心に残る映画

映画『HOUSE (ハウス)』 感想

 オ チ が ひ で ぇ (褒め言葉) Σ(゚ロ゚;)

   

 えっとだ、実はこの映画前々から見ようとは思っていたのよ。彼是、20年ぐらい前から。

  

 つーのもね、僕、20年ぐらい前からゴダイゴのファンなのよ。で、この映画のサントラをやっているのがゴダイゴなんよ。あと、作曲に小林亜星さんが参加されてらっしゃったりしております。で、正直な話、サントラ収録の最後の曲だけが、何かボーカルが浮いていると思い、何でタケカワユキヒデが歌わなかったんだよー、って思っていたのですが、今日始めて映画を観て思ったんだけど、ボーカルに関してはあまり気になりませんでした。つか、あんなシーンで流すか。予想外の展開に、ちと驚いたわ。

   

 以下、箇条書きに感想を。

   

南田洋子さんが悪役。ネタばれもクソも何も無いわ。つか、この方のあるドキュメンタリーを見ていたから、ちょっと色々と思うことがあったわよ。尚、ちとお茶目。

  

『無駄に豪華』と言っても良いほど、脇役が豪華だった件について。つか、当時の三浦友和さんって超売れっ子じゃないのか? ちょっとだけ出てきますが、実はこの話の重要な位置を占めております。

   

○まさかの、ゴダイゴメンバーが、カメオ出演。 つか、"CHERRIES WERE MADE FOR EATING"がどんなシーンで流れるのかと思ったら、ここだったよ。意外と早く流れたわね。

 尚、サントラに関してだけど、安心の演奏力&メロディなので、映画観なくても楽しめます。つか、映画観ないほうがハッピーかもしれん。いや、オチがね。w

    

"クンフー(登場人物。メインキャラは全員あだ名で呼ばれております)"有能。つか、この事態に一番まともに向き合って戦っているのが、このキャラじゃね? 尚、"ガリ"無能(と思った)。あと、ウィキペディアを観るとだ、オシャレがメインキャラってな感じみたいだし、実際そうなのかも知れんが、一番活躍していたのは、クンフーだろ。つか、最初のバトルシーンの台詞では笑った。

   

○20年間近く観なかった理由なのですが、僕、基本的にホラーとかスプラッターとかダメなんですよ。しかも、日本映画のホラーは洒落にならんほど恐いイメージがあるので、よーみんのですよ。でも、コメディタッチって聞くし、サントラがゴダイゴだし、広島(尾道)に縁がある大林監督の作品だし。意を決して観ました。寝られなくなるのも覚悟のうえです。えぇ、そうですとも。

 
   

 尚、スプラッターなシーンは無いと言えば無いのかもしれませんが、約一名ほど時間をかけてえらいこっちゃなシーンがあったりはするのですが、そのシーンに対して、被害にあっているキャラが突っ込みを入れるんだから、どうにもこうにも。(゚∀゚)

 
   

○この映画、著作権とかのあれこれで結構難しいところがあるみたいなので、テレビ放映は無理っぽいとのことです。まぁ、あれだけネタを仕込めばなぁ。

  
  

○どこの外人かと思っていたら、大林監督自信が出演していたのには驚いた。

 
   

○尚、似たようなシチュエーションの映画で『スィート・ホーム』ってのがあります。こちらはHOUSEと比べて本格的ホラーになっているのですが、オチはこちらの方が救いがあると思われる件について。

   
   

総評;『金返せは、まず無い。つか、88分でよく収めたわ。』『クンフー かっこいいよ クンフー』

   
   
   

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の日記は、お休みいたします

 書きあがった原稿をアップするときに、何を間違えたのかウインドウ(正確にはタブでした)を閉じてしまって、呆然とした気持ちをお察しください。

  

 因みに、今日書いていたネタを3行で済ませますと、

・筋肉痛にならなかった

・体脂肪計が壊れたかもしれん

でした。3行まで膨らませられなかった。つか、気力が無くなった。書いた原稿も無くなった。

   

 泣くに泣けんわ。

   

 いじょー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトルなし

伝説のビートルズ・パロディーバンド

 モンティ・パイソンのメンバーの一人「エリック・アイドル」が企画したビートルズのパロディー映画。

 ビートルズの歴史だけでは無く、音楽もビートルズのパロディになっています。音楽を担当したのはボンゾ・ドッグ・バンドの元メンバーの「ニール・イネス」で、7人目のパイソンズとも言われています。尚、演奏は、ラトルズのメンバー自身でやっています(但し、エリックは除く)。

 ビートルズファンは勿論のこと、コメディが好きな人にもお薦めの一品です。

追記:ゲスト出演者にこちらの方がおられます。

○ジョージ・ハリソン(ビートルズ)

○ミック・ジャガー (ローリング・ストーンズ)← 結構長い時間出てます。

| | コメント (0)

タイトルなし

スパム、スパム、スパム、スパム♪ ラブリー スパ--------ム♪(w

 イギリスが生んだ最強のコメディ集団モンティ・パイソン。ほぼ全部の作品がDVD化されています。初めての方はベスト版をを見るのも手ですが、パイソンズのTVシリーズを最初から見る方が、分かりやすくて良いかも。

 パイソンズが世界に与えた影響は色々とあるのですが、ネット上で例を挙げると「スパムメール」と言う言葉はパイソンズのTVシリーズ『フライング・サーカス』の「スパム」スケッチが元ネタになっているそうです。詳細を色々と書きたいのですが、またクトゥルから

「文章が長いわ、ボケ」

って言われるので割愛しときます。(^-^;

 今回用いた画像は、TVシリーズ『モンティ・パイソン・フライング・サーカス』の第一巻です。写っているのは、グレアム・チャップマンです。因みにメンバーは全員で6人。一番有名な人は、ハリー・ポッターシリーズや、007シリーズに出演しているジョン・クリーズかな。若しくは映画監督になった、テリー・ギリアム(13モンキーズ等)かしら。(*'-')

 あ、今回のレビューはDVD等の商品としてでは無くて、『モンティ・パイソン』と言うコメディ集団の紹介でした。

| | コメント (0)