« 今日の空手日記 | トップページ | オープンDチューニング »

30年近く、勘違いをしていた可能性が

 高校生の頃からのお話。

  

 ビートルズに「ディア・プルーデンス」って曲があります。

  

 この曲を高校生の頃から練習していたんだけど、どうしても弾けないのよ。と、言うのもね、Dコードを維持したまま、ベース音がD→C→B→Bb(A#)って弾けないのよ。で、今日、バンドメンバーとの会話から「ひょっとしたらオープンDなんじゃね?」と思い、帰宅して調べてみることに致しました。

  

 その結果、

  

ベース音がBとBbに行くときは、3弦目は抑えない

  
 

ってのが分かりました。色々な人が弾いている動画とかTABを見ていても、どなたもそこは抑えていない(但し、弾かないのと、開放(G)で鳴らしている2パターンあり)のよね。

  

 たぶん僕は何かを勘違いしたか、たまたま購入した楽譜(TAB譜)に間違いが書いてあったのか、そのどちらかだと思います。

  

 何にせよ、30年近くも間違ったまま「どうやっても弾けない」と思っていたわけですな。

 

 これも人生か。

 
  

 いじょー。

|

« 今日の空手日記 | トップページ | オープンDチューニング »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545634/64453981

この記事へのトラックバック一覧です: 30年近く、勘違いをしていた可能性が:

« 今日の空手日記 | トップページ | オープンDチューニング »