« ある意味、やっと冬休み | トップページ | 2019年 謹賀新年 »

2018年を振り返ってみる

 波乱万丈だったのは間違いない。

  

 まずは、簡単つかあまり詳しく書けないところから。

  

<仕事>

 仕事のことに関しては極力書かないようにしているのよ。

 でも、まぁ、今年の仕事を振り返ってみて一番インパクトと言うか、あれこれがあった件があるのですが、あれは大変だった。正直、しんどかった。あんなに長くかかるとは思わなかった。板挟みににもなったし。学ぶべきところもあったけど、何はともあれ大変だったわ。長くかかったこの件が終わった後に、疲労困憊していたので蒸発したもんなぁ。一泊二日で。ちゃんと知り合いには「明日帰ってくるから」と断ってから蒸発いたしました。これを蒸発と呼ぶのかどうなのかはさておいて。

 あと、来年の講師のための予習で、年末に遊べないってな展開が来るとは思わなかったw

  

<音楽>

 

フェンダーUSAのベースを買った。今のメイン楽器。

 ビートルズの通称「ホワイトアルバム」発売50周年のBOXを買った。値段は張ったけど、どうしても欲しかったので。何故か、このアルバムに関しては色々な媒体で集めたがるのよ、僕。

 

クィーンの映画を観た。面白かったけど、泣くほどなのかは個人的に「?」でした。泣ける感性を持っている人が少し羨ましい。

 

<アニメ・マンガ>

 

まさか「けいおん!」が復活するとは。単行本で一気読みしたいので、あまり話は追っていないのよ。

 あと、そんなに数は観ていないのですが、個人的な好みの作品は結構ありました。「あそびあそばせ」・「はたらくさいぼう」・「少女終末旅行」ね。

 今年は甲乙つけがたいわね。つーのもだ、先ほどの3作品全く別方向からツボに入ったのよ。

 マンガに関しては「広島妹おどりゃー!もみじちゃん!!」が一番インパクト大だったかなぁ。広島民なので、僕。

 

<地元・イベント>

 イベント違うけど、地元ネタとしては7月の集中豪雨ですねぇ。まさか今年も来るとは思わなかったよ by 4年前の被災者。

 あの夜は、何がどうなっているかを知りたかったのでネットに張り付いていたのを覚えています。リアルタイムの太田川の写真とかを撮ってきた人もいたなぁ。

 そりゃそうとして、5月にあった「けいおん!」オンリーイベントで出会った広(広島県)の人、ご無事だったんだろうか。気になって仕方ない。

 尚、ボランティアに行く予定だったんだけど、仕事のプレッシャーと猛暑で体壊して無理だった。保険には入ったんだけどねぇ。

 ボランティアってほどでは無いのですが、仕事関係でのお手伝いには行ってきました。先にも書いたけど4年前の被災者で、尚且つ支部長からヘルプの要請があった人なので。多分、支部長が声をかけやすいメンバーの一人じゃないのかと思うよ。光栄ですけど。法律的なことで悩んだ時に、躊躇なく電話するけど、僕。(゚∀゚)

  

 ただ、このヘルプに行って思ったんだけど、4年前の経験ってのが予想外に役に立つのよね。つーのもね、被災された方々にとって、同じ境遇を味わった(とは言っても、僕は全然軽い方です。左目、一時期吹っ飛びましたが。ショックで)人がいるってのは安心できるか何かがあるかもしれないのよ。因みに、僕が言ったんじゃなくて、それをよく知っている方が上手いタイミングで重くならないように話を被災された方にされました。あのタイミングと語りのトーンは凄い。あの方、人を立てるのが上手いんだよなぁ。この才能が羨ましい。

   

 続いて、純粋にイベントの話。

 今年は、イベント参加が多かった。つか、ちょっと多すぎたかしら?

 3月は「終着駅サミット」と言う、全国規模の行政も絡む大きなイベントに絡めながら「終着駅マルシェ」を行いました。尚、マルシェの方は来年もやるよ。3月3日(日)を予定しています。

 んで、このイベントでの司会は僕でした。で、サミットと連携していたのもあって、「松井一實@広島市長」さんとか「河井克行@国会議員」さんとかいらっしゃいました。僕は司会なのでステージにお越しいただいて、スピーチとかいただきました。尚、その後に普通誰もしないような質問をしてお客さんの受けを取った模様(注:公序良俗に反する質問ではございませんので、その点はご安心ください。政治とかのネタでもないよ。ある意味、普通と言えば普通だけど、それを質問するか!?なネタです)

 7月には明神祭。絡む予定はなかったのですが、昨年音響担当でして、今年は知人の子になるってのを知って、一応引き続きも兼ねて会議に参加したら、照明担当になっておりました、気が付いたら。当日、猛暑の中、仕事を横に置いて、昼からあれこれやっていました。酒を飲んだ後の撤収作業は軽く死ねた。

 9月は、えっと、何だろう。昨年、僕は町内会の役員で、敬老会の手伝いをしました。で、当日、音響担当の方が仕事で来られないってなったので、僕が自発的に音響を担当しました。そしたら、お気にいられたみたいでして、今年は(僕がいる町内会が辞退したことにより)別に敬老会を行うことになったのに、お願いが入りまして、音響担当をやっておりました。力仕事はキッパリと断りました、つか断らせてお願い。 来年も、話来るわね。 マイク、一本自腹で買おうかしら。

 10月は、可部の町巡りがありました。僕は実行委員の実行部隊の一人として(気が付いたら)働いておりました。主に肉体労働。あと、ライブにも出たよー。

 つか、この月は「町興し」・「宅建協会」・「空手」と、色々とイベントのお手伝いしたなぁ。仕事以外はすげぇや、僕。仕事以外は。

  
 

 さて、今年も〆ましょう。

    
 

 今年のあれこれの思い出、沢山ありますねぇ。 

  

 集中豪雨はシャレにならない。つか、全国で流れた(と思う)地域、僕、取引したことがあるねん。んで、そこの写真を観て愕然としたわ。

   

 町興し関係は、今年は滅茶がんばった。来年は、どうなるんだろう。一応、仕込みはしているのだけど。来年はある意味勝負な年かもしれない。

  

 音楽は、今年はこんな感じかな?

  

Mogwai Every Country's Sun
 
少女終末旅行 オリジナルサウンドトラック
  

Alan Parsons Time Machine
 
Moon Safari Lover's End
  
Moon Safari Himlabacken Vol.1
  
Moon Safari The Lover's End Trilogy
  
Andrew Gold All This And Heaven Too
  
Andrew Gold What's Wrong With This Picture?
  
Trace Trace
   

チト (水瀬いのり) & ユーリ (久保ユリカ) 動く、動く / Endless Journey
 
チト (水瀬いのり) & ユーリ (久保ユリカ) More One Night / 雨だれの歌

Vanilla Fudge The Beat Goes On
  
Vanilla Fudge Renaissance
  
Vanilla Fudge Near The Beginning
  
Premiata Forneria Marconi Ulisse
  
Egg The Civil Surface
 
The Knack Get The Knack
  
Journey Escape
  
Journey Generations
  
Journey Frontiers 
  
Base Ball Bear バンドBのベスト

Alphaville Forever Young

The Beatles The Beatles 
(通称ホワイトアルバム50周年セット)  
  

 

 「チト (水瀬いのり) & ユーリ (久保ユリカ)」を除いて、他全部はアルバムね。あれ?今年はアニメ系は「少女終末旅行」関係だけだったのか。あと、赤文字は購入した物でして、青文字はレンタルです。

   

 では、特筆するものを。 

    

 一番凄かったのは、何はともあれ「ホワイトアルバム 50周年」やね。デモ録音が凄かった。これは良い音響で聴けばもっと良いと思うわ。

 Mogwaiのアルバムも良かった。ボーナストラックがまさかの名曲で固まったわ。

 サントラ「少女終末旅行」の1曲目とかは、実際にバンドでやってみたい。やれるものなら。こんな曲も好きなんよ。  

 Andrew Gold の You're Free はもっと早く知りたかった。若いころに知りたかった名曲。

 Alphavilleはタイトル曲が好きなので購入。他にも結構お気に入りの曲が。

  
  

 そんな感じで、今年の曲を(見つかった中から)数曲あげて、今年の日記は終わりにしたいと思います。

   

 みなさま、良い年をお迎えください。 

   

 いじょー。 

  
  

少女終末旅行 -Main Theme-

  

Moon Safari / A Kid Called Panic

   

Andrew Gold / You're Free

   

Alphaville / Forever Young

   

チト (水瀬いのり) & ユーリ (久保ユリカ) 動く、動く

|

« ある意味、やっと冬休み | トップページ | 2019年 謹賀新年 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年を振り返ってみる:

« ある意味、やっと冬休み | トップページ | 2019年 謹賀新年 »