« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

丸選手、巨人へ

 風邪ひきかけってのもあるけど、今日はあまり物事が手につきませんでした。

  

 先日も書きましたように、FAするのは選手の自由、つか権利だと思います。

  

 ネットじゃ、金銭的なあれこれも言われていますが、丸選手だっていつまで現役で行けるか分からないし(不慮の事故ってのもあろうし)、子供がいるから生活の安定を求めるのは当然だと思うし。

  

 僕自身、カープファンってのもあってFA自体には否定的(にならざるを得ない)ですけどね。

  

 ファンも大事でしょうけど、家族にとってかわるかと言うとそれは無茶だ。 お金のことでどうこう言うのならば、自ら率先して樽募金でも始めればよかったんじゃないのか、とは思うよ。

  

 スポーツ選手の選手としての寿命は短いからねぇ。軽く計算してみて、今のお子さんが大学生になるころには選手寿命が終わっている可能性も高いし。

  

 まぁ、仕方ないわね。 

  

 つか、広島も選手が出ていくことにたいして官民一体になって対策を考えたほうが良いんじゃないかな。お金な話をしちゃうと、税金ってのが結構入ってくるんだし。売り上げが上がれば上がるほど。

  

 例えば、戦力外通告を受けて野球人生を終わらせたとしても、市・県・企業がバックアップして再就職への道を作ってあげるとか。広島でのカープ人気は高いから、元カープの選手ってだけでアピールポイントになると思うんよ。特に営業とかでは。そんなに毎年ボンゴラボンゴラと戦力外選手がでるわけでもないし。マツダ・サタケ・中電・ガス会社・金融機関等を集めたらどうにかなるんじゃないかなぁ。数か月はビジネスマナーとかを教えないといけないけどね。でも、入団できただけでも野球界のピラミッドのかなり上まで行っているんだし、それなりの価値はあると思うのだが。

 

 これに関しては、もう少し内容をまとめて、簡単なプレゼンでもできるようにしておくか。 いえ、仕事柄&町興しのあれこれってのがあって、ちょっとした人脈はあるのよ、さすがに。

  

 カープの未来に関して、官民一体でしっかりと考える良いきっかけになればなぁ。

 
  

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〇選手FAに関して僕が思うこと

 そりゃ、悩むよねぇ。

  

 誰にとっても故郷ってのは大事だし。僕は子供いないから分からないのだけど、近くにご両親がいらっしゃるのは心強いんじゃないかなぁ。

  

 一方、遠く離れた広島では仕事仲間もできて、ご近所付き合いのあれこれもあろうし。

  

 僕、一時期千葉県の柏市に住んでいたんだけど、そこから広島ってそれなりの距離ですし。

  

 生きていくためにはお金が必要なのも資本主義社会だと当然の事ですし。

 
  

 そりゃ、悩むわ。

 
  

 尚、「悔いのない選択肢」を選んでくださいって言うのは簡単なのですが、どの選択肢を選んでも一定の後悔はあると思うのよ。つーのもね、ある精神科医のサイトで書いていたのですが、どの選択肢を選んでも人間って後悔はするようになっているんだそうですたい。

  

 まぁ、見方を変えたらどの選択肢を選んでも、それ以外の選択肢を選んだ場合の「あぁすれば良かった」ってな状況にいるってことなので、「他の選択肢を選んだ自分が、こうすればよかったと思う選択肢を選んだ」ってことになりますわね。世の中そこまで単純じゃないけど。

  

 オチは特にないですけど、最後にある教義からの引用を。

  

 
 ”迷った末に出した答えはどちらを選んでも後悔するもの。どうせ後悔するのなら、今が楽ちんな方を選びなさい。” 

 
  

 いじょー。

 
 
  

 ひどいオチと言えば、ひどいオチだ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水金地火木ドッテンカープ

水金地火木ドッテンカープ 

  

(・∀・)b ワンスモア
  
  
水 金 地 火 木 ド ッ テ ン カ ー プ
 
 

笑いに走ってどうするんだ、広島東洋カープ。
 
 
因みに、来年(2019年)のカープのキャッチフレーズだそうです。このフレーズでリーグ優勝&日シリ優勝をやったら、エロゲ買って、プレイして、感想載せるわこのブログに。
 
 
海王星に到達するレベルで社会的信用が落ちますが。えぇ、とっても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は健康診断

 お酒を飲まずに健康診断対策をやった

  

って書きたかったのですが、元々飽きっぽいところがありまして、3日目には飲んでいた件について。

  

 明日は明日の風が吹くし。 

  

 まぁ、明日に明後日の風が吹いたら驚きですが。 昨日の風が吹いたらもっと驚きですが。何タイプリープしよんねん、と。

 
  

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイーンの映画プチ感想

 今日、クイーンの映画を観てきました。以下に簡単に感想などを。

  
 

<おおまかな内容>

 

 つーても、史実に基づいているので内容は書くまでもないわね。ウィキペディアでその頃の彼らについて調べれば大筋分かるのでは無いかしら。

  

 なので、マニアックな感じで内容を簡潔にまとめますと、

 
 

映画『ザ・ウォール』の主人公(主演:ボブ・ゲルドフ)が壁の中に閉じこもるのを回避して、ハッピーエンドになった

 
  

ですね。観ながらそう思ったのよ。因みにこの映画(ザ・ウォール)はイギリスのバンド「ピンク・フロイド」のアルバム(ザ・ウォール)を映画化したものです。主演を演じたボブ・ゲルドフは(クイーンの映画)のラストに出てくる『ライブ・エイド』の立役者ね。

 

 
<メンバーについて>

  

フレディ : ちょっと口周りを誇張しすぎたような気がしないでもないけど、気にならない時は気にならない。逆に気になるときはちょっと気になる。

  

ブライアン : 一番似ていた。

 

ジョン : 最初は全く似ていないと思っていたのだけど、どんどんと似てきた。ジョンは時期によってかなり髪型が違いまして(長髪 → オールバック → 楳図かずお)、それをわりと丁寧に追っていたのでそう思えたのかもしれないです。

 

ロジャー : 最初は普通に見ていたのですが、何故か途中から丸佳浩広島東洋カープ(2018年にFAで巨人へ移籍されました)に見えてきた。何かしらんけど、似ている気がする。

 

 
<細かい内容と言うか突込みと言うかマニアがうるさいというか>

  

 えっとね、この映画、クイーンについてなまじ詳しいよりも、ベストだけを聴いたとか、初めて知ったって方のほうが素直に楽しめると思います。つーのもね、ある意味時代の流れが滅茶苦茶なのよ。

  

〇1stアルバムの録音シーンのはずなのに、2ndアルバムの曲のレコーディングをしていた

 

Seven Seas of Rhyeですが、同じタイトルの曲が1作目2作目の最後にありますけど、1作目に入っているのはインストでして、歌が入っているのは2作目なのよ。でもね、このシーンで1作目の曲を出すのも知名度がねぇ。Keep Yourself Aliveぐらいしか、一般的にはねぇ。ここまでのシーンではすでに出ているし。

  

〇2作目か3作目あたりの話なのに7作目の曲が流れた

 

Fat bottomed girlsね。最後に流れるDon't Stop Me Nowと同じアルバム(JAZZ)に収録されています。ここらあたりで、映画として理解しようとする脳みそ部分と、順番が滅茶苦茶になっていて混乱している脳みそ部分が諍いを始めました。えぇ。

  

〇Bohemian Rhapsodyのレコーディングシーンに、ジョンがコーラスで参加している

 実際は、ジョンは全曲を通して殆ど(ひょっとしたら皆無)声を入れていないそうです。ボーカルはおろかコーラスでも。でも、まぁ、映画でそこをリアルにやると「何でジョンだけ仲間外れなの?」ってなるので、これはこれで。

  

〇フレディがあのころまで(映画見てね)、ジョンが電子工学に詳しいのを知らないはずはなかろう

 理由ですが、初期から電子工学の知識を生かしていたはず。ブライアンのギターアンプを制作したはず。

 

〇1980年にWe will Rock You を作ったような感じになっているけど、

 

発売されたのは1977年です。

  

Another One Bites The Dust が下手すればアルバムHot Spaceに収録されていると間違えそうな感じが

 実際は1作前のThe Gameです。

  

〇途中の雨のシーンの直前に、金閣寺のお札が出てきた
  

 これは少し笑ったw

  

〇予測していた以上に、フレディ以外のメンバーの出番があった。
  

 フレディ中心ってのは分かっていたのだけど、どれぐらい出てくるのかとは思っていたのよ。他メンバーのファンの方もご納得されたのではないでしょうか。

  

〇ロジャーの気が短い

 つーても、他の2名が気が短いってなイメージはさっぱり無いですからねぇ。特にジョンは温厚だったらしいですし。だとすると、どうしても2番目に短気なのはロジャーになりますがな。

  

Who Wants to Live Foreverが効果的に使われている

 実際は、他の映画(ハイランダー)のサントラとして作られていた曲でもあります。でも、当時のあれこれも含んでいるのかしらねぇ。尚、ハイランダーでも効果的に使われているのでSFアクションがお好きな方は是非。フラッシュ・ゴードンよりは面白いかもしれん。フラッシュ~もそれはそれで楽しめるけど。

   

〇フレディがソロアルバムうんぬん
  

 いや、ロジャーの方が先にやってるやんけ。で、念のために調べてみたらブライアンのスターフリートもフレディよりも先だったのね。スター・フリートを買わなかったのは結構後悔しているわよ(今では入手が超困難)。尚、ロジャーの2ndソロアルバムは持っています、LPで。お気に入りの一枚。

  

〇猫

 デライラの名前が出てきてちょっぴりニヤリ (同じタイトルの曲があるのよ。フレディが愛猫にささげた曲ね)

  
 

 とりあえず、こんな感じかなぁ。さすがに映画を観終わって数時間すると記憶薄れるわ。

  

 何か書き残したことがあったら、後で付け足すとしよう。

  

 あ、最後に、自己語りを。

  

 僕がクイーンに興味を持ったのは、高2の春でした、確か。 リオのライブだったと思うのですがテレビで偶然見たのが初めてです。 いや、違った。最初はフラッシュ・ゴードンだ。あのテーマ曲が当時流行ったんよ。

 話を戻して、ライブをテレビで初めて見て、その時に演奏していた曲がボヘミアン・ラプソディでした。聞いた時の感想は『何じゃこの曲は!!!!!』でしたよ。一発でKO。

 んで、クラスメイトが僕にクイーンのカセットテープを買わないか?と話を持ち掛けてきたので、一発OK。1~4枚目からピックアップした日本製のベストと、一般的なベストでした。後に、2枚目と「ジャズ」もその彼から購入。続いて、知り合いから「ワークス」を買って、歌詞の中身が知りたくて詩集を買って、高2の年末に5作目の「華麗なるレース」を買って(尚、年が明けて購入したアルバムはピンク・フロイドの「原子心母」)、アルバム"A Kind of Magic"を発売当日に買ったり、何かのタイミングで3枚目を買ったり、あれやこれや。

 大学生時代の持ちネタにフレディの立ち方ってのがありました。尚、当時は軽音楽部所属。クイーンファンは結構いたなぁ。フレディが亡くなったのは、後輩から聞いたわ。つか、学園祭ど真ん中だったな。

 長くギターをやっているけど、弾けるのは1曲だけ(Crazy Little Thing Called Love)です。しかもリズムギターのみ。

 就職してから、大人しい感じの子と仲良くなったんだけど、クイーンの2ndを聴かせてみたら、そのまま彼はメタラーになってしまいました。元気にしているかなぁ。

 最も好きな曲の1つは"Friends will be Friends"。当時(高2)の時のクラスのことが結構好きで、その時に発売されたのよね、この曲。

 もう1つは"Father to Son"。2nd収録。もうね、クイーンの魅力満載。彼らはもともとヘヴィ・メタルバンドだったってのが良くわかりながらも、感動的な1曲。

 あと1つは、これはマニアックだけど"Drowse"。5枚目に収録。メロディもさることながら、歌詞が良い。ポーチドエッグが好きになったのはこの曲の影響が強い。ブライアンのスライドギターがいいねぇ。

 一番好きなアルバムって言うと難しいけど、一番思い入れがあるのは5作目かな。修学旅行途中で聞いていたし。クイーンについて自己語りをすると、どうしても高2(~高3)の思い出がついてまわるのよ。

 
  
  

 簡潔でしたが映画感想とかあれこれでした。

  
 

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の空手日記

 今日の空手日記を書きます。えぇ、書きますとも。歌っても良いけど、書きます。

  

 簡単に。

 
 

〇今日は、先生はお仕事関係でお休み。なので、僕がメイン。

  

〇いつもとは違う公民館で練習。いつものところはお祭りか何かで使えないのよ。

  

〇準備運動をした後、今日は少し志向を変えて基本に行く前に組手風の動き方の練習を入れました。あと、秘密(と言うほどではないが)の特訓を。次回はみんなを勝たせたいからねぇ、試合で。

  

〇後半に入ってから、基本を。今日は「素早く動く」を重点に。つか、秘密ばらしてどうするんねん(↑)

  

〇基本の後に拳手法と南光を。その後は、各自5つほどの技を連続して出すってなことをさせてみました。順番は各自自由で。全空連にいたときに試験であったので、させてみました。型の意味を考えるのに役立つかなとも思ったので。

  

〇午後9時に終了して、帰宅して、シャワー浴びて、陸海空を見て、マツコ途中まで見て、日記なう。

  

〇明日もお仕事。

 
  

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Beatles (通称:White Album) 50周年記念

 ビートルズのセルフタイトルアルバム(通称:ホワイトアルバム)が発売されて50周年になるそうです。つーことは、20年前は30周年だったんですね。

  

 つーわけで、僕が持っているホワイトアルバムの写真をアップします。別に新手の現代美術とかじゃないですよ。

 
 

 その1:中学2年生か3年生頃に買ったカセットテープ

  

1

  

 A面からD面の全30曲入っております。気になるお値段は4,400円です。ドルビーNR対応。ノーマルテープ。

 

 その2:大学生のころに買ったバンドスコア

  

2

  

 さすがにナンバーナインは収録されておりません。つか、ナンバーナインの歌詞(?)対訳を載せたサイトがあったのだがどこに行った?

  

 今でもC面の7曲は小ネタレベルで何とかなります。多分。

 

 その3:就職してから購入したCD

 

3

 

 学生時代に購入していたと思っていたのですが、30周年だから今の20年前なので社会人やね。つーことは、当時千葉県に住んでいたから千葉県か東京で買ったんだろうな、これ。

  

 その4:ディアゴスティーニみたいな何かで発売されたものの、途中でシリーズが中止になった商品

  

4

  

 何だったのでしょうか、これは。 そして、何故に僕はこれを購入したのでしょうか。

  

 その5:今年(2018年)初春に購入した中古LP

  

5

 

 会社で飾りたかったので、インテリアも兼ねて購入。帯もついてるよ。欠品無し。広島中区にあるお店で購入しました。

  

 その6:スーパーデラックスエディション 

 

6

  

 発売50周年の作品ね。今日購入しました。これで、多分僕が住んでいる町内ではこのアルバムに関しては割と上位レベルの好き者になるかもしれませんねぇ。

 
  
 

 いじょー。

 
  
 

 今度から白いTシャツをホワイトアルバムのTシャツと嘘を言いつつ、着て過ごしていこうかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲大社等に行ってきた

 あんまりにも日記がお休み状態なので、簡単に書きます。

  

〇午前6時起床。7時過ぎに出発。渋滞が結構酷くて予定より30分以上遅れて高速道路へ。

 

〇広島から島根に向かう高速道路での紅葉がピークだった。綺麗だった。

 

〇かもす神社に到着。ナビが何故か遠回りコースを指定したので、予想外のタイムロス。

  

〇続いて八重垣神社へ。この2つは結構近いよ。

  

〇続いて出雲大社へ。約1時間。尚、家から「かもす神社」までには3時間半ぐらい。

  

〇1時間ぐらいかけて参拝。

 

〇続いて近所にあるお店で「のどぐろ」の塩焼きを食べた。帰宅してメモを見ていたら、昨年より100円値上がりしているのに気が付いた。さすがに700円は高いな。潮時かなぁ。

 

〇続いて蕎麦を。出雲の蕎麦は有名だけど。これも近所の手打ちそばでいいかなぁ。何か、妙にテンションが低い僕。

  

〇続いて昔懐かし自動販売機で有名な「レストランコウナン」へ。伝説級のカレーの自動販売機が動いていたのでカレー購入。400円。尚、普通に普通のカレーでした。レトルトだし。知ってて買ったけど。スタミナ丼の方が良かったな。来年は迷わずスタミナ丼だ。

 

〇で、3時間半ぐらいかけて帰宅。午後6時に到着   のはずでしたが、気が変わって、ブックオフへ。楽器が見たくなったので。

  

〇中古ブルーレイを購入して、続いてフタバ図書へ。CDの予約に行きました。尚、僕が注文しようとした作品は入荷予定が無いってことでしたのでAmazonで注文することにしました。明日発売されます。

  

〇結局午後7時半ぐらいに帰宅。ご飯食べて寝ました。

 

〇明日はクイーンの映画が封切りだけど、映画は日曜日か休暇に見るとして、明日の夜は明日届くCDを楽しもうと思っております。

 
  

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »