« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

今年最後の空手日記

 今年最後の錬心舘空手道安芸地区本部広島北道場の練習報告書な日記がはっじまるよー。もういい加減、オープニングを変えたい。でも、他のが思いつかない。

  

 つーわけで、ちと早いですけど今日で今年の練習は終了です。つーのもね、来週23日は天皇誕生日なので練習場の公民館がお休みなのよ(国民の休日の日はお休みになっています)。次の30日はもう年末なので、さすがにみんなバタバタしているので、その結果今日が今年最後の練習となりました。

  

 以下、箇条書き風に。

  

○前半は基本を。後半は試合形式で行いました。

  

○後半はまずは白帯での試合を。内容は四股突き・前蹴り。決勝戦は南光で。

  

○まぁ、当初の予定していたような結果ではあったのですが、保護者の方(母・息子さんでされております)の四股立ちが予想以上に良かったのには驚いたわ。あのお母さん、結構伸びるかもしれんわ。

  

○続いて、色帯。決勝戦も含めて全部半月で行いました。あ、僕とM田さんが副審を行って、先生が主審を行っておりました。書くのを忘れていたわ。

  

○色帯の試合は面白かったねぇ。普段から集中して練習している黄帯の子がいるんだけど、やっぱ普段から真面目にやっているからか迫力がかなりあったわ。この子は伸びる。今の勢いでずっとやっていけばかなり伸びるぞ。突き・蹴りの勢いがいいねぇ。あれはちゃんとした「人を倒す突き・蹴り」だ。

  

○優勝したのは今日いた中で唯一の茶帯の子でした。まとまりとかは一番よかったね。まぁ、この子も元々から真面目だったからなぁ。白帯の頃の話なんだけど、ある子がトイレに行きたがって、そしたら僕も僕もと大勢の子達がトイレに行くってな事が何回かあったんだけど、この子そんなときにトイレに行ったのは1回だけなんよね。何度か同じようなことがあった後に行ったから、あの時は本当にトイレに行きたかったんだろうな、と思う今日この頃。あの頃から、この子は間違いなく伸びると思っていら、案の定伸びておりますわ。

  

○あと、試合形式であれこれを見ていたら、各自の癖とかが何となく見えてきましたわ。実は気合が入りすぎてやりすぎていた子とかいたり。来年は、そこの所を上手く調整できるように指導しよう。

  

○全部が終わった後に、子供達にはお菓子のプレゼント。 お菓子だよね?中身。僕は貰っていないから全く分からんけど。 まぁ、酒のツマミではないと思うから、きっとお菓子だろう。

  

 つーわけで、ちと早いけど今年の練習はお終いです。

  

 来年は1月13日が練習初めです。

  

 てなわけで、今年の錬心舘空手道 安芸地区本部 広島北道場 の練習報告書な日記はこれにて終了。 再開は、来年の1月13日を予定しております。

 
  

 いじょー。(・∀・)ノ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の空手日記

 今日の錬心舘空手道安芸地区本部広島北道場の報告書を兼ねた日記がはっじまるよー!

  

○準備運動の後に、基本を。先生がメインで、僕とM田さんがサブで指導をしておりました。しかし、先生が他の子を指導している間、(例えば四股突きをしていたとして、足を伸ばすとかして)気を抜くのはどうにかならんかと(前振り)

  

○後半は、先生は明日昇級審査を受ける子を含めて白帯の子達を、M田さんは超初心者を、僕は色帯の指導を致しました。

  

○僕が担当したグループでは、南光・半月を行いました。まずは僕を含めた全員で型を打って、続いて3名2組に分けてお互いに指摘させた後に僕がまとめて、最後に僕以外の6名で型をやるってな感じで行いました。

  

○んで、南光のときもそうだったのですが、半月では諸に手を抜いているのが露骨なレベルぐらいで出てきた子がいたりしたので、先ほどにも書いたように前半の基本のときから手を抜いていることを踏まえてちょっとお説教モード。

  

○よく、型のことを踊りと言う人がおりますが、どんな意味合いで言っているのかにもよりますが、本当の踊りってのは決して手を抜いたものではなくて結構大変なものなんですよ。信じられなかったら日舞とかちゃんとした舞を見てきて同じ動きをやってみてくださいな。僕、色々なイベントで音響とかやっているので見る機会があるのですが、ある女性の方が男舞をやったときには凄くしっかりとした後屈立ちとかやっていたりしていたりしましたからねぇ。楽そうに見えるハワイアンでも手先と視線をいっちさせるとか色々あるんよ。で、気迫が無い型ってのは踊りにすらもなっていない、ただ単に動いているだけの何かになってしまう、と僕は思っているんよね。だもんで、手を抜いた、つか今日は手を抜いているのがはっきりと現れていたところがあったりしたので、厳しく注意いたしました。尚、ちゃんと気迫をいれている子もおります。その子はその子で無茶しないかちと心配だわ。

  

 尚、最後に全員で汪輯をやっていたときに、子供達にぶつからないようにあちこち移動しながら型をやっていたら、途中で自分が何をしているのか分からなくなって途中からの動作が分からなくなった模様。もうね、そこまでの僕の指示が全部パァですよ。致し方ないところはあるのかもしれませんが(何回も途中で中断して移動しながらやっていたからね)、自分でも自分をフォローできなかったわ。

  

○んで、居残り練習。まずは汪輯から。えぇ、個人的リベンジ。その次に鎮東を。何故か、出だしの動きが分からなくなる。どうしたんねん、今日の僕。

  

○先生と軽く組手関係のあれこれをして、今日の練習はおしまい。今年の練習は来週でおしまいだわよ。その次の週は天皇誕生日なので公民館がお休みなのよ。その次は30日だ。年末だ。

  

○帰宅して、シャワーを浴びて、減らないおでん(そりゃ、具財をついつい買って来て継ぎ足したりしたら減らんわ、永遠に)を食べたりしてから、日記なう。

  

○おでん、明日一杯まで続きそう。ついつい具財を買ってしまうのよね。

  
 

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の空手日記

 今日の錬心舘空手安芸地区本部広島北道場の練習報告書を兼ねた日記がはっじまるよー。

  

 いい加減、オープニングを変えたい。

  

 以下、簡単に。

  

○準備運動の後に基本を。今日は、先生を除けば指導できる大人が僕一人だったので、僕は思いっきり補佐にまわりました。

  

○前半は全員でやるから良いのですが、後半はどのように分けたものか悩み、結局のところ僕が超初心者4名を指導して、その他全員を先生が指導するってな形で行うことになりました。先生、超大変。

  

○で、僕は超初心者の4名の指導を。とは言うものの、内1名は他の流派経験者の大人で、他1名は幼稚園児で超フリーダムだったりしておりました。だから、正確には3名指導ってな感じでしたかねぇ。あまりにも騒ぐと注意しましたが > 幼稚園児

  

○んで、今日は移動突きをメインで。で、途中で白帯の男の子がどうにも本腰が入らないというか、ニヤニヤしていたりしていたので厳しく注意をしたのですが、何か上手くいかない。いま一つ何かがかみ合わないってな感じでした。

  

 で、しばらく教えていたりしていたら、その子がどうやら学校で虐められているっぽい発言が。ちょっと気になる発言があったので聞いてみたのよ。問いただすのではなく、聞いてみたのね。

  

 僕がそれに対して話したことを書くのも長くなるのでパスしますが、『自分が変われば世界も変わる』ってのを軸にして、今この時間を精一杯頑張って自信を持てば周りの見方も変わってくると伝えたら、少しはやる気が出たのか少なくともニヤニヤは無くなりました。つか、子供を指導するのってマジで難しい。技だけじゃなくて、心も育てると言うかカバーしないとねぇ。子供の心って、マジで脆いから。気をつけないと。稀に、何を言われても気にしない子もいますが。そのときには生まれつきの鋼の心を持っていると考えるようにしております。尚、僕は幼稚園の頃から相当長い間イジメの対象だったことは書いておきます。具体的な話は重くなるので書かない。つか、一度書いて消しましたわよ。

    

○んで、残りもう一人の子がいるのですが、この子は他のスポーツ系もやっているらしくて、体の動きが良いわ。ちょっと驚いた。あと、上段・中段・下段の解説に付随して国語の簡単な授業(音読み・訓読みに関して)を行ったのですが、理解が滅茶苦茶早い。逸材の可能性が大きい。葉の雰囲気になれたときにどのようになるかが心配ですが(最初は真面目でも、場の雰囲気になれたり友達ができると気がゆるむ子もいるからね)、それを上手く乗り越えたら凄いかもしれん。たまに、そんな子がいるのよ。で、そんな子はマジで伸びるんよねぇ。尚、僕はそんな子の真逆タイプだったことは明記しておきます。

   

○練習が終わった後で、2名ほど回し蹴りのやり方を教えて欲しいとのことがあったので、僕と先生で3名(1名増えた)を居残り指導しておりました。居残り練習の子がいるとテンション上がるわねぇ。

  

○その後で、先生に直指導をしていただきました。今日は時間が押していたから半月のみでした。悪い癖が抜けていないのがどうにもこうにも。

  

○帰宅して、シャワーを浴びてから作り置きの料理と買って来たもので簡単に夕飯を済ませて、日記なう。

  

○おぉ、ギリギリ今日中の投稿に間に合いそうだ。

 
  

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »