー。

|

« 昨日と今日の日記 | トップページ | 明日は呑み会だー »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKドラマ『ぼんくら2』第1話「哀しき再開」 感想:

« 昨日と今日の日記 | トップページ | 明日は呑み会だー »