« 新年互礼会 including それ行けカープ | トップページ | 今日の空手日記 »

【祝】BOSS社・コンパクトエフェクター40周年【祝】

 BOSS社がコンパクト・エフェクターを発売して40年経ったそうな。こりゃ、めでたい。(・∀・)

  

 特設サイト『BOSSコンパクト・ペダルを1度も使ったことがないベテラン・ギタリストを探し出すのが難しいほど』って書いてあるけど、ベテランで無くても難しいんじゃないかな。ほぼ誰もが一度は通るエフェクタだとは思うよ。だって、値段は結構お手ごろだし、頑強だし。

 

 ってここで、全く興味ない方向けに簡単に説明しますね。尚、僕個人の感想によるものです。

  

 「お値段がお手ごろ」ってところですが、大体1万円ぐらいで買えます。ちょっと特殊なのは1万数千円することもあるかもしれませんが、基本的に1万円ぐらいです。世の中には色々とエフェクタがありますけど、ある程度のレベルを満たすといった条件下では、安いほうじゃないのかと思います。

  

 「頑強」ってところですが、発売開始の頃からこのエフェクタシリーズは、結構固いボディで作られているのよ。ライブで思いっきり踏み込む前提で作っているんでしょうねぇ。他社製ではプラスチックってのも稀にありますが、BOSS社製のコンパクトエフェクタは何の金属かは知らないですが、とにかく頑丈です。20年以上使っているけど、壊れないぞ。尚、マルチエフェクタはプラスチックとかもペダルに使っているからね。何が何でも金属ってわけじゃないよ。つか、コンパクトエフェクタじゃないけど、チューナーもプラスチックね。このチューナー(TU12)も20年以上使っているけど壊れないんだなぁ。コストパフォーマンスが良いってレベルじゃないわね。つか、それだけ頑丈なのでボスのコンパクトエフェクタは結構中古市場でも出回っておりまして、ユーザーとしてはメリット高いけど、会社にとってはデメリット(壊れない=買い換える人が少ない)ってのも結構あるのではないのかと思います。まぁ、新品が出たら買いたくなるのが人間ですが。つか、僕がエフェクタ好きになったのはこの会社のせいでもあるw

  

 で、特設サイトを見ておりました。まず思ったのが、

 
  

Spectrum ってエフェクタ何やねん!?
   

  

でした。知らんぞ。調べたぞ。結構あちこちで動画が載っていて参考になったわ。何と言うか、自己主張を殆どしないエフェクタってな感じを受けましたわ。あと、見た目がかっこいい。

   

 んで、色々と見ていたら割と早々な方に僕が20年以上使っているTurbo Overdrive OD-2(つーても、最後に思いっきり使用したのは3~4年ぐらい前のライブで。また、ギターではなくてベースに繋げました)。これ、大学時代のメインエフェクタ(つか、自分が生まれて初めて新品で購入したエフェクタ)でして、結構歪みをフルにして、ターボをかけても、そこまでうるさい音にはならなかった記憶があります。あの頃の僕はとにかく歪ますタイプだったので、これぐらいのが良かったのかもしれんです。ターボをかけると良い感じになるんだわ。

  

 ちょっと元に戻って、幻のエフェクタとも言われたSlow Gear。ヴァイオリン奏法ってのがあって、ギターのヴォリュームを小さくして段々とあげることによって、ヴァイオリンっぽい弾き方にするってのがあって、それを行えるエフェクタなのよね。あまり人気が無かったのか、幻のエフェクタになっていたそうなのですが、僕が持っているマルチエフェクタGT-6に搭載されておりました。遊ぶには結構使えます。ちゃんとテンポとか設定して使えば、結構面白い飛び道具にはなります。

  

 パワーサプライと、へヴィ・メタル(エフェクタの商品名)が一緒の年なのか。これは驚き。

  

 コンプレッサー&サステイナー CS-3 は、今も現役。つーても、今世紀に入って中古で買ったのだけど。ベースで使っているのですが、パッと見目立たないつか、存在感が分からないように思えるかもしれないエフェクタなのですが、実はこれ僕の隠し兵器と言ってもおかしくないほどの重要な1台です。あ、アコギでも使ったわ。ソロのときの音量を上げる&粒をそろえるってな使い方で。BOSSのエフェクタには色々あるけど、本当の意味で使い勝手が良いのはこれかもしれん。ひょっとしたら、BOSS社のコンパクトエフェクタで1台押せって言われると、これを押すかも。ギタリストもベーシストももっておいて損は無い一台だと思います(他のお気に入りコンプレッサーがあれば、話は別よ)

  

 茶色のベース用エフェクタシリーズは、大学時代のお友達の山田君が買っていたな。懐かしい。

  

 ピッチシフター・ディレイ PS-2 は2台持っていたのだけど、関東に住んでいるときに誤って電車内で紛失しちゃったんだよな。あの一件はかなり精神に応えたわ。エフェクタケースもお気に入りだったのに。

  

 んで、色々と見ていたら『Chromatic Tuner TU-3W』ってな商品が。あれ?これって昨今になって出てきた『技』シリーズやん。何?何でチューナーで技!??? で、ネットで調べてみたのですが、なるほどってな感じの内容でした。でも、どう書いたらよいのか分からないのですが。たちまち、バッファード・バイパスを通るとそんな風に音がかわるってのは分かった。他の楽器でどれくらい変わるのかが気にはなるのだが。

  

 技シリーズも良いけど、新しいコンプレッサー「CP-1X」が気になる。つか、コンプレッサー(と言うエフェクタ)に一度はまると抜けられないわ。つか、意味不明の方向に走っていきそうだわ、僕が。

 
  

 ちょっと今から、色々とネットで調べてみよう。しばらく他社製品も含んでエフェクタのチェックをしていなかったからね。

 
  

 いじょー。

|

« 新年互礼会 including それ行けカープ | トップページ | 今日の空手日記 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【祝】BOSS社・コンパクトエフェクター40周年【祝】:

« 新年互礼会 including それ行けカープ | トップページ | 今日の空手日記 »