アニメ・コミック

広島妹おどりゃー!もみじちゃん!! 2巻目

 さて、つい最近2巻目が出版されたマンガでして、今からその感想+αを書く予定なのですが、その前にひとつ疑問を
  
 
   
これ、どこからどこまでがタイトルなん? 全部?
  
  
  
 いや、例えばジョン・レノンの"(Just Like) Starting Over"みたいに、タイトルに入っているけど()で括られるようなパターンがあるじゃないですか。それと同じように()で括れる部分があるようにも見えないこともないし。どこまでがメインタイトルなんじゃろ?
  
 
 と、どこかで見たようなイントロからこんにちわ。早速ですが、2巻目の感想などなどを書くよ。途中で、個人的にまさかの展開があったが。
 
  
 登場人物紹介とかは、1巻目の感想を見てね → 
 
  
 では、各回の感想(に見せかけた自分語り)
 
   
   
第10話:一緒にカープ観戦じゃ!
  
 スクワット応援は慣れると楽しいです。つか、あれをしに行っているようなものです、僕は。
  
 前回の感想でも書いたけど、カープはほぼ宗教です。なので、お兄ちゃん「25年」を強調するのはヤメテw そう言えば、25って数字が妙に縁があるわね、カープ。辛いです。
  
 スライリーですが、一度町興し関係で来たのよ。僕が住んでいる街に。その時にスライリー語が分かる人いる?ってラインでメンバー全員に質問があったときに「「スライリー語」ってあるの?どんなのかしら?」って書いたらピュア扱いされました。ぴゅあぴゅあハートですみません。
  
 マツダスタジアム(以下、ズムスタ)のバーベキューテラスには2回行ったことがあります。仕事仲間で。30名ぐらいだったかしら。でね、このテラスなのですがびっくりするぐらいに周りの応援が聞こえません。マジでパーティー専用レベルです。一応、モニターとかがあるので試合の流れは見れます。因みに僕が行った時ですが、普段はパーティーだと賑やかすタイプなのですが試合が始まったら会話そっちのけで試合を見ておりました。なので、途中で試合状況が気になった人が僕に訪ねることが多々。あと、パフォーマンス席も行ったことがあります。あそこってピッチャーが投げた球の軌道がよく見えるんよねぇ。何気にベストスポット。トイレとお酒売り場が近いのもナイス。
  
 オチとしてサンフレッチェ広島が来るのは予想範囲内でしたが、ドラゴンフライズは予想外だったわよ。
  
   
  
第11話:染野兄妹、全員集合じゃ! 
  
 僕が生まれた年にその番組が始まりましたねぇ。モンティ・パイソンも同じ年だわ。つか、パイソンの方は僕が生まれてから1週間後だわね。
  
 と、『8時だよ全員集合!』ネタから入ってみましたよ。昭和50年代前半のドリフターズの勢いは凄かった。
  
 この回は、そんなに絡むような感じのネタはなかったのですが、ひなちゃん・ひなくんにはどこに行ったら会えますか?あかん、この双子が一番ツボったかもしれん。  等と容疑者は意味不明の(ry
 
   
   
第12話:ホームシックじゃ!
  
 よし、帰ってきなさい。お兄ちゃん?広大にでも入れればOK。なお、僕は落ちましたが、広大。
  
 長崎屋は前にも書きましたが、あれはプレゼントできる敬意レベルで美味いっす。今度、買ってこようかな。市内へ行くのちとたいぎいけど(ここ数年人が苦手になりつつあるので、休暇は田舎へ行くことが多いのよ)
  
 ところで、もみじはどこに住んでいたんじゃろか? 中区・東区・南区・西区のどこかだとは思うけど。これで安佐南区だったらちょっと驚き。安佐北区だったら町興し関係に本を配るわw
 
 福山通運は近所に大きな基地か何かがあるよー。
    
  
 一都(お兄ちゃん):広島遠いなぁ!!
   
  
 じゃろ。でも今は新幹線で4時間だからまだマシなのよ。20年前は5時間だったし。尚、広島に帰省したあとに関東(千葉県柏市)に戻るときに席が取れなくて、運転席後ろの通路で5時間耐えて(関東に)戻ったことが。
 
   
 解説にある通り「たいぎい」を明確に説明するのはぶちたいぎい。つか、無理。
  
 TAUですが、確か僕の知り合い(つか、町興しメンバー)が手掛けていたんじゃなかったっけ? なお、その方は今では某江田島にある某オリーブファクトリーで某専務をしてらっしゃいます。たまに中国新聞(広島のローカル新聞)に名前が出てくることが。
   
 レモスコはマジでお薦めの一品。これがあると食生活が潤います。レモン+タバスコってので僕も最初は???ってなりましたが、一度試してみたらもうやみつき。常備状態なう。
  
 熊野筆:なんか、いろいろと凄いらしい。お化粧で有名ですけど、アニメーター関係でも有名らしいです。熊野筆の会社の社長さんから直接聞いたから間違いなかと(博多弁)
   
 なお、ラブコメ度が色々と。いいよね、ラブコメ。
  
    
   
第13話:妹なんてありえんけぇ!
  
 ふと素に戻ってみたのだが、このタイトルって広島民以外が目にするとやっぱ不自然と言うか、なんか違うのだろうか。こちら、普通に受け入れているのですが。日常会話レベルだもんねぇ。
  
 鯛網は知らなんだわ。つか、えぇ、正直に書きますが
 
 
 
福山、まだ行ったことがない (゚∀゚)
 
  
 
 ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。えぇ、福山はまだ訪ねたことがないのよ(通過は除く)。今度のGWか夏休みに岡山とセットで行ってみようかなとは思っているのですが。日帰りだと尾道が限界だわね、僕の家からでは。なお、僕が住んでいるところは(この後に続く)
  
 
 おっぱい絵馬  ちぃ覚えた
  
  
 福山に行くとするか   等と容疑者は(ry
 
   
 つか、鞆の浦にいつになったら行くのかと。僕が。
 
  
    
第14話:離婚の危機じゃ!?
  
 ずいぶん前に広島は離婚率が低いって聞いていたので調べてみたところ、ここ最近はそうでもなかった件について。時代は変わるのね。
   
 地酒:僕、日本酒にはあまり詳しくないからこのコマだけでもみんなに見せて、各感想を募るとしよう。なお、久保田酒造・旭鳳(きょくほう)って言うメーカーが僕の住んでいる街にあるよ。あと、地ビールもできました
   
 せんじ肉(がら):この間、仕事関係の旅行に行ってきたのですが結構な量を購入されて持ってこられた方がいらっしゃいました。なお、速攻で無くなった模様。みんな、好きなのよ。なお、僕はこれに関しては県外の方から教えてもらいました。
  
 えっとね、それとね、おとうさん。FAのあれはダメよ。言ってはいけない言葉を言ってるわよ。と、昨年2日ぐらい寝込んだ僕が書いております。うん、その話は二度としないようにね。さもないと(以下略
 
 マツダ車:すみません、トヨタのアクアに乗っております。アクシズ教徒なので(嘘。本当は安芸門徒)
   
 かき小屋:多分、県外の方々からすると意味不明なレベルの場所。一斗缶などに入った牡蠣を手ごろな値段で って県外の人に話をしたらしばらく信じてもらえなかったことが。
  
 貝がらブラッコ:初めて見た時のことを覚えてるわ。父ちゃんと一緒に見たのだけど、あまりの奇抜さに父ちゃんが「....なんじゃこれ?」って絶句をしていた記憶が。なお、僕は何故か日笠陽子さんが最後に出てきたのでそれで興奮しておりました。
  
   
   
  
 そして、この間にある登場人物紹介コーナーで驚きのできごとが  その内容とは!!  ステイ (・∀・) チューン
  
  
 
 
第15話:めざせ・脱赤点じゃ!
   
 内容自体はタイトル通り
  
 で、だ。三次(みよし)・廿日市(はつかいち)等の読み方ネタがあったのだが、下にある解説で
  
   
  
桐原
 
 
  
が。ここでまさかの桐原が。いや、直前の登場人物紹介コーナー直後にこれは驚いたわ。つか、
 
  
  
 
お父さーん!お母さーん!ついに桐原が全国デビューしたよぉぉぉぉ  ( ノД`)
 
  
  
   
  
 ちなみに読み方は「きりはら」です。嘘です。「とげ」です。僕が住んでいるところね。大半の広島市民も読めないと思うわよ。
   
 で、ここでふと思ったのよ。つーのもね、どうしてつくしろさん(作者さん)、この地名知っているのかと。前回の感想をツィッターでお知らせいたしまして、その時に広島ネタで送ったのかしら? 個人的にはこれが8割以上だと思っております。いや、個人的な承認欲求とかじゃなくって、福山御出身の方が桐原を知っていて読み方まで知っている可能性を考えるほうが無理がありまして。だって、広島市安佐南区の知人ですら読めなかったのに。個人的に知っていたら驚きを軽く通り越すレベルなのですが。
  
 水金地火木(ry : このキャッチフレーズで優勝していたら僕はエロゲのレビューを書く予定でした(過去日記で断言しているよ)尚、結果。 とは言うものの、個人的には残念っていうよりは阪神すげぇの方が強かったわね。尚、エロゲの方ですが一応クリアしました。まさかの展開があってとても面白かったのだが。島根(県)ラヴァーとしてみれば、まさかの超展開。ひょっとして僕は前世で島根県に住んでいたのだろうか。いや、そう思えるぐらい何故か島根県が好きなのよ。
  
    
 
 2019年11月27日(水)追記:キャッチフレーズが回文になりました。怪文でもいいよ、この際。AKAの子って何かしら?ライフル? (゚∀゚;)
    
     
     
第16話:広島案内じゃ!
   
 広電:西広島から(西)は早いから(震え声)
   
 お好み焼き屋さん:うちの事務所から徒歩圏内に4件あるわね。これって、こちらではそんなに珍しくないのですが、県外だとやっぱ珍しいのだろうか。尚、僕が住んでいるところの徒歩圏内には無いです。コンビニも無いです(歩いて15分ぐらい)。自動販売機は撤去されました。シカが出ます。先日はカモが庭に来ました。
   
 観光スポット:実は宮島は何度か1位になったり、その座を奪われたりしております。尚、永遠のライバルは「伏見稲荷大社」です。両方とも西日本にあるわね。ちなみに伏見さんは京都ね。
   
 縮景園:それも素晴らしいが、ここはあえて隣接している「広島県立美術館」について言わせて。ここね、ダリのね、すごい作品が置いているよ。「ヴィーナスの夢」っていう作品で、クィーンで例えるとグレイテスト・ヒッツみたいな作品があるよ。ボヘミアン・ラプソディも収録されているよ(錯乱)
   
 カープユニフォーム店員:実はこれを書いている今日、お薬手帳を初めて作りました。表紙はカープ坊やにしました。50円ほど別料金が発生しましたが、カープ坊やにしました。平凡な日常ってのは、そりゃ素晴らしいものですよ。
   
 ズムスタのチケットが取れずに泣くもみじ(主人公):あ、僕はあきらめました。もう取れないです、チケット。無理っす。願わくば女性客が増えて、その結果選手のみなさまのテンションが上がりますように。あと、もしも菊池さんがアメリカに行ったら、その時にアメリカサイドからいただいたお金で女子トイレ増やして。これ、ガチでマジで。女性ファンが多く根付いていれば経営大丈夫だから。僕は、解説付きの最前線特等席で見るから(日本語訳:テレビ)
   
 LECT: な ん ぞ そ れ ! ?      いや、マジで知らないのですが。お洒落スポットなのかしら。ほの湯じゃアカンのか?(アカン)
   
 広島城:中に入ったのは     あれ?本当にいつごろだっけ??? ふもとで花見は毎年しているのだが。尚、一人で。さみしくなんかないもん
  
    
 
第17話:福山観光じゃ!  
  
 素に戻って書くけど、僕はこのレビューを書く前にすべきことがあるってのは分かっている。うん、一度は行かなきゃ > 福山
  
 つーても、微妙に遠いのよね、桐原からは。島根県の方が近いのよ、マジで。尚、山口県も近い模様。つーても、家からだとちょっと遠いけど。
   
 ホームセンターユーホー : あれ?これって広島近辺だけなの?? 普通に関東にもあるとおm   まて、関東にZAKZAKはあるのか?ちょっと気になる
   
 くわい : 食べたい。超食べたい。どっか居酒屋にでも置いていないかなぁ。これね、マジで美味しいよ。素揚げも良いし、茶わん蒸しに入れるのもいいわねぇ。あぁ食べたい。マジで食べたい。
 
 うずみごはん : 同等な食事はほかの県でも確かあったような記憶が。福山に行ったら探してみよっと
  
  
   
第18話:ヒロシマ
  
 あー、避けては通れない道ですわねぇ。さすがに今回は!記号無しです。なかなか扱いが難しいけど、避けては通れない道なのよねぇ。
  
 小イワシの刺身:このお魚を刺身で食べるのが珍しいってのを知った時の驚きと言えば
  
 はだしのゲン:図書館に全巻あった
  
 この世界の片隅に:まだ見ていない。尚、通常アニメとか見ない層から絶賛の声が。呉に行くたびに見なきゃとは思うんだけどねぇ。ちなみにこの作品の舞台は呉だそうな。尚、広島のあまりにも間違ったイメージを植え付けた「仁義なき戦い」も呉が舞台よ。あたしゃ、流川かと思っていたわ。
  
 8月6日:多分、広島民とそれ以外の方々との温度差が一番大きい日。
  
 おりづるタワー:まだ行ったこと無いです。だって、入館料が高いもん。ちなみに、これをタイプしている今日もその目の前を車で通過いたしました。
  
 もみじのおじいちゃん:実生活において難儀なことが多そうな気がするw そりゃそうとして、ちと真面目に書くと被爆者の方なのね(設定が)。唐突にシリアスなことを書きますが、僕広島生まれで広島在住じゃないですか(11年ほど他県(福岡県・千葉県)に在住)。色々とやっていたら被爆者の方とお会いすることがあるのよ。つか、僕の叔母がそうだったのには驚いた。いや、亡くなるまで聞いたことが無かったのよ。言い方を変えると、従兄弟&従姉妹は2世なのよね。つか、僕の友達関係に2世とか3世とかおりますねん。あと、長い間僕も2世だと思っていました。ちょっと色々と妙に曖昧なところがあってね。従兄弟&従姉妹に違うよって言われましたが。つか、冷静に考えてみたら「もみじ」は3世なのね。わいのお友達と一緒やん。
  
 8月6日:頼む、静かにしておいてくれ。デモとかやるのは自由だけど、ちょっとこの日だけは控えてくれないか? せめて午後からにしてもらえないかしら?
  
     
    
第19話:宮島で合流じゃ!
  
 なんで合流なのかはぜひともこの本を手に取って確かめてね♪ (ステマ)
  
 厳島神社:入場料があります。尚、僕はJAF割引とかあるかって聞いたことがあります。冷静に考えてみれば変な質問ですが、よく考えてみると他の神社で入場料とかあった記憶が無いのですが。つーても、メンテナンスとかでお金がかかるからしゃーないですが。 エルフル割引はないのかしら?
  
 宮島に カップルで行くと 別れちゃう : えっとね、この理由で僕が聞いたうちの一つに、昔ここには俗にいう18禁な今でいうところの「石鹸の国」があったらしくて、故に女性が来ると(検閲削除)なことがバレるのでそんな風説を流したとの説が。男ってのは、ほんまにもう
   
 あなご飯:さっさと書くけど、唯一の弱点は値段。高い。宮島口(宮島の対岸)にある「うえの」で食べていきやがれコノヤロー。    つか、一度は食べる価値はあるわよ。これは本当においしいから。あと、さっくりと書くけど、宮島内はプチインフレ状態でして食べ物のお値段が高いの。なので、僕は対岸のコンビニで買い物してから行くの。でだ(後に続く)
  
 シカ:
   
 あれは、10年ぐらい前のことだったじゃろうか。広島県内での旅行に目覚めていたわしは宮島の弥山登山をしてみたんじゃ。
   
 その時は、偶然にも商工会での健康診断があってのぉ。そのためだけに2週間ほど禁酒していたんじゃ。
  
 そして迎えた当日。健康診断を終えてわしは宮島に行ったんじゃ。宮島では物価がインフレ状態なので、宮島口のコンビニでサンドイッチとおにぎりを買って行ったんじゃ。
   
 40を超えての弥山の登山は苦しかったのぉ。わしの横を軽々と登っていく高校生集団。あれは多分学院の子たちじゃ。登山部が有名じゃけのぉ。若いのは凄いのぉ。
  
 何とか普通(?)の登山道に到着したときに(注:弥山はロープウエイがありまして、そこの降り場からの道のことを指しています。尚、僕はロープウェイを使ったことがありません。だって、家から宮島に来るよりもお値段高いんだもん)、道行く人から「こっからまだあるよ。ガンバ♪」って言われたときはちょっと心が折れそうになったのぉ。でも、声をかけていただけるってのはありがたいもんじゃ。
 
     
 そして、やっとたどり着いたわ、弥山頂上。あぁ、四国側の瀬戸内海が見える
   
 
 青い空に、青い海。カミュが「シーシュポスの神話」で書いたような、生命感溢れる景色が
  
   
 僕は、その景色を見ながら持ってきたサンドイッチとおにぎりを食べることにしたんだ
  
  
 波打つカーペット 静寂な天井
   
  
 空(あお)が青く 海(あお)が青い
  
  
 僕は秋が深まる日々の中Tシャツ姿で汗をかきながら、サンドイッチを
  
  
 食べた
  
   
 そして、瀬戸内海は静かに青かった
 
 
  
 そして聞こえる悲鳴
 
 
  
 何が起こったのかと振り返ると
 
 
  
 シカ
 
 
  
 もう一度言おう
 
 
  
 シカ
 
  
 
 シカが僕のサンドイッチを狙ってアピアー (゚∀゚)
 
 
  
 そして、サンドイッチを片手にシカから逃げる僕。
 
    
 
 そんな僕を追いかけるシカ
    
  
 
 そんな僕たちを見ながら愉快なサザエさんを見てるかの如く笑っている周りの方々
 
  
 
 ごめん、途中から受け狙いも兼ねて欽ちゃん走りとかしていました、僕。求められたらどうしても笑わす癖、つか病気が。
 
  
 
 まぁ、そんなわけでして、宮島のシカには気を付けてください。僕のお気に入りのぬいぐるみを食べたのもやつららしいし(小2の頃のお話)
  
  
 あと、シカ肉は当たり外れがあるので注意が必要。血抜きがミスると凄いにおいになっちゃうのよ。
 
  
 それと、2週間ぶりのお酒は対岸にある宮濱温泉で風呂上がりに飲みました。あれが人生で一番美味しかったお酒かもしれん。マジで。
 
  
    
最終話:うちが妹じゃ!
   
 あぁぁぁぁぁぁぁぁ。ついに最終話が来ちゃったよ。中国新聞あたりで再開しないかなぁ。県北ネタとかあるし。つか、スキーネタが出てこなかったわね(広島では冬になるとスキー情報が新聞・テレビで普通に放送されるのよ)
  
 アビ : 知 ら ん か っ た  アワビなら10月にあった宅建協会の旅行で食べたが
   
 アストラムライン : 平成2年だったと思うけど、年末に工事で大事故をやったのが記憶に残っている。バスでのラジオ放送で聞いて、最初は何かの間違いだと思ったからねぇ
  
 尚、この回も割とラブコメメインでした。世界中がラブコメで浸食されれば世界平和が成り立つと思うんだ、僕。
   
  
 
 以上、簡単ではございましたが感想とかあれこれでした。詳細に関しては買って読んでね♪ (ステマ) 
 
 
 
 おぉ、そうそう。一つ忘れるところだった。
 
   
 いや、桐原ネタの前に「そして、この間にある登場人物紹介コーナーで驚きのできごとが」って書いていたんだけど、ちょっとした驚きがあったのよ。
  
  
 つーのもね、染野千鳥(そめの ちどり)って言うサブキャラの紹介があったのですが、そこに書かれていたのが
 
 
  
生年月日:9月6日生まれおとめ座
 
   
 
 えぇ、スクールガールストライカーズ2のターニャとか、To Heart2のこのみとか、元ピンクフロイドのロジャー・ウォーターズとかと同じ誕生日でして、1970年だったらジョンレノンのイマジンが発売された日(と思っていたら9日)だったり、宇宙戦艦ヤマトが地球に帰ってきた日だったり、「妹の日」だったり、つか、
 
  
 
それ、僕の誕生日と同じやんけw σ(゚∀゚)
  
 
  
 そのあとに桐原ネタだったのでさすがに驚いたわ。こんな偶然があるのなら、神様、今度こそは年末ジャンボ宝くじで1等お願いいたします。7億円あったら、これから先生きていけそうな気がするんです。その半額でも生きて行けそうですが。かなり余裕で。
 
   
 つーわけで、最後に染野千鳥さんのプロフィール紹介をお借りして、同年齢(高2・16歳 = 誕生日はまだ来ていない)の頃の僕のプロフィールを書いてみますね。高2当時ね。
  
   
生年月日:9月6日おとめ座
 
出身地:広島市安佐南区
  
血液型:A型+
  
学年:高校2年生の頃のそれで書いています。出身高校は安古市高校です
  
身長:170.5cm
 
利き手:右
  
部活:写真部
 
好きな食べ物:カレー つか、嫌いな食べ物以外は好きだったと思う 
  
苦手な食べ物:アボカド、酢味噌和え、梅干し、カボチャ   
   
趣味:音楽・読書・歩くこと・哲学
  
特技:ギター を練習中
  
苦手:不良(怖い) 
  
得意科目:化学・現代文
  
苦手科目:数学・物理・世界史・日本史・漢文・古語
  

  
 尚、下書きに4時間かけた模様。(゚∀゚)

 

   

 以上、感想文とか何とかでした。推敲に1週間かけてみましたが、その結果がこれってところは その、ごめんなさい。

 

  

 いじょー。

   


  

 

| | コメント (0)

大江山流護身術道場

 マンガ作品の紹介ね。
  
  
 ツィッターでお友達関係でお勧めの漫画を紹介するってことでこの漫画を上げたのですが、140文字では収まらないのでこちらで書くことに致しました。
  
  
 まずは作者さんの紹介から。KAKERUさんとおっしゃいまして、履歴を調べてみるに元々は18歳未満は禁止なマンガを描かれていたみたいです。で、元々格闘技がお好きなのか一般でやっているマンガはそれっぽい感じがしないでもないです。読んでいませんが。いや、面白そうなんですけどね。ただ、インパクトが凄くてその作品。世の中、何をどう間違えたら筋肉ムキムキのマッチョマンが魔法少女になるんよ。もう、出だしだけで卑怯レベルやんw ただ、マンガで格闘シーンが多そうなのはパスするようにしているのよ。理由ですけど、ギャグマンガと思っていたら格闘マンガになったってな流れが過去に多数ありまして、あまり読まなくなったのよ。あと、格闘うんぬんが見たかったら映画を借りるわよ。
  
  
 で、今回の作品の紹介。 その前に、僕の情報を少しだけ書いておくね。じゃないと、意味が分からなくなる可能性が高いのよ。
   
  
 このブログ常連って方がいらっしゃったらご存知のことだと思うのですが(そんな方いらっしゃるのかしら?)、僕、空手初段です。黒帯持ちです。あと、合気道を過去嗜んでおりまして、4級まで行きました。スポーツは苦手なのですが、武道は好きなのよ。あと、20代後半から30代前半まではセルフディフェンスが趣味でした。ある意味24時間戦っていたあの頃。若いってのはいいねぇ。
  
  
 話をすすめます。この作品を知ったのは、大阪難波にあるメロンブックスでした。お試し読みがあったのよ。で、護身術ってことでちょっと面白そうだったので読んでみた結果、即購入決断。個人的に激しく同意なところがあったのよ。
  
  
 このマンガの主なストーリーと簡単に書きますと、色々な感じで不運にあう女子高生を女子中学生が救ってそこから護身術うんぬんだけど、話の9割以上が変態チックなネタ なマンガ。2巻で終了だけど、変態ネタが行きついた先があまりにもツボって本当に爆笑した稀有なマンガです。
 
  
 で、大方変態ネタなので子供に読ませるわけにはいかないのですが、1巻の最初の方に書いてある『護身』に関してが非常に的を射てると思うのよ。
  
  
 この作品で護身で一番重要なことは、力とか技とかではなくて「危ないところに行かない」ってのをあげています。ほんの少しだけど。でね、これこそが重要だと思うんよ。昔から言うじゃないですか「君子危うきに近寄らず」って。
 
  
 確かに、いざっていうときの手段を知っていれば役に立つ「かも」しれません。でもね、まずは危ないところに行かないってのが真の「護身」じゃなかろうかと思います。"Only fool rusi in where angels dare"だったっけ?調べずに書いているけど。天使すらも恐れるところに向かうのは愚か者だけだって言葉が海外にあるんですよ。つーても、スポーツとかクライミングとかで行ったりするのは個人的には別の話と思います。登山のビバークとか高所が怖い僕にとってみれば狂気の沙汰ですが、登山家の方々にとっては普通のことですし。
 
  
 話が進めば、色々な護身に関する話も出てきます。実戦の方ね。これ、実際に武道をやっている僕からすると面白いのよ。身の回りの物を武器にするってのは小1ぐらいに思い付いた(けど、止めた。理由は机を武器として使った時に相手の命を奪いかねないってことが分かったので)のですが、それに「群雲(むらくも)って名前を付けたのは凄いと思います。名前を付けることによって、それが一つの技として整理できるからねぇ。
 
  
 コラムとかも色々と面白いと個人的には思うよ。こんな感じの文章(コラムのことね)は人によっては賛否両論だと思うし。
 
  
 最後の最後で出てきた技が合気道の一挙だったのには驚いた。超基本技やん。もう忘れたけど。でも、おおまかな体捌きは覚えているわよ。
 
  
 
 以上、マンガ作品の紹介か何かでした。

| | コメント (0)

シスタープリンセス 20周年!!

 ちょっとまて。あの日々から20年経ったって言うのか?
 
  
 と、言うわけで、彼是20年ぐらい前に始めたホームページでシスタープリンセス(以下、シスプリ)ネタを書いていた僕です。地上に平和を人々に愛を。
 
  
 ネタと言っても、SSとかを書いていたわけじゃないっす。ふと、全キャラ(以下、妹。及び 妹たち)のテーマソングをビートルズの曲でやってみたらどうなるかってのに閃いて、コーナーを作ってみたり。
 
  
 まぁ、そんなこんなで20周年です。未だに信じられませんが。
 
  
 初めての遭遇は、当時あった(今もあったらごめんなさい)、電撃G'zマガジンでした。ゲーム雑誌かなと思って何となく買ってみたんですよ。で、その時にシスプリの連載が始まっていました。尚、表紙は衛(まもる)でした。
 
  
 でね、文章を読んでみたのよ。でね、これがね、当時思ったことなんだけど、薬でもやっているのかと思ったわ。いけない方の薬を。何と言うか、砂糖を丸呑みしても追いつかないほどの甘いを通り越して、狂喜すらも感じるレベルの文章で、何と言いましょうか、SAN値が下がるってのはこの感覚なんでしょうか。もう、脳みそのキャパを超える感じの文章でして、薬をやっていないとしたら、フランクザッパ並みの天才としか思えません。まぁ、後者なんでしょうけど。一度男性向けの罰ゲームとして『心を込めて』朗読させるってのをやってみたいです。スクワット40回の方がまだ楽かもしれませんが。
 
  
 それほど、衝撃が大きかったです。今の僕だったら、普通に詠めるかもしれないのですが、当時はまだハードボイルドとか哲学書とかも読んでいたころだったので、ギャップはありました。マンガ・ゲームも多少嗜んでいた(一部のゲームに関しては、相当やりこんでいた)ので、ある程度間口はありましたが、それを思いっきり開いちゃった作品ですわね。
 
  
 あと、日本語の多様性には驚きを超えて、関心致しました。『兄』を呼ぶ言葉だけでも
 
  
お兄ちゃん
お兄ちゃま
あにぃ
お兄様
おにいたま
兄上様
にいさま
アニキ
兄くん
兄君さま
兄チャマ
兄や(にいや)
あに兄(あにあに)
あんちゃん
お兄さん
  
   
が出てきましたから。一部封印されたのがありますが。あと、一番最後のはゲームで出てくるらしいっす(本人未確認)。ネタゲームの本で書いてあったのよ。
 
  
 で、内容。小説版は持っているけど買って満足して読んでいない記憶が。尚、当時のG'zマガジンはまだ取っております。あと、あれやこれやのカードを色々な方法で入手したのは良い思い出。
 
  
 音楽は結構よかった。一部、ドライブ中に流したまま交通事故にでもあったら一生の不覚すぎて、安全運転を特に心がけるときに流していたような曲もあったが。どんなのだったか久々に引っ張り出して聞いてみた。記憶していたのより大人しい曲だったけど、やっぱりいたたまれなくなった。他の曲だと(歌い手さんが)特におかしいとは思わなかったのだが。バンドメンバーに聞かせてみようかな。この時期のアニメ関係は物凄くわかる人いるし。
  
 
 サントラも持っているのですが、こちらは結構好きな曲がありまして、服部隆之さんが手掛けられた「ぱっしょん」「影」は今でもお気に入りの曲です。「ぱっしょん」はジャズロックやインストロックの個人的ベストでジョンゾーン・ネイキッドシティの「バットマン」と一緒にリストに載せていて(ぱっしょんの方が先)、「影」は自分で作った曲に影響を与えています。
 
  
 いっそのこと、久々に全キャラについての個人的何某でも書いてみようかしら。20年前の記事が見つかれば、それといっしょに載せたいけど、バックアップしていたHDが壊れたからなぁ。
 
  
 
 いじょー。
 
  
  
 そりゃそうとして、あーりーあー の中の人が紅白歌合戦に出たときには時代の流れを感じたわよ。

| | コメント (0)

この素晴らしい世界に祝福を! 簡単な映画感想

 今日、観てきたよー。
  
  
〇原作読んでいるので、大体の展開は分かりました。でも、映画独特のプラスがあったような気が。原作読み返してみないと。
  
  
〇軽く読み返してみた(おおまかに30秒ぐらいで)けど、原作(5巻)とは色々と異なっていたのね。ごめん、5巻の詳細な内容とかそろそろ忘れていたわ。『安楽少女』ネタがあったのがこの巻か。
 
   
〇アニメ化された方の流れで行っているので、原作とは多少かけ離れるところがあるけど、バニルさんの活躍が見れたから良いです。この作品の中で1・2を争うほどお気に入りのキャラなので。つーても、現実には出会いたくないですが。一度、原作でえげつないほどの悪魔っぷり見せたからなぁ。
 
  
 と、結構楽しかったのですが、個人的には不満点がありました。それは、
 
   
曲の扱いが低すぎ
 
  
です。
  
 
〇通常ならOPがあって、EDがあるのですが、今回はエンディングクレジット部分で通常だとEDと思える歌と通常だとOPと思える歌を1フレーズ流しただけでした。ちょっと、これは酷い。曲をなめとんのかと。
  
  
〇OPっぽい歌、EDっぽい歌、両方ともよさげなのよ。個人的にED風な曲のギターが良かったわ。なのに、なんでこんな扱いを。
  
  
〇どうせならば、OPは思いっきり流してほしかったわ。映画なのでイントロからあんな風にしたかったってのも分かるのですが、ここは個人的には007シリーズみたいにちょっとしたイントロをやってからOPを流すとかってな風が良かったのではないのかと。CDを売るためにも。
 
  
〇内容には問題は無いんだわ。ただ、歌の扱いが雑と言うか、もう少し丁寧にしてほしかった。良曲っぽいだけに、それが残念。
 
  
  
 いじょー。

| | コメント (0)

夏休みでした

 簡単に書くね
 
8月11日(日) … 台風に備えて現地のあれこれをやった後に、伊勢神宮参拝用切符を買いに安佐南区へ。しっかし、ほんまに車が多かった。渋滞&渋滞。その後、三次まで行ってお風呂に入ってきた。
 
8月12日(月) … 呉に行ってきた。音戸にあるお好み焼き屋「しんちゃん」へ行ってきた。その後、呉駅に戻って風呂に入ってきた。風呂好きやねぇ、僕。
  
8月13日(火) … 家庭のあれこれの用事をしてから、大阪へ行ってきた。夕方過ぎに到着。明日に備えて午前0時までには寝た。
  
8月14日(水) … 伊勢神宮へ参拝に行った。尚、今回は二見興玉神社からスタートしました。二見興玉神社 → 外宮 → 内宮 → 猿田彦神社&さるめ神社 → 月讀宮 → 月夜見宮 と回りました。年始は外宮から内宮へ行くバスが大体1時間ぐらいかかる&参拝者が多いってのを考えて、来年の年始での伊勢神宮参拝に関してのプランを練ることができました。あと、令和元年のご朱印をゲットしました。
  
 あと、午前0時ぐらいに寝て、何度か目を覚ましながら午前4時に起床して、午前6時発の電車に乗って、午前8時前ぐらいから延々と乗り継ぎとか歩いたりして計2万歩以上歩くと、帰りの電車で熟睡するってことを学びました。いやぁ、寝た寝た。睡眠ってのはこんなのだってのが分かるぐらい寝たわ。
  
8月15日(木) … 台風が来るので、難波で大人しくしておりました。大人しく地下街を歩いて脳内マッピングとかしておりました。あと、一度行ってみたかったお店とか。広島直撃なので、場合によってはスケジュールを変更して早めに帰宅することも考えました。つか、直撃だから、20世紀末にあった超大型台風みたいに電柱がねじ曲がったりしているんじゃないのかと心配しておりました。あと、竜巻とか発生しているんじゃないのかと。
  
 尚、知り合いに電話してみたところ「??? あ、確かに雨は沢山降りましたね」との返事が。特にこうといった被害は僕らの周りではなかったもようです。助かりました。神様ありがとうございました。
  
8月16日(金) … 京都宇治市へ。先月発生した京都アニメーションの事故現場へ行ってきました。写真はさすがに撮る気になれなかったわ。唖然としたと言うか、感情とかで表すのは無理やね。で、献花台があるのを確認して、木幡に一旦行って(実は、間違えてここに一度行ったのだが。それはほかのスタジオね)花屋さんでお花を購入して(花屋さんは大体どこに献花するか察してらっしゃいました。結構、いらっしゃるんでしょうねぇ)、献花してきました。尚、その後にテレビのインタビューがあったのですが、ネットで検索してみたところ僕のは使われていないみたいね。まぁ、使いようがないだろうしなぁ。求められているようなセリフ言わんし。
  
  
 インタビュアー:「人生で辛い時に、京アニの作品が力づけてくれたとかありませんでしたか?」
  
   
 僕:「本気で大変な時に、アニメを見ている心の余裕は(僕には)無いです」
   
  
 うん、使い道無いな。
 
   
 で、宇治市を観光して難波へ戻りました。因みに、宇治市は人生で初めての一人旅で行った先&人生で最後にタバコを買った場所ってこともあり、結構印象深いのよ。あと、お茶が美味い。
 
  
8月17日(土) … 午前中に難波を出発しました。過去最速。そして、午後12時50分ぐらいの新幹線で広島へ帰りました。これも過去最速。で、午後3時半には帰宅して、荷物片づけて、シャワーを浴びて、髭剃って、高校の同期会へ行ってきました。ギリギリ間に合った模様。
  
 そして、いつもの僕が。えぇ、もう書く必要性無いよね。みんな、わかるよね。珍しくケガをしなかったけど(大体、あそこまで泥酔すると転んだりなんやかんやでケガをすることが多いのよ)
  
8月18日(日) … 二日酔い。 午前11時に布団から出て、午後5時まで引きこもっておりました。それから簡単に食材を買って、トムヤムクンを作って、ズルズルと。
  
  
 明日から仕事かぁ。この夏もお金沢山使ったし、頑張って働こうっと。
 
  
 いじょー。

| | コメント (0)

ぱすてるメモリーズ サービス終了 #ぱすメモ

 ついに、終わっちゃいました。
  
  
 個人的にツボに入ったゲームだったから、割と寂しいわね。
 
 
 そんなこんなを含めて、ここで僕のスマホゲームの履歴を。尚、一部暗号そのままで書いております。
 
 
  
〇ある日、Googleプレイを見ていたらサービス開始直後のゲームを見つける
 
  
〇そのゲームの名前は『モン娘はーれむ』 (以下、モンはれ モン娘)
 
  
〇よくわからないけど、ダウンロード。 揺れる揺れる(何がとは言わない)
  
  
〇ゲーム同士のコラボってのがあるのか。そりゃそうとして、セラティ下さい
 
  
『ポップアップストーリー(以下、ポプスト)って言うのか。ダウンロードしてみよう
  
  
〇リタって子の何か特別なのを引いたんだけど。何、この子強い
 
   
〇女の子キャラうんぬんもあるけど、男の子キャラのセリムとミハエルがいい子過ぎて、ちょっとお気に。
 
  
〇ユーリはめでたく男の娘キャラとして認知されました
 
  
〇尚、『メルティメイデン』もダウンロードした模様。たまに、活動したり
 
  
〇時は経ち、身内とのお別れがあって、その直後に使用していたタブレットがいきなり起動不可に。
  
  
〇他のゲームはどうにかしたものの、ポプストのアカウント復旧ができない。個人のIDだけは控えていたが(バックアップ作業をしていなかったのよ)
  
  
〇配給元のスクエアエニックスさん(以下、スクエニ)にヘルプのメールを出してみた
  
 
〇無課金ユーザーだったってのに、1週間以内に復旧してくださいました。しかも「遅くなってすみません」とのメールも
  
  
ここで初の課金を。さすがに申し訳なかったので。
  
  
〇そして、ここで課金に対する心のあれこれが崩れだす。尚、今は年に3回ある連休毎に5000円分のGoogleプレイ課金しているのよ。で、ゆっくりとそれを配分しながら課金なう。
  
  
〇尚、元々の要因となった「モンはれ」ですが、「基本無課金で楽しめます」って書いておりましたが、まさにその状況だったので課金のタイミングを見失ったのよ  
  

〇尚、設定資料集は購入した模様。お金を落とす理由があれば可能な限り。因みに個人的に設定資料集ってのは好きなのよ。古いのだとロマンシングサガの1期の設定資料集持ってるよ。2500円ぐらいだったかな。死ぬまで手放さない模様。


〇そして2017年の6月だったかな、ポプストのサービス終了(以下、サ終)の通知が。タイミング的にちょっと心折れた。
 
  
〇スクエニさんから、引き続いて『スクールガールストライカーズ』(以下、スクスト)のおススメが。たちまちやってみた。
 
  
〇敵が出てくるときのBGMが怖くて、しばらくは後ろを振り返ってみたり。えぇ。
  
  
〇ポプスト、サ終。尚、課金していたのでスクストに少しレアアイテムの恩恵が。
  
  
〇スクスト、最初人数多すぎてパニックに。覚えきれない。分からない。
  
  
〇たちまち、正統派ヒロインとか、不思議系ヒロインを覚えた。あと、純情っぽいヒロインとか。
  
  
〇タチアナ・アレクサンドロヴナ・クロフスカヤ  (ツイッターのアカウントを知っている方へのヒント:4桁の数字)
  
  
〇一方その頃、モンはれ。人数が指数関数的に増えて僕の記憶能力を軽く超えた模様。尚、ルリエを必死にガチャっていた
  
  
〇あと、レアと言うよりはノーマルレベルと思うのだが、ゴーレム4人娘が後に役に立つとは思っていなかったわ。魔王城攻略の時に凄い勢いで探しまくっていたからなぁ。
  
  
〇特に「ももみ」@火属性ゴーレム は、「先生」呼ばわりしていたし。ガチで攻略で助けられたわ。先生がいなかったら無理だったもん。
 
   
〇んで、コラボで同じ会社(フリュー)の別アプリとかのあれこれが。
 
  
〇第一回目はあまり興味無かったのよ。あまり日課を増やしたくなかったのもあったし。
  
  
〇2回目のコラボで、暇つぶしをかねてダウンロード。昨年の秋ぐらいだったかなぁ
 
  
〇そのゲームの名が今日のタイトル『ぱすてるメモリーズ』でした。
 
  
〇登場人物が全員で12名だったので覚えやすかったw
  
  
〇初音ミク関係とのコラボをやっていて、名前忘れたがあの双子両方ともガチャで引き当てました。渚央のそれは最後まで使っていました。全体へのマヒ攻撃が使えるのなんの。
 
  
〇モンむすで、やっていなかった課金をこちらで。
 
  
〇気が付いたら、フリューさんからコアエッジさんへ運営が移っていた
 
  
〇ギルドとかができた。たちまち作ってみた。何名か加入して下さった。後に色々とあって、他の大きい団体に移った(=僕が作ったギルドはその時点で消滅)
  
  
〇モン娘関係で集まったコミュニティとかでやりとりした。ほんわかとした感じで楽しかった
 
  
〇今年の2月ぐらいだったと思うけど、アニメ化された。ニコニコ動画でも放送されたので張り付いた。僕ら世代のゲームネタが出てきたときは凄く笑った。つか、ゆいにゃの中の人(村川梨衣さん)の演技が上手すぎて笑いながら技術盗もうとしていた。RPG回での演技は凄い。
  

〇その次の薫子メインの「ときメモ」ネタもオチが凄く好き。無理に笑いに持っていくのではなくて、そのままソフトランディングさせたのが好きだわ。終わり方では一番好きかも。


〇そして、モンむすがまさかのサ終へ。
 
  
〇設定資料集以外にお金落としていなかったから、どうこう言える立場合じゃないのですが(故に、逆にぱすメモには落としたのよ)、これには驚いた。 
 
  
〇尚、結果だけ書くと、まさかのオフライン化。無償でオフライン用のソフトをリリースしてくださいました。まぁ、あれこれ頑張ってくださった方がいらしたのよ。
 
  
〇モン娘の思い出で一番強いのは、運営さんかなぁ。たまにツイッターで僕が送ったボケに対して上手く返して下さっていたのよ

   
〇そして、5月に、ぱすメモのサ終案内が。アニメ、爆死したのかなぁ
 
  
〇そして、今日、サービス終了致しました。可能な限り、交流があった方々へこのブログとかツィッターのアカウントを通知しておりました。これからも縁があればと思って
  
 
〇尚、とっても仲良くして下さった方とツィッターでつながった模様。よかったぁ。マジでよかったぁ。「くるみパン」さん、これからもよろしくです。
 
  
〇他の皆様ともうまくつながれないかなぁ。「はちみつ魔王」さんとか名指ししておこう。
 
  
〇そして、そうこうしている間に、スクストから分岐してできたアイドル物のゲームがサ終になって、オフライン版が出ている模様。
 
  
〇もう、オフライン版をそこまで出してくれるのならば、これからはスクエニ中心にお金落とすか。
  
  
〇いつかサ終になるのは仕方ないけど、オフラインがあればゆっくりとお別れできるし。
 
   
〇オフライン版は出てきそうにないけど、ぱすメモは楽しかったよ、とっても
  
  
〇そして1時間したらまた明日が来る。生きなきゃ
 
  
〇と、書いている僕の明日はお仕事お休み。水曜日が定休日なのピョン
 
  
  
 いじょー

| | コメント (0)

ど根性ガエルの娘 に関して今日知ったこと

 作者さん、「かなん」さんだったのかぁ
 
  
 えっと、今日ね、ふと思うことがあって「こげどんぼ」さんについて調べたのよ。まぁ、見ていたサイトのネット広告で出てきたので。
  
  
 で、お友達さんに(旧ペンネームの)「かなん」さんがいらして、リンクをたどってみたら「ど根性ガエルの娘」の作者さんだったと。これには驚いた。いや、知らない名前だなぁと思っていたら、旧ペンネームじゃ思いっきり知っている方でしたわ。つか、懐かしい。20年近く前になるのかなぁ、GAのコミックとか買いましたわ。ピアキャロも買っていたような記憶が。あぁぁぁぁ、もうそんなに年数経つのか。ピアキャロ2とか前世紀やんけ(確か)
 
  
 絵が好きだったわ。つか、家のどこかに未だに保管している気がする。多分、捨てていない。探すのが大変だが。まずはベッドをどかさないと行けない件について。
 
  
 あと、「かなん」さんの旦那さんも全巻揃えたことがある作品の作者さんだったわ。幼稚園が舞台の作品。ラストがまさかの展開で驚いた記憶が。メインヒロイン(?)のお父さん、キャラが結構好きだったのにぃぃぃぃ。
 
  
 40代が終了する直前に、20代後半~30代前半の思い出が来るとは。
 
 
 
 いじょー。

| | コメント (0)

モン娘☆は~れむ と言うゲームがあった。 そして、MIKASAと言うスポーツ用品メーカーがある。

 昨年、この二つがコラボしていたのを今日知った。つか、気が付いた。
  
  
 なんで、あの頃に気が付かなかったのか不思議だったんだけど、よく考えてみたらストレスが半端ない時やったわ。そんな余裕なかったわ。
 
  
 尚、MIKASAさんですが、僕の住んでいる地方に本社があるのよ。今本社がある目の前の道路を歩いた記憶があるわ。18年ぐらい前ですが。
  
  
 つか、近所にMIKASAさんの工場がある件について。 
 
  
 まさか、モンはれが広島市安佐北区の会社とコラボをするとはねぇ。ゴーゴーカレーのコラボがあった時、東京は遠いのでしゃーないと思っていたのだが、まさか近所が。
 
 
 人生、何があるのか分からん   と、ティルティンは思うのです。
 
   
    
 
 おっさかなぁぁぁぁぁぁぁ

| | コメント (0)

ぱすてるメモリーズ

 サ ー ビ ス 終 了 決 定
 
  
 なんでやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ ( ノД`)シクシク…
 
  
 つーわけで、スマホアプリゲームのタイトル作が8月6日で終了してしまいます。昨年、「モン娘はーれむ」ってゲームのコラボで知って、何となくやってみたら結構はまったのだが。
 
  
 つか、今年の冬にアニメがあって、僕にしては珍しく毎週観ていたのよ。ニコニコ動画でちょい遅れで放送していたので。あと、一部のネタが僕らぐらいの年代(1960年代&70年代)ストライクなネタだったのと、その次の回が全く予想外の終わり方をしたのがツボった。第2話が封印されたってなことはあったけど。
 
 
 つか、一昨日からのこの流れは何かと小一時間。
 
  
 あと、何が辛いって、このゲーム「ギルド」があるんよね。初めて目にされた方に簡単に説明いたしますと、任意に作成するグループみたいなものです。で、そのグループで協力してダンジョンか何かを攻略するのよ。でね、そこで懇意にしてくださっている方々とかいるのよ。えぇ、何が辛いって、このグループが無くなるのが辛い。他のゲームってな考えもあるかもしれないけど、元々今属しているギルドは先述した「モン娘はーれむ」の元プレイヤーの集まりなんよね(多分)。元々は同じ経営会社が運営をやっていたので、移動も楽と言えば楽だったのですが、もう今の運営さんは特に何もしそうにないし。多分、終わりやね。
 
  
 最後の最後に、たちまち自分はこのブログにいるってのだけはギルドのメンバーには伝えておこうとは思っておりますが。個人情報駄々洩れですが、元々ネットに文章をあげる時点で個人情報バレバレ上等でやっておりますし。つか、リアルもネットもキャラクターあんまり変わらないからなぁ、僕。若干こちらの方が平和主義者ですが(リアルの方は気が短いからねぇ)
 
   
 しかし、まいったなぁ。 もしもスクエニがやっているスクストも終了したら、もうこんな感じのゲームは止めようかな。 尚、微課金勢。年に3回ある連休(通常は週に一日。休暇があればの話だが)で、5000円分グーグルプレイにチャージをしているのよ。その場の勢いとノリで。で、たまにゲームに課金をしているのよ(但し、音楽関係のアプリなどは別腹。実生活に必要なこともあるので)。いや、無課金でも良いのだけど、個人的にツボに入ったストーリーとかあると、さすがに無課金ってのも後ろめたくてね。一種の投げ銭みたいな感じかしら。
 
  
 しかし、まいったなぁ。ほんま、せっかく仲良くなっていける感じだったのに、ギルドのメンバーさんとか。
 
  
 今年はサービス終了が多いなぁ。「モン娘はーれむ」もそうだけど、気が付いたら「ソラとウミのあいだ」が終わっていたのには驚いた。サービス終了に気が付かなかった。広島県尾道市が舞台だったのに。まぁ、あのゲーム一つの戦闘を終わらせるのに結構時間がかかったからなぁ。特に待ち時間。
 
  
 記念にブルーレイ行っちゃおうかなぁ
 
 
  
 いじょー。

| | コメント (0)

モン娘は〜れむ

 今日で終了したスマホゲームアプリでした。
 
  
 いや、発表されて割とすぐにGoogleプレイで見かけて、たちまちインストールしてみて、予想以上に面白かったのでボチボチとやっていたのよ。割とコミカルなネタが多かったので。
 
  
 で、今日3月28日の午後3時で配信終了となりました。ちと、寂しい。
 
  
 つか、このゲームとのコラボで他のゲームもやり始めたんだよなぁ。懐かしや。
 
  
 あと、このゲームで「大人の事情」を「JIJYOU OF OTONA」とよく言っていたのですが、これが何故か妙にツボにはいって、たまに実生活でも使っております。
 
  
 それと、ツィッター担当の人が面白かったなぁ。僕がふと思いついたボケを送ると、割と丁寧に返してくれたのよ。
 
  
 
 そんなことを思いながら、ぱすメモの最終回をニコニコ動画で見ておりました。第2話がぁぁぁぁぁぁ
 
 
  
 いじょー。つか、これほど興味が無い人からすれば、意味がわからない日記も珍しいなぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧