« AIにネットをやらせた結果 | トップページ | 可部線復活1年前イベント »

今日の空手日記

 今週の錬心館安芸地区本部広島北道場の報告書を兼ねた日記がはっじまるよ~。

  

 多分、世界で一番ゆるい報告書(か何か)だとは思う。これ以上にゆるい報告書(か何か)があったら見てみたいわ。

  

 つーわけで、今日の練習。

  

 前半は、突き・前蹴り・横蹴りでウォーミングアップした後に、基本を一通りやりました。あ、もちろんその前には準備運動ありますよ。で、最後に拳手法を5回か6回ほど。

  

 後半は、先生は緑色以上の有級者を、青帯以下の有級者は多分「たくみ」(注:一緒にバンドをやっているたくみ君とは別人です)と、「はる」が見たんじゃないかしら。で、中学生以上は多分保護者が。で、先週から参加された子供&基礎レベルの子供2名による初心者は僕が指導しました。

  

 僕の指導内容は、四股突き・空間突き・前蹴り・足刀・前進後退手刀受け でした。最初が肝心だから、それなりに注意しながら指導いたしました。あまり最初からガチガチすぎても、と思うし。しかし、中々子供をその気にさせるってのは難しいですのぉ。もう少し厳しくした方が良いのか、それともゆるくした方が良いのか、毎回が勉強です。あと、今日思ったことに、教えるほうの気迫ってのは結構伝わるのかなぁってことがありました。号令をかけるときにも、腹の底から力強く言うと彼らのノリも違ってくるような気がしたのよ。ただし、声を出すことに力を振ってしまい、チェックがおろそかになってはいけないし。中々、自分のコントロールが上手く行きませんわ。ここは、勉強が必要やね。もう指導員なんだから。これぐらいできなきゃ。

  

 練習の後は、4月に行われる大会での少年部の演舞のチェックをしておりました。今回は特に口を挟まなかったわよ。先生のチェックがございましたし、僕よりもハル@中2黒帯に指導権を握らせたかったので。なので、僕は睨みだけをきかせておりました。w

  

 合間に個人練習をこちょこちょと。いまひとつしっくりと来ていなかった鎮東の前半部分が、若干身についてきたかな?ってな感じが色々と。鎮東はまだ1割ぐらいしか完成していない気がしてならんわ。好きなんだけどねぇ。あ、そうそう、前半練習の拳手法を見ていて思ったのだけど、3番目に行くところの切れと言うか、スピード感と言うか、やっぱ切れと言うべきか、何かが足りなかったんだよなぁ、子供達。確かに難しいところじゃあるけどねぇ。3番目にもう一つ迫力が欲しいなぁ。どうすれば、良いかを考えなきゃ。まぁ、ひたすら打ち続けるってな手もありますけどね。楽器の練習と一緒やよ。『練習』、これしかないし、これが一番の近道だし、王道だと思うの。僕はこれ以外の方法は知らんよ。言い換えれば、どんなに才能が無くても『練習』さえ続ければ、多少どうにかなると思うんよ。僕がそんな人生を生きているからねぇ。

   
  

 今日の〆は、音楽関係での言葉を。

  
   

「重要なのは3P。プラクティス(practice:練習)、プラクティス、プラクティス。それしかないよ。誰の手にも魔法が宿ってるわけじゃないんだ。」 by スタンリー・クラーク (ベーシスト)

|

« AIにネットをやらせた結果 | トップページ | 可部線復活1年前イベント »

空手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の空手日記:

« AIにネットをやらせた結果 | トップページ | 可部線復活1年前イベント »